Monday, March 27, 2017

函館

【3月27日特記】 旅行中で更新できなかったので、もう1枚函館の写真を上げておく。

八幡坂の上から。



でも、こんな観光とはほど遠い、寂れた港の風景も印象に残った。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, March 25, 2017

函館

【3月25日特記】 「はるばる来たぜ函館」という歌があった(「来たぜ」なのか「来たで」なのか長年確信が持てなかったのだが、さっき調べてみたらどうやら「来たぜ」のようだった)

で、はるばる来てみた。東京に引っ越して、はるばる度が半減したから来てみたとも言える。

写真は五稜郭の桜の森の向こうの五稜郭タワー。ちなみに五稜郭の「稜」は「角(かど)」の意味である。




| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, March 22, 2017

【3月22日特記】 今日で歯の治療が終わった。長い間「歯抜けの爺さん」状態だったところに漸く人工の歯が収まって、心置きなく物が噛めるようになった。

そもそもは34年前に治療した奥歯の虫歯。虫歯の根っこがしっかりしていたので、歯を縦に半分に割って蝕まれていない側の根っこを残し、隣の歯との間にブリッジを施した、所謂ヘミセクションというやつ。

当時大阪市内で名高い歯医者で処置してもらったもので、こんなに長く持っていることに複数の歯科医が定期検診のたびに驚嘆の声を上げていた。

ところがとうとうそのヘミセクションにもガタが来て、去年の8月に除去するしかない事態に陥った。それから7ヶ月である。

今度はインプラント。治療費は高い。しかし、差し歯はすぐ抜けるし、バネで留める入れ歯は気が進まないし、隣の何の問題もない歯を削ってそれとのブリッジにするのも嫌だったから。

Continue reading "歯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 21, 2017

コンテクストに戻る

【3月21日特記】 頭の中があまりまとまらないうちに早まって facebook に投稿してしまった文章を、少し整理してこちらに再掲することにした。

3/17(金)に TV meets Data という角川アスキー総合研究所主催のセミナーがあったのだが、それを聴いていて思った断片的なこと:

イベント自体は第一部が AI やディープ・ラーニングについての対談、第二部が角川アスキー総研ライフログ研究所が新指標「スポンサードバリューインデックス」を紹介する「ネタ出し放談」であったのだが、今回僕が書こうとしているのはその本質部分ではない。ただ聴いていてふと思ったことを書いてみる。

前半の対談(ドワンゴ小田桐氏とスクエニ三宅氏、司会はアスキー総研遠藤氏)で出てきた話なのだが、ニコ動で、とあるあまり面白くないアニメの最終回に「このアニメ、みんなと一緒じゃなきゃ最終回まで見れなかったよな」というコメントが流れたとのこと。

逆に言うと、内容がつまらなくても、「みんなと一緒に見てる」という “思い” があれば最後まで見てくれるということ。

マクルーハンに「オーディエンスはコンテンツである」との言葉があるそうで、そんな古い本にそんなことが書いてあったのかと驚く。

この日の対談でも、「コンテンツだけではなく如何にコンテクストを付与するか」という発言があった。

もし、今「テレビ離れ」というものが進んでいるとしたら、僕らはその “コンテクスト” を見失っているのかもしれないという気がした。コンテクストとは、ある種の参加意識である。

Continue reading "コンテクストに戻る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 17, 2017

性格、人生観、街

【3月17日特記】 東京に転勤してからあちこちのセミナーや勉強会などに顔を出しているのだが、これだけよくあちこちに行っていると、あ、またあの人がいる、あ、この人も来てたか、ということになる。

僕にはそれくらいがちょうど良い。たまにぽつんと参加する程度では広がらない。点では繋がらないんだな、と思った。

世の中には一度会っただけで友だちになってしまう人がいる。性格の違いである。

いや、そんな風に言うとその人は機嫌を損ねて、「性格の違いなんかじゃない。会ったら相手が忘れないうちに連絡を取って、すぐに友だちになるように努力しているんだ。性格の違いなんかじゃない。お前が努力していないだけだ」と言うかもしれない。

Continue reading "性格、人生観、街"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, March 09, 2017

薔薇と硝子

【3月9日特記】 iPhone の保護フィルムでちょっと痛い目に遭った。

前に貼ってあったやつの縁(ちょうどホームボタンの傍)が少しめくれて来て嫌だなと思っているときに、たまたま携帯アクセサリ・ショップで使える3000円の金券が手に入った。

よし、これで買い替えようと思って店に行ってみると、3000円を超えると結構良さそうな奴がいろいろある。その中からこれが良いかなと思って買ったのがゴリラガラスのフィルムだった。

いや、こういう硬いのは「フィルム」と言わないのかな?(では、何と言うんだろう?)

ま、何であれ、これに貼り変えてみると嘘みたいに良いのである。柔らかいフィルムとは比べ物にならない。滑らかで、きれいで、見やすくて、指紋が付かずに、操作感も感度も悪くない。

おお、こりゃ良いわ、と思っていたら、ある日胸ポケットから落とした。それはするりと滑って、ベランダに出る窓のサッシの角に当たった。で、ヒビが入った。

Continue reading "薔薇と硝子"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 07, 2017

先生の教え

【3月7日特記】 東京でもかかりつけの医者ができた。会社の近所のクリニック。ここの先生は却々おもしろいおっさんだ。

訊いてもいないのにいろんなことを教えてくれる。

曰く、血圧を上げないコツは部屋を暖かくしておくこと。寝室にタイマーをかけて起きるときには 20℃ になるようにする。寒いと血圧が高くなる。暖かくしてから計ると高い血圧値は出ない。

Continue reading "先生の教え"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 26, 2017

ナッツ夫婦

【2月26日特記】 夫婦揃ってナッツ類が好きなのである。

僕が好きなのはピスタチオとカシューナッツ。妻が好きなのはやはりカシューナッツ。ほかにアーモンドとかクルミとかもふたりでよく食べている。

それぞれにコレステロールを下げるとか血圧を下げるとか、いろんな効能のある成分を含んでいたりするのはありがたいが、そんなことよりも単に美味しいから食べているにすぎない。

で、ふたりとも好きなのにめったに手にはいらないのがヘーゼルナッツ。昔チョコレートに入っていた記憶があるが、大人になって単体で食べて、初めてその独特の美味しさに気がついた。

ところがこれが売っていない。日本では滅多に手に入らない。仕方なく海外から取り寄せた。

Continue reading "ナッツ夫婦"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 25, 2017

こんばんは、メディア

【2月25日特記】 昨日、一昨日と連日連夜、テレビやインターネット、ソーシャルメディアに関する勉強会/セミナーの類に出席した。東京はともかくこの手の催しが多くて楽しい。

大阪にいた頃と比べて浴びる情報量は10倍以上になったと思う。僕自身もこれまでは活動性の低い人生を送ってきたが(笑)、なんだかちょっとエンジンがかかった感じ。

昨日の夜の催しに行くと、一昨日の催しに来ていた人たちも何人か。──当然そういうことにもなる。しかし、それを「どこに行っても同じ顔ばかり」と言ってしまうのは間違いである。

知ってる人がいて知らない顔もあって初めて交流が繋がって広がるのである。行く場所行く場所で初対面ばかりなら、そこから広がるものは少ないはずだ。

Continue reading "こんばんは、メディア"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, February 22, 2017

墓碑銘

【2月22日特記】 本を読んでいたら「墓碑銘」という単語に出くわして、ふと思った。

西洋は良いよなあ、自分の墓に墓碑銘が刻んであったりして。日本人が入るのは個人ではなく家族、あるいは先祖代々の墓だから、個人の銘文なんて刻んでおけないのだ、と。

しかし、待てよ、考えてみたらアメリカの映画やドラマで故人の墓参りをするシーンで墓碑銘が映ることが多いので勝手にみんなそうだと思っているが、本当にみんなそうなのか?西洋には 家族の墓ってないんだろうか?

それに、日本だって極端な話をすれば天皇陵は個人の墓だし、歴史上の人物で個人の墓が残っている人も多い。有名人、金満家なら今でも個人の墓に入れる人はいるのだ。そんなに墓碑銘がほしいのなら、頑張って個人の墓を建てれば良いだけのことだ。

──と思い直してみたのだが、考えてみれば僕は若い頃から西洋個人主義への憧れを抱いていたのは確かだが、さりとて別に個人の墓に入りたいわけでも墓碑銘を残したいわけでもない。ただ、個人個人で埋葬するという社会の在り方が良いなあと思っただけのことである。

Continue reading "墓碑銘"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧