Saturday, November 18, 2017

ホタルはどこへ

【11月18日特記】 僕自身は10年以上前に煙草をやめたので何の問題もないのだけれど、煙草を吸う人の旗色が日に日に悪くなっているのを如実に感じることがある。

先日、僕が住んでいるマンションの掲示板に新たな貼り紙が掲示された。

通気口から煙草の煙が入ってくるとの通報が住民からあった。バルコニーは共有部分であるから煙草を吸わないように、とのこと。

うむ、確かにバルコニーは共有部分である。その部屋の家族が専有的に使っているものではあるが、規定としては共有部分である。共有部分での喫煙は禁じられている。隣のバルコニーで煙草を吸われると、煙が通気口から入ってくる可能性がある。

どれもこれも反論のしようのない事実である。

Continue reading "ホタルはどこへ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, November 12, 2017

音楽テレビ

【11月12日特記】 引っ越して住居環境が変わったことをきっかけに、スカパーを見始めた。

今までこんな多チャンネル環境は経験したことがなかったので、正直どのチャンネルを選んで良いか解らなかったのだが、いろいろ見てみると意外に音楽専門チャンネルというのも悪くないと思った。

そんなもの何時間もじっと観ていられるはずがないだろう、と思っていたのだが、そもそもそういう考えが間違いだった。

じっと観ていなくて良いのである。耳で聴いて、気になったらじっと観る──それで良いのである。そういう見方ならいつまでも続けられて、邪魔にもならないし、充分楽しめる。

Continue reading "音楽テレビ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, November 10, 2017

新解さん加わる

【11月10日特記】 スマートフォンに僕ぐらいたくさんの辞書アプリを入れている人もそうはいないのではないかと思う。にも関わらず、この間またひとつ国語辞典のアプリを入れた。

きっかけは篠沢秀夫元教授の訃報を伝えたテレビ番組だった。その番組では「篠沢教授は 43歳の時に『クイズダービー』の解答者に抜擢され」と紹介していた。僕はその表現に違和感を覚えた。

それでコトバンクで「抜擢」を引いてみた。僕のコトバンクには2つの国語辞典が収められている。

ポケットプログレッシブ国語辞典は「大勢の中から特に引き抜いて使うこと」と書いてあった。デジタル大辞泉では「多くの中から特に選び出してある役目につけること」とある。

それらを読むと上記の「抜擢」の使い方は辞書的には別段間違っていないようだ。でも、僕は何だか納得が行かない。僕の感覚では「抜擢」というのは何と言うかもっと「職位」を意識した表現ではないかと思った。

そう思った時に、ふと、新解さんならその辺りのニュアンスをちゃんと書いているような気がしたのである。

Continue reading "新解さん加わる"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 31, 2017

Amazonアソシエイトのゲンソク

【10月31日特記】 お気づきの方もいらっしゃると思うが、このサイトには時々 Amazon のバナーが貼ってある。所謂アフィリエイトである。

前にもどこかに書いたのだが、僕がアフィリエイトをやり始めたのはお金がほしいからではない。もちろん、お金(と言うか Amazonギフトカードだが)が入るに越したことはないし、多少とも入ればもちろん嬉しいのだが。

僕がアフィリエイトをやり始めたのは、CD のジャケットや本の表紙、あるいはそれ以外の商品の写真などを、著作権の心配をせずに自分のサイトに掲載できるから。そして、それを見て買いたいと思った人がクリックして買えるのも便利だと思ったから。

著作権の詳細については、自分のホームページを開設した当初はほとんど知識がなかった。ただ、なんかややこしそうだったし、放送局に勤めている以上、個人のページとは言えそこで著作権を侵害しているのではシャレにならないと思った。

そういう意味でアフィリエイトというのはトラブルを避ける安直な方法だった。

Continue reading "Amazonアソシエイトのゲンソク"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 24, 2017

別のやり方

【10月24日特記】 この頃、妻に教わってカロリーを消費する歩き方をしている。そうすると、以前はたくさん食べると覿面に体重が増えていたのに、そんなことがなくなった。

そんな風に僕が知らないだけのことって世の中にはたくさんあるんだろうな、と思う。

思えば妻は結婚以来、顔の洗い方とか、洟のかみ方とか、雑巾の絞り方とか、坂道の歩き方とか、僕が知らなかったことをいっぱい教えてくれた(もっとも雑巾の絞り方だけは僕が従来からやってきたやり方のほうがしっくり来るので、妻の提案は受け入れていないのだが)。

Continue reading "別のやり方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 12, 2017

My Softbank アプリが消えた

【10月12日特記】 今日ふと気づいたら iPhone の My Softbank アプリが消えてた(そう、僕は SoftBank を使っている)。

僕は iPhone を大体左の胸ポケットに入れている。万一転んだりしたときも画面が割れないように、画面を自分の側にして入れている。

そうすると、これは前にも書いたことあったかなあ、左の乳首がときどき悪さをして、勝手に誰かに電話をかけたり、アプリを削除したりということがちょっちゅうある。

今回もひょっとしたらそうなのかと思ったのである。いずれにしても消えたのが My SoftBank のアプリだけであればそれほどの痛手ではない。単に毎月の電話料金をチェックするためだけに入れているようなものなので、またインストールすれば良いだけのことだ。

Continue reading "My Softbank アプリが消えた"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 10, 2017

ホームページ辞めます

【10月10日特記】 一晩寝て決心した。ホームページ(このブログのことではない)を閉じようと思う。

別にヤケクソになっているわけではない。昨日も書いたように、なんか潮時だな、と思ったのである。

Continue reading "ホームページ辞めます"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, October 09, 2017

UTF-8 ショックの日

【10月9日特記】 さきほど「HTMLで使用できるエンコーディングは UTF-8 のみとなった」という記事を読んだ。

いつかそういう日は来るだろうと思っていたが、遂にその日が来たのか。

僕のホームページ(このブログのことではない)は全て Shift_JIS で書かれている。

ここから先、僕のような知識の乏しい者にとってはどうして良いか分からない。

Continue reading "UTF-8 ショックの日"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 27, 2017

紙がない

【9月27日特記】 紙がないのである。いや、僕がよくここに書いている「果てしないトイレ談義」シリーズの新作ではなく、PC のプリンタの紙の話である。

世の中には、年に一回だけ年賀状を刷る時しかプリンタの電源を入れないという人もいると聞いてマジで驚いたが、我が家の場合は妻が仕事で多用することもあって、かなりの時間稼働し、時期を問わずかなりの紙とインクを消費している。

で、僕はもう何年にも渡って、紙もインクもプリンタのメーカー純正のもの(つまりウチならキャノンのプリンタなのでキヤノン製の紙とインク)しか買ったことがない。

前世紀の終わり、PC とプリンタを使い始めた時に、安い紙を使うとよく紙詰まりを起こして、挙句の果てに(多分それが遠因となって)ぶっ壊れるという目に二度ほど遭ったのである。

それ以来、やはりメーカーはメーカー純正の紙とインクを前提としているはずだから、それを買うのが良いのだろうと思ったのがきっかけだ。

ところが、先日から何故だかキヤノン純正の普通紙がお店に置いていないのである。

Continue reading "紙がない"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, September 21, 2017

ホームページとブログという形式

【9月21日特記】 ホームページは 2001年の2月から、そして、このブログは 2005年の5月から延々と続けてきて、我ながらさすがに取り残された感じがする。

個人ブログはまだあるにはあるが、猫も杓子もやっていた時代と比べると半減どころでは済まないだろう。そして、個人ホームページとなると、これはもう過去の遺物めいている。

これだけ技術が進歩し、表現が多彩になり、新たな記述の方式や部品が出てくると、Web の専門家でも何でもないただのアマチュア物書きとしては、もう個人でこれに追いついていくのは不可能で、青息吐息である。

僕の個人ホームページはなんと古ぼけたデザインか! そう、そのことにはちゃんと自分で気づいているのである。

しかし、それでも僕はこの形式をやめる訳には行かない。

Continue reading "ホームページとブログという形式"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧