Wednesday, March 20, 2019

昨日○○食べたから

【3月20日 記】 会社の昼休み。

「何食べようか?」
「昨日中華だったから、中華以外」

こんなこと言う人いますよね。

私が知っている中で最たるものは、営業マン時代の取引先の K 氏。“グルメ K”と異名を取るほどの食通(気取り?)の人でした。K 氏は同僚から昼ごはんに何を食べようかと訊かれたときに、よく

「今夜はイタリアンなので、イタリアン以外」

みたいなことを言ったそうです。これ、今夜は会食の約束があってイタリアンの店を予約しているので、ということであれば別に珍しくもなんともないのですが、そうではなくて、この「今夜」は K 家の夕食なのだそうです。そう、家で奥さんが作る夕食。

つまり、K 氏が朝、家を出る時には既に夕飯の献立が決まっているということ。すごいですよね。

Continue reading "昨日○○食べたから"

| | Comments (0)

Monday, March 11, 2019

もう春です

【3月11日 記】 だんだん暖かくなってきた。

寒くて震えていたらいつの間にか暖かくなり、それがいつの間にか暑くなってぐったりしてたら、そのうちに涼しくなって、気がついたらまた寒くて震えている。

──そういう循環を一体いつまで何回続けるのだろう、と思ったことも何度かあるのだが、しかし、世界中どこの国でもこんなに律儀にくっきりと四季が巡っているものでもないだろう。

そう考えると、この四季のめりはりは、やっぱり日本人の精神性と言うか、発想の仕方と言うかに確実に影響を与えているような気がする。例えば輪廻転生とか因果は巡るとか…。

そういう(理屈はともかく)感性って、こんな風土の中で生きてきたから培われたってことはないだろうか、などと考えてみたりする。

Continue reading "もう春です"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 08, 2019

samorost3

Samorost3

【3月7日 記】 妻が Samorost3 を最後までやりきった。

彼女の誕生日プレゼントに iPad にダウンロードしておいたのだが、却々気づいてくれず、でも、やり始めると一気に熱中モードに入り、ほぼ半年で完遂した。僕もそのうちの7割ぐらいはいっしょにやったり、その場で見ていたりした。

所謂 non-verbal game である。言葉はいらない。言葉がなくても分かる。──というのは正しくもあり正しくもない。確かに言葉がなくても何となく分かる気はするが、すぐには分からない。あくまでやっているうちに少しずつ分かってくるのである。

そもそもゲームというものにはルールがあって、それを大体解った上で始めるものであるが、ルールブックもマニュアルも何もなくいきなり始めるわけだから、暫くは360°全方向に手探りで、何を最終目的として、何をそのための手段としてやっているかも判らず、やりながら掴むしかないのである。

で、やって行くうちに、あ、このマークがあるところではこうすれば良いのか、こんな反応をされたときは自分がやっていることが間違っているのか、こういうヒントは多分この方向性で推理すれば良いのかと見当がついてくる。

でも、あまりにも難しいので、途中何度かネット上にある攻略法の記事のお世話になった(つまりは、カンニングしたわけである)。ただ、難しいから、謎が多いから楽しい、というだけではない。ゲームという枠組みに入る前に、すでに絵と音だけでめちゃくちゃ楽しくて胸踊るのである。

Continue reading "samorost3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 25, 2019

ふぞろいの電波時計

【2月25日 記】 多分、以前どこかに書いたと思うのだけれど、何もしなくても決して止まることなくずーっと正しい時間を刻んでくれる時計を持つことが、僕の中学生時代からの夢であり長年の念願だった。

だから、初めてソーラーの電波時計を買った時には、あたかも人生の究極の目的を果たしたかのような達成感、と言うよりも、むしろ全てを成し遂げた後のがっくりとした脱力感と言うか、「これから僕は一体何を目標に生きて行けば良いのだろう?」という戸惑いのような感慨さえあった。

それほどまでにこだわりがあるので、当然腕時計だけではなく、我が家の置き時計も電波時計が多い。

Continue reading "ふぞろいの電波時計"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, February 23, 2019

やりたいこと

【2月23日 記】 昨日あるところで聴講したセミナーに SHOWROOM の創設者である前田裕二氏と有名な編集者・箕輪厚介氏が登壇しておられました。

で、本筋とは全く関係がないのですが、聴いていて途中で大いに驚いたとことがありました。

それは箕輪氏のこんな発言でした。

いろんなところでセミナーをやっていると、最近若い人から、「僕には箕輪さんみたいにやりたいことがないのですが、どうしたら良いでしょうか?」みたいなことを訊かれることが多いんです。

すると、それを受けて横にいた前田氏が

あ、僕もそれめちゃくちゃよく訊かれます。

これには驚きました。僕にはよく解らないのです。

Continue reading "やりたいこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 21, 2019

食べ放題のうち

【2月21日 記】 いくつになっても健啖家、というような人もいるにはいるが、僕の場合はご多分に漏れず、年を取るにつれてあまり量が食べられなくなってきた。

もともと体育会系でも大食漢でもなかったのは確かだが、それでも10代、20代の頃はほぼ無意識に「大盛り」を注文していたように思う。

それが今は大盛りどころか普通盛りでも多いくらいだ。

メニューに「小ライス」とか「ご飯少なめ」とかいう選択肢があれば良いのだが、あるいはメニューには載っていなくても、店の人と顔なじみで気軽に「ご飯少なめで」とか言える雰囲気だったら良いのだが、そうでなければやはりわざわざそういうオーダーをするのは、僕らの世代はためらってしまうのだ。

何故なら僕らの時代はとにかく出されたものは何であれ全部きれいに平らげるというのが礼儀だったから。そこには自分の腹具合とか好き嫌いとか、そういう尺度も選択肢もなくて、ただただ作ってくれた人、振る舞ってくれた人に対する感謝の意を表して初めて食事という儀式が完結するのだった。

というわけで、簡単に言うと、こっちが金払ってんだから大盛りであれ半ライスであれ好きなものを注文して好きな分だけ食べれば良いものを、それが気安くできないもんだからウジウジしているという馬鹿らしい話でもある。

Continue reading "食べ放題のうち"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 10, 2019

コピペとスクショ

【2月10日 記】 最近の若い人は URL をコピペして友だちに教えたりしないのだという話を読んで驚きました。ごめんなさい、どこで読んだか記憶が定かでないので、その記事の URL はここにペーストしてませんが(笑)

考えてみれば確かにそうです。

僕らは PC世代だから PCをやり始めてすぐの頃に、「コピーは Ctrl+C、切り取りは Ctrl+X、貼り付けは Ctrl+V」と教わって、それが頭に焼き付いているので、当然他人にそのページを教えたいのであれば URL をコピペして送り、送られたほうはまたそれをブラウザにコピペして見るのが自然です。

でも、今のスマホ世代の環境を考えてみてください。スマホのアプリで見ていると、どこにも URL が表示されていなかったりするではないですか。その場合はそのページの URL を表示させるのは大変面倒です。

もしスマホのブラウザで見ていてちゃんと URL が表示されているのであれば、その部分を長押しして、ポップアップ・メニューから「コピー」を選んで、貼り付けたい画面に遷移して、貼り付けたい場所で再び長押しして、ポップアップ・メニューから「貼り付け」を選ぶ、という手順になります。

──結構面倒です。まず長押しが面倒。タップだったら面倒ではないのに、不思議なことに長押しになった途端に面倒になります。それから画面やアプリ間を移動するのが、スマホの場合はこれまた面倒です。

そんな環境にいる子たちが、「えー、そんな面倒なことやってられない」と言うのも無理ありません。

では、彼らはどうするのか? ──スクリーンショットを添付するのだそうです。

Continue reading "コピペとスクショ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 27, 2019

ルール

【1月27日 記】 ルールがなくても巧く治まっているのが一番良い状態であり環境である、と僕は思っている。

参加メンバー各自の意見や感覚に隔たりがあって、放っておいたら巧く治まらないから、ルールを作って、「みんなで決めたことだから守りましょうね」という合意を取って治めているのである。

それは自治体のような大きな集団であろうと家族のような小さなグループであろうと、基本的には同じであるように思う。

Continue reading "ルール"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 19, 2019

驚いた粒

【1月19日 記】 twitter で相次いで以下のようなツイートを見た。

ひとつは高名な政治評論家に宛てたもの:

偉そうに自民党批判しているが、自民党の独裁政権を許したのはあんたたちの世代なんだからあんたたちも同罪だ。あんたに自民党を批判する権利はない。

みたいなつぶやき。もうひとつは誰に向けてのつぶやきかは分からないのだが、

最近の若い奴らはダメだみたいなことを言ってる人がいるけど、その若い人を育てて指導してきたのはあなたたちの世代なんだから、あなたにそんなことを言う資格はない。

みたいなやつ。

これはマズいと思う。この人たちの論理性は一体いつ、何ゆえに、こんなに破綻してしてしまったのだろう?

Continue reading "驚いた粒"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 17, 2019

どうしたキネ旬?

【1月17日 記】 どうしたことか、今年はキネマ旬報ベストテンの発表がない。

全投票結果については、毎年2月上旬に発売される2月下旬号で発表されていたが、ベストテンと個人賞の速報だけは1月に発表されていた。昨年は 1/11、一昨年は 1/10、 その前の年は 1/7、その前の年は 1/8 だった。

僕の記憶で書いているのではない。僕は毎年その結果を見て、このブログに「キネマ旬報ベストテン」というタイトルで一文を物しているので、その日付を辿ったら分かるのである。

どうしたんだろう? 表彰式が 2/10 にあることは既に発表されている。これは例年と同じようなスケジュールのはず。ならば、もう発表があっても良い頃ではないか?

Continue reading "どうしたキネ旬?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧