Wednesday, May 15, 2024

老桜に花無し

【5月15日 記】 4月の頭に友人たちと六義園に花見に行く予定だったのだが、僕が風邪を引いて中止になった。

そのやりなおしで、今日、六義園に行ってきた。

サクラは当然のことながら、すでにツツジも枯れていて、庭内にほとんど花はなかった。

入ってすぐのところにサクラの巨木がある。花はないが、美しい樹だと思った。

Continue reading "老桜に花無し"

| | Comments (0)

Saturday, April 20, 2024

ドーム球場めぐり

【4月20日 記】 僕が世代的にプロ野球ファンだということもあるが、日本の全ドーム球場を回ってみたいというのが僕の夢である。

しかし、調べてみると意外にたくさんあるようなので、せめてプロ野球チームの本拠地となっているドーム球場だけでも見てみたいと思っている。

今までに行ったことがあるのは東京ドーム、大阪ドーム、札幌ドームの3つだけである。

Continue reading "ドーム球場めぐり"

| | Comments (0)

Wednesday, November 15, 2023

こんなところに行ってきた。

【11月15日 記】 こんなところに行ってきた。

Continue reading "こんなところに行ってきた。"

| | Comments (0)

Sunday, April 02, 2023

目黒川花見

【4月2日 記】 東京で桜の名所と言えば千鳥ヶ淵とか隅田川とか上野恩賜公園とか、まあいろいろあるわけだが、主に東京の西のほうに住んでいる人がみんな挙げるのが目黒川である。

僕もかつては東京都23区の西部に住んでいたのだが、すぐ近くだった井の頭公園に桜を観に行ったことは何度かあるが、目黒川という川には全く縁がなかった。

それで昨日妻と2人で行ってきた。

Continue reading "目黒川花見"

| | Comments (0)

Tuesday, March 14, 2023

出雲大社訪問記

【3月14日 記】 一昨日から一泊で出雲大社に行ってきた。妻が一度行ってみたいと前から言っていたのと、僕も行ったことがあるとは言え、行ったのは寺社仏閣にも神話にも歴史にもろくに興味のなかった中学時代だったので、改めて訪れてみたいと思っていたから。

現地に着いてみると、出雲大社の境内はもちろんのこと、市内のあちこちにうさぎの彫像がある。何かと思ったら因幡の白うさぎであった。Photo_20230314155401

で、白うさぎがワニザメを騙して島に渡ろうとして、最後にそれがバレて皮を剥がされてしまうところまでは憶えていたが、その後通りがかった3人の悪い神様に騙されて余計に痛い目に遭ったとか、その後通りがかった大国主命(オオクニヌシノミコト)に助けられたとか、そんな結末だったとは知らなかった(のか、憶えていなかったのか)。

また、うさぎを助けた後、大国主命はヤマタノオロチ退治で有名な素戔嗚尊(スサノオノミコト)の娘を妻にもらったとか、その後に大国主命が統治を任されたのがこの出雲の国で、さらにその何年か後に出雲の国を天照大神(アマテラスオオミカミ)に返せと迫られて泣く泣く「国譲り」をした大国主命が、その交換条件として作らせたのが出雲大社だったとか、調べれば調べるほど「なるほど、そんなことになっていたのか!」みたいな話がゾロゾロ出てくる。

その辺の話は2日目に訪れた島根県立古代出雲歴史博物館で仕入れたのだが、そこの売店で売っていたのが『水木しげるの古代出雲』という文庫版の漫画本である。

この本を最初から最後まで読むと、旅行ガイドブックや境内にある掲示や博物館の展示などから仕入れたもろもろの話が網羅されていて、全部がきれいに繋がってきた。いやはやあっぱれな本である。

Continue reading "出雲大社訪問記"

| | Comments (0)

Sunday, March 12, 2023

日本一

【3月12日 記】 今日機内から撮ったやつ。

901419d6a61a49a899af4e594d600fc8

| | Comments (0)

Saturday, October 01, 2022

延暦寺と比喩

【10月1日 記】 木金土の3日間で大阪に行き、京都に行き、比叡山に登ってきた。

比叡山にはもちろん前にも行ったことがあり、延暦寺は天台宗の宗祖・最澄(伝教大師)が開いた寺であるという程度のことは受験用の知識として知ってはいるが、とは言え若いころは寺社仏閣なんぞに興味はなく、それ以上の知識は、聞いたことがあるのかないのか、いずれにしても記憶に定着はしていなかった。

しかし、今日参拝してみて、その後もこのお寺で修行をした僧として、源信(恵心僧都)、法然、栄西、親鸞、道元、日蓮ら錚々たる面々を輩出していると知って驚いた(調べたらもっとたくさん出てくる)。特に、これだけ多くの他の宗祖が含まれているということは大変なことだ。

それで、これも今日聞いたのだが、延暦寺は「宗教界の東大」と呼ばれているとか。

Continue reading "延暦寺と比喩"

| | Comments (0)

Friday, December 24, 2021

文化としての東急ハンズ

【12月24日 転載】 東急ハンズがホームセンター大手のカインズに買収されたというニュースを聞いて少なからずショックを受けた。なんかひとつの時代が終わってしまったような気分になった。

関西にいた頃にしょっちゅう行っていた三宮店が閉店すると聞いて悲しい気持ちになったのが去年の年末である。

そして、先月、ついでに東急ハンズで買い物してから帰ろうと思って、わざわざ池袋に映画を見に行った際に、池袋店が10月末で閉店になっていたのを初めて知り、店舗跡の前で呆然と立ち尽くしてしまった。

閉めるなら他の支店じゃないのか、例えばもっと小さな店舗、例えば大丸の上の東京店とか、あるいはもっと郊外の店とか、と思った。

江坂店ができたのは僕が東京転勤したすぐ後だったのですぐには見に行けなかったのだが、東京・渋谷で初めてのハンズ体験をした。へえ、こんな商売があるんだと感心した。関西に戻ってからは主に三宮に通った。

そして、二度目、三度目の東京生活では、さらにいろんな支店を覗いてみた。最近では銀座店によく行っている。

誰でも知っていることだが、他の店でも簡単に手に入る商材、例えば洗剤とかシャンプーとかだったら、ハンズで買うより他所で買うほうが断然安い。

それでも買ってしまうのは、もちろん何でも揃っているから他のものを買ったついでにということもあるが、意識の流れとしてはもっと根本的なものがあると思う。

それはあそこで買い物するのが楽しいからである。

値引きのない定価販売であっても買っていたのはそこに文化を感じ取っていたからだと僕は思うのである。ハンズに行くのはある種、いろんな文化とのめぐりあいだったんじゃないだろうか。

売る側の立場としては、それを文化と呼ぶのではなく、コンセプトと言うべきなのかもしれない。僕らはそれに乗せられて、と言うか、心地よくそれを受け入れて買い物をしていたのではないだろうか。

それは他にも例えば、僕にとっては、MUJI や UNIQLO でも同じだと思う。

UNIQLO は言ってみれば東急ハンズとは逆に安売り店ではあるが、創設当初の安かろう悪かろうのイメージをある時期に完全に払拭して、安くてもファッションという側面を押し出して行った。

変な表現だが、大金持ちでも恥ずかしく思わずに買えるし、実際大金持ちも買うブランドになったのである。それも文化ではないだろうか。

Continue reading "文化としての東急ハンズ"

| | Comments (0)

Sunday, November 28, 2021

成田山新勝寺

【11月28日 記】 成田山新勝寺に行ってきた。初詣ならぬラス詣と言うところか(笑)202111284

東京に出てきた時に行ってみたいところが3つあった。

ひとつは熱海。関西からはあまり行く人がいない、有名な観光地である。昔ほどの賑わいはないとも聞いていた。貫一がお宮を蹴飛ばしたという『金色夜叉』の舞台だ。どんなところか一回見てみたかった。

そんなこともあって、結婚してから一度旅行に行った。よくある温泉街だった。悪くない。そして、本当に「お宮の松」があったことに驚いた。

それからアメ横。年末のテレビ中継で必ず紹介されていた。僕はてっきりアメリカ横丁だと思っていた。米軍放出の物資を売っていた闇市だったところだと思いこんでいた。

しかし、実際にはアメヤ横丁だと聞いて、これは本当にびっくりした。上京してすぐに行ってみたりはしなかった(まずは渋谷とか六本木とか銀座とかだ)が、東京に住んでいたらすぐに行けるところなので、何年目かに行ってみた。市場だった。

昔はもっと生鮮食料品や乾物が多かったと聞いたが、今ではいろんな店がある。

Continue reading "成田山新勝寺"

| | Comments (0)

Monday, May 03, 2021

旅行に行けない黄金週間

【5月3日 記】 2年続けて緊急事態宣言下のゴールデン・ウィークである。では、去年は一体どうやって過ごしていたのだろう?Gw

僕の場合は所謂「10年日記」(僕が実際使っているのは「100年日記」だが)を書いているので、昨年の今日、一昨年の今日に何をしていたかはたちどころに分かる。

それで改めて読んでみると、去年と今年でほとんど差がない。笑えてくるぐらいに差がない。

基本、家にいる。近所に買い物には行く。散歩に行く。ひとりでも行くしふたりでも行く。ふたりで行く場合はかなり長い距離を歩いたりもする。
あとは録画しておいたビデオを見たり、いろんなサイトに上げる原稿を書いたり、ウクレレを弾いたり、ヨガをやったり…。

それほど大きなストレスはない。

ただ、これが30年前だったら大きなストレスがあっただろうなと思う。それは、年末年始と GW が、長めの休みを取って旅行に行ける唯一のタイミングだったからだ。

Continue reading "旅行に行けない黄金週間"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 映画・テレビ評(22) 映画・テレビ評(23) 映画・テレビ評(24) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 書評(22) 書評(23) 書評(24) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文