Thursday, September 23, 2021

NHK MUSIC SPECIAL 『伝説的ミュージシャンたちの50年』

【9月23日 記】 NHK MUSIC SPECIAL 『伝説的ミュージシャンたちの50年 ~ユーミン・尾崎亜美 そしてSKYEヘ~』を観た。

本放送は 9/20(月・祝)の夕方で、テレビをつけたらやっていたのだが、すでに番組エンディング部分だったので、昨日 NHK+ で頭から観た。我々の世代にはたまらんのである。

松任谷正隆、林立夫、鈴木茂、小原礼の4人が今 SKYE という名前のバンドを組んでいるらしい。知らなかった。そして全員がなんと 70歳なのだそうだ。

番組の中で松任谷正隆が「キャラメル・ママではもうちょっとちゃんとバンドをやりたかったのにできなかったから」と語っていた。

確かにキャラメル・ママはバンドと言うよりはプロデュース集団であり、アレンジャー・チームであり、バックバンドという様相が強かった。

そして、キャラメル・ママの細野晴臣を小原礼に入れ変えるとこのメンバーになる。ちなみに、後から僕が調べたところによると、SKYE というバンドは元々あって(なんと 1968年結成)、メンバーには林、鈴木、小原がいたと言う。その3人に松任谷を加えたのが新生SKYE だった。

番組では、その4人に松任谷由実と尾崎亜美が加わり、『卒業写真』と『マイ・ピュア・レディ』も歌った。「ああ、ユーミンは声が出なくなったなあ」と思ってもやっぱりたまらんのである。そして、番組を見終わった後、自分の書いた記事でもう一度『マイ・ピュア・レディ』のコード進行の復習をしてしまった。

松任谷由実は松任谷正隆夫人と言うよりも、キャラメル・ママのプロデュースでデビューしたのが有名な話。僕も当時、「そんな若い娘のバックをキャラメル・ママがやったのか!」と驚いた記憶がある。

尾崎亜美は当時「荒井由実の妹分」みたいなキャッチフレーズでデビューしており、ユーミンとも親交があった。そして、何よりも驚いたのは、いつの間にか小原礼と結婚していたのだ。それは知らなかった。

Continue reading "NHK MUSIC SPECIAL 『伝説的ミュージシャンたちの50年』"

| | Comments (0)

Sunday, September 19, 2021

映画『サマー・オブ・ソウル』

【9月19日 記】 映画『サマー・オブ・ソウル』を観てきた。本来は 7/2 の封切り予定だったが、コロナで公開日が 8/27 に延びた。

随分前からマークしていた映画なのだが、僕が邦画を何本か先に観ている間に評価が高まって人気が沸騰したらしい。パンフレットは売り切れていた。

奇しくも去年の今日は『メイキング・オブ・モータウン』を観ていた。 2年続けて 9/19 はブラック・ミュージックの日だ。ただし、こちらはモータウンだけではない。ブルーズ、ソウル、ジャズ、ゴスペル、モータウン・サウンド、そしてラテンまで!

ウッドストックと同じ日にこんなブラック・ミュージックのフェスが NY のハーレムの公園で開かれていたとは全く知らなかった。そして、その開催中にアポロ11号が月面着陸していたとは(日本人にとって月面着陸は深夜のイメージだったし)。

長らく眠っていた、と言うより葬り去られていたこのフッテージを1本の映画に仕立て上げるのに、これを単なる記録映画に留めなかったのがすごいと思う。ものすごい編集である。

歌と演奏の間に当日の出演者や観客のインタビューが入る。ニュース映像もインサートされる。でもミュージックは途切れずオーバーラップしている。映像同士も時々オーバーラップしている。どれだけ大変な編集だったろう。いや、その前に素材を全部見るだけでもものすごい時間がかかったはず。

Continue reading "映画『サマー・オブ・ソウル』"

| | Comments (0)

Friday, August 20, 2021

演技に関して気づいたこと

【8月20日 記】 以前、演技経験のない歌手が突然俳優になってなんで成功するのか分からない、みたいなことを書いた(→ 『ミュージシャンから俳優』)が、ひとつ気づいたことがある。

演技の経験がなくても上手に演技ができたりするのは、我々が普段の生活の中でも不断に演技を続けているからではないか、ということだ。

映画スターが突然音楽CD を出しても巧く歌えるとは限らないのは、普段の生活の中で歌を歌っていないからではないか?

Continue reading "演技に関して気づいたこと"

| | Comments (0)

Saturday, August 14, 2021

私が選んだ邦楽カバーアルバムの傑作

【8月14日 記】 note に大著を物したので、ここにも転載しておきます。

と言っても、これは昔自分のホームページ(このブログではありません。すでに閉鎖しています)に掲載していた記事に(その後の年代分を)書き足して、その他ちょこちょこ推敲しなおした文章です。

ブログ記事の形ではなく、ブログ内ホームページの形を採りました。左カラムの「旧HPからの移行」欄にもリンクがあります。

『私が選んだ邦楽カバーアルバムの傑作』

1977年から 2020年までの長い期間に渡る記事なので、かなりお暇なときでなければ読みきれないと思いますが、ま、ご興味があればどうぞお読みください。

Continue reading "私が選んだ邦楽カバーアルバムの傑作"

| | Comments (0)

Monday, August 09, 2021

Play Log File on my Walkman #143

【8月9日 記】 このところ2か月おきぐらいになっているけれど、別にスケジュールは決めていないプレイログ披露。Walkman を買い替えてから2回目。今回も5曲。

  1. やさしい気持ち(Chara)
  2. 鉄骨娘(鷲尾いさ子と鉄骨娘)
  3. ニコラ(バニラビーンズ)
  4. 街角トワイライト(シャネルズ)
  5. a song dedicated (PUSHIM)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #143"

| | Comments (0)

Thursday, July 15, 2021

ミュージシャンから俳優

【7月15日 記】 北村匠海や浜野謙太を引き合いに出すまでもなく、元々はミュージシャンなのに俳優として活躍している人は大勢いる。しかも、それは最近のことではなく、結構大昔から大勢いる(まあ、北村匠海はミュージシャンの前は子役だったわけだが)。

たとえば、1967~1968年のグループサウンズのブームが去った後、ミュージシャンから俳優に転じた人は多かった。

沢田研二や萩原健一はミュージシャンのまま俳優もやり始めた人だが、岸部一徳などは完全に俳優に転じ、名優の名を恣にした存在である。

他にも、(この人は俳優に転じた後もう一度歌手に戻って大ヒットを飛ばしたが)寺尾聰がいるし、やや小粒だが鈴木ヒロミツや大口広司などもそうだ。

当時小中学生だった僕は、彼らに結構激しい怒りを覚えていた。「そんなに簡単に音楽を棄てて役者に転ずるなんて、お前らの音楽に対する情熱って、その程度のものだったのか!」という、まことに小中学生らしい正義感とでも言うべきものによる怒りだった。

残念ながら、小中学生だった僕には、彼らも何か仕事をして食い扶持を稼がなければならないのだという事実は全く見えていなかったのである。

Continue reading "ミュージシャンから俳優"

| | Comments (0)

Thursday, June 17, 2021

音楽と恋愛と

【6月17日 記】 音楽の好みって人それぞれでかなり違っていて、例えば誰かが「このミュージシャンが好き!」と言っているのを聞いて、「あ、俺もそれ好き!」と思うことももちろんありますが、一方で「あ、そんなのが好きなのか」と思うこともあります。

同じ歌手/バンドの作品であっても、「自分はこの時代の、このアルバムが好き」と言っているのを聞いて、「よりにもよってそこかよ」と思うことさえあります。

ま、もちろんそんなことはわざわざ言いませんけどね(笑)

人が誰と恋に落ちるかと同じようなもんで、みんながそこそこバラけているから良いんですよね。

Continue reading "音楽と恋愛と"

| | Comments (0)

Monday, June 14, 2021

Play Log File on my Walkman #142

【6月14日 記】 Walkman を買い替えてから初めてのプレイログ披露。確かに前より音は良くなった気がする。今回も5曲。

  1. フラワー・ドラム・ソング(Pizzicato Five)
  2. ここは六日町あたり(斉藤哲夫)
  3. 青空のナミダ(高橋瞳)
  4. YAH YAH YAH(CHAGE and ASKA)
  5. あの娘に逢えたら(吉田拓郎)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #142"

| | Comments (0)

Tuesday, June 08, 2021

Walkman 買い替え

【6月8日 記】 このブログにも何度か書いているが、僕はミュージック・プレイヤに関しては SONY の Walkman を使っている。もちろん CD で聴くこともあるし、Amazon Music も聴くが、iTunes で聴くことはめったにない。

で、その Walkman を買い替えた。今使っている Walkman には 3000曲ほど入れていて、そろそろ容量いっぱいになってきたのと、11年前に買った古い機種なので Bluetoooth 機能がついておらず、そろそろ Bluetooth 接続できないと不便だなと思い始めていたからだ。

で、テレビを買ったときのポイントも使っていそいそと買って帰っていざ聴いてみようとしたら、これが結構めんどくさい。

まず、パッケージを開けたら「専用のヘッドフォン/イヤフォンで聴け」と書いてある。非対応のイヤフォンで聴くとピーっという雑音が混じる可能性があるとのこと。もう一度お店に買いに行く気力がなく、これはネットで注文し、翌日に届いた。

Continue reading "Walkman 買い替え"

| | Comments (0)

Thursday, May 27, 2021

恋以外の歌

【5月27日 記】 大雑把に言って平成以降、ヒット曲に占める恋の歌の割合がかなり高くなってきたように思う。Recordplayer1149385_640

『万葉集』や『百人一首』を引き合いに出すまでもなく、大昔から恋が歌にうたわれてきたのは事実だ。1962年の畠山みどりのヒット曲にも『恋は神代の昔から』というのがあるくらいである(笑)

恋は多くの人が経験するものだし、精神的な高揚感が非常に高い経験だから、自然と歌になるのは分かる。

特に聴いている人たちは、「君が好きだ 君は可愛い もう君のことしか考えられない」などと歌われると、自分がそう言われているような気になって酔うのだろう(男女が逆の場合も然り)。

でも、そればかりというのもどうだろうとも思う。

僕は同じ恋の歌であっても、ただただ「好きだ好きだ」あるいは逆に「こんなに愛しているのに私を棄てるのね」みたいな歌ではなく、例えば、「あんなに好きだった僕の気持ちが離れて行く」ことの切なさを歌うような歌が好きだ。

──これはオフコースの『秋の気配』(1977年、詞・曲:小田和正)を念頭に置いて書いた。

あるいは、詩人の血の『きれいだネ』(1990年、詞:辻睦詞/曲:渡辺善太郎)みたいに、「君は喋らなきゃきれいだね」と、揶揄してるのかと思ったら、「君の髪も好き、足も好き でも、馬鹿」というえげつない一節で終わる歌も大好きだ。

つまり、僕はパタン化を嫌い、パタン化を外れた歌を好むのかもしれない。そういう意味でも巷に恋の歌ばかりが溢れるのは面白くないのである。

Continue reading "恋以外の歌"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文