Tuesday, January 16, 2018

2人の鍵

【1月16日記】 ウチのマンションの玄関扉には錠前が2つついてます。それほど古くないマンションならそういうところが多いと思います。

僕はその2つの鍵を下 → 上の順番で開けます。まず屈んで下の鍵を回し、それから膝を伸ばして上の鍵穴に鍵を突っ込む。

先日妻がそれを見て「へえ、下から先に開けるの」と驚いていました。

僕は知っています。妻が上から先に開けることを。いや、知らなくても完全に想像がつきます。これは人生観、あるいは人生哲学の違いなのです。

Continue reading "2人の鍵"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 11, 2018

ある日の処方箋

【1月10日記】 医者で処方箋をもらって外に出ようとしたが、ふと見るといつももらっている薬と名前が違っている。ひょっとしたらジェネリックか?とは思ったが、万が一ほかの患者の薬と入れ替わっていたら嫌だから、また受付に戻って訊く。

「以前副作用があって薬を変えたことがあるので」と添えると、「そうですよね、ご心配ですよね。先生に訊いてきます」と受付嬢(なのか看護師なのか知らないが)は診察室に入って行った。

帰ってきて曰く、これは薬の一般名称であり、今までの処方箋には商品名が書かれていた。薬局に行くとジェネリックを進められるかもしれないが、もし嫌なら今までの銘柄を指定していただければ…とのこと。

まずは間違いではなかったらしい。それは良かった。しかし、何故今回だけ表記が変わったのか分からない。そこのところをさらに質問していたら、診察室から脱兎のごとく医者が出てきた。

なんか「騒ぎを聞きつけて」みたいな感じなんだけど、僕は静かに質問していただけでちっとも騒いだつもりはない。多分、壁(と言うよりパーティションだ)が薄いのと、患者の入れ替わりの途切れ目だったので聞こえたのだろう。

Continue reading "ある日の処方箋"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 06, 2018

一挙掲載: はてしないトイレ談義シリーズ

【1月6日記】 そんなもの別に読みたくないかもしれません(笑) が、予告通りもう一編、今月で閉めるホームページからコンテンツを移設しました。

いや、もうちょっと正確に言うと、このブログと旧ホームページの両方で、あっちに書いたりこっちに書いたりしていたので、それを一つにまとめて、改めてブログ内ホームページという形にしました。

従って、このブログ内では一部重複してしまうことになるのですが、まとめて読みたい人もいるでしょう(と言うか、それはひとえに僕のことであって、他にまとめて読みたい人があまりいるとも思えませんが)。

で、中身は何かといえば、「はてしないトイレ談義」シリーズです。

Continue reading "一挙掲載: はてしないトイレ談義シリーズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 03, 2018

スマホでは見えない

【1月3日記】 この cocolog を含めて、近年では PC でブログを読んでいるのかスマホで見ているかをサイトが瞬時に判断して、PC用/スマホ用のページを出し分けてくれる便利な時代になった。

それはそれで素晴らしいことなのだが、しかし、昨日記事を書いていて改めて気づいたのだが、スマホ用のページでは見られない部分があるのだ。

昨日「左カラムに」などと書いたが、実はスマホでは見えていないのだ。スマホでは右の本編用のカラムだけを並べて表示している。

いや、もちろんそのことは知っていたが、昨日気づいたのはブログ内のホームページはリンクをつついても表示してくれないということ。「PC表示に切り替え」をタップしなければ読めないのである。

iPhone でしか試していないので、Android では違うのかもしれないが、それは困ったことだ。僕は左カラムの充実に割合力を入れてきたつもりなので。

Continue reading "スマホでは見えない"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 01, 2018

紳士なら座って

【1月1日記】 お正月にはお正月らしくないことを書きたいという意識が働くもので、今日はおしっこについて書いてみたい。

去年のいつごろだったか、秋のある日から家で小用を足すときには便座に座るようにしている。

以前から「男子も座り小便」運動を推進している人たちがいることは知っていたが、あまり心動かなかった。それが、とある飲食店のトイレにあった貼り紙で「紳士なら座って」と推奨(と言うか、むしろ嘆願かな?)しているのを見て、急にやってみる気になった。

そもそもは家のトイレ掃除をいつからか僕がやるようになったことが遠因だ。

Continue reading "紳士なら座って"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, December 30, 2017

デザイン変更

【12月30日特記】 今まで何度かご覧いただいた方はひょっとしたらお気づきかもしれませんが、少しデザインを変えました。いや、デザイン全体ではなく、配色を少し。

2001年からやってきたホームページを廃して、来年からこのブログ1本でやって行くことにしたので、ちょっと気分転換です。

Continue reading "デザイン変更"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 14, 2017

電車のアナウンスに思う

【12月14日特記】 電車の駅や車内でのアナウンスに覚える違和感については、このブログではなくホームページのほうにも過去に書いたことがあるが、やっぱり時々ひっかかる。

曰く「電車が遅れましたことを心からお詫びいたします」。

嘘つけ、と思う。心から詫びてないだろう。てか、そもそも心から詫びるこたぁない。大げさなのだ。でも、乗客の中には「遅れたんだから謝れ」と言って譲らない人も多分いるのだろう。

だから、形だけ謝っておけばよろしい、というのが僕の認識。だから、「心から」と言われると、逆に反発を覚える。

Continue reading "電車のアナウンスに思う"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, December 11, 2017

引越して気づいたこと──技術の進歩

【12月11日特記】 この夏、18年ぶりに新築のマンションに移ったのですが、やっぱり新築は良いです。

いや、女房と畳は、みたいなことを言いたいのではありません。そりゃあ何でも新しいほうが気持ち良いわな、なんてことではないのです。そこには技術の進歩があるのです。

例えば新築のマンションでは、浴室の排水口に溜まった髪の毛は、昔と比べて遥かに簡単に、しかも、あまり汚らしい思いもせず取り除くことができます。

お風呂の蓋は昔と比べて圧倒的に汚れがつきにくく、また掃除しやすくなっています。また、24時間換気のシステムがあれば、浴室の壁や床に生えたカビをこすり取るなんて作業はほとんど必要なくなります。床は真冬でも冷たくありません。

浴室だけでもこれだけの技術の進歩があるのです。マンション全体を考えると、生活は格段に快適になっているはずです。

そういうことは多分衣食住すべての面であるのだと思います。

Continue reading "引越して気づいたこと──技術の進歩"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 06, 2017

ハッピーホリデーカード

【12月6日特記】 アメリカでは最近 Merry Christmas! ではなく Happy Holidays! と言うらしい。非キリスト教徒に対する配慮である。

いろんなお店がこの季節の装飾からサンタクロースや樅の木を外し、緑と赤の組合せを赤一色に変えるなど、ちょっと僕らの想像を超えた対応になっている。

一方で、そういう動きを“反キリスト的”なるものとして排撃しようとする人たちもいるとか。かなりデリケートな、いや、かなり政治的な問題になってきたみたいだ。

“政教分離”は近代国家の常識だが、それを切り分けようとするのは、宗教は放っておくと往々にして政治的な凶器になるからである。

Continue reading "ハッピーホリデーカード"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, December 03, 2017

エレベータの幸運

【12月3日特記】 以前にも書いたことがあることだけれど、エレベータの話。

ウチのマンションのエレベータの籠(これを籠と呼ぶのだということは最近知ったのだが)の中にはカメラが付いている。それは防犯上の観点から珍しいことでもないが、ウチの場合、各階にモニタがあって中の様子が映っているのである。

それを見て、「ああ、1階から誰か上がって来るぞ」とか「くそっ、こっちは急いでるのに、5階からまた誰か乗ってきた」などと考えながらエレベータを待つわけである。

さて、先日帰宅して1階のエレベータ・ホールに行くと、折悪しく誰かの乗った籠が上がり始めたばかりだった。そして、ある階でエレベータは止まって乗っていた人が降りたのだが、その人が降り際に1階のボタンを押すのが見えた。

1階で待っている僕にとってはこれはありがたいことではあるが、僕はそんなことは決してやらない。そういうことをやる人の気が知れない、というか、どういう料簡でそういうことをやるのか理解できないのである。

だって、次にエレベータを利用する人が何階から乗って何階に行くか予断を許さないではないか?

Continue reading "エレベータの幸運"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone | おすすめサイト | ことば | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サイト更新情報 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プレイログ | ペット | 今日のBGM | 仕事 | 住まい・インテリア | 学問・資格 | 心と体 | 心に移りゆくよしなし事 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学・歴史 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ考 | 映画・テレビ評(05) | 映画・テレビ評(06) | 映画・テレビ評(07) | 映画・テレビ評(08) | 映画・テレビ評(09) | 映画・テレビ評(10) | 映画・テレビ評(11) | 映画・テレビ評(12) | 映画・テレビ評(13) | 映画・テレビ評(14) | 映画・テレビ評(15) | 映画・テレビ評(16) | 映画・テレビ評(17) | 映画・テレビ評(18) | 書籍・雑誌 | 書評 | 書評(02) | 書評(03) | 書評(04) | 書評(05) | 書評(06) | 書評(07) | 書評(08) | 書評(09) | 書評(10) | 書評(11) | 書評(12) | 書評(13) | 書評(14) | 書評(15) | 書評(16) | 書評(17) | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 育児 | 舞台 | 芸能・アイドル | 趣味 | 関西・関西人 | 音楽