Tuesday, May 21, 2024

香坂みゆき『JET LAG』

【5月21日 記】 BS12 の『ザ・カセットテープ・ミュージック』 5/19放送の ”アンノウン歌謡” 特集で香坂みゆきの『レイラ』(1982年)を聴いて、昔持っていた彼女のアルバム『JET LAG』(1984年)を取り戻したくなった。

レコードで持っていたのだが、父親の借金で住んでいた家が競売にかけられて、あっという間に他人の手に渡ってしまい、僕は自分のレコード・コレクションを回収しに行く暇もなく全てを失ったのである。

今調べてみると、配信で聴ける。ただ、かつてアルバムで所有していた僕はどうしても実体を所有したいのである。

それで有料でダウンロードした上でそれをわざわざ CD に焼くという暴挙に出た。最近はそういうことをする人が少なくなっているので、手順が結構面倒になっている。でも、もちろん問題なく CD に焼けた。

Continue reading "香坂みゆき『JET LAG』"

| | Comments (0)

Sunday, May 19, 2024

フロロカーボン弦とナチュリバーブ

【5月19日 記】 ウクレレの弦というのはそんなにしょっちゅう替えなくても良い。張り替える必要はないと極論を唱える人もいるくらいだが、しかし、弾いているとやはり響きが悪くなってくる。そうなると替え時である。

僕はウクレレを2本所有しているが、今回ソプラノのほうに生まれて初めてフロロカーボン弦を張ってみた。そもそもそんな素材の弦があることを知らなかったのだ。

なんでも釣り糸に使われている素材なのだそうだ。YouTube で見て知り、使ってみようという気になった。

今回買ったのはその YouTube のビデオで紹介/推奨されていたオルカスOS-LGT LG(Low-G)。パッケージから出してみてまず驚いたのはその弦の細さ。

で、張り替えてみてもう一度驚いた。めちゃくちゃ響きが良くなった。今までもそんなに安物の弦を張ってきたつもりはないのだが、そうか、このウクレレでこんな良い音が出るのか、と一気に気に入ってしまった。

細くて軽い弦で、とても押さえやすく、これなら初めてウクレレを買ったばかりの人でも楽に弾けるんじゃないだろうか。で、音がきれいに伸びる。

ウクレレという楽器はそもそも音があまり伸びない楽器なので、音が伸びすぎることを嫌がる奏者もいるのだろうが、僕はこれくらい伸びるのが好きだ。

Continue reading "フロロカーボン弦とナチュリバーブ"

| | Comments (0)

Thursday, May 16, 2024

Who are they?

【5月16日 記】 ご存じの方もおられるかもしれませんが、会社を辞めてから僕は英会話を学んでいます。

で、長いこと英語に親しんできて、今日ほど驚いたことはありませんでした。

そんなこと知らなかったのか?とおっしゃる方もおられるのでしょうが、僕は初耳で、結構ショックを受けました。

何かと言えば、英会話の教科書に載っている文章で、時々単数の主語を he や she ではなく they で受けていることがあって、初めて目にしたときは誤記かなと思ったのですが、何度か同じようなケースが出てくるんです。

例えば、今日出てきたロールプレイの説明文には、

Your friend is wealthy, but they’re also quite stingy.

などと書いてあります。それで今日インストラクターに「何故、they なんですか?」と訊いてみたら、「 he とか she とか書くのを避けるため」という極めて単純な答えだったのですが、でも、その答えを聞いても僕は何のことか見当がつきませんでした。

それでもう少し聞いてみると、これは性自認が所謂 non-binary な人たちへの配慮なのだそうです。

うーむ、これ、PC(Political Correctness)のボキャブラリーだったんですね!

しかし、なおも怪訝な顔をしている僕に対して、インストラクターが例として続いて提示してくれたのは Instagram のプロファイル・ページでした。

英語版のそこには確かに名前の横に「自分のことをどう呼んでほしいか」を書く欄があり、ある人のところには they/them と書いてあります。つまり、三人称で私のことを表すのに he や she は使わずに they と言ってほしいということ。

え、そんな欄、日本語版にもあるのか?と思って、自分のインスタのプロファイルを見ると、確かに「代名詞の性別」という欄が設けてあり、僕の場合は空欄になっていました。あ、僕もここ埋めといたほうが良いのかな?

しかし、知らないうちにそんな時代になってたんですね。

Continue reading "Who are they?"

| | Comments (0)

Wednesday, May 15, 2024

老桜に花無し

【5月15日 記】 4月の頭に友人たちと六義園に花見に行く予定だったのだが、僕が風邪を引いて中止になった。

そのやりなおしで、今日、六義園に行ってきた。

サクラは当然のことながら、すでにツツジも枯れていて、庭内にほとんど花はなかった。

入ってすぐのところにサクラの巨木がある。花はないが、美しい樹だと思った。

Continue reading "老桜に花無し"

| | Comments (0)

Wednesday, May 08, 2024

表札と登記簿謄本

【5月8日 記】 幼い頃の僕の家もそうでしたが、昔はみんな、門柱とか玄関の入口の上とかに表札を掲げて、場合によってはその表札に居住者/家族全員の名前が列記されていて、ひょっとしたら郵便受けの上には名前だけではなくて住所まで表示してあって、電話帳には必ず自分の家の番号を登録していたものです。

今、ウチではそれは一切やっていません。マンションの集合郵便受けにも部屋の入口にも何も書いていないし、もちろん電話帳にも載せていません(ま、今では一体誰が電話帳で電話番号を調べるんだろうかという疑問がありますし、番号を載せるべき家電も既に処分してしまって持っておりませんが)。

思えばかつてこれらは「ここは俺の家だぞ!」「俺はここにいるぞ!」と世間に向けて声を挙げるためのものでした。それは「知ってもらうため」「見つけてもらうため」の方策だったのです。

ところが、そんなおおらかだった時代が変容を遂げて、今ではその情報を元に詐欺を働くような輩が出てきました。そんなわけで、みんないろんなことを隠し始めたんですよね。

それで思うのは、今の時代、登記簿謄本のあり方も変えるべきなんじゃないかな、と。

Continue reading "表札と登記簿謄本"

| | Comments (0)

Tuesday, May 07, 2024

いつまでマスクするのか問題

【5月7日 記】 いつまでマスクするのかがちょっと難しくなってきた。

去年までは真夏のどんなに暑い日でも外出時にはきっちりマスクをしていた。でも、今年はどうするか。

そもそも僕は政府がコロナ対策を緩めたことに納得が行っていない。確かに死者や罹患者の数はピーク時に比べて減ったのかもしれない。確かに劇症化は緩和されたのかもしれない。しかし、終息宣言が出たわけではない。

政府はなんとなくの雰囲気で緩めただけなのだ。その尻馬に乗って脳天気にはしゃぐ気にはならないので、僕は今日に至るまできっちりマスクをしてきた。

僕は元々、冬場の外出時には常にマスクを着用してきた。それは保温と保湿のためである。ウィルスは湿度や温度が高くなると弱体化する。引き始めの風邪ならマスクの重ね着だけで治ることさえある。だから、マスクをすること自体にはそれほど抵抗がなかったということもある。

とは言え、真夏は別だ。今年の夏も、炎天下の、あの息が詰まりそうになる苦しい状況下でもマスクを着用し続けるのかと思うと気が滅入るのも確かだ。

Continue reading "いつまでマスクするのか問題"

| | Comments (0)

Monday, April 29, 2024

久しぶりのアフィリエイト収入

【4月29日 記】 アフィリエイトという手法がもう流行らなくなっているということと、僕のサイトに魅力がないということの恐らく両方なのだろうが、最近 Amazon アフィリエイトでのコミッション収入がほとんどゼロである。いや、収入どころか、ほとんどクリックされていない。

Amazon から最後の支払いを受けたのは2年前の今日、597円であった。

それが、今日届いたレポートによると、今年2月に久々のコミッション収入が立ったとのこと。

Continue reading "久しぶりのアフィリエイト収入"

| | Comments (0)

Sunday, April 28, 2024

SHOGUN やーめた

【4月28日 記】 4月15日の記事で Disney+ の『SHOGUN 将軍』を見始めたと書いたが、結局第1話だけでやめることにした。どうにも第2話以降を見る気にならないのだ。

これは必ずしも第1話の出来がひどかったという話ではない。ただ、なーんか見る気が起こらない。妻に訊いてみたら、妻も同じ気持ちでいたようだ。それでやめることにした。

評判の高い作品なので、最後まで見て「面白かった、感動した」と言う人もいるだろう。そして、そういう人の中には必ず、「えー? あんなに面白いのに、1話だけでやめるなんてもったいない!」などとわざわざ言って来る人がいる。

そういうことを言う人の気持ちが僕は分からない。「あんなに面白い」のは「あなたが」であって「僕が」ではない。あなたが面白いと思うものを僕が面白いと思わないことはごく当たり前にあることである。

Continue reading "SHOGUN やーめた"

| | Comments (0)

Thursday, April 25, 2024

「いいね!」対策

【4月25日 記】 このひとつ前の記事とほぼ同じものを facebook にも上げました。いや、正確に言うと、先に facebook に書いて、それに少し手を入れてこのブログにも載せたのでした。

僕の書いたものにしては珍しく、今回はそこそこ多くの「いいね!」の類が集まりました。──などと書くと、こういう題材は facebook で「いいね!」を集めやすいのかと思われるかもしれません。

ま、確かにそういう面もあるのかもしれませんが、今回それだけの数の印が集まったのは、実は最初から公開範囲を広げたからだと思います。

僕は facebook での公開範囲をかなり細かく変えています。

誰でも読める「公開」で公開することも全くないわけではないですが、めったにありません。今までで一番公開範囲を絞ったのは、自分以外のたったひとりの人に向けて書いた文章です。

そして、最初に上げた時点での公開範囲を、その後結構頻繁に変更しています。ま、大体は少しずつ公開範囲を広げて行く形です。

世の中には(本人は何等かの好意の表明のつもりかもしれませんが)なんでもかんでも片っ端から「いいね!」をする奴がいます。僕はあれが嫌いなのです。

「ここに僕が書いたことに、お前は微塵も興味がないはずだし、そもそもここに書いてあることの半分も意味が分かっていないじゃないの?」と問い質したくなります。

それに、そんなに「いいね!」を安売りしていると、いざ本当に良いと思ってクリック/タップをした時も、「あ、こいつは何でもいいね!する奴だから」と思われて終わりになるんじゃないでしょうか。

Continue reading "「いいね!」対策"

| | Comments (0)

Tuesday, April 23, 2024

英会話学校でのアニメ談義

【4月23日 記】 英会話学校の今日の担当だったカナダ人の先生は日本のアニメにとても詳しい人で、今日の授業時間のほとんどをアニメ談義に費やしてしまいました。

授業の冒頭は「最近どんなことがあった?」と聞かれることから始まるのですが、その中で僕が

「WOWOW の視聴者プレゼントで Disney+ の3か月無料視聴権が当たったので『将軍 SHOGUN』を見始めました」

と言ったところ、彼は

「ああ、Disney+ には良いアニメが結構たくさんあるんだよ。前回の授業で君は僕に『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』を教えてくれたけど、あの作品が好きならきっと気に入ると思う作品があるよ」

と言って推薦してくれたのが、なんと『天国大魔境』だったので、びっくり。僕が

「あ、それはもうテレビで全話観ました。しかも、それは僕が元いた会社が製作に参加した作品です」

と言ったら大変喜んでくれました。

そこから、彼が今配信で見始めている『超時空要塞マクロス』から、ガンダム・シリーズ、富野由悠季、『鬼滅の刃』、『呪術廻戦』、『交響詩篇エウレカセブン』、『AKIRA』、手塚治虫、Production I.G、『怪獣8号』、『葬送のフリーレン』等々、話は延々と続いたのですが、彼が単にたくさんのアニメ作品を知っているだけではなく、彼独自の視点と尺度を持っていて、大ヒットしていない作品でもしっかりと評価していることに驚きました。

Continue reading "英会話学校でのアニメ談義"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 映画・テレビ評(22) 映画・テレビ評(23) 映画・テレビ評(24) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 書評(22) 書評(23) 書評(24) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文