Tuesday, March 24, 2020

クジ運

【3月24日 記】 前にもここに書いたことがあるけれど、僕は狭い意味でのクジ運は悪くない。狭い意味というのは文字通りクジを引いて当たる、懸賞などに応募して当たるという意味である。

最近で言うと、宝くじで1万円当たった。それから、twitter でやっていた某企業の新ロゴ案のアンケートに投票したら 500円分の Amazonポイントが当選した。これ、いずれも先週の話。

今までで言うと、宝くじでは5万円が2回、3000円ぐらいならちょこちょこ当たっている。読書週間の図書くじで1等=10万円分の図書券、wowow の懸賞で Tポイント1万点(=1万円分)というのもあった。

最初に当たった大きめのものは、中学時代にラジオ番組のプレゼントでもらったポール・マッカートニー&ウィングスの LP かな。

その他、小さな懸賞やプレゼントには割合よく当たる。トマトの苗とか、磁気付きブレスレットとか、PayPay で 1000円返ってきたとか…。

Continue reading "クジ運"

| | Comments (0)

Tuesday, March 17, 2020

バトラー対コレクター(Pokémon GO と嗜好)

【3月17日 記】 Pokémon GO をやっている人がどれくらいいるのか分からないので、できるだけ分かりやすく書くが、僕はまだレベル34である。僕と同じ頃に始めた人なら、とっくに最高位のレベル40に達している人が多いと思う。

ひとつには僕がそれほと熱心に、と言うか必死になってやってはこなかったということもある。でも、それだけではないということに最近気づいた。

これは前に Pokémon GO について触れたときに書いたことだが、ゲームのやり方と言うか、何をメインの目的としているかということ、引いてはやっている人の性格や嗜好にもよるのだと思う。

前にも取り上げた、僕の会社の同僚で僕のフレンドになっている人物は、バトルに勝つことを主目的としている。だから、バトルに勝てそうなポケモンを集めることに神経を集中している。そして、当然のことながらたくさんバトルをする。

このゲームにはいろんな種類のポイントみたいなものがあるのだが、バトルをすることによって、あるいはバトルに勝つことによって得られるポイントが溜まって次のレベルに上がりやすくなる。

Continue reading "バトラー対コレクター(Pokémon GO と嗜好)"

| | Comments (0)

Saturday, March 14, 2020

遅咲きの国の ALiS

【3月14日 記】 ALiS で稼いだ ALIS が漸く 1000ALIS を突破した。1000.018ALIS。最初の記事書いてから1年2ヶ月。記事数74。

少し前に書いた通り、そもそも僕の書いたものには「いいね!」の類(ALiS で言うなら「♡」だ)があまりつかない。おまけにここは ALiS の会員でないと「♡」は押せないし、そもそも ALiS の会員数は少ない。

投げ銭ができる構造にはなっているが、今日までもらった投げ銭の回数より自分が誰かに投げ銭した回数のほうが多分多いと思う。

ただ、僕はいつも 1.1ALIS (僕は他の人に倣っただけなのだが、これはどうやら「いい」を表す ALiS の文化らしい)しか投げ銭しないが、ここには時々大盤振る舞いしてくれる人もいて、おかげで漸く 1000ALIS を獲得できたわけである。

Continue reading "遅咲きの国の ALiS"

| | Comments (0)

Friday, March 13, 2020

眠りのグラフ

【3月13日 記】 僕が長年 Sleep Cycle というアプリを使っていることはこのブログにも何度も書いてきた。

で、世間には僕以外にもこのアプリを使っている人はたくさんいて、また、他社から出ているこのアプリと同等のアプリを使っている人もたくさんいて、ときどきそんな人たちが自分の睡眠の波形グラフをブログなどに公表して、昨夜は眠りが深かったとか浅かったとか書いているのを読むと、心の底からびっくりすることがある。

そもそも人は自分の睡眠グラフを比較したりしない、と言うか、昔はそういうデータを得ようがなかったので比較のしようもなく、最近になってそういうアプリが出てきたとは言え、友だち同士で比べるという習慣もないので、他人の波形がどんなのかなんてほとんど知らないのである。

ただただ知っているのは自分の毎日のグラフで、ああ、この深さだとよく眠れたということだ(確かに睡眠が深かった気がする)とか、ああ、この波形はいつもとより平坦だなあなどと思うのが関の山である。

Continue reading "眠りのグラフ"

| | Comments (0)

Monday, March 09, 2020

デーツ

【3月9日 記】 ドライ・フルーツのデーツが好きだ。デーツとはナツメヤシの実である。

食べたことのある人はそれほど多くないかもしれない。そして、これが好きだと言う人はもっと少ないかもしれない。

甘みが薄い、と言うか、中途半端な甘さなのである。これがたまらない。この中途半端な甘さに惹かれるのである。

Continue reading "デーツ"

| | Comments (0)

Sunday, March 08, 2020

「いいね!」とか「スキ」とか考

【3月8日 記】 僕もいろんなところに文章を書き散らしているが、facebook の「いいね!」とか twitter の「いいね」とか、あるいは note の「スキ」とか、なんであれそういうのは僕が書いたものにはあまりつかない。もちろんそのことには随分前から気がついている。

で、そういうのがいっぱいつくに越したことはないのだが、とは言え、芥川賞がほしくてほしくて、選考委員に嘆願の手紙を書いた太宰治ほどに渇望しているわけでもない。

ただ、なんでなんだろうな、とは思う。しかし、なんでなんだろうな、と思うだけで、そこから先、こうではないかと推理してみたり、じゃあこうしてみようと改善を図ったりということもない。

Continue reading "「いいね!」とか「スキ」とか考"

| | Comments (0)

Friday, February 28, 2020

ナイトミン

【2月28日 記】 僕は若い頃はまるで死んだように静かに眠ると言われていたのだが、年のせいか最近、妻によると、いびきがうるさい日があると言う。

それでこれを買ってみた: ナイトミン鼻呼吸テープ──如何にも小林製薬らしいネーミングである(笑)

で、使ってみると、これは単に寝ている間に口が開かないように貼るだけの代物である。それだけならセロテープで貼ったって良さそうなものである。

ところが、このテープのメリットは、1)粘着力が強く、寝ている間に剥がれたりする心配がほぼないこと、2)にも拘らず、かぶれたり痒くなったりすることが全くないこと、の2点であり、セロテープではとても敵わない威力がある。

Continue reading "ナイトミン"

| | Comments (0)

Tuesday, February 25, 2020

退会阻止の態度、思考停止のサービス

【2月25日 記】 無駄に年会費を払ってきた感のある JCB カードを退会しようと思ったら、これが却々やめさせてくれない。

電話をしたら長い間待たされるのは目に見えているので、Web上で退会しようとしたのだが、どのページのどこから退会できるのかが全然見つからない。

JCBカードにもナントカJCBとかカントカJCBとかいろいろあるから、その会社によって違うのかもしれないが、このJCBは本当にひどい。

漸く退会の案内のあるページを見つけてクリックしたら、今やめないほうが得だというアピールをしたページに飛ばされる。まあ、そういうページが1枚挟んであるだけなら許す。

ところが「次へ」をクリックすると、これまた今やめなければこんなメリットがあるというページ。「次へ」でまたも同様の宣伝ページ。そして「次へ」をクリックすると、「あなたのカードはネットでは退会できない。電話をしろ」とのメッセージ。そのくせ電話番号も書いていない。

よくもまあ、こんな浅ましい、いじましい、さもしい会社もあったものだ。

Continue reading "退会阻止の態度、思考停止のサービス"

| | Comments (1)

Sunday, February 23, 2020

布の寿命(続・布の威力)

【2月23日 記】 以前ここにも書いたが、昨年12月に布製のコーヒー・フィルタを買った。このときは1~2人用しかなかったのだが、その後新たに2~4人用も買い足した。一般的なドリップに使われているのはこのサイズである。ドリップでもコーヒーメーカーでも、最近はこればかり使っている。

で、あのときも書いたが、これを使うと味が激変する。

雑味が消えてまろやかになる。そして、これは豆の種類にもよるのだが、酸味がくっきり立ってくる。

手入れが面倒かとも思ったが、裏返して水をかければ、粉に挽いた豆はさーっと流れて、あとは絞って干すだけ。表も裏も使えると言うので、使うたびに裏返したりしているのだが、こちらのほうは味の違いはよく分からない(笑)

Continue reading "布の寿命(続・布の威力)"

| | Comments (0)

Sunday, February 16, 2020

ウィルスとストラックアウト

【2月16日 記】 僕は医者でも医療関係者でもないから、想像で言ってしまう部分が大きいのだけれど、それでもなんか納得が行かないのでここにちょっと書いて晒してみる。ひょっとしたら冷静で説得力のあるコメントがつくかもしれないから。

マスクの話である。

単なる風邪であれ、新型のウィルスであれ、マスクは予防に効果がないという説がある。しかも、それを一生懸命喧伝している人がいる。マスクの繊維は粗くて、それよりも小さなウィルスを通してしまうというのがその根拠らしい。

しかし、素人考えではあるんだけれど、「本当にそうか?」と僕は思うのである。僕がそう思う根拠をいくつか書いてみる。

Continue reading "ウィルスとストラックアウト"

| | Comments (1)

より以前の記事一覧