Wednesday, July 26, 2017

喉が渇いている

【7月26日特記】 引越しの荷造りをしている。夏の引越しは辛い。しかし、ウチの会社は異動の時期が夏なので、引越しは必ず夏になる。今回が人生9回目の引越し。全て会社に入ってからである。

で、夏の引越しはやたらと喉が渇くのである。汗をかくのでおしっこがほとんど出ない。逆に言うと、おしっこがほとんど出ていないのにやたらと喉が渇くのである。

で、当然みんなそうなのだろうと思っていたら、妻を見ていると必ずしもそうではないようだ。僕が「喉が渇いた」と言って頻繁に水分を補給するのを見て、「よく喉が渇くね」とびっくりしたりしている。

そう言えば、僕は幼少の頃からやたらと喉が渇いた。

Continue reading "喉が渇いている"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, July 23, 2017

パロディ

【7月23日特記】 先日とある著作権系のセミナーで面白い話を聞いた。パロディについてである。

海外ではパロディについてのさまざまな規定があるところが多いが、日本の法律にはパロディに関する条文がないとのこと。だから、無断でパロディ作品を発表して訴えられたら大抵負けるのだそうだ。

一方、海外ではパロディは正しい批判精神の現れとして保護されているケースが多く、勝手にパロディを作っても訴えられて負けるとは限らない。

そもそもパロディは権威に対する揶揄であり、ある意味怒らせるためにやっているので、事前に許可を取ってやるようなものではない。

ところが、日本では許可を取ってからやる人も多く、勝手にやったとしても「怒られたらすぐに引っ込めます」という人が非常に多いのだそうだ。これはびっくりである。

Continue reading "パロディ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, July 18, 2017

パンフレット取り違え事件

【7月18日特記】 昨日映画のパンフレットを取り違えられた。『彼女の人生は間違いじゃない』を観て、そのパンフレットを買ったのだが、電車の中で袋を開けてみると、それは『ありがとう、トニ・エルドマン』のそれだった。

なお、映画館で売っている小冊子をプログラムと呼ぶ人もいるようだが、僕はプログラムとは進行表的なものだと思っているので、パンフレットという表現を用いる。

で、この日パンフレット売り場で映画名を告げると、店員は最初から黒いビニール袋に入った小冊子を僕にくれた。

これは映画館によるのだが、まずは裸のパンフレットを1冊抜いてそれをビニール袋に入れてくれるケースが多い。そういう場合、僕は大体「そのままで結構です」と言って裸のままもらってバッグに仕舞う。

最初からビニール袋にセットしてあるケースも少なくないが、その場合は売り場の係員が袋から半分くらい引き出して「これですね?」と確認してくれることが多い。

昨日の場合はそれがなかった。受け取ってすぐに確認しなかった僕も迂闊と言えなくもないが、まさか他のパンフが入っているとは夢にも思わなかった。

Continue reading "パンフレット取り違え事件"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 13, 2017

不具合解消の前と後

【7月13日特記】 ふと気がつけば、このところこのブログにパソコンのトラブルの記事をほとんど書いていない。いや、ほとんどどころか、調べてみると今年の1月に PC を買い替えてから皆無である。

それまではあれほどトラブル記が多かったのに、と言うか、度重なるトラブルが嫌で PC を買い替えたのだから、そうなって当たり前とも言える。

僕としては、「ははあ、他の人たちはこういう PC体験、PC生活を送ってきたのか」という感じである。

Continue reading "不具合解消の前と後"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, July 12, 2017

暑い!

【7月12日特記】 昨日、一昨日と出張で大阪に行っていたのだが、外をちょっと歩いただけで息も絶え絶えになりそうな暑さにへとへとになった。

もちろん、それだけのことで「大阪は暑い」とは言えない。たまたま暑い日に大阪にいただけかもしれない。

しかし、ふと思い出したのである。

僕は去年の7月に大阪から東京に転居した。ちょうど今ごろである。そして、「ああ、東京の夏は大阪に比べてなんと過ごしやすいのか!」と痛感したのだった。

Continue reading "暑い!"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, July 06, 2017

割れた画面

【7月6日特記】 最近気がついたのだが、電車の中で見ていると、スマホの画面にヒビが入っている人が結構多い。それもヒビが入っているというレベルではなく、バキバキに割れている人が、特に若い層に多く見られる。

大阪にいる時はそれほど目に入らなかった気がするのだが、東京に来たらしょっちゅう目にするようになったという実感がある。

で、なんでその状態を放置しているのだろう?

考えられるケースは3つかな。

  1. 修理するお金がない(あるいはお金が惜しい)
  2. 割れていても気にならない
  3. 修理してもどうせすぐにまた割ってしまうから。

Continue reading "割れた画面"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, July 01, 2017

発見

【7月1日特記】 引っ越しを控えていろんなことを決めて行かなかければならない中、我々夫婦の間でうまく調整のつかないことがここに来て増えてきた。それは我々がものを考えるプロセスが全く違うからだ。

今ごろになってそのことがよく分かってきた。

例えば、(これは以前どこかに書いたような気がするが)物を買うときのやり方が、我々は全然違う。

僕は今目の前にある商品を買うか買わないかを判断しているだけだ。仮にカジュアルなジャケットが1着ほしいなと思って買いに行き、最初に入った店で最初に手に取った商品が気に入ったら、そこでそれを買って買い物は終了である。

他にもっと良い商品があるかもしれないなんて全く考えない。

もちろん、気に入ったら片っ端から何でも買うというわけではない。これはすごく良いけど、さすがにちょっと高いな、と思ってやめることもある。概ね気に入っていてもどこか一点が気に入らなくて買わないこともある。

しかし、いずれにしても僕は目の前の商品に○✕をつけて、買うか買わないかを決めているだけのことだ。買う商品が決定するまで、様々な商品について、あるいはあちこちの店舗で同じことを繰り返すだけのことだ。

ところが、妻はそうではない。妻は1軒目の店で買うことはない。何故なら彼女は個々の商品について採点をしており、最後に一番高得点の商品について買うかどうかを判断するからだ。

彼女がものを買う時に僕と決定的に違うのは、僕が「カジュアルなジャケット」みたいな曖昧なキーワードだけを持って買いに行くのに対して、彼女は最初から商品についてのかなり具体的なイメージがあるということだ。

色はこうで形はこうで、ここにこんなボタンがついていて、ここにスリットがあったらなお良くて、背ベルトがついているのは絶対に嫌、等々。

で、彼女は点数をつける。デザインはすごく良いけど色がちょっと暗いから82点。ボタンが大きすぎるのと形が嫌だから68点。値段が高すぎるから75点、等々。それを幾つか重ねた上で、最終的に最高得点のものを買うかどうかを決める。

別に彼女がそうやって買うことを僕は嫌っていない。必然的に買い物に時間がかかるが、それにつきあうことも別段嫌ではない。

というわけで、買い物については夫婦の間でそれほど調整がつかないことはなかったのである。

Continue reading "発見"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, June 29, 2017

私たちをくくらないで

【6月29日特記】 昨夜、とある勉強会で女子大生のプレゼンを聴いた。「女子大生の生活を観察すれば未来が見える」とのタイトルがついたもので、学会で発表して賞までもらったものの一部だ。

説明した某大学4年生の女子が言うには、

  • 私たちを「○○系女子」と呼ばないでほしい。そんな風にくくられたくない。自分たちは時と場合と気分によって、ある時は「お嬢様系」であり、ある日は「スポーツ系」になり、ある瞬間は「ゆる系」だったりする。
  • 親世代たちは何かを登りつめて頂点に立つことを目標にしている。自分たちはそんな風に縦に上がって行くことは考えていない。ただ、自分の世界が横に広がって自分が成長するのが楽しい。親世代の幸せはウェディングケーキ、私たちの幸せはバースデーケーキ。
  • 私たちの幸せは追求するものではなく、選択するものだと思っている。目指すカリスマ・スターもほしいブランドもない。身の周りから自分が満足できるものを選びたい。 
  • 私たちはむやみにググって探したりしない。情報は Google で検索するのではなく、インスタグラムで「待つの」。

等々。

Continue reading "私たちをくくらないで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, June 17, 2017

あたしのことやん

【6月17日特記】 先日、発達障害の息子さんを持つお母さんと話す機会があった。というか、この人は長年の知り合いなのだが、息子さんが発達障害であるという事実については聞いていたのだけれど、そのことについて長く話したのは初めてだった。

彼女は息子がそういう診断を受けてから、息子の障害のことが知りたくて、たくさん本を読んで勉強したと言う。そして、本を読み進むに従って彼女はこう思ったそうだ。「これ、全部あたしのことやん」と。

この話、上手く言えないけど、なんかめちゃくちゃ分かる気がする。そう、それは多分僕のことでもあると思う。

Continue reading "あたしのことやん"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 08, 2017

寝てます

【6月8日特記】 このブログにも何度か書いているが、僕は iPhoneアプリの Sleep Cycle で自分の睡眠を記録し、そのアプリに朝方眠りが浅くなった時に起こしてもらって起きている。

一方、iPhone にはデフォルトで「ヘルスケア」というアプリも入っており、これまたいろんなデータを記録している。例えば、僕は体重や血圧などのデータを PopWeight というアプリに記録しているのだが、ヘルスケアはそれを読みに行って自らに写している。

また、ヘルスケアの睡眠の欄には Sleep Cycle から取ってきた睡眠データも記録されている。

ところで、このヘルスケアに記録されている睡眠データと、元の Sleep Cycle のデータが一致しないのである。

Continue reading "寝てます"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧