Tuesday, May 26, 2015

HAPA Japan Tour 2015

【5月26日特記】 サンケイホールブリーゼに HAPA Japan Tour 2015 "HAPA with ハラウ・フレンズ" ~Music and Hula Concert~を聴きに行ってきた。

会社の主催イベントだったので、ほとんど予備知識なしに行ったのだが、ウチの会社はここ何年かこの手のハワイアン&フラのイベントを手がけており、一度観たいと思っていたのである。

フラ・ダンスが入ると言うので、もう少しトラディショナルな曲ばかりやるのかと思っていたら、そうではなかった。

そもそも HAPA というのはハワイ語で half の意味なのだそうだ。HAPA というグループは元々ニューヨーク生まれ・ニュージャージー育ちのギタリストが生粋のハワイアンのボーカリストと出会って作ったバンドだそうで、そういう意味で HAPA なのである。

今回の来日メンバーは3ピースのバンドで、舞台上手からギタリスト(NY出身のバリー・フラナガン)、ベーシスト(タービン・マキア)、ギタリスト/ウクレリアン(カポノ・ナイリイリ)の順に並んでいる。リード・ボーカルは主にカポイだが、3人とも歌う。

前半はそこにフラのチーム(ハワイ語ではフラ・ハラウと言うらしい)が、1曲ごとに入れ替わり立ち代り現れる。そこには日本各地のハラウも混じっている。

後半は3人のコンサート+ラダーシャ・ホオフリ(下のビデオで踊っている美しい女性)のフラ・ダンス(他にカポノの兄弟らしい男性ダンサーも出演)という構成である。

オープニングは Tuahine (Hula Radasha) という綺麗な曲だった。彼らの代表曲らしい。

Continue reading "HAPA Japan Tour 2015"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 25, 2015

『麦ふみクーツェ』

【4月25日特記】 昨夜、シアターBRAVA!で『麦ふみクーツェ』を観た。意欲的な企画だった。

まず、音楽劇であること。そして、事前に観客に対して「音の鳴るもの」(何故かサイレンは不可)を持って来るように要請し、劇中の音楽に参加させる試みをやっていること。音楽の楽しさを実感させるのには持って来いの企画である。

劇中、尾藤イサオ扮する“おじいちゃん”が繰り返し言う台詞「この世におよそ打楽器でないものはない」に象徴されるように、前半はまずパーカッシブな要素を前面に出してくる。

音楽にあまり馴染みがなく、ひょっとしたら苦手意識を持っているかもしれない人だったりすると、一番入りやすいのはやはり打楽器だろう。みんなに合わせて叩いているだけでも楽しい。

現に会場に持ち込まれた楽器は圧倒的に打楽器が多い。もちろん、本来的な「楽器」でなくても良い。僕は楽器を用意する暇がなく、劇場の入口で会った会社の人間から小さなタッパウエアを借りて客席に向かった。

タッパウェアの中には、皮膚科でもらう軟膏を入れるような小さなプラスチック容器が入っており、振るとカタカタ鳴る。そんなもので良いのである。

Continue reading "『麦ふみクーツェ』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 15, 2015

MIQS03 にて

【3月15日特記】 昨日「うめきた未来会議 MIQS」に行ってきた。昨日が3回目で、僕は全部見ているのだが、昨日は初めて妻と一緒に行った。

一種の連続プレゼンショーなのだが、妻はこういうのが大好きで、よくテレビで「白熱教室」や「TED」などを観ている。

案の定、気に入ったらしく「面白かった」と言ってくれた。そして、誰が特に面白かったかということについて、夫婦の意見はほぼ完全に一致した。

ただ、3回とも観た僕の感想として、昨日のような「地方」とか「女性」とかいうテーマよりも、初回のような思いっきり「テクノロジー」に寄ったほうが面白い気がする。その話をすると、妻も多分そうなんだろうねと言っていた。

でも、あのテーマはテーマでそれなりに語り甲斐のあるものであり、登壇者がうまく繋がれるものであった。それよりも昨日の最大の難点は、あまり喋りがまとまらず、プレゼンが上手にできない登壇者が何人かいた点である。

Continue reading "MIQS03 にて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, March 22, 2014

MIQS

【3月22日特記】 今日はヨドバシカメラ・マルチメディア梅田店で iPad Air 買って(なんで買ったのかはまた改めて書きます)、グランフロント大阪のメーカーズシャツ鎌倉でシャツ買って、それから同じビルのナレッジ・シアターで MIQS を観た(と言うか、「聴いた」と言うか)。

このイベントは今回で2回目だが、去年の7/27の初回にも行った。それがあまりに面白かったから今回も行ったのであるが、今回は2日間で、初日は「新世代」中心、2日目は「トップランナー」中心である。僕は今日の2日目に行った。

要するにアメリカで大ヒットした TED を真似たプレゼン・ショーなのであるが、これのどこがどう面白いかを伝えるのは難しい。聴けば分かる、とも言えるし、聴かないと分からない、とも言える。

登壇者をいちいち書くのも面倒くさいので、書いてあるページヘのリンクを書いておく(日にちがたったら削除されたり更新されたりして、リンク切れになる可能性もあるので、その時はごめんなさい)。

Continue reading "MIQS"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 15, 2013

愛がすべて

【1月15日特記】 先週見に行った『吉本百年物語』の劇伴で Charlene の I've Never Been To Me が使われていた。勿論知っている曲で、とても綺麗な曲なのだが、誰の何という曲だったか思い出せなかったので、気になって iPhone に入れてある SoundHound で調べてみた。

このアプリは iPhone に鼻歌を歌いかけたら曲名を教えてくれるのである。勿論店内で流れている BGM を聴かせて曲名を探り当てたりすることもできる。その場合は歌と同時進行で歌詞まで出たりする。

ただ、自分で歌う場合は必ずしも精度が高くない(これは検索の精度と言うより歌唱の精度というべきかもしれないがw)のでちょっと心配したが、今回は一発で判明した。

しかし、シャーリーンという名前に記憶はない。『愛はかげろうのように』という表題にはおぼろげながら記憶がある。

さらに気になってネットでいろいろ調べてみると、日本でのカバーで一番流行ったのは椎名恵で、『LOVE IS ALL ~愛を聴かせて~』というタイトルだった。そっちのバージョンは確かに聞き覚えがある。

ところで、タイトルの I've Never Been To Me とはどういう意味だろう、と俄に気になってきた。これは一体何を歌った歌なのだろう?

流行った当時から I've been to Georgia and California という一節が耳に残っていて、なんだろうと思っていたのである。残念ながらその他のパートはあまりまとまった形で聴き取れていなくて、その疑問を今日まで放置してきたのである。

で、歌詞を調べてみて改めて驚いた(和訳もあるサイトとしてはここら辺りが一番優れているかな)。

Continue reading "愛がすべて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 12, 2013

なんばグランド花月『吉本百年物語』 again

【1月12日特記】 昨日、誘われてまたなんばグランド花月で『吉本百年物語』を観てきた(前作の記事はここにあります)。今回は第10弾。MANZAI ブームの頃の話である。

トーンは前作と同じなので、もうあまり細かくは書かないが、やっぱり愉しい。やっぱり「よしもと新喜劇」にはない“演劇的高揚感”がある。観客も愉しいが演ってるほうも楽しいのではないかな。

今回は芸人ではなく裏方に焦点を当てた話なので、芸人はあまり登場しない(例えば横山やすしなどは名前が語られるだけで、出てきはしない)。

Continue reading "なんばグランド花月『吉本百年物語』 again"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 12, 2012

なんばグランド花月『吉本百年物語』

【12月12日特記】 今日、と言うか日付としてはもう昨日になってしまったが、なんばグランド花月で『吉本百年物語』を見た。

この12月公演がシリーズ9作目で、順を追って吉本興業100年の歴史を描いている。今回は1970年代が舞台である。

このシリーズ最初の頃は閑古鳥が鳴いていたとも聞くが、今日あたりはほぼ満員である。設定が今に近づくにつれてリアルタイムでその時代を体験した観客が増えるからなのだろう。

西川忠志が実父の西川きよしを、瀬戸カトリーヌが西川ヘレンを、なだぎ武が桂三枝を、矢野・兵動の矢野勝也が横山やすしを、そして石田靖が『ヤングおー!おー!』の小林プロデューサー(おそらくこれだけが仮名)を演じている。

Continue reading "なんばグランド花月『吉本百年物語』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 01, 2012

観るという行為、テーマ、世界観

【3月1日特記】 twitter を見てたら、ある高校生が鴻上尚史さんに対して、

高校生の男子です。デジャブュ86を見させて頂きました。とってもおもしろかったのですが、結局のテーマ(?)的なものがわかりませんでした。もしよければ教えていただけませんか?

とメンション(@で始まる、特定のアカウントに向けた公開メッセージ)してます。

これに対する鴻上さんのリプライ(形としては非公式RT)は、

テーマを直接、作者に聞くのは野暮というものです(^^)

非常によくコントロールされた、適切なリターン・ショットだと思いました。

もっと穏当な答え方をするとすれば、「テーマを直接、作者が語るのは野暮というものです」という表現でしょうが、ここは訊いてきた相手を主語にして「聞くのは野暮」ぐらいの、少し強めの言い方をしてやったほうが良いでしょう。

しかし、それにしても、この世代に多く見られるこういう感覚って何なのでしょう? 僕らにはどうしても解せないものです。

Continue reading "観るという行為、テーマ、世界観"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, December 24, 2011

第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』

【12月24日特記】 第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』を観てきた。久しぶりに演劇的な高揚感を味わわせてもらった。

ただ、僕は決して熱心な第三舞台ファンではなかった。

もちろん早くから名前は知っていたが、見始めたのは仕事の上で鴻上尚史さんと繋がりができてからだったので、最初に観たのが1991年3月14日(木)紀伊國屋ホールでの『朝日のような夕日をつれて』、次が翌年1月14日(火)シアターアプルでの『天使は瞳を閉じて』で、今日のこの公演が実はまだ3回目にして最後ということになる。

それに2007年3月31日(土)シアター・ドラマシティでの『僕たちの好きだった革命』を含めても、鴻上芝居はまだ4度目の体験である。

だから、彼らの芝居についてあまり深く語るほどの知識も経験も持ち合わせていない。今日の公演は、昔っからの濃いファンたちに向けてのサービスも満載であったようで、僕なんかからするとたまに観客がなんでそんなに沸いているのか解らないシーンもあった。

でも、もちろん、ファンサービスに終止するような芝居ではない。初めて見る人にもなんとなく想像がつく部分もあっただろうし、たとえたまに他の観客の笑いから取り残されることがあっても、充分に楽しめたはずだ。

言うまでもないが、芝居にはいろんなところにいろんな意味が込められており、それを読み取るのは観客の仕事である。例えばこの芝居から安保や原発事故を読み解く人もいるだろう。出会いとか人を信じることとか言う人もいるだろう。そして、恐らく多くの人がまず読み取るのは死、あるいは不在ではないだろうか?

Continue reading "第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 29, 2010

年少の友人へ

【3月29日特記】 今日は手持ちの音楽 CD からダビングした CD-R を年少の友人に送ってあげた。

考えてみれば彼女からは昔からよく VHS やカセットや CD などをもらってきたが、僕が彼女に何かを送ってあげたのはこれが初めてかもしれない。

Continue reading "年少の友人へ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)