Tuesday, March 02, 2021

The stone is still there

【3月2日 記】 石はまだそこにいた。3000発の集中砲火にも耐え、われても末に逢はむとぞ思ふどころか、頑なに割れもせで。石が強いとはこのことだ。

体外衝撃波による尿路結石破砕の話である。

当日、術後のレントゲン写真を見ながら、医者が「ああ、まだ、ここにあるなあ。うーん、少し縦長になったかな」などと弱気なことを口走ったので不安にはなっていたのだが。

とにかく2~3週の間を置いてまた来てくださいと言われた。この経過観察の間に事が進展する場合もあるのかなと信じた。

しかし、おしっこが出るたびに(どれぐらいの大きさになっているかは分からないが)石っぽいものが混じっていないか注意深く観察したにもかかわらずそれらしいものはなかった。

幸いにして痛くも痒くもなかったのだが、それは石が動いていない証拠かもしれないと嫌な気がしながら。

そして、今日17日ぶりに行ってまた撮ったレントゲン写真を見ながら、医者は「うむ、頑固にいるなあ」と呟いた。

Continue reading "The stone is still there"

| | Comments (0)

Saturday, February 20, 2021

電磁誘導方式の体外衝撃波による尿路結石破砕顛末記

【2月20日 記】 この歳になると(関西人の読者はきっと「どの歳やねん!」ってツッコんでると思いますがw)体にもいろいろガタが来て、去年の暮れには人生初の救急搬送を経験しました。それについても結構面白く書けそうな気もするんですが、今回は人生初入院について書きます。Thunder953118_1280

これまた去年の暮れなんですが、腎臓で長年にわたり大事に保管してきた結石が尿管に移動しました。CT で調べると、自然に出て来るか来ないかギリギリぐらい大きかったので、それを破砕するために1日入院することになりました。

処置したら日帰りの病院もありますが、僕が行った病院では念のため1日入院させられます。これが僕の人生初入院になりました。2021年2月13日。

さて、体外衝撃波(って何ですかね?)で破砕するって言うから、ピシッと当てて「ハイ終わりました!」って感じかと思ったら、1秒間に1回ずつ 3000回当てるんだと。1秒1回で3000回て、割り算したらアンタ 50分もかかるっちゅうことですがな。

しかも、「我慢できない痛さではないので麻酔ではなく鎮痛剤を使います」と来ました。なるほど、つまり、我慢はできるけど、痛いのは痛いのね。

で、処置の2時間ぐらい前から点滴するんですが、来た看護師さんが、「私、こんなこと言っちゃいけないんですけど、針刺すの下手なんです」との自己申告通り、見事に点滴失敗。代わりの看護師さんがやってこれまた失敗。そこで、ふたりが声を揃えて「松岡さん呼んで来よう!」って。

…初めから松岡さん呼んでよ。松岡さんは大丈夫なんやろね。

さすが松岡さん!(って、初対面ですが)、刺すべきところを慎重に選んで見事1回でクリア! しかし、そんなとこで喜んでてどうする。ちなみに左の尿管なので、邪魔にならないように、点滴は右腕なんだそうです。

んで、点滴2種類プラス、30分前には痛み止めの座薬も入れます。前述の看護師さんに「座薬入れるお手伝いしましょうか」と言われました。点滴と違ってこちらは何故か自信ありげでしたが、「痔になったときに経験あるんで大丈夫です」とやんわり謝絶しました。

座薬が効いてきたところで、ふらふらするので車椅子に載せられて処置室に連れて行かれ、台の上に仰向けに寝て機械セット。腰の上方にもなんか機械があるんですが、この辺りから何かが降りてきて、衝撃波を飛ばすんでしょうか?

看護師さんに「ちょっと腰を浮かしてください」と言われて、何かと思ったら左腰の下の板を外します。すると、そこに自動車のエアバッグみたいなものがギュイーンと張り出してきて左腰を圧迫します。

そのときには分からなかったのですが、どうもそのエアバッグみたいなやつのどこか(あるいはエアバッグの背後?)から衝撃波が出て来るみたいです。

Continue reading "電磁誘導方式の体外衝撃波による尿路結石破砕顛末記"

| | Comments (0)

Thursday, February 18, 2021

外付けWebカメラ

【2月18日 記】 妻が「仕事で何台か外付けの Webカメラが必要なんだけど、ウチに余ってるのなかったっけ?」と言うので、その手のものをしまってある箱を開けてみたら2台入っていました。Webcam

そう言えば、こんなの買って使ってたなと、なんか懐かしい感じ。

今はノートパソコンにはカメラが標準装備されていますが、昔の PC にはそんなものなかったので USB 接続して使ってましたよね。主に Skype かな?

あの頃の Skype の画面って PC のモニターの 12分の1 か、せいぜい 8分の1 ぐらいの大きさで、そんな小さなプレイヤーでお互い外付けカメラで撮ったぼんやりした映像を見ていたものです。

だから、当然その頃買った Webカメラなんてかなり性能の低いものだろうと勝手に思い込んでいたのですが、動くかどうかテストしてみてびっくりしました。

2台あったうちの1台(Buffalo製)は残念ながら壊れていて何も映らなかったのですが、残った1台(Logicool製)のほうで撮った映像はめちゃくちゃきれいなんです。

Continue reading "外付けWebカメラ"

| | Comments (0)

Tuesday, February 02, 2021

Pokémon GO の愉しみ

【2月2日 記】 ゲーム機の類には馴染まずに育ったので、ポケモンが世に出てきたときには何の興味もなかった。それがアニメ化されたときにも、すでに大人になっていた僕には関係のないものだった。Pokemon1593048_1280 

でも、iPhone でプレイできる Pokémon GO が出きたときにやってみたら面白くて、これはもちろんポケモンのキャラクターに惹かれたのではなくゲームの仕組みに惹かれたのだが、それから4年半ほど飽きずに続けている。

ポケモンのキャラクターに惹かれたわけではないと書いたが、それはこのゲームが好きになったメインの要因ではなかったという意味であって、ポケモンのキャラクター自体は非常によくできていると思う。

そして、それぞれのポケモンのネーミングもなかなか面白い。

誰でも知っているピカチュウの場合を採れば、前半のピカはピカチュウが「でんき」タイプのポケットモンスターであることを表しており、後半の「チュウ」はねずみポケモンであることを表している(初め僕はウサギかと思ったのだが…)。

秀逸なもじり方、なぞらえ方、ひねり方、合わせ方をしたネーミングが多く、中には暫く経ってから意味が分かるポケモンもある。

Continue reading "Pokémon GO の愉しみ"

| | Comments (0)

Sunday, January 31, 2021

これ、高かった

【1月31日 記】 「なんでぇな、これ高かったんやで。上等やで。純毛やで」

昔、母や伯母に「その服はもう古いから棄てたら?」みたいなことを言うと、よくこんな風に言っていた。純毛って分かるかな?──ウール100%のこと。

思えば母の世代の人たちにとって、高かったということは買い換えないことの正当な理由だった。「まだ着られる」ことが着続けるモチベーションになった。

だが、上等舶来の純毛よりもユニクロの 1990円のフリースのほうが、哀しいかな、遥かに暖かかったりするのだ。技術の進歩はそういう事態をあちこちで呼び起こしてしまう。

Continue reading "これ、高かった"

| | Comments (0)

Monday, January 25, 2021

シネマイレージカードの不可解な誤作動

【1月25日 記】 昨日、映画のチケット予約をしようとして、よく分からない変なことが起こった。

TOHO の映画館に行くとき、いつもは Web でチケットを買うのだが、昨日初めて iPhone のアプリで買ってみた。

日付と映画と時間を選んで、席を決め、予約をし、Apple Pay で支払いをしたのだが、メールが返ってこない。

いや、その前に、「あれ? アプリで買うと会員番号とか電話番号とかメールアドレスとか、何も入れなくて完了してしまうのか?」と不審に思ったのだが、とにかくカードからお金は落ちて、僕が選んだ席は予約済になっている。

ところが、アプリ内での購入確認ページで電話番号と予約番号を入れると該当なしと出るではないか!

仕方がないので映画館の窓口に行って事情を説明した。

Continue reading "シネマイレージカードの不可解な誤作動"

| | Comments (0)

Saturday, January 23, 2021

コロナとコンテンツ

【1月23日 記】 コロナ禍で何が減ったか?

最初に思いつくのは外食。昨年4月以降で、僕が自分で憶えているのは6回しかない。しかも、誰かと一緒だったのは2回だけで、いずれも昼食。あとはひとりっきりの外食だ。

まあ、僕のことだから忘れてしまっている分もあるだろう。でも、それでも合計でせいぜい 12~13回ではないだろうか。

営業マンやライン部長だった頃と比べると所謂会食は随分減っているし、そもそも元々多いほうではなかったが、この減り方はちょっとすごい。

そして昼食に関しても、少なくとも会社に行った日の昼食はほぼ全て外食だったのが、まずあまり会社に行かなくなって、たまに行った日も決して外食しなくなった。

あと減ったと言えば映画鑑賞。昨年は一昨年比でマイナス 17本。この 10年間では最低で、この 10年の平均と比べるとマイナス 13本。

Continue reading "コロナとコンテンツ"

| | Comments (0)

Wednesday, January 20, 2021

ぼったくり書店

【1月20日 記】 妻に頼まれて彼女の仕事の専門分野の雑誌を買おうとして、Amazon で検索したら何故か最新号だけ出てこない。

いろいろ検索の仕方を変えてみたらマーケットプレイスで1件ヒットしたのだが、定価税込 1430円の雑誌を 2950円の中古品として売っているぼったくりである。

それで他を当たってみたのだが、楽天ブックスも紀伊國屋書店ウェブストアも honto も品切れである。

今号は先日行われた国家試験の問題と解答を掲載した号のようなのだが、多分それで売れると当て込んで大量に買い占めて値段を釣り上げている高い値段をつけたのだろう。元の値段を知らず、「随分と高い雑誌だなあ」とうっかり買ってしまう人もきっといるんだろうな。

Continue reading "ぼったくり書店"

| | Comments (2)

Wednesday, January 13, 2021

従わない場合は公表というやり口

【1月13日 記】 「要請に従わない場合は店名/社名を公表する」という政府のやり口が気に食わない。

それって「政府としては言うだけは言ったので、それに従わないやつについては、どうぞ世間の皆さんで私刑(リンチ)に処してください」と言っているに等しいではないか。政府はやるべきことはやったというアピールのつもりなんだろうか。

そもそも波風が立っても要請に従わないというのはある種の確信犯に近い(犯罪ではないが)のだから、もしもその人たちが強い意志を持って「店名公表されるのは逆に宣伝になって都合が良いくらいだ」と開き直ることが出来たら、政府の狙いは完全に瓦解する。

すぐに法律で取り締まる形には持って行けない、というのは分かる。だからといって、どうしてそれが「店名公表」という安易な策に繋がるのか。まずは「要請に従っていただけない場合は何度でもお願いに行く」ぐらいのことを言ってみろ、そして、やってみろよ。

Continue reading "従わない場合は公表というやり口"

| | Comments (0)

Monday, January 11, 2021

医療費控除

【1月11日 記】 この5年間毎年この時期に前年の医療費の積算をしている。確定申告に備えるためだ。

2016年以前の医療費についてはごく限られた年にしか控除の申請をしていなかった。それは自分名義の医療費支払いでないと控除の対象にはならないと思い込んでいたからだ。

ところが、実際は家族の分までまとめて申告ができると言うではないか。僕は何年にもわたって控除の権利を放棄していたことになる。

もちろん、医療費控除は世帯単位ではなく個人単位のものであるが、「家族の医療費は全部世帯主たる私が支払いました」という理屈が通るのだそうである。

確かにどこの家庭でも家族の支出を厳密に分けているところはないだろう。

「直接的には妻が自分の財布から支払ったお金であっても、そして妻にも確たる収入源があったにしても、この分は私の給与として銀行に振り込まれたお金である」と言われると税務署側にもそれを覆す根拠はなく、だから認められているということなのだろう。

Continue reading "医療費控除"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文