Sunday, June 28, 2020

グループの名は。

日本語の句読点の使い方がおかしくなってきたのはいつからだろうかと考えた時にすぐに思い浮かぶのは1997年のモーニング娘。の結成です。

どうです? もう、おかしいでしょ? 文の途中で句点(。)が出てきてますから。これだと「モーニング娘」でこの文が終わってるものと思ってしまいます。

僕が一番好きなのはモーニング娘。

みたいにね。

こういうのを「体言止め」と言います。文は通常は用言(動詞や形容動詞、形容詞など)で終わるものですが、余韻を残すためなどの狙いで体言(名詞)で文を終わらせてマルを打つわけです。

ところが、冒頭の文における「モーニング娘。」はマルがあるところで文章が終わっていません。その後にある「の」を見て、「あ、この文はまだ終わってなかったんだ」と気づくわけです。

「モーニング娘。」の場合はまだ良いのですが、2014年以降のこのグループの名前、例えば「モーニング娘。'20」のような場合は、マルとアポストロフィが連続していて、一体どこが繋がってどこが切れているのか、区別するのがかなり難しくなっています。

モーニング娘。は '14年以降はグループ名の最後に当該年の西暦の下二桁を付して「モーニング娘。'xx」としており、例えば '20年の場合はモーニング娘。'20となる。

なんと分かりにくい!

私が今書いているこの文章では、読みやすくするために「モーニング娘。」と書いて、カギ括弧に挟まれた部分(マルまで)がグループ名であることを示しています。上記のような例文ではそうしないとめちゃくちゃ分かりづらいからです。

しかし、では、この書き方が日本語として正しいのかと言うと、規範性の高い表記方法としては正しいとは言い難いのです。なんとならば、「記号は重ねない」というのが従来の日本語表記のルールだったのです。つまり、

  1. 「それはおかしいよ。僕はそうは思わない。」と彼は言った。
  2. 「それはおかしいよ。僕はそうは思わない」と彼は言った。

のどちらが日本語の表記として正しいのかと言えば、2のほうなのです。近年かなり崩れて来ているとは言え、この原則を守って書こうとすると、もう書きようがありません。だから、

  • モーニング娘。が何度もメンバー・チェンジを繰り返すのは…
  • つんくがプロデュースしてきたモーニング娘。の場合は…

みたいな文章を読むたびにつっかえてしまうのです。句点があるのに終わらないって、反則じゃないですか!

なんでこんなことになったかと言うと、それまでの日本語の文章では、グループ名などの固有名詞やタイトルの場合、最後にマルを打つことはめったになかったのです。それを爆発的なヒットで覆してしまったのがつんくだったわけです。

この後、同じハロプロのユニット名として「カントリー娘。」や「ココナッツ娘。」などが続々登場します。そして、この書き方はやがてハロプロ以外にも広がって行き、例えば「ゲスの極み乙女。」(2012年結成)みたいなバンドも現れました。

Continue reading "グループの名は。"

| | Comments (0)

Saturday, June 20, 2020

Play Log File on my Walkman #136

【6月20日 記】 今年5回目のプレイログ披露。今回も5曲:

  1. だれかが風の中で(上條恒彦)
  2. うた(大塚まさじ)
  3. LEFT BANK(鈴木慶一)
  4. ワダツミの木(元ちとせ)
  5. 悲しみジョニー(UA)

いつもながら総じて古い(笑)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #136"

| | Comments (0)

Sunday, May 31, 2020

Play Log File on my Walkman #135

【5月31日 記】 今年4回目のプレイログ披露。今回も5曲:

  1. 恋のハレルヤ(黛ジュン)
  2. ニュアンスしましょ(香坂みゆき)
  3. セクシー・バス・ストップ(浅野ゆう子)
  4. 夏のお嬢さん(二階堂和美)
  5. これがわたしの生きる道(PUFFY)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #135"

| | Comments (2)

Thursday, May 21, 2020

MOONRIDERS

【5月21日 記】 僕は MOONRIDERS の長年のファンだが、それでも発売されている全ての音源を持っているわけではない。とは言え、CDラックを調べたら彼らのアルバムが36枚もあった(ちなみにここでは2枚組も「1枚」とカウントしている)。

その他にも各メンバーが個人名義で出したアルバムなども含めると優に50枚を超えている。

オリジナル・スタジオ・アルバムとしては22枚発売されていて、もちろんそれは全部持っているが、ミニアルバム、ライブ盤、ベスト盤については持っていないものもあるということだ。

ちなみに初めて買ったのは『火の玉ボーイ』(1976年)ではなく、翌年発売の『MOONRIDERS』である。ファンなら知っていることだが、『火の玉ボーイ』は「鈴木慶一とムーンライダース」名義だったから、MOONRIDERS になってからは、ほぼ発売と同時に全部買っていることになる。

最初の10枚ぐらいまではアナログレコードだったが、後に全て CD 盤に買い替えている。

Continue reading "MOONRIDERS"

| | Comments (0)

Monday, April 20, 2020

Play Log File on my Walkman #134

【4月20日 記】 今年3回目のプレイログ披露。僕は iTunes ではなくて SONY Walkman で音楽を聴いていて、常にランダム再生しているのだが、ときどきその一部をこうやって切り取って披露している。

かつては 10曲ずつ紹介していたが、前回から5曲ずつにした。

  1. 人生の扉(竹内まりや)
  2. ふもれすく(あがた森魚)
  3. AMBITIOUS JAPAN!(TOKIO)
  4. 高円寺(吉田拓郎)
  5. 綺麗ア・ラ・モード(中川翔子)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #134"

| | Comments (0)

Sunday, March 29, 2020

Play Log File on my Walkman #133

【3月29日 記】 いつものプレイログ披露。今年はまだ2回め。今まで一つひとつの記事が長すぎたような気がしてきたので、今回から5曲ずつにする。

  1. 星降る街角(敏いとうとハッピー&ブルー)
  2. ジュリアに傷心(チェッカーズ)
  3. プリズナー(柳ジョージ&レイニーウッド)
  4. Runner(爆風スランプ)
  5. 世界の国からこんにちは(三波春夫)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #133"

| | Comments (2)

Sunday, February 09, 2020

SONGS & FRIENDS 佐野元春 Café Bohemia

【2月8日 記】 新日本製薬 presents SONGS & FRIENDS の第3弾、佐野元春 Café Bohemia に行ってきた。

武部聡志のプロデュースによる、往年の名盤をもう少し下の世代のミュージシャンに引き継いでもらって後世に伝えて行こうとする企画である。

第1弾が荒井由実の『ひこうき雲』、第2弾が小坂忠の『HORO』と来て、第3弾が佐野元春の『Café Bohemia』とは、少し意表を突かれた感はあるが、しかし、このアルバムがとんでもない名盤であることは間違いがない。

佐野元春は、デビュー間もない頃こそ、ブルース・スプリングスティーンの亜流みたいな捉え方をする人もいたが、その音楽的指向と冒険心の幅は広く、新しくアルバムを出すごとに、スカやレゲエなどの新しいリズムを取り入れ、誰よりも早く(ではなかったかもしれないが、少なくとも誰よりも効果的に)ラップやヒップホップの要素を取り入れたりしていた。

このアルバムは、言わばそういう“1周目”が終わって“2周目”に入ったような感じの、第1円熟期とでも言うべきタイミングに発表されたものだ。ここでは昔と比べてジャズっぽいアレンジが多い。何しろ、ドゥワップからヒップホップまでやる人なのだ。懐は深い。

「完璧」という形容をしたくなる素晴らしいアレンジ。パーカッションからブラス・セクションまでの大編成で分厚い音を作り上げ、フィルインのひとつひとつまで見事に有機的に機能していて、多彩なリズムを織り込んで変化を連続的に生み出し、カッコいいハーモニーが僕らをあの夜の向こうに突き抜けさせてくれる。

──都市の詩人とも言うべき彼のことばのキレ。

間違いなく彼は、僕の人生がしんどかった時、危うかった時に、僕を救ってくれた人のひとりである。

Continue reading "SONGS & FRIENDS 佐野元春 Café Bohemia"

| | Comments (0)

Friday, January 03, 2020

Play Log File on my Walkman #132

【1月3日 記】 今年最初のプレイログ。今回も10曲:

  1. さよなら(オフコース)
  2. サインはV(冨田智子, ウィンドーズ)
  3. 全部だきしめて(吉田拓郎)
  4. へんな女(水原弘)
  5. 見上げてごらん夜の星を(坂本九)
  6. 悲しい気持ち(桑田佳祐)
  7. You’re My Special(鈴木さえ子)
  8. ここは六日町あたり(斉藤哲夫)
  9. 渡良瀬橋(森高千里)
  10. innocent world(Mr. Children)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #132"

| | Comments (0)

Tuesday, December 17, 2019

ウクレレ・マガジンVol.22 WINTER 2020

【12月17日 記】 リットーミュージックから夏と冬の年2回刊行される『ウクレレ・マガジン』。もう何年買い続けているだろうか。練習曲から歌伴、クラシック、ジャズ・ウクレレと、非常にバラエティに富んでいて楽しい。

時々意表をついた選曲があって、例えば前々号では高田渡の『生活の柄』やちあきなおみの『喝采』がソロ・アレンジで載っていたりする。

今号で言えば、渚ゆう子の『京都慕情』なんかがそれに当たるのだが、僕はそれよりもペドロ&カプリシャスの『五番街のマリー』が気に入った。とてもオーソドックスだがきれいなアレンジで、弾くのも難しくない。

なんて書くと、なんだ歌謡曲ばかりじゃないかと思うかもしれないが、例えば今号で言うとビル・エヴァンスの Waltz for Debby などというジャズの名曲も収められている。これは延々7ページにも及ぶ大作アレンジである。

僕は雑誌をそのままの形で家に残したりはしないのだが、捨てる前に気に入った楽譜だけは切り取って保持している(当然そんな曲の多くは即練習することになる)。

切り取ったページが相当溜まってきた。下手な教則本を買うよりよほど価値があると思っている。

 

| | Comments (0)

Saturday, November 30, 2019

大雨の東京で傘がない

【11月30日 記】 先日、西田二郎さんと片岡秀夫さんと森永真弓さんの3人が映画『天気の子』を語る会を聴きに行ったときに、どうしてもこの映画に不満を感じる人たちの話が出て、それで僕もウチの会社のある人のことを思い出した(この先、この映画のネタバレがあります)。

彼が何歳なのか正確なところは知らないが、多分もう40代に入っていると思う。男性である。

その彼が『天気の子』を観て、facebook で激しく憤っていたのである。

曰く、「みんな本当にこれでいいのか? 東京が水没したままなんだぞ。本当にこのままでいいのか?」と。

この映画に社会と個人の相克を感じ取って賛否を論じた人は多かったが、彼が嘆いたのは天気が回復せず、東京が水浸しのまま映画が終わったという一点であった。

Continue reading "大雨の東京で傘がない"

| | Comments (1)

より以前の記事一覧