Thursday, February 09, 2017

知的遊戯

【2月8日特記】 今、朝日新聞デジタルの連載で夏目漱石の『吾輩は猫である』を読んでいるのだが、昨日、一昨日の回がとても面白かった、というか、こういうのは僕以外にも面白いんだろうか、こういうものを面白がる文化はまだあるんだろうか、と気になったので書いてみることにした。

一昨日の「192」では迷亭と独仙が対座して囲碁をしている。まず「賭けないとやらない」という迷亭をたしなめて、独仙が陶淵明の詩句を引いてもっとゆったりしないとダメだと言う。

迷亭は「さすが仙人だ」などとテキトーなことを言いながらハチャメチャな碁を打つ。

そのあと、この2人を見た「吾輩」が、なんで人間は囲碁みたいな窮屈なものをするのだろうと深い感慨を述べるのを挟んで、翌「193」では迷亭と独仙の丁丁発止に戻る。

まずは迷亭が司馬遷の『史記』の「項羽本紀」の有名な鴻門之会の場面を引用しながら勇ましく攻め込んで来る。

それに対して独仙は碁石を「こう継いで置けば大丈夫」と言いながら、「継ぐ」からの連想で、唐の文宗の句に柳公権が継いだ連句を引用する。それを受けて今度は迷亭が「継ぐ」を「撞く」に掛けて「撞いてくりゃるな八幡鐘を」と俗謡で返す。

すると独仙は無学禅師の言葉を引いてさらに切り返す。その手に慌てた迷亭は「待った」をする。独仙が「ずうずうしいぜ、おい」と言うと、迷亭は「Do you see the boy か」と来る。これは読んでいても俄に解らなかったのだが、「ずうずうしいぜ、おい」と「Do you see the boy 」がシャレになっている。

そのあと2人のやりとりは、歌舞伎十八番や禅語まで引きながらさらに続いて行く。なんとも凄まじい知的遊戯ではないか?

で、僕はそれをものすごく面白く思ったのだが、僕以外の読者もおんなじように面白がって読んだのかな、と気になったのである。

Continue reading "知的遊戯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 07, 2016

変化

【12月7日特記】 最近の僕のネット上の生活の変化:

  1. note を退会した。

近年はコンテンツの分散化ということが言われており、多くの人に読んでもらうためには、確かにひと所ではなく何箇所かに分散して置いたほうが良い。

それは確かにそうなのだが、でも、ひとりでやっている僕らの場合は出先が増えるとしんどくなる。

僕は生まれて初めて自分のホームページを持とうとした時に、どうやったら他人のサイトと差別化できるのかを一生懸命考えた。次にブログを始める際には、今度はどうやったら自分のホームページと差別化できるかを考えた。

そして、その後 twitter や facebook などのアカウントを開設するときにも、それまで自分がやってきたこととどうやれば差別化できるかについて考えた。

そんな中で note にもコンテンツを出していくのは差別化の意味でもしんどいし(もっとも「分散化」を考えるのであれば差別化の必要はないのだが)、作業量も負担になる。

note に登録しながら、最近は自分のコンテンツを上げるのが精一杯で、お金を払って他人のコンテンツを購読するようなこともついぞなかった。つまり、個人で使える時間は限られているということなのだ。

ならば、まいっか、と突然思って note をやめた。

Continue reading "変化"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 24, 2016

随想その2:サラリーマン川柳

【5月24日特記】 第29回「サラリーマン川柳」コンクールの発表があった。

実は僕は9年ほど前にこのブログに、このコンクールで選ばれた川柳が面白くないと書いた。それは「発想の面白さだけで選考されていて、表現の巧みさがないがしろにされているから」である。

今日また発表の結果を初めて(ニュースではなく)ホームページで読んで、何故このコンクールが面白くないかが分かったような気がする。これはプロの審査員が選んでいるのではなく、一般人の投票によって決まっていたのだ!

一般人の投票となると表現の面白さよりも発想の面白さに寄ってしまうのは、ある程度仕方のないことかもしれない。

しかし、申し訳ないけれど、僕としてはやっぱり今年も面白くない。

他人様のお書きになったものを、しかも、第1位に選ばれたものを悪し様に書くのは本意ではないが、投票した皆さんと僕の感覚の違いを説明するために、申し訳ないけれど少し引用して具体的に書いてみたいと思う。

Continue reading "随想その2:サラリーマン川柳"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, May 21, 2016

シミルボン再稼働

【5月21日特記】 4/16 の記事に書いたように、シミルボンという読書サイトの正式オープンに際して 10編の書評を掲載してもらった。

その後はほったらかしにしておいたのだが、ここ数日また新たな書評をここにアップしている(と言っても、基本的にこのブログに発表したものの転載であるが)。

何故また追加し始めたかというと、理由は単純である。

Continue reading "シミルボン再稼働"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, May 01, 2016

本を売る(CD は売らない)

【5月1日特記】 本を売った。いや、まだ売れてはいない。本を売った時にはいつもこのブログで何冊いくらで売れたかを書いているが、まだ申し込んだばかりなので、今回はそういう記事ではない。

僕は「本棚1架分しか本を所有しない」主義で、読み終わった本が本棚から溢れそうになると本を売ってきたのだが、最近は本を読むペースが落ちたので、実はまだそんなに焦るほど溜まってはいない。

なのに何故売ることにしたかといえば、ま、心境の変化である。

前は残したい本を残してきた。しかし、何をもって残したいと判定するかどうかはともかくとして、果たして残してどうする?と改めて思ったのである。

読み終えた後もう一度手に取る本があるだろうか? もちろん、辞書、教科書、参考書、教則本などは何度も手に取る書物であるが、例えば小説は二度読むか?

僕の場合は、間違って読んだものを別とすれば、同じ小説を二度読むことは極めてまれである。ならば置いておいても仕方がないではないか──という単純な思いに至ったのである。

Continue reading "本を売る(CD は売らない)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 16, 2016

シミルボン

【4月16日特記】 シミルボンというサイトがオープンしている。ブックリスタが運営する書評サイトである。あるいは読書サイトと呼んだほうが良いかもしれない。

そこに僕も10本の書評を、実は正式オープン前から掲載してもらっている。たまたま僕がここに書いている書評を読んでくれたシミルボンのスタッフから「出してみませんか」と声をかけてもらったのである。

新しい書評サイトがオープンした時に、まだ誰も投稿していないとさすがに投稿しにくいはずだ。それは最初に投稿するのは勇気がいるということもあるし、逆に、「このサイト、誰も投稿していないけど大丈夫か?」という思いもあるだろう。

これは僕の勝手な想像だが、そういうデメリットを消すために、言わば“呼び水”として、僕のように書評をいっぱい書いている人間がリクルートされたのだと思う。

Continue reading "シミルボン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 27, 2016

MIQS04

【3月27日追記】 うめきた未来会議 MIQS04 を観に行ってきた。今年で4回目だが、僕は毎年行っている(複数日開催の年はそのうちの1日だけだが)。

そして、一応毎年このブログに記録を残している。非常に断片的な記事も多いが、一応リンクを張って紹介しておこう:

で、毎年のように書いているのが、結局1回目が一番面白かったということ。1回目はテーマをテクノロジーに絞って、大きな組織から町工場まで含めての人選ながら、いずれの登壇者も新しい技術の担い手だった。

それが2回目以降、テーマも人選ももう少し広がってきた。ということは、そういう風にしないと一般受けしないということなのか?

そこのところはよく分からないが、僕にとっては直角に曲がるパイプの金型や、色も形も重さも触感も本物そっくりの臓器模型を作っている人のほうがよほど興味深かった。

今回はテーマが「世界を再起動する」という、2回目、3回目にもまして漠とした抽象的なものになり、登壇者のラインナップを見た時にも、そのまとまりのなさにちょっとがっくりしたのは事実だ。

今年の登壇者は下記の6組である:

  1. 光嶋裕介(建築家)
  2. COSMIC LAB(映像アーティスト)
  3. 須田健太郎(起業家)
  4. 白河桃子(ジャーナリスト)
  5. 湊かなえ(作家)
  6. 高城剛(クリエイター、著述業、DJ)

Continue reading "MIQS04"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, September 03, 2015

投句

【9月2日特記】 今日、会社の開局記念を祝う、内輪のパーティがあった。開局記念日は 9/1 なのだが、昨年から翌日の夜に開かれるようになった。

で、これも昨年から、そのパーティでいろいろな余興が行われるようになった。今年はダーツ大会と俳句募集だった。

ダーツ大会にも一応出場したが、予想通り昼間の予選で敗退した。俳句のほうは、まるで心得などないのだが、何日か前から一生懸命考えて応募した。テーマは「夏の想い出」、審査員はテレビでお馴染みの夏井いつき先生である。

応募数が少なければそこそこ上位に食い込めるかもと甘い期待も抱いたが、400句以上の応募があり、さすがに何かを表現したくて入社した人が多い会社だけに、初めてでも巧い人が多く、僕の投句は敢えなく選に漏れた。

選ばれた七句はその場にいた役員・社員と派遣・請負などの常勤労働者の投票で優勝を決めたのだが、その前に、何という名称であったか忘れたが、言わば「佳作」的な扱いで夏井先生から紹介された句があり、嬉しいことに僕の一句がそこに入っていた。たくさん紹介されたので、合計何句あったのかは定かでないのだが…。

Continue reading "投句"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, June 02, 2015

推敲のススメ

【6月2日特記】 僕は他人から時々表現がきついと言われることがあるが、これでもネット上にあまりネガティブなことは書かないように気をつけているつもりである。

どんなにひどいと思った映画や本も、なんとか良い点を見つけて、決してボロカスな書きっぷりにならないように、一生懸命気を配っているつもりである。

でも、毎年この季節(5月末)に、これだけはひどいなと思うものがある。今まではグッと我慢して書いていないけど、毎年「これ、本当に放っておいて良いのだろうか?」とさえ思うものがある。

いや、人にはそれぞれの感じ方があって、何人も他人の感じ方を尊重すべきである、ということは理解している。でも、みんなが(あるいは識者が)良いと選んだものが悉く良いと思えない時、僕はどうするべきなのだろう?

たまには「僕はそれを良いとは思わない」という記事を書いても良いのではないかと思う。それを書くことでより良いものが生まれる可能性だってきっとあると思うから。

だから、今回は思い切って書いてみる。読んで気分を害する方がおられるかもしれないので、最初から謝っておく──偉そうなこと言ってゴメンナサイ、と。

Continue reading "推敲のススメ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 11, 2015

Negative

【2月11日特記】 最近、と言うか、ここ数年の間に気づいたのですが、僕には嫌いなものが多いみたいです。いや、食べ物の話ではなく、例えば音楽とか、映画とか。

僕には、いくらタダ券があってもコンサートに行きたくないアーティストがいるし、ちょっとその人は勘弁して下さいという映画監督がいます。その人の著書を2度と読む気がない作家がいます。

これがどうやら、他の人にはない、とまでは言わなくても、そんなに多くはない、あるいは、そんなにくっきりとは存在しないらしいということに気づいたのです。

これはとても不思議です。

だから僕は、誘われても、勧められても、タダであげると言われても、どうしても受け入れないものがあるのだけれど、他の人は友だちが良いというものを割合すっと受け入れているみたいで、僕としては少し怪訝に思うのです。

Continue reading "Negative"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧