Sunday, May 24, 2020

無題

【5月24日 記】 時々世の中はいつのまに、どうしてこんなに変わってしまったのか?と思うことがあります。

僕らが大学生になったころ、政治について語れないことはある種の恥でした。最高学府で学ぶ知識人の端くれとして、僕らは政治からエンタテインメントまで、すべてについてなにがしかを語れることが求められました。

教養課程の授業に赤いヘルメットの上級生たちが乱入してきて、「クラス討論会」と称して政治論議をふっかけてきたときに、僕らは一人ひとりがそれにどう答えるかによって、ひとりの人間としての価値を試されている気がしました。

高校時代には政治のことなんて考えたこともなかった僕らは、必死で情報を収集して、必死で考え、必死で議論に参加し、必死で自分の考えをまとめたものです。

それが今ではタレントが「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグでツイートすると、「今までファンだったのに、急に政治のことなんかツイートして失望した」などというリプがつきます。「今まで政治的な発言なんかしたことがなかったのに、違和感がある」などと言われます。

今まで政治的発言をしたことがなかったタレントが初めて政治的発言をしたことは本来祝福すべきことである、と僕は思います。

中には、一旦ツイートしながら削除してしまったタレントもいました。それは炎上したからではなく、自分のタイムラインで賛成派のファンと反対派のファンが言い合いになっているのを見ているのが哀しいから、というまことに情緒的な反応でした。こういうのはとても残念です。

小泉今日子は、今まで選挙には行くけど政治的発言はしないという主義で生きてきたけれど、そんな自分が今の政治を作ってしまった、と毅然と抗議を続けました。井浦新もその先陣を切りました。

結果、法案の国会提出は延期されました。これは8年前の「アラブの春」をめぐって津田大介が名付けた「動員の革命」ではないでしょうか。

一方で、あのときの「動員の革命」に対する絶望感が考察の出発点となっていると受け取れるのが宇野常寛の『遅いインターネット』です。宇野は今回の事態をどう見ているのでしょう? 今回の国会提出延期は、宇野が唱える遅いインターネットでは多分実現しなかった姿だと思います。

Continue reading "無題"

| | Comments (0)

Saturday, October 27, 2018

teamLab☆Planets Tokyo

Oct272018teamlab

【10月27日 記】 DMM.com が豊洲で開催している teamLab☆Planets Tokyo に行ってきた。数日前まで天気予報は悪かったが、今日も妻と一緒なので絶対に晴れると確信していたら、やっぱりその通り、見事な晴天になった。

ネタバレ防止のために、僕はここには建物外観の写真しか上げないが、「何それ? それでは何のことだかさっぱり分からない」と言う人はこちらを見てほしい

光と闇、色彩、音、香り──それら全てを動員して僕らの五感に浸透してくる。美しいし、何よりも予想したより遥かにコンテンツが豊富で飽きなかった。

Continue reading "teamLab☆Planets Tokyo"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 02, 2018

ドライヤと時刻表

【3月2日 記】海外旅行ネタをもうひとつ。

ホテルに備え付けのヘアドライヤのスイッチーーこれが階段状と言うとちょっと違うのだが、大中小のコブが3つくっついて並んだ形状なのだ。

日本人の感覚だと、一番小さいコブが「切」、真ん中のコブが「弱」、大きなコブが「強」、誰でもそう思うのではないかな。

ところがそうではないのだ。なんと真ん中が「切」。それを挟んで小さいのが「弱」、大きいのが「強」。

それって、気持ち悪くない?

Continue reading "ドライヤと時刻表"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 28, 2017

東京の街で

【8月28日特記】 自分たちと同じようなアジア系の顔をしていて、見分けがつかなくても何の不思議もないはずなのに、ひと目見た途端に、「ああ、この人はずっと日本に住んでいる人ではなく、観光とか留学とかで最近日本に入ってきた人だな」と思うことがある。

彼ら彼女らが喋るのを耳にしたわけでもなく、挙動をずっと見ていたわけでもない。それでも大体は言い当ててしまう。彼ら彼女らが喋りだすのを以て、ほぼそれは証明される。

自分で当てておきながら、一体どこが違うのだろうと不思議に思う。どこかにその証拠を掴んで、というのではなく、なんとなく全体としてのイメージなのだ。

もちろん、「全体」と言いながら、その「全体」を構成する要素にはファッションとかメイクとかいったものがある。彼ら彼女らのファッションやメイクは、どことなく日本人たちのそれとは違うのである。

しかし、僕はファッションに自信があるわけでもなく、メイクに知見があるわけでもない。それにも拘らず一発で見分けてしまうのが我ながら不思議なのである。そして、それこそが恐らく文化というもの、あるいは文化の違いというものなのだろうと思う。

Continue reading "東京の街で"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, July 23, 2017

パロディ

【7月23日特記】 先日とある著作権系のセミナーで面白い話を聞いた。パロディについてである。

海外ではパロディについてのさまざまな規定があるところが多いが、日本の法律にはパロディに関する条文がないとのこと。だから、無断でパロディ作品を発表して訴えられたら大抵負けるのだそうだ。

一方、海外ではパロディは正しい批判精神の現れとして保護されているケースが多く、勝手にパロディを作っても訴えられて負けるとは限らない。

そもそもパロディは権威に対する揶揄であり、ある意味怒らせるためにやっているので、事前に許可を取ってやるようなものではない。

ところが、日本では許可を取ってからやる人も多く、勝手にやったとしても「怒られたらすぐに引っ込めます」という人が非常に多いのだそうだ。これはびっくりである。

Continue reading "パロディ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 16, 2017

STARS ON ICE

Starsonice

【1月15日追記】 生まれて初めてアイススケートのショーを観に行ってきた。STARS ON ICE (横浜アリーナ)。

上演中は撮影録音は禁止されていたので、こんな写真しか撮れなかったが、世界の元メダリストや日本のトップクラスのフィギュアの選手が出ていてとても素晴らしいものだった。

行く前に悩んだのが何を着て行くか? 屋内のイベントなのでそんなに寒いはずはないのだが、氷が溶けても困るだろうからそんなに暖かいとも思えない。何をつまらんことを、と言われるかもしれないが、何せ初めてなので勝手が分からない。

他にも写真を撮っていいんだろうか、とか、観ながら飲み食いしてもいいんだろうか、などと夫婦でいろいろ悩みながら、今回同行した義妹(彼女はアイスショーを観に行った経験がある)にも事前に相談したりした。

Continue reading "STARS ON ICE"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 29, 2016

ニューフェイスとブレイク

【12月29日特記】 キネマ旬報ベストテンもそうだし、日本インターネット映画大賞もそうなのだが、いろんな賞の中で「新人賞」とか「ブレイク・アーティスト賞」とかいうものに時々違和感を覚える。

かつてプロ野球の新人賞は、その年度に入団した選手しか受賞資格がなかった。それが、いつの間にか「入団何年以内」とか「出場試合数何試合以下」みたいな形に緩和されて、2年目、3年目の選手が受賞するようになった。

僕はそれがなんか未だに割り切れない。それは「新人」ではないではないか、と思うのである(これはもちろん運営の問題ではなく、賞の名前の問題である)。

それと同じで、いろんな映画賞の新人賞には新人でない人が結構選ばれる。僕が「この人は新人ではないな」と思って想定外だった人が選ばれる。

例えば一昨日投票した日本インターネット映画大賞でも、僕は『ヒメアノ~ル』の佐津川愛美に投票しようとしてふと考えてしまった。

Continue reading "ニューフェイスとブレイク"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 27, 2016

MIQS04

【3月27日追記】 うめきた未来会議 MIQS04 を観に行ってきた。今年で4回目だが、僕は毎年行っている(複数日開催の年はそのうちの1日だけだが)。

そして、一応毎年このブログに記録を残している。非常に断片的な記事も多いが、一応リンクを張って紹介しておこう:

で、毎年のように書いているのが、結局1回目が一番面白かったということ。1回目はテーマをテクノロジーに絞って、大きな組織から町工場まで含めての人選ながら、いずれの登壇者も新しい技術の担い手だった。

それが2回目以降、テーマも人選ももう少し広がってきた。ということは、そういう風にしないと一般受けしないということなのか?

そこのところはよく分からないが、僕にとっては直角に曲がるパイプの金型や、色も形も重さも触感も本物そっくりの臓器模型を作っている人のほうがよほど興味深かった。

今回はテーマが「世界を再起動する」という、2回目、3回目にもまして漠とした抽象的なものになり、登壇者のラインナップを見た時にも、そのまとまりのなさにちょっとがっくりしたのは事実だ。

今年の登壇者は下記の6組である:

  1. 光嶋裕介(建築家)
  2. COSMIC LAB(映像アーティスト)
  3. 須田健太郎(起業家)
  4. 白河桃子(ジャーナリスト)
  5. 湊かなえ(作家)
  6. 高城剛(クリエイター、著述業、DJ)

Continue reading "MIQS04"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 15, 2015

故・花紀京さんに

【8月15日特記】 昨日テレビで花紀京さんの追悼番組を見て twitter で呟いたりもしたのだが、花紀京さんが如何に偉大な存在だったかということを、僕らの世代以外の、あるいは関西人以外の人たちに伝えるのは非常に難しい。

まず、関西以外の人には信じられないかもしれないが、僕らが小学校の時『よしもと新喜劇』は土曜の午後の早い時間に放送されており、僕らはそれを見るために学校から走って帰ったのである。

ご存じの通り『よしもと新喜劇』には多くの役者/芸人が出演しており、松竹新喜劇の藤山寛美みたいに主演のひとりが笑いを取るのではなく、プロレスのバトルロイヤルさながらに、みんなが他の出演者を蹴落としてでも笑いを取ろうとする構造である。

そういうチームが常に何班か組織されており、それぞれの班に座長がいる。花紀京さんはそんな座長のひとりで、あらゆる座長の中で、いや、あらゆる出演者の中で、群を抜いて面白かった。

花紀京さんには得意のギャグや一発芸があったわけではない。それぞれのシチュエーションに臨機応変なボケで我々を笑い転げさせてくれた人だ。

そう、彼ひとりで面白いわけではないのだ。相手の反応を受けて、それをひねったり裏返したり外したりして笑いを生み出して行くのだ。

Continue reading "故・花紀京さんに"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 07, 2015

メディア・ジャーナリズム研究会

【8月7日特記】 今日、高名な元ドラマ演出家の話を聞いた。東京キー局に在籍して、PよりもむしろDとして、数多くの話題作を手がけた人だ。今は80代になっている。

少なからず感銘を受けたので、書き留めておきたい。いや、感銘を受けた部分を抜書きしておきたい。

Continue reading "メディア・ジャーナリズム研究会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧