Thursday, March 04, 2021

BSフジ『HIT SONG MAKERS 消えゆく昭和の音楽の星たち』

【3月4日 記】 録画してあった『HIT SONG MAKERS 消えゆく昭和の音楽の星たち』(2/21 BSフジ)を漸く観た。去年亡くなったさまざまな歌謡曲~J-POP 関係者、とりわけその中でも筒美京平となかにし礼という2人の巨星にスポットライトを当てた特別番組だ。

BSフジが誇る音楽番組の名作『HIT SONG MAKERS』での取材をメインに再構成したものであることがタイトルから伺える。

ちなみに僕はこの番組が出した5枚組のDVDを持っている。そして、このブログにも何度も書いてきたが、僕は筒美京平という作曲家を崇拝している。

『筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997 2013Edition』も、リッピングではあるが全曲持っている。『筒美京平作品 楽譜集 Kyohei Tsutsumi Songbook Ultimate Collection 1966~2008 100songs』も買った。

そして、去年相次いで亡くなったこの2人については、筒美京平関連で4本なかにし礼関連で1本の記事を上げている。

Continue reading "BSフジ『HIT SONG MAKERS 消えゆく昭和の音楽の星たち』"

| | Comments (0)

Sunday, February 28, 2021

Play Log File on my Walkman #140

【2月28日 記】 時々披露している僕のプレイログ。調べてみたら今年はまだ1回も書いていなかった。

例によって5曲をピックアップ。

  1. Honky Tonk Wemen(Superfly)
  2. 男の子女の子(郷ひろみ)
  3. 二人の銀座(山内賢&和泉雅子)
  4. 買い物ブギ(UA)
  5. さらば愛しき大地(豊田勇造)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #140"

| | Comments (0)

Friday, December 25, 2020

なかにし礼という巨木

【12月25日 記】 なかにし礼が亡くなった。特に好きな作詞家ではなかったが、改めて作品集を並べてみると、いい歌をたくさん残しているのに驚く。

いろんな音楽関係者が亡くなるたびに、ある種追悼の意味も込めていろんな文章を書いてきたので、今回もここに一編の文章を加えたいと思う。

「なかにし礼の代表作は何か?」と言われると、例えば阿久悠とか千家和也とか岩谷時子とか安井かずみみたいに、たちどころに何曲かが頭に浮かぶということはない(あくまで僕の場合だが)。

でも、それは代表曲がないのではない。ありすぎるのだ。そして、ものすごくバラエティに富んでいる。これが作詞家なかにし礼をひとつの作品に縛りつけてしまわない原因だと思う。

Continue reading "なかにし礼という巨木"

| | Comments (0)

Saturday, December 12, 2020

Play Log File on my Walkman #140

【12月12日 記】 多分今年最後のプレイログ披露。今回も5曲。いずれもさっき聴いたばかり。

  1. sayonara sayonara (KICK THE CAN CREW)
  2. CDJ(小泉今日子)
  3. Love Letter(酒井法子)
  4. もらい泣き(一青窈)
  5. 陽気な綱渡り(東京キッドブラザース)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #140"

| | Comments (0)

Wednesday, December 09, 2020

バットで奏でるジングルベル

【12月9日 記】 昨日に続いての YouTube動画エンべディングだが、50年を超えるファイターズ・ファンとしては、なんとしてもこれを紹介しておきたい。

中田、西川、太田は当然として、野村がいたり、近藤だけ顔のアップがあったり、意味もなく清宮のバンザイが入ったり、そして、何と言っても杉谷がおかしい。

楽しいクリスマスを!

| | Comments (0)

Tuesday, December 08, 2020

NEW フィッツダンス

【12月8日 記】 友人の音楽家スキャット後藤さんが、ロッテの New Fit's のフィッツダンスの新しいシリーズの CM音楽(編曲)を手掛けた。なんと歌って踊っているのは今をときめく NijiU である。全部でメンバー全員分、8パタンあるらしい。

記念に YouTube 映像をエンベッドしておく。

スキャットさんとは twitter で繋がって、もう10年以上になる。リアルでも何回かお会いしている。作品集の DVD もいただいた。

最近はテレビ東京の『青春高校3年C組』や、いろんな子供向けの音楽などを手掛けてきた人だ。

Continue reading "NEW フィッツダンス"

| | Comments (0)

Saturday, November 28, 2020

Play Log File on my Walkman #139

【11月28日 記】 前回は随分間が空いてしまったので、今回はあまり空けずにプレイログ披露。いつもどおり5曲。

  1. 男の子女の子(郷ひろみ)
  2. サマータイムブルースが聴こえる(吉田拓郎)
  3. 池にゃ鯉(和幸)
  4. 接吻KISS(Fried Pride)
  5. 恋のダウン・タウン(平山みき)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #139"

| | Comments (0)

Sunday, November 01, 2020

Play Log File on my Walkman #138

【11月1日 記】 最近は筒美京平さんのこと以外であまり音楽について書いていなかった。なんと7月以来のプレイログ披露。今回はごく最近聴いたものから5曲:

  1. ブルー(渡辺真知子)
  2. my graduation(SPEED)
  3. 絶体絶命(東京事変)
  4. 花 ~すべての人の心に花を~(泉谷しげる&手嶌葵)
  5. キュン(日向坂46)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #138"

| | Comments (0)

Friday, October 30, 2020

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

【10月30日 記】 映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』を観てきた。

コロナの影響もあって10月は観たい映画の封切りが集中したため、何を採り何を棄てるかが悩ましいのだが、この映画は是が非でも観なければならない。

客はシニア層だけかと思ったら、結構若い人もパラパラいた。ただし、女性はほとんどいなかった。

ザ・バンドについては僕は遅れてきたファンだ。何と言っても『ザ・ラスト・ワルツ』からのファンなのだから(笑)

でも、解散してから遡って聴き始めた(もちろん解散前から社会現象としては知っていたのだが)ビートルズと違って、かろうじて解散には間に合い、あの素晴らしい解散コンサートを(もちろん現場にいたわけではないが)リアルタイムで(つまり、レコード発売と同時に)聴けたのである。

ザ・バンドの魅力は何と言っても楽曲の素晴らしさ、そしてアレンジメントの独創性、ハーモニーの美しさ、つまりはバンドとしての完成度の高さなのだが、決して忘れてはいけない、と言うか、忘れようとしても忘れられないのが、ロビー・ロバートソンの、誰にも真似のできない、天上天下唯我独尊のギター・プレイである。

どこからあんなフレーズが出てくるのか想像がつかない独特のフレーズ、そして、どうやったらあんな音が出せるのか不思議で仕方がない奏法。

間違いなく彼は世界のロックの歴史の中で最高峰のギタリストであり、唯一無二のミュージシャンである。

Continue reading "映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』"

| | Comments (0)

Tuesday, October 27, 2020

サラリーマンをバカにしてはダメよ

【10月27日 記】ある人が twitter でリツイートしているのを読んで、久しぶりに聴きたくなった。

その人(リツイートされた記事を書いた人)は、最後には離婚して自分を捨てた父親だが、それでも毎朝満員電車に乗って会社に通い、自分を育ててくれたことを感謝すると書いていた。

知らない人だったので、メンションやコメント付きリツイートをして、直接絡むようなことはしなかった。ただ、無性にこの歌を聴きたくなったので YouTube で検索して、何年ぶりかで聴いた。

Continue reading "サラリーマンをバカにしてはダメよ"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文