Tuesday, December 03, 2019

レスパイア

【12月3日 記】新しくできたレスパイアという名前のホテルに泊まっているのだが、どうもこの名前はしっくり来ない。

日本人が考えた rest + inspire = respire という造語らしいのだが、これではホテル側として、ゆっくり休んでほしいのか、刺激を受けて元気になってほしいのか、そこんとこがさっぱり分からない。

まあ、対照的な2つを共に提供したいということなんだろうが、いくらなんでも分裂しすぎてはいまいか?

それに、元の英単語を考えると、rest するのは私だが、inspire は私がされる側、つまり、rest + to be inspired でないとおかしいわけで、この2つの単語を能動態で並列に繋いだところが非常に気持ち悪いのである。

でも、このホテルに来た英語圏の人は、このホテル名がまさかそんなことを込めた造語であるとは思わないだろうからまあ良いか、と思って念のために調べてみると、あらら、これは辞書に載っている既存の英単語ではないか。

respire: 呼吸する = breathe

あらまあ...。今夜は呼吸しながら寝るとするか。

| | Comments (0)

Monday, December 02, 2019

布の威力

【12月2日 記】コーヒーの布製フィルタを買った。前から一度使ってみようと、妻と話していたのだ。

で、昨夜早速淹れてみたら、これが明らかに味が違う。旨い!のだ。

我が家はそこそこ良い豆を、淹れる直前に挽いて、そこそこ良いコーヒーメーカーで出している。だから、そこそこ美味しいのだが、それより明らかに旨い!

上手く言えないが、雑味がなくなる、コクが出る、なんかしっとりと口に馴染んでくる感じ。

たかだか紙と布の違いなのに、この味の差には驚いた。

でも、味を文章で伝えるのは、なんと難しいことか。

F584a73f403a45f595ea31618267f0f2

| | Comments (0)

Saturday, November 30, 2019

大雨の東京で傘がない

【11月30日 記】 先日、西田二郎さんと片岡秀夫さんと森永真弓さんの3人が映画『天気の子』を語る会を聴きに行ったときに、どうしてもこの映画に不満を感じる人たちの話が出て、それで僕もウチの会社のある人のことを思い出した(この先、この映画のネタバレがあります)。

彼が何歳なのか正確なところは知らないが、多分もう40代に入っていると思う。男性である。

その彼が『天気の子』を観て、facebook で激しく憤っていたのである。

曰く、「みんな本当にこれでいいのか? 東京が水没したままなんだぞ。本当にこのままでいいのか?」と。

この映画に社会と個人の相克を感じ取って賛否を論じた人は多かったが、彼が嘆いたのは天気が回復せず、東京が水浸しのまま映画が終わったという一点であった。

Continue reading "大雨の東京で傘がない"

| | Comments (1)

Sunday, November 24, 2019

その後の ALiS

【11月24日 記】 前にこのブログにも書きましたが、ALiS というサイトに投稿をしています。ここは、(詳しくは書きませんが)ブロックチェーン技術を導入したサイトで、その仕組がとっても面白いなと思ったからです。

でも、一から書くとなると却々大変なので、去年の1月に締めたホームページ Wise Word Web に17年間にわたって書き溜めてきた原稿を、少しずつ手直ししてアップしています。

ホームページを締めるにあたって、あれだけたくさん書き散らしたものを全部葬り去るのももったいないという思いもあって(だから、一部のコンテンツはこのブログにも移植しましたが)、とは言え、今読み返したらあまりうまく書けてなかったり、あるいは如何にも古いなという感じのものもあって、それを解決するのが ALiS のために書き直すという作業です。

Continue reading "その後の ALiS"

| | Comments (0)

Wednesday, November 20, 2019

専用車両の見分け方

【11月20日 記】 久しぶりにやってしまった。先週、InterBEE 開催中の幕張メッセに向かう車中で、なんかこちらを睨んでいる女性がいるなあと思ったら、女性専用車両だったのである。

大変申し訳ないが、これは毎日その同じ電車に乗っている人でなければ却々気がつかない。

確かに「女性専用」の表示はあるのだが、電車のない国からやってきて初めて乗車するわけではないので、あちこち眺め回したりはしないし、電車に乗るのは全然難しいことではないので、大抵は何か考えごとをしながら無意識にやっており、そういうことに注意が向かないのである。

「今の世の中、女性専用車両があるのは常識なんだから注意を払えよ!」と怒られるかもしれないが、電鉄会社や路線、そして時間帯によっても運用の仕方が異なるので、どの時間帯にどの車両がそうなのかは俄に認識できない、と言うか、そもそも自分が何両目にいるかさえ分かっていないのである。

逆に「しまった! ここは女性専用車両だった」と慌てたのだが周りに少なからぬ男性が乗っていて、「これは多分今の時間帯はそうじゃないんだな」と思い直して安心するような、でも、やっぱり依然として少し不安が残っているようなこともある。

ほんとに申し訳ないが、ことほどさように判りにくいのである。

Continue reading "専用車両の見分け方"

| | Comments (0)

Wednesday, November 13, 2019

キャッシュレス

【11月13日 記】 国はキャッシュレス化を奨励している。それに乗っかっていろんな会社がいろんなサービスを展開している。それに乗っかって僕もいろんなサービスをいろんなキャッシュレスで利用している。

もちろん、随分前から使っているものもある。例えばクレジットカードがそうだ。ガラケー時代から使っていた(一時使わなくなっていたが)iD もそうだ。

その後(重複するものもあるが)、Apple Pay、PayPay、LINE Pay、楽天ペイなども使っている。使ってみた実感は、使ったほうが得だ、という至極当たり前のものだ。

もしも自分のポリシーとして拒否しているのであれば、それはその人の自由だから別に使わなければ良い。

でも、それほど明確な理由があるわけではなくて、難しそうだからとか、ただなんとなく気が進まないとか、めんどくさいとか、危ないような気がするとかいう理由で使っていないのであれば、一度使ってみてはどうかなと思う。

あるいは、使う前によく調べてみることだと思う──どこかで何かを買った時に、本当にどこで何を買ったかが記録されてしまったのか、それとも店と金額だけが記録されただけなのか、そして、買った人はどの程度特定されるのか、等々(調べて納得が行かなければもちろん使わなければ良い)。

Continue reading "キャッシュレス"

| | Comments (0)

Saturday, November 09, 2019

負の相関、負のスパイラル

【11月9日 記】 妻が時々統計学について僕に質問をする。

それは僕が以前、仕事上の関係から少し統計学をかじったからということもあるし、彼女が今あることのために少しそういうことを勉強しているということもある。

で、僕なりに彼女に分かりやすいようにいろいろ考えて言うのだが、ちょっと予想外のところで彼女が引っ掛かったりするので、驚く、と言うか、これは却々難しいな、と思う。

例えば「負の相関」という言葉を見ると、彼女は「なんか悪いことが起こる」というような印象を持つらしい。これは「負の遺産を相続する」とか「負のスパイラルに陥る」みたいな表現に引っ張られてしまっているのだろうと思う。日本語って難しい。

Continue reading "負の相関、負のスパイラル"

| | Comments (0)

Friday, November 08, 2019

一の酉

【11月8日 記】 酉の市に行ってきた。今日は 11月最初の酉の日、つまり「一の酉」である。

結婚してすぐのころ(1年目か2年目か?)に妻に連れられて行って以来、多分二十数年ぶりという感じではないだろうか?1_20191108221901

東京に転勤するまでは酉の市について、ひょっとしたらその名称ぐらいは耳にしたことがあったかもしれないが、それが何なのか皆目知らなかった。

もしかしたら関西のどこかでもそういう風習があるのかもしれないが、少なくとも僕は行ったことがなかったし、僕の両親や祖母や友人知人が行ったという話も聞いた憶えがない。

関西で商売繁盛祈願と言えば、やっぱり十日戎、二十日戎の所謂「えべっさん」ということになるし、いずれにしても僕は小さいころ神社とか祭とかいったものにほとんど親しまずに来たから、なんであれ、東京生まれ東京育ちの妻に酉の市に誘われて行ったのが、こういう行事の初体験みたいなものだった(妻は小さなころから、毎年ではないにしろ、ちょくちょく来ていたと言う)。

とは言え、何でもかんでも片っ端から忘れてしまう僕のことであるから、その日のこともあまりはっきり憶えていない。場所がどこだったのか、どの駅で降りてどう行ったのか…。ただひとつだけ、(今日もそうだったのだが、)「へえ、夜に行くのか!」と驚いたことははっきりと憶えている。

Continue reading "一の酉"

| | Comments (0)

Monday, November 04, 2019

行った映画館ランキング

【11月4日 記】 昨日の『IT』の続編で遂に TOHOシネマズ上野が第6位に並んだ。僕が映画館に行った回数(厳密に言うとその映画館で観た映画の本数)である。

トップは TOHOシネマズ西宮OS で 152本。これは仕方がない。兵庫県西宮市に長らく住んでいて、家から一番近いシネコンだったから。

西宮球場跡にその映画館が建つまでは、大阪・梅田に出るか神戸・三宮に出るかが早かったので、第2位がシネ・リーブル神戸の 70本、第3位がテアトル梅田の 54本、第4位が神戸国際松竹の 52本、第5位が梅田ブルク7の 39本という塩梅だ。

街としては梅田より三宮のほうが好きだったので、神戸の映画館のほうが優勢になっている。テアトル梅田が多いのは会社からとても近かったからだ。

そして、その次に OSシネマズ ミント神戸と並んで TOHOシネマズ上野の 35本ということになる。

つまり、ここが東京で一番通った映画館ということだ。

Continue reading "行った映画館ランキング"

| | Comments (0)

Saturday, November 02, 2019

11月

【11月2日 記】 2005年の年末に年賀状をクリスマス・カードに変えてから12月の生活がガラッと変わった。言うまでもないが、それでなくても忙しい12月半ばから年賀状書きにあくせくする必要がなくなったのである。

気分的には全然違う。冬休みが本当の意味の「休み」の期間になる。

Continue reading "11月"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧