Thursday, July 12, 2018

twitter の変成

【7月12日 記】 iPhone の日本発売からちょうど10年経った昨日、博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所の「メディア生活フォーラム2018」を聴講してきました。

今回のキーワードは「情報引き寄せ」で、情報が溢れてカオス状態になってしまった今、生活者はもはや“都度検索”などせずに、情報を“引き寄せる”ようになったと言うのです。

スマホ・ネイティブ世代の新しい情報行動は2つあって、ひとつは「とりあえず“ためる”」、もうひとつは「自然に“たまるようにする”」とのこと。

その中で一番驚いたのは、twitter で気になるつぶやきを見つけたら、保存のためにリツートをするという人がいることでした。

僕らが twitter を始めた2009年ごろのリツイートは「自分はこんなに共感した。これをみんなに伝えて共有しよう」というものでした。でも、今の若いユーザは単に自分のメモとして使っているのだそうです。

“他社への共感”から“自分の有益”に。──ソーシャル・メディアはもはや僕らオールド・ユーザが知っているようなコミュニケーションのツールではなく、個人のための便利ツールなっていたのです。

そして彼らは Netflix や Amazon の 「アルゴリズムに任せて」(と、インタビューを受けた若い男性は表現していた)レコメンドされたものを順番に観ているだけで「事足りている」と言いました。

別の若い女性は、「次に何を観るかいちいち探したくない。迷わず観たいから」「次に見るものがなくなるのはプレッシャー」と言っていました。

それも個人的にはよく解りません。僕は次にやるべきことが控えている状態が大嫌いで、「ああ、今日は何もすることがない。何をしようか」と思う幸せを得るために生きているようなものです。

Continue reading "twitter の変成"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 05, 2018

時代

【7月5日 記】 義母が来た。妻と3人で家で夕食した。妻と2人で後片付けをしていると、義母はびっくり仰天、「あんたの旦那さんはいつもこうやってお勝手のお手伝いしてくれるの!? 良い旦那さんだわね」などと。

僕が「お義母さん、それは単に時代が違うんですよ」と言うと、義母はなるほどという感じで頷いていたが、僕としては深い考察もなく全てを時代のせいにしていまうという、自分としては普段は意識して避けている論理展開をしている。

ま、面倒くさいし、義母と議論をしようという気もないので、それで良いと割り切って言ったのではあるが。

Continue reading "時代"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 27, 2018

整理と価値観

【6月27日 記】 自分とは違う人間がいるということを思い知るためには、誰かと一緒に長時間私生活を共有する環境に自分を置いてみるのが一番良いと思う。例えばそれは結婚である。

妻が Gmail を使い始めてもう何年にもなると思うのだが、今ごろになって、「ねえねえ、このメールをこのタグのフォルダに移すにはどうすれば良いの?」などと言っている。

今に至るまでタグとフォルダの本質的な理解ができていないのはともかくとして、問題はかなりの数の既読メールがタグを付けない状態で受信箱に溜まっているということだ。ここから整理するのはかなり面倒な作業になる。

僕は Gmail を使い始めた初日から、最初に届いた1通目のメールから、きっちりと複数の、違う角度で分類した何種類かのタグを割当て、メールを使いながら日々、タグを追加したり作り変えたり、あるいはあるタグの下位に移動したり、フィルタを整えたりしながら使い勝手を上げて行ったものだ。

そんなことを言うと必ず、「それはやまえーさんには整理の才があるからよ」とか「整理の得意な人はいいなあ」とか言われるのだが、それはちょっと違うと思うのだ。

確かに、学校に「整理」という教科があったら僕はそれなりに良い成績を挙げたかもしれないけど、そんなことと実生活は少し違うように思う。

いや、ひょっとしたら逆かもしれない。僕は「○○整理術」みたいな本は全く読む気にならないし、テレビで整理の名人みたいな人が誰かに何かを教授しているのを見るにつけても反感を覚えるほうが多い。むしろ、学校の教科になったら高成績を上げるのは妻のほうかもしれない。

要するに妻には僕とは違う感覚、違う価値観があるというだけのことのように思うのである。

Continue reading "整理と価値観"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 24, 2018

ミレナの鐘

【6月24日 記】 東京に出てみると、全国共通の言葉だと思っていたものが実は方言だったというようなことは結構ある。しかし、逆に方言だと思っていた言葉が実はそうではなかったというようなことはないだろうか?

方言でなければそれは何かと言うと、それはある地方でしか通じない言葉である方言ではなく、我が家でしか通じない妙な言葉である。

小さい頃、母方の祖母が隣に住んでいた。祖母は徳島出身である。だから、よく徳島弁(阿波弁)の語彙を持ち出した。

でも、僕が徳島弁だと思っていたものが実はそうではなく、ひょっとしたら世界中で祖母だけが使う独特の表現であったかもしれないと気がついたのである。言うならば「うちのおばあちゃん語」。

例を示そう:

  1. あくちが切れた
  2. あほらし屋の鐘が鳴る
  3. あんずあんずする
  4. うちゃもういやいや
  5. ええ年かきもそげて
  6. えくそいき
  7. 風邪はゴキの風邪
  8. ミレナの鐘の音

Continue reading "ミレナの鐘"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, June 18, 2018

music baton

【6月18日 記】 6/10 の記事に書いた music baton:「 #10CD10DAYS 人生で影響を受け何度も聴いた一枚」。結局誰にもバトンは渡さなかったが、自分の分は先週無事に書き終えた。

ただし、10枚だけ選ぶというのはどうしても無理で、10枚選んだ後で「次点」を9枚選ぶという反則技を使ってようやく書き終えた。

前にも書いたように、facebook と同じ記事をブログに上げても仕方がないので、ちょっと違う形でここにも上げておきたい。

facebook のときはジャケ写をアップするだけで説明は一切なしというのがルールだった。僕は毎日1枚の写真を上げて、11日目に「次点」9枚を1枚の写真に合成して(つまり、3✕3の碁盤)それを上げた。

ジャケットには帯がついているものもあればそうでないものもあり、そうでないものの中にはジャケットにタイトルが書いてなくて、知らない人には誰の何というアルバムなのか分からないものもある。

それで、ここには逆に、写真なしでアルバム・タイトルとアーティスト名のみ列記する。同様に説明文はなしとする。以下がそのリストである:

Continue reading "music baton"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 14, 2018

舞台挨拶あれこれ

【6月14日 記】 先日、映画『榎田貿易堂』の舞台挨拶を見て、自分はこれまでに一体何回ぐらい舞台挨拶を見たのだろうか、と思った。

僕の場合は仕事上の、とは言わないが、仕事絡みの(つまり、ウチの会社が製作に出資しているか、あるいは出資はしていないが試写会の開催を請け負った)完成披露試写会などに行く機会があるので、一般の人よりは多いと思う。

でも、多いと言っても生涯で100本には届いていないと思う。多分2桁の下のほうだろう。

記録好きで、人生のほぼ全期間にわたる鑑賞記録をつけている僕だが、残念ながらその回に舞台挨拶があったかどうかまでは記録していない。

ただ、このブログに載せたりしている映画評/鑑賞記録で舞台挨拶について触れている記事もあるし、何も見なくてもある程度記憶に残っている印象的な舞台挨拶もある。そういうのを少しかき集めてみた。

Continue reading "舞台挨拶あれこれ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 10, 2018

music baton

【6月10日 記】 変な話だけれど、facebook でバトンが回ってきて急に思い出した──ああ、バトンってあったなあ、と。

あれは何だったろう? twitter? それとももっと古い時代のメーリング・リストとかの時代?

何かテーマがあって、それに沿って何か書く(つぶやく?)。で、そのバトンを誰かに引き継ぐ。──そんな形だったろうか。

facebook の「友達」(女性)が書いているのを見つけた。テーマは「人生で影響を受け何度も聴いた一枚」。 #10CD10DAYS ( #10CDs10DAYS と複数形になっていないのがちょっと気持ち悪いが)というハッシュタグがついていて、10枚の CD を10日連続でアップするのがルール。ただし、カバー写真だけで説明は書かない。

この最後のルールが良い。音楽を語るとき我々はついつい御託を並べてしまうのだが、それを禁止することで余計なケレン味がなくなる。

Continue reading "music baton"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 31, 2018

銀座の広島

【5月31日 記】 ひろしまブランドショップ TAU ではっさく大福を買った。見た目が美味しそうだったのと、「これめっちゃ美味しいんだよ」と言ってる客がいたので。

買って帰って食べてみると、果たしてこれが旨い。「おいしいね」と夫婦で言っていると、知り合いの女性が facebook でまさにこのはっさく大福の写真をアップして「これ大好き!」などと書いているから驚いた。

聞いてみると彼女も銀座の TAU で買ったとのこと。僕ら夫婦はこの店にはよく出入りしていて、大概買うのは広島のレモン、あとは牡蠣の加工品とか。ちなみに店名の「タウ」は広島弁で「届く」の意味だとか。

この手の店でウチがよく行くところがもう一軒あって、池袋の宮城ふるさとプラザ COCO MIYAGI である。ここでの狙いは(たまにしか出ていないが)サンマの一夜干しである。

東京はさすが首都だけあって、この手の店がたくさんある。気になって調べてみたら、1都1道2府43県全てのアンテナショップがある。

中には鳥取と岡山、香川と愛媛みたいに2県で1店舗というところもある。23区内とは限らず、長野のように立川に店を構える県もある。が、とにかく全部あるのである。

1都1道2府43県ということは、つまり東京都のアンテナショップもあるのだから驚いてしまう。

Continue reading "銀座の広島"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 16, 2018

季節の変わり目の快眠度アプリ

【5月16日 記】  このブログにも何度か書いているが、僕は Sleep Cycle という iPhone アプリを使って毎日の快眠度を測りながら、毎朝眠りが浅くなったところで起こしてくれる目覚ましとしても重宝している。

このアプリのやっている分析が科学的にどれほどの精度があるのかは分からないが、僕はこのアプリがはじき出す数字に結構納得感がある。ああ、よく寝たな、と思ったときには大体快眠度が高く、なんか眠りが浅かったな、と思ったときは大抵快眠度が低いのである。

Continue reading "季節の変わり目の快眠度アプリ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 02, 2018

素敵な GW

【5月2日 記】  今年も5月1日、2日とも出勤した。昔から僕は、ゴールデン・ウィークの休日の狭間を埋めてべたっと休んだことがあまりない(全くないわけではないとは思うが)。

それは端的に言って、妻と仕事/休みの都合が合わなくて旅行のスケジュールも立たないので、じゃあ出勤するわ、といった感じの年がほとんどなのだが、逆側から見ると連休の狭間に出勤するのが嫌いではないということもある。

ゴールデン・ウィークは休む人が多いから、社内外ともに仕事の相手が少なくなる。だから、出勤していても仕事が少なくて、良いのである。

Continue reading "素敵な GW"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone | おすすめサイト | ことば | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サイト更新情報 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プレイログ | ペット | 今日のBGM | 仕事 | 住まい・インテリア | 学問・資格 | 心と体 | 心に移りゆくよしなし事 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学・歴史 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ考 | 映画・テレビ評(05) | 映画・テレビ評(06) | 映画・テレビ評(07) | 映画・テレビ評(08) | 映画・テレビ評(09) | 映画・テレビ評(10) | 映画・テレビ評(11) | 映画・テレビ評(12) | 映画・テレビ評(13) | 映画・テレビ評(14) | 映画・テレビ評(15) | 映画・テレビ評(16) | 映画・テレビ評(17) | 映画・テレビ評(18) | 書籍・雑誌 | 書評 | 書評(02) | 書評(03) | 書評(04) | 書評(05) | 書評(06) | 書評(07) | 書評(08) | 書評(09) | 書評(10) | 書評(11) | 書評(12) | 書評(13) | 書評(14) | 書評(15) | 書評(16) | 書評(17) | 書評(18) | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 育児 | 舞台 | 芸能・アイドル | 趣味 | 関西・関西人 | 音楽