Saturday, June 17, 2017

あたしのことやん

【6月17日特記】 先日、発達障害の息子さんを持つお母さんと話す機会があった。というか、この人は長年の知り合いなのだが、息子さんが発達障害であるという事実については聞いていたのだけれど、そのことについて長く話したのは初めてだった。

彼女は息子がそういう診断を受けてから、息子の障害のことが知りたくて、たくさん本を読んで勉強したと言う。そして、本を読み進むに従って彼女はこう思ったそうだ。「これ、全部あたしのことやん」と。

この話、上手く言えないけど、なんかめちゃくちゃ分かる気がする。そう、それは多分僕のことでもあると思う。

Continue reading "あたしのことやん"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 08, 2017

寝てます

【6月8日特記】 このブログにも何度か書いているが、僕は iPhoneアプリの Sleep Cycle で自分の睡眠を記録し、そのアプリに朝方眠りが浅くなった時に起こしてもらって起きている。

一方、iPhone にはデフォルトで「ヘルスケア」というアプリも入っており、これまたいろんなデータを記録している。例えば、僕は体重や血圧などのデータを PopWeight というアプリに記録しているのだが、ヘルスケアはそれを読みに行って自らに写している。

また、ヘルスケアの睡眠の欄には Sleep Cycle から取ってきた睡眠データも記録されている。

ところで、このヘルスケアに記録されている睡眠データと、元の Sleep Cycle のデータが一致しないのである。

Continue reading "寝てます"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 06, 2017

本を売る #10

【6月6日特記】 また本を売った。前回も引越し前だったが、今回もそうである。今回は特に、今より狭いところに引越すので、本棚を処分しようとして段ボール3箱分の本を売った。

ここのところネットオフで安い値段ばかりつけられたので、と言うか、ここのところ僕はネットオフがブックオフのオンライン版だと勘違いして何回か売ってしまって、その結果叩かれたという印象だけが残った。

それで今回はしっかりイーブックオフに売った。6年半ぶりにイーブックオフに戻ってきた。

しかし、結果的には大差がない。大差がないからわざわざ書く必要もないのだが、ここまで9回も書いてきたのだから、今回キリの良い10回目でもあるし、やっぱりここに書き残しておく。

Continue reading "本を売る #10"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 02, 2017

シンギュラリティはもう来ている

【6月2日特記】 今日の AWS SUMMIT で聴いた茂木健一郎さんの基調講演がことのほか面白かった。50分間たっぷり。

全部書くわけに行かないので、ひとつだけ書くと、「シンギュラリティはもう来ている」という話。

曰く、人間は意識して何かをするときに同時にひとつのことしか処理できない。つまり、今講演をしている茂木さんは今はとりあえず自分のこの講演のことしか考えられない。

どこかの学者の研究によると、人間が意識して処理しているのはたかだか1分間に128バイトの量の情報なのだそうだ。つまり、人間とは意識というボトルネックを持った存在なのだとか。

で、茂木さんは言う──そんな性能の悪い人間と AI を比較しないでよ、と。

人間は例えばチェスの世界チャンピオンになりたければ、少年期から一生チェスのことばかり考えていなければならない。それが数ヶ月間チェス用にチューンナップされただけの AI に負けるのである。

つまり、シンギュラリティはもう始まっているのだ──と。

Continue reading "シンギュラリティはもう来ている"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 24, 2017

隠蔽

【5月24日特記】 「日本の性教育は遅れている」という記事を読んだ。ものすごく大雑把にまとめてしまうと、日本はとかく性をタブー視して、隠蔽する方向に進むのだそうだ。

その記事によると、日本でも一時期性教育が「頑張っていた」時期があったのだそうで、その当時は教科書にコンドームの使い方が載ったりしたのだそうだ。ところがその教科書を見た保護者から猛烈なクレームが来て、掲載は取りやめ。以来、今の隠蔽路線が確立したとか。

セクスの仕方ではなく、あくまでコンドームの着用方法を教えたのに、どうしてそこまで激しい反発が起こるのか今イチ僕には分からない。

覚醒剤の使い方を教えたわけではない。覚醒剤は一生使わないほうが良いのだろうけれど、性交は一生しないほうが良いというものではないだろうし、コンドームだって生涯遠ざけておけば良いというものでもないはずだ。

が、その一方で、コンドームのつけ方って教科書に載ってないとダメなのか?という気もする。

Continue reading "隠蔽"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 23, 2017

撮影監督

【5月23日特記】 僕は映画館で映画を観たら原則としてパンフレットを買う。それは主に記録をつけたいからだ。

僕は自分の観た映画の記録をつけている、多少の漏れはあるかもしれないが、生まれてこの方、映画館と試写室で観たほぼ全ての映画の記録をつけている。

と言っても、クレジットされている全てのキャストとスタッフの名前を書き留めているわけではない。

僕は素人だから、全然違いの分からない「録音」の担当者の名前は書き留めていない。違いをほとんど見抜けない「照明」の担当者も、控えておく意味がないので書いていない。

「編集」についても記録していない。A案と B案を並べて見せられたのであれば(あるいは編集前の素材全てと完成後の比較させてくれたなら)あっちの編集のほうが良いとかこっちのほうが良いとか言えるかもしれないが、完成版だけを見て作業前の状態を思い浮かべることができないので。

でも、もちろん、言うまでもないが、監督名は控えている。プロデューサー名も控えている。これらは間違いなく次に映画を見るときの参考になる(もっとも、プロデューサーの場合は、「エグゼクティブ・プロデューサー」や「製作」なども含めて、直接的にはほとんど何もしていない人も含まれているので要注意ではあるが)。

ファースト助監督の名前もつけている。これが記録していると意外に記憶に残るもので、監督デビューした時に、「あ、あの監督についてた人か」と、これまた参考になる。

脚本の出来に映画の出来が大きく左右されることは言うまでもない。撮影監督の力量や指向性の違いも大きく反映される。

そんなこともあって、鑑賞年月日や劇場、タイトルなどと並んで、上記のスタッフの名前を記録しており、それを記録するためにほぼ必ずパンフレットを買うのである。

Continue reading "撮影監督"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 16, 2017

つぶやき8年

【5月16日特記】 twitter を始めた当初は、気にしても仕方がないとは思いながら、やっぱりフォロワー数の増減が気になった。公式でも何でもないとは言いながら、勝手に社名を掲げて社名を背負って呟いていたので、増えれば幾分誇らしく、減ればそれなりにプレッシャーを感じた。

だから、一挙にフォロワー数が増えたときなどは、「僕なんかフォローしてもあんまりご期待に添えないと思いますけど…」みたいなことをついつい呟いてしまいがちだった。こんな僕に過大な期待をかけられると辛いな、という心の現れである。

でも、考えてみれば、フォロワー数が僕の人間性や人格を測る指標であるはずがない。本来それは僕の書いた(呟いた)ものに対する人気の指数である。面白ければ読む。読みたければフォローする。──ただそれだけのことだ。

僕の書いたものを以て僕という人間の品定めをしようとする人もいるかもしれない。もちろんそれは勝手だが、でも、まあ、そんな勝手な評価を僕は気にする必要はないのだ。

比較的早くにその境地に達し得たのは、僕がインターネットを(日記や交流の場などではなく)基本的に作品(著作物)の発表の場だと考えているからである。

Continue reading "つぶやき8年"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 27, 2017

20世紀の蛍光灯

【4月27日特記】 蛍光灯がつかなくなった。電球が切れたわけではなさそう。誘導灯がダメになったわけでもなさそう。

原因はなんだかわからない。しかし、実は知り合いのパナソニック OB の人に言われていたのだ。「やまえーさん、それ、おかしいで。そんなに長いこと壊れずに持ってる蛍光灯って滅多にないで」と。

多分、買ったのは1999年。一般的に蛍光灯というものは実はそんなに持たずに壊れるのだそうである。

ということで、つかなくなった途端に、「あ、ついにお迎えが来たか」と思った。人間で言うなら「天寿を全うした」というやつなのだろう。

そもそもいまだに LED に替えずに蛍光灯を使い続けているのがおかしいと言われても仕方がないのかもしれない。でも、20年近く、随分電気代食いながら働いてくれた可愛い奴であったことも確かである。

Continue reading "20世紀の蛍光灯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 16, 2017

絶煙10年

【4月16日特記】 たまたま気がついたのだが、一昨日で煙草をやめてちょうど10年経っていた。

健康診断の問診票に「煙草を吸いますか」→「やめた」→「何年間吸っていましたか」という項目があり、はて、やめたのはいつだったか、と思っていたのである。

僕は自分で書いたこともよく忘れるので、このブログで実は他のことを検索していたら、検索でヒットした中に禁煙について触れた記事があり、そこから辿って、2007年4月14日に煙草をやめたことを知った。

Continue reading "絶煙10年"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 15, 2017

アポロ

【4月15日特記】 テレビを見ていたらポルノグラフィティの1999年のデビュー曲『アポロ』が流れてきた。

この歌は僕にとって衝撃的な歌だった。

僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう
アポロ11号は月に行ってたって言うのに
(詞:ハルイチ、曲:ak.homma)

君らはアポロ計画も月面着陸も、アームストロング船長の「人類にとっては大きな飛躍」も知らないのか! 僕は大きな世代ギャップを感じた。

Continue reading "アポロ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧