Monday, June 18, 2018

music baton

【6月18日 記】 6/10 の記事に書いた music baton:「 #10CD10DAYS 人生で影響を受け何度も聴いた一枚」。結局誰にもバトンは渡さなかったが、自分の分は先週無事に書き終えた。

ただし、10枚だけ選ぶというのはどうしても無理で、10枚選んだ後で「次点」を9枚選ぶという反則技を使ってようやく書き終えた。

前にも書いたように、facebook と同じ記事をブログに上げても仕方がないので、ちょっと違う形でここにも上げておきたい。

facebook のときはジャケ写をアップするだけで説明は一切なしというのがルールだった。僕は毎日1枚の写真を上げて、11日目に「次点」9枚を1枚の写真に合成して(つまり、3✕3の碁盤)それを上げた。

ジャケットには帯がついているものもあればそうでないものもあり、そうでないものの中にはジャケットにタイトルが書いてなくて、知らない人には誰の何というアルバムなのか分からないものもある。

それで、ここには逆に、写真なしでアルバム・タイトルとアーティスト名のみ列記する。同様に説明文はなしとする。以下がそのリストである:

Continue reading "music baton"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 12, 2018

ぼくを見かけませんでしたか

【6月12日 記】 人が死ぬのを喜んではいけない。だけど、好きだった歌手が亡くなるといつも、新たにベスト盤が編まれたり、廃盤が復刻したりしないかな、と思ってしまう。

今日の報道で森田童子が亡くなっていたことを知った。僕が知ったのが今日だったというのではない。そもそも記事自体が「亡くなっていたことが分かった」というものだった。

人は失敗に打ちひしがれたりして極度に気分が落ち込んだとき、明るい曲よりもむしろ暗い曲を聴いたほうが立ち直りが早いものである。無理に明るい曲を聴くと空々しい気分になるだけなのである。

むしろ、徹底的に深く沈み込める曲を聴いたほうが良い。水死体は一旦底に沈まないと浮き上がって来ないと言うではないか(本当なのかどうかは知らないが)。

だから、落ち込んだときは中島みゆきを聴け、それでもダメなら山崎ハコを聴け、それでもまだダメだったら森田童子を聴け──若かった頃そんな話をしていた記憶がある。

そう、それは 1970年代後半である。訃報記事に判で押したように書いてある「『ぼくたちの失敗』が TBSドラマ『高校教師』の主題歌に使われ」というのは、僕らにとってはリバイバルでしかない。

Continue reading "ぼくを見かけませんでしたか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 10, 2018

music baton

【6月10日 記】 変な話だけれど、facebook でバトンが回ってきて急に思い出した──ああ、バトンってあったなあ、と。

あれは何だったろう? twitter? それとももっと古い時代のメーリング・リストとかの時代?

何かテーマがあって、それに沿って何か書く(つぶやく?)。で、そのバトンを誰かに引き継ぐ。──そんな形だったろうか。

facebook の「友達」(女性)が書いているのを見つけた。テーマは「人生で影響を受け何度も聴いた一枚」。 #10CD10DAYS ( #10CDs10DAYS と複数形になっていないのがちょっと気持ち悪いが)というハッシュタグがついていて、10枚の CD を10日連続でアップするのがルール。ただし、カバー写真だけで説明は書かない。

この最後のルールが良い。音楽を語るとき我々はついつい御託を並べてしまうのだが、それを禁止することで余計なケレン味がなくなる。

Continue reading "music baton"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 22, 2018

音頭

【5月22日 記】 深夜ドラマの『やれたかも委員会』が好きだ。ものすごくデトックスになる。で、このエンディングで流れているのが shiori によるカバー『君のひとみは10000ボルト』だ。

この曲、1978年に堀内孝雄が発表したときから思っているのだが、リズムとの兼ね合いを考えると区切れがおかしいのだ。

つまり「きみの・ひとみは・いちまん・ボルト」ではなく「きみのひ・とみはい・ちまんぼ・ると」になっているのである。

特に「き」から「い」までは同じ高さの音なので、メロディラインでアクセントをつけることができない。そうするとどうしても強拍・弱拍でことばが区切れてしまうのだ。

こんな風に切れ目のおかしい歌は時々あるのであって、僕が昔大いに気になったのはイルカの『なごり雪』である。

こちらは「なごり雪も 降る時を知り」とは聞こえずに、「なごり雪も 降る時 お尻」と聞こえてしまう。みんなあんまり気にしていないかもしれないが…(笑)

Continue reading "音頭"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 18, 2018

「なんで〇〇なのだ?」転載

【3月18日 記】 長年続けてきたホームページを閉じるに際して、ごく一部の文章はこのブログに移設することにして、これまでに「転調」「魅惑のペンタトニック・スケール」「変拍子」「はてしないトイレ談義シリーズ」の4つをこちらにも掲載しました(PC のブラウザでお読みいただいている方は左のカラムにもリンクがあります)。

今回新たに「なんでその曲なのだ?」を加えました(HP では「なんで○○なのだ?」というタイトルでした)。これでこのブログへの転載コンテンツは音楽モノ×4、トイレもの×1になりました(笑)

Continue reading "「なんで〇〇なのだ?」転載"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 02, 2018

旧ホームページからの移設

【1月2日記】 このブログとは並行でやっていたホームページを、予告通り今月末で閉めるのですが、全てを捨ててしまうのではなく、いくつかの文章はここに移して、ブログ内ホームページの形で保存しておこうと思います。

いや、まあ、他人様が見てくださるというよりも、自分用のメモとして置いておくようなものですが(笑)

とりあえず、その第一弾として、音楽エッセイ「キーを叩く」シリーズに書いたうちから3編、今回は音楽物を選んでここに移すことにしました。多分音楽関係の文章でこのブログに移すのはこの3つだけになると思います。

Continue reading "旧ホームページからの移設"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 15, 2017

ここに来れば何でもあるか?

【11月15日特記】 テレビ番組の配信は漸く始まったけれど、局ごとにアプリが必要なのは大変使いづらいというのはよく言われること。

僕自身もそれは常に感じている。配信アプリに始まったことではなく、10年以上前からサイトであれショップであれ、「ユーザに対して“ここに来れば何でもある”という状況を作ってあげないといけない」と社内外で言っては来た。

が、そう簡単に実現しない(ま、TVer はできたけどね)。

で、それを棚に上げて他のものを槍玉に挙げようという魂胆ではないのだが、動画配信アプリばかりが問題になるけれど、音楽だって同じ状況ではないかとふと思った。

僕も突然思い当たったのだが、このことを指摘している人はあまりいないようにも思う。

Continue reading "ここに来れば何でもあるか?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, November 12, 2017

音楽テレビ

【11月12日特記】 引っ越して住居環境が変わったことをきっかけに、スカパーを見始めた。

今までこんな多チャンネル環境は経験したことがなかったので、正直どのチャンネルを選んで良いか解らなかったのだが、いろいろ見てみると意外に音楽専門チャンネルというのも悪くないと思った。

そんなもの何時間もじっと観ていられるはずがないだろう、と思っていたのだが、そもそもそういう考えが間違いだった。

じっと観ていなくて良いのである。耳で聴いて、気になったらじっと観る──それで良いのである。そういう見方ならいつまでも続けられて、邪魔にもならないし、充分楽しめる。

Continue reading "音楽テレビ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, October 16, 2017

Play Log File on my Walkman #122

【10月16日特記】 不定期で公開している僕の SONY Network Walkman のプレイログ。2000曲以上の中からのランダム再生から今日も10曲。

  1. 春のからっ風(泉谷しげる)
  2. 6つの来し方行く末(MOONRIDERS)
  3. プリズナー(柳ジョージ&レイニーウッド)
  4. ミス・ブランニュー・デイ(サザンオールスターズ)
  5. イージュー★ライダー(奥田民生)
  6. 太陽は泣いている(いしだあゆみ)
  7. 純情(吉田拓郎)
  8. だいて(森高千里)
  9. 世田谷ナイトサファリ(みきとP Feat. 大根&愛島)
  10. Destiny(シェネル)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #122"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, October 02, 2017

Play Log File on my Walkman #121

【10月1日特記】 ときどき上げている僕の Walkman でのプレイログ。今回も10曲。

  1. テテ(近藤晃央)
  2. 恋するカレン(つじあやの)
  3. 気まぐれロマンティック(いきものがかり)
  4. 男と女(UA)
  5. 今夜はブギーバック(スチャダラパー feat. 小沢健二)
  6. 2000トンの雨(山下達郎)
  7. Cry Baby(Seamo)
  8. 雪にかいた Love Letter(菊池桃子)
  9. 歌にはならないけれど(吉田拓郎)
  10. Family Song (星野源)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #121"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone | おすすめサイト | ことば | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サイト更新情報 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プレイログ | ペット | 今日のBGM | 仕事 | 住まい・インテリア | 学問・資格 | 心と体 | 心に移りゆくよしなし事 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学・歴史 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ考 | 映画・テレビ評(05) | 映画・テレビ評(06) | 映画・テレビ評(07) | 映画・テレビ評(08) | 映画・テレビ評(09) | 映画・テレビ評(10) | 映画・テレビ評(11) | 映画・テレビ評(12) | 映画・テレビ評(13) | 映画・テレビ評(14) | 映画・テレビ評(15) | 映画・テレビ評(16) | 映画・テレビ評(17) | 映画・テレビ評(18) | 書籍・雑誌 | 書評 | 書評(02) | 書評(03) | 書評(04) | 書評(05) | 書評(06) | 書評(07) | 書評(08) | 書評(09) | 書評(10) | 書評(11) | 書評(12) | 書評(13) | 書評(14) | 書評(15) | 書評(16) | 書評(17) | 書評(18) | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 育児 | 舞台 | 芸能・アイドル | 趣味 | 関西・関西人 | 音楽