Monday, February 12, 2024

血中酸素濃度 [酸素飽和度] と(相対)湿度

【2月12日 記】  「血中酸素濃度が 95% を切るとヤバい」という話はよく聞く。

実際コロナに罹った人の話を聞いたり読んだりすると 80%台に落ちたからと言ってすぐに死んだりするわけではないらしいが、しかし、正常値がそんなに高いのってなんか違和感があって、「一体何に対しての 100% なんだろう?」とずっと思ってきた。

そもそも僕は、コロナ前までは血中酸素濃度なんて言葉は聞いたことがなくて、でも、家庭でもパルスオキシメータを買っておいたほうが良いと言われて調べたら、あの測定器事態は見たことがあった(それで我が家でも買って時々測っている)。

で、話は元に戻るが、血中酸素濃度って一体何なのか?

まさか、「血液中に占める酸素の割合」ではないだろう。もしそうなら血液のほとんどは酸素でできていることになって、そうなると血液はもはや液体ではないだろう。

幸いにして今の世の中はネットで調べると大抵のことは分かるので、もっと早く調べれば良かったのだが、昨日初めて Wikipedia などで調べてみた(以下、引用は全て Wikipediaから)。

それで分かったのだが、そもそも「血中酸素濃度」という言い方が不正確なのであって、「(血中)酸素飽和度」と言うのが正しいらしい。即ち、酸素飽和度とは「ヘモグロビンと結合し得る最大の酸素量に対する、実際にヘモグロビンと結合していた酸素量の割合」である。

なるほど、それなら分かる。

つまり、血液中ではほとんどの酸素がヘモグロビンと(いや、「ほとんどのヘモグロビンが酸素と」と言うべきなのか? よう分からんがどっちにしても)結合していないといけない、ということだね?

しかし、そんなもんがどうしてあのパルスオキシメータで測れるのかが今度は疑問になる。

それも Wiki には記述があって、「動脈血の拍動成分と非拍動成分の吸光度の比を利用している」のだそうだ。細かいメカニズムは分からないが、だから指先を透過するぐらいの光を当てて計測するわけだ。

 ◇

Continue reading "血中酸素濃度 [酸素飽和度] と(相対)湿度"

| | Comments (0)

Sunday, December 03, 2023

同期亡くなる

【12月3日 記】 先月末、会社の同期のひとりが突然亡くなった。

家族葬ということだったので、同期一同で弔電と供花を手配することになった。

Continue reading "同期亡くなる"

| | Comments (0)

Sunday, November 26, 2023

血圧の話

【11月26日 記】  今朝血圧を計ったら元の正常な水準に戻っていた。

こういうのを経験すると、血圧って健康状態を知るための指標としては今イチ当てにならないなと思う。なぜならここ数日高めだったのが下がったのは、病気が治癒したからではなく、明らかに CTスキャンで異常なしだったので安堵したためだと思われるからである。

「体調悪いな。何か悪い病気なんだろうか?」と思って血圧を計ってみるわけだが、実はそんな風に不安に思っているから血圧が上がっているだけかも、ということである。そして、上がっている血圧の値を見て余計に不安になる。

僕には一時かなり血圧が高かった時期があって、その頃は人間ドックなどで高めの数値が出て再計測になったりすると、「もし次で下がらなかったらどうしよう」と不安になって、2回目、3回目と計り直すたびにどんどん記録を更新したりしていた。

「白衣性高血圧」という言葉がある。白衣の医者を見ると緊張して血圧が上がるというやつだ。僕にも身の覚えがある。しかし、もう何年も通っている主治医のクリニックで計ると、慣れちゃったせいか常に正常値で、先生は「私も白衣着た医者なんですけどね」と不満そうに笑っている。そういう精神状態をとても忠実に反映するのが血圧ではないだろうか。

Continue reading "血圧の話"

| | Comments (0)

Friday, November 24, 2023

#7119

【11月24日 記】  休日の夜間に診療してもらおうとするとえらいことになるという話。

11/21(火)の夜、マンションのゴミ置き場にゴミを出しに行ったとき、ゴミ置き場のドアを開けた途端に突然のめまい。転びはしなかったがよろけた。幸い数秒で収まって部屋に戻ったが、少し頭がぼんやりした感じ。眠かったので早めに就寝。

ところが、翌日目が覚めてからも断続的に強烈な睡魔に襲われる。これが丸2日続いた。そして、なんか両手に力が入らない感じ。

その辺りで気になり始めてネットで検索してみたら、めまいと眠気というのは TIA と呼ばれる脳梗塞の前兆に特徴的な症状であるとの記事に突き当たった。そしてその症状は通常48時間以内に治まるのだが、そのまま放っておくと、その後何日かの間にかなりの確率で脳梗塞を起こすとのこと。

そして、11/23(木・祝)の夜後頭部にうっすらと、頭痛というほどのものではないのだが、ちょっと痺れるような感じがしてきて、さすがに不安になってきた。しかも、夜になると、最初のめまいから 48時間が過ぎて、嘘みたいに眠気がなくなっているではないか!

とは言え、そんな時間に診てくれる専門医はおいそれと見つからない。それで、ネットで医師に相談できるサイトに電話をした。

看護師が出てきていろいろと症状を告げる。「手足に痺れはありますか?」と訊かれて、上述の通り力が入らない感じがあったので「あります」と答えたら、「では、医師と相談します」と言ってしばらく待たされた後、「今すぐ救急車を呼んでください。当方では対応できません」との答え。

しかし、倒れてもいないのに救急車は来てくれるのだろうか? そこで救急相談センター #7119 にダイヤルした。ここは救急車を呼ぶかどうか迷ったときに相談に乗ってくれるところである。

Continue reading "#7119"

| | Comments (0)

Saturday, September 16, 2023

ヤクルトY1000 と藤井七冠

【9月16日 記】  飲んでいると調子が良いような気がするので、ここのところ毎日欠かさずヤクルトY1000 を飲んでいる。

なにしろ 1ml あたり 乳酸菌シロタ菌が 10億個含まれているらしい。ということは、110ml のヤクルトY1000 の場合は 1100億個、100ml のヤクルト1000 には1000億個入っているということだ。

ところが、この飲料、どこの店でも品薄で、あるスーパーには「1家族2本まで」という制限がついていたりする。

Continue reading "ヤクルトY1000 と藤井七冠"

| | Comments (3)

Thursday, August 17, 2023

さらに足の話

【8月17日 記】 以前、今使っているヨガのアプリの日本語アナウンス(英語を翻訳したもの)が微妙に気持ちが悪いと書いた(「足と尻の話」)。

今回はそれの続き、と言うか、前に書き落としていたこと:

まずは「足を腰幅に開いて」などと言っているのだが、ここに何か違和感を覚えた。なんでだろうとよくよく考えてみると、我々日本人は通常は「足を肩幅に開いて」と言うのである。こちらの表現のほうがずっとフツーではないだろうか?

それから「~を緩める」という表現。これはどんな英語表現の翻訳なんだろう? 「膝を緩めて」は分かる。「背骨を緩めて」も、まあ逐語的には無理のある表現だが、要するに力を抜けということなんだろう。雰囲気的には分かる。

しかし、「おでこを緩めて」というのは何だろう? おでこには力の入れようがないので、力の抜きようもない。このあたりはなんだか非常に感覚的な表現で、原語ではどういう表現だったのか気になって仕方がない。

Continue reading "さらに足の話"

| | Comments (0)

Friday, July 14, 2023

歯の磨き方についての一家言

【7月14日 記】 先日、歯の定期検診に行ってきて、歯科衛生士さんに「とてもきれいに磨けています」と褒められました。そう、僕はこの何十年間か、歯医者に行くと必ず上手に磨けていると褒められるのです。

それは若い頃に通った歯科で正しい磨き方をみっちりと教わったからです。

その歯医者さんが教えてくれた基本はこうです:

歯の汚れは物理的にこすることでしか落とせない。どんなに高性能のハミガキや高機能の歯ブラシを使っていても、歯ブラシが当たっていないところの汚れは落ちない。

なるほどな、と大いに納得しました。

そのために大事なことは歯ブラシを大きく動かしすぎないこと。歯ブラシは強く握りしめるのではなく、鉛筆を持つように軽く持って、ほんのちょっとだけはみ出した書き損じを消しゴムで消すようにこまめに磨くことが肝要です。

何故なら激しく動かすとうまく隙間に入らないからです。もちろん歯の表面はそれなりにこすれるでしょうが、歯の表面全体に歯石がつく人はいません。食べカスや歯石は歯と歯の隙間や歯と歯茎の間に溜まるのであって、そこに歯ブラシが当たるようにチョコマカと磨く必要があるのです。

Continue reading "歯の磨き方についての一家言"

| | Comments (0)

Sunday, June 18, 2023

お薬の間隔についての素朴な疑問

【6月18日 記】 小学生のころからずっと疑問に思っていることがある。── 医者からもらう薬は大体毎食後1回ずつだが、あれは等間隔でなくて大丈夫なのだろうか?という疑問、と言うか、それが心配でならないのである。

仮に朝食が 7:30、昼食が 12:00、夕食が 19:00 だとしたら、朝と昼の間隔が 4時間半、昼と夜の間隔が 7時間、夜と翌朝の間隔が 12時間半である。こんなにアンバランスで良いのだろうか?

もし、朝飲んだ薬が昼までしか効かないのであれば、同じ薬を昼食後に飲むわけだから、それは夕食の 2~3時間前に切れているということだ。

それとも逆に昼飲んだ薬が夕食まで効くとしたら、朝も同じ薬を飲んでいるわけだからお昼から 2~3時間は倍の量の薬が効いていることになる。

よく「薬は用法と用量を守って」などという注意書きがあるが、その通りにやっていたらこんな歪なことになってしまう。それで体は大丈夫なんだろうか?

「いやいや、ウチは朝の 6時にはもうご飯を食べ始めてるよ」とか、「会社の近所の飯屋はすぐに満員になるので、昼食はいつも 12:30 を過ぎてからですよ」とか、「毎日残業だから 20時より前に晩飯なんか食ったことないぜ」とか、人それぞれに食事の時間は違うだろうが、それに合せて時間を前後にずらして計算しても、やっぱり朝と昼の間隔が短く、昼と夜の間隔が長くなってしまう人がほとんどではないだろうか?

Continue reading "お薬の間隔についての素朴な疑問"

| | Comments (0)

Wednesday, May 10, 2023

今週休み

【5月10日 記】 7日から入院しているので、ちょっと書くのが滞っている。

書く体力がないわけでも書くことがないわけでもないが、PC の電源コードを間違えて他のやつを持ってきてしまったので、端子が合わず使えないのが痛い。

iPhone でまとまった分量の文章を書くのはあまり得意ではない。

ま、退院したらボツボツ再開して行く。

| | Comments (0)

Thursday, April 06, 2023

胃痛と腹痛

【4月6日 記】 英語の勉強をしていて気がついた。英語ではなんでもかんでも stomachace と言うのだ。

日本語では「胃が痛い」と「お腹が痛い」は全くの別物だ。胃が痛いのは(ストレス性のものも含めて)胃炎だったり、胃酸過多だったり、胃潰瘍だったりする。それに対してお腹が痛いと言った場合は大抵はお腹を壊しているということである。

めちゃくちゃ大雑把に言うと、お腹が痛い場合はトイレに行ったら治まる可能性があるが、胃が痛い場合はその可能性がないということだ。

ところが、英語ではどうやらどちらも I have a stomachache とか My stomach hurts などと表現してしまうようなのだ。日本人からしたら非常に奇異なことで、しかし、何人かのネイティブに確認してみたら、やはり「お腹が痛い」ということを限定的に表す習慣はないらしい。

そう、必ずしも単語が存在しないわけではなく、限定的に腸の部分が痛いと表現する習慣がないみたいなのだ。

Continue reading "胃痛と腹痛"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 映画・テレビ評(22) 映画・テレビ評(23) 映画・テレビ評(24) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 書評(22) 書評(23) 書評(24) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文