Wednesday, December 11, 2019

念力珍作戦

【12月11日 記】 4日前に今年の3DCGアニメの『ルパン三世』と 2014年の実写版『ルパン三世』について書いたが、たまたま昨夜、仲間内の宴席で「アニメの実写化は難しいなあ」という話になり、そこでルパン三世の話になった。

すると、座のひとりが、「でも、知ってる? 松方弘樹版ルパン三世があったこと」と言い出して、皆が「ええ!そんなんあったんですか!」と驚いて、ネット検索してみると、松方弘樹というのは言い出した彼の記憶違いで、実は松方の弟の目黒祐樹がルパンに扮した映画が 1974年に作られていた。

タイトルがなんと『ルパン三世 念力珍作戦』というとても珍妙なサブタイトルが添えられたもので、監督が坪島孝、 脚本が長野洋という、僕は聞いたこともない人たちなのだが、配役が凄いのである。

ルパン三世が目黒祐樹、次元大介が田中邦衛と、そこまで聞いたところで既に「おいおい、それは違うだろう?」という気になるのだが、そこへさらに銭形警部が伊東四朗である(他にもお笑い系の人がてんこ盛りで出ている)。

しかもビジュアルを見るともっと驚く。下のリンクをつついてみてほしい。もし、リンクが切れていたら、Google で画像検索すればいくつか出てくるはずだ。Amazon でも見つかると思う

今こそ見よう!ルパン三世最初の実写版映画

Continue reading "念力珍作戦"

| | Comments (1)

Monday, November 18, 2019

事件への対応

【11月18日 記】 女優の沢尻エリカが逮捕された。来年の大河ドラマの出演が決まっていて、初回から出演してかなり撮り終えており、今からでは撮り直しが間に合わないとか。チュートリアルの徳井義実に続いて NHK は災難続きだとか。

そんなニュースを目にしながら、もういいんじゃないかな、と思うのである。つまり、撮り終えた部分はそのまま放送してもいんじゃないかな、と。

僕が放送局なんぞに務めているからではない。会社に入る前、単なる視聴者だった頃から、と言うか、すでに少年時代から僕はずっとそう感じてきた。

罪を犯したかどうかということと、その人の演技が素晴らしいかどうか、その人の漫才が面白いかどうか(これは主に横山やすしを念頭に置いている)は関係がないのであって、演者として良い仕事ができる(できた)のであれば、それをお蔵入りにすることはないではないか?

──と、僕は中学生の頃から、中学生らしい一途な正義感を以てそう感じ、憤ってきた。

その一方で、思えば昔はおおらかなもので、「この番組は○月○日に収録しました」というスーパーを出して放送しているケースも多々あった。

それは確かに「いや、これを撮ったのは事件が起こる前ですよ」「いや、この番組を撮ったときにはそんな人だとは誰も知らなかったんです」という局の言い訳である。でも、それを許さない視聴者もほとんどいなかったのではないかと思う。

Continue reading "事件への対応"

| | Comments (1)

Monday, November 04, 2019

行った映画館ランキング

【11月4日 記】 昨日の『IT』の続編で遂に TOHOシネマズ上野が第6位に並んだ。僕が映画館に行った回数(厳密に言うとその映画館で観た映画の本数)である。

トップは TOHOシネマズ西宮OS で 152本。これは仕方がない。兵庫県西宮市に長らく住んでいて、家から一番近いシネコンだったから。

西宮球場跡にその映画館が建つまでは、大阪・梅田に出るか神戸・三宮に出るかが早かったので、第2位がシネ・リーブル神戸の 70本、第3位がテアトル梅田の 54本、第4位が神戸国際松竹の 52本、第5位が梅田ブルク7の 39本という塩梅だ。

街としては梅田より三宮のほうが好きだったので、神戸の映画館のほうが優勢になっている。テアトル梅田が多いのは会社からとても近かったからだ。

そして、その次に OSシネマズ ミント神戸と並んで TOHOシネマズ上野の 35本ということになる。

つまり、ここが東京で一番通った映画館ということだ。

Continue reading "行った映画館ランキング"

| | Comments (0)

Tuesday, October 22, 2019

ラグビー・ワールドカップ日本代表チームに思う

【10月22日 記】 日本代表チームの健闘でラグビー・ワールドカップは随分と盛り上がった(日本が敗退した後も盛り上がっているのかどうかは知らないが)。

僕は、前半は海外旅行中だったので全然見ていないのだが、後半は妻が見たいと言い出したこともあって、テレビで何試合かを見た。そもそもがラグビーではなくアメリカン・フットボールが好きなので、にわかラグビー・ファンにはならなかったが、少なくともにわか視聴者にはなったわけだ。

で、何よりも驚いたのは、外国人選手が多いことだ。他のスポーツではこんなに外国人が多い日本代表チームは見たことがない。

いや、だからダメだとか、俺はそんなもの日本代表だと認めないとか言おうとしているのではない。良いとか悪いとかの前に、ただ驚いたのである。

ここでは「外国人」という言葉をどういう定義で使っているかと言うと、何も定義せず、単なる印象論で語っている──つまり、外見の印象と氏名の印象からぼんやりと外国人と書いている。

Continue reading "ラグビー・ワールドカップ日本代表チームに思う"

| | Comments (1)

Monday, August 26, 2019

好きなドラマ

【8月26日 記】 今期はよく頑張っていると思う。ドラマの話である。いや、ドラマの制作者が、ではなく、視聴者たる僕が頑張っているという話。頑張っていると言うより踏み留まっていると言ったほうが良いかもしれない。

僕は中高生の頃から既にドラマが好きで、会社に入ってからも、最盛期には NHK の朝の連続テレビ小説を含めて週にドラマ8番組を観ていた時期がある。

もちろん毎日リアルタイムで観られるような生活習慣は成り立たなかったので、勢い録画しての視聴が主流となり、土日は随分忙しかった記憶がある。

それがいつの間にか、と言うか、次第にドラマを観る体力も気力も失せてきて、最近では週に1本がやっとである。つまり、毎クール1つの連続ドラマを選んでそれだけを観ているというのが、ここのところ数年、いや、ひょっとすると10年間ぐらいの視聴習慣である。

それが今クールは4本──TBSの『凪のお暇』、同じくTBSの『ノーサイド・ゲーム』、そして MXで放送している HTB製作の『チャンネルはそのまま!』、さらに、放送はもう終わってしまったが、WOWOW の連続ドラマW『ポイズンドーター・ホーリーマザー』である。

Continue reading "好きなドラマ"

| | Comments (0)

Saturday, August 17, 2019

『聲の形』ふたたび

【8月17日 記】 僕は今まで京都アニメとは縁がなくて、京アニの作品は1本も観たことがない、と思い込んでいたのだが、実は映画『聲の形』が京アニ作品だった。

それで当時書いた映画評を読み返してみた。何度も書いているように、僕は時が経つと観た映画も読んだ本も、悉く内容を忘れてしまう質なので、この映画のことももうおぼろげにしか憶えていない。

ただ、その時の記述にあるように、

そこにあるのはきれいごとではない世界であり、「きれいごとではないんだ」と糾弾する単純さをも排斥した、深くて一筋縄では行かない世界なのだ。そして、まさに僕らの暮らす世界はそのように進み行くのである。

というような印象はなんとなく残っている。

Continue reading "『聲の形』ふたたび"

| | Comments (0)

Wednesday, July 31, 2019

音楽に対する情熱

【7月31日 記】 僕が小学校高学年から中学ぐらいにかけて、歌を捨てて俳優に転じた歌手がたくさんいた。

それはブームの過ぎたグループ・サウンズの残党であったり、キャラクターを買われたフォーク・シンガーであったり、他にもいろいろなケースがあっただろうし、俳優だけでなく他のタレントに転じた歌手もいた。

そして、中には歌手と俳優の二足の草鞋を履いて歩いた(しかも両方で成功した)人もいるが、音楽を完全に捨ててしまったような(でも、逆に言うと音楽以外の道でちゃんと成功した)人もいた。

当時の僕はそういう人たちを心の底から軽蔑した。「お前らの音楽に対する情熱って、所詮そんなもんだったのかよ」と。それほどまでにフォークやロックに心酔していたとも言えるが、中学生らしい幼稚な考え方だとも言える。

当時の僕には「生きて行くためには稼がなければならない」という発想が全くなかったのだ。まあ、中学生の想像の範囲を考えると、仕方がないと言えば仕方がないが。

Continue reading "音楽に対する情熱"

| | Comments (0)

Wednesday, June 26, 2019

ロックじゃない

【6月26日 記】 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の記事で書いたことだが、クイーンがデビューしたとき、当時高校生だった僕は直感的に「これはロックではない!」と断罪してしまった。このことは、僕のこの映画に対する評価が他の人ほど高くないことに一役買っていると思う。

それは彼らのコーラス・ワークと曲の構成にクラシックっぽいものを感じたからだ。もちろん当時からクラシックの手法を取り込んだロック・バンドはすでに何組かいた。

でも、例えば『キラー・クイーン』だ。あれを聴いて僕は「これはロックではない」、もっと厳密に言うと「クラシックっぽいロックでさえない」と強く感じた。

『ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『バイシクル・レース』など、個々にはとても好きな楽曲もあったのだが、でも、最初の拒否感があったことが影響したのか、レコードも CD も(シングルもアルバムも)1枚たりとも買っていない。

所詮ロックに厳密な定義があるわけでもないし、人によって感じ方はさまざまなのだから、やれこれこそロックだの、やれロックじゃないだの言っても仕方のないことである。

でも、あの時代「それはロックじゃない」というのは極めて強烈な言葉だった。何しろ内田裕也らとはっぴいえんどらの日本語ロック論争があった時代なのだ。よしだたくろうが「フォークじゃない!帰れ!」と罵声を浴びた時代なのである。

あの時代の若者による「ロックじゃない」という断罪は、全面的な拒絶であり侮蔑であった。

もちろん、僕は誰かに向かって「クイーンはロックじゃない!」と言ったわけではない。ただ、自分では買わなかったというだけのことだ。でも、やはりそれが強い拒絶であったことは確かである。

Continue reading "ロックじゃない"

| | Comments (0)

Sunday, June 16, 2019

前田敦子

【6月16日 記】 昨日観た映画『旅のおわり世界のはじまり』のパンフレットを読むと、黒沢清監督は、

(前田敦子の)他には考えられませんでした。今回はどうしても主演をお願いしたくて、プロット段階から前田さんをイメージしていました。

フレームに写っただけで独特の強さと孤独感が漂う、本当にすごい女優。この役を演れるのは前田さんしかいないと最初から決めていた。

と言っている。映画を観て僕もまさにこの映画は前田敦子抜きでは成立しないなと感じた。一方前田敦子のほうも、

黒沢さんのオファーなら断る理由がありません。

と出演を即決したらしい。なんと幸せな相思相愛だろう。彼女の黒沢作品出演は『Seventh Code』(2014年)、『予兆 散歩する侵略者』(2017年)に次ぐ3本目だ。

『Seventh Code』では、冒頭から前田敦子が西も東も分からないウラジオストクで、重いスーツケースを引きずりながら青い車を追って全力疾走する、という、ある種『旅のおわり世界のはじまり』に似た展開である。『Seventh Code』の前田敦子の延長上に『旅のおわり世界のはじまり』があるのは間違いない。

ただ、『Seventh Code』には“秋元康との合作”みたいな雰囲気が幾分あり、黒沢清らしさは出しながらも、どこか前田敦子のプロモーション・ビデオ風になっていたところがあったのは残念だと僕は感じた。

Continue reading "前田敦子"

| | Comments (0)

Monday, May 20, 2019

映画鑑賞データベース

【5月20日 記】 ふと気づくと TOHOシネマズ上野が第7位に上がってきていた。僕が映画館に行った回数ランキングである。

昨日観た『コンフィデンスマンJP』で、僕が TOHOシネマズ上野に行った回数は 32回になった。いや、観た映画の本数で集計しているので、正確に言うと 32回ではなく 32本である(ただし、この集計では同じ映画の2回目以降の鑑賞は対象外になっている)。

生涯で一番映画を観た映画館は TOHOシネマズ西宮OS の 152本だ。その次がシネ・リーブル神戸の 70本。第3位がテアトル梅田の54本、第4位が神戸国際松竹の 52本。

そのあと梅田ブルク7の 39本、OSシネマズミント神戸の35本と続き、その次に TOHOシネマズ上野がつけてきた。この映画館はまだできて 20ヶ月ほどだから急ピッチで追い上げてきたわけだ。

Continue reading "映画鑑賞データベース"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧