Friday, January 24, 2020

風邪と結婚の1週間

【1月24日 記】 今週1週間、風邪を引いて、熱はなかったから会社には行ったものの、喉が強烈に痛かったり咳が止まらなかったり、夜中に咳き込んで眠れなかったりして結構辛かった。

こんなときに思うのは、ああ、ひとりで住んでなくて良かった、ということである。独身時代は風邪を引いても具合が悪くても、何でもひとりでするしかなかったのが、結婚して一緒に済んでいる人がいるというだけで随分違う。

それは独り暮らしだと熱があっても自分で買い物に行くしかなかったのがそうでなくなったとか、ご飯を作ってくれる人がいるとか、そういう大きな変化について言いたいのではない。

それ以前に、もっと小さなことで、たとえばティッシュを使い切ったら新しい箱を持ってきてくれる人がいるとか、水が飲みたくなったら汲んできてくれる人がいるとか、そういうありがたさである。それだけでどれだけ消耗せずに済むか。気も楽になるし、治りも早くなる。

結婚ってそういうことなんだな、と風邪を引くたびに思う。

Continue reading "風邪と結婚の1週間"

| | Comments (0)

Saturday, January 18, 2020

風邪

【1月18日 記】 風邪を引いて、薬局で市販の風邪薬を求めたら、それがやたらと効いた、という経験はないだろうか?

そういうことがあると、次もその薬を買ってしまいがちなものである。「この薬は僕の体質に合っている」と考えて。

風邪には風邪の、風邪ごとの特徴がある。今回の風邪は喉から来る、とか、今回の風邪は鼻風邪だ、とか、熱はあまり出ないが下痢気味になる、とか。

一方風邪を引く側の人間にも、風邪の引き方に関して一人ひとりに特徴があったりする。例えば僕の場合は、最初はたいてい喉が痛い。そして薬を飲み始めると喉から鼻に症状部位が変わる。洟が少し治まると、今度は咳だ。そして、その咳が却々取れない。

そういうパタンがあるものだから、自分に効く薬にもパタンがあるように思ってしまう。

Continue reading "風邪"

| | Comments (0)

Tuesday, December 03, 2019

レスパイア

【12月3日 記】新しくできたレスパイアという名前のホテルに泊まっているのだが、どうもこの名前はしっくり来ない。

日本人が考えた rest + inspire = respire という造語らしいのだが、これではホテル側として、ゆっくり休んでほしいのか、刺激を受けて元気になってほしいのか、そこんとこがさっぱり分からない。

まあ、対照的な2つを共に提供したいということなんだろうが、いくらなんでも分裂しすぎてはいまいか?

それに、元の英単語を考えると、rest するのは私だが、inspire は私がされる側、つまり、rest + to be inspired でないとおかしいわけで、この2つの単語を能動態で並列に繋いだところが非常に気持ち悪いのである。

でも、このホテルに来た英語圏の人は、このホテル名がまさかそんなことを込めた造語であるとは思わないだろうからまあ良いか、と思って念のために調べてみると、あらら、これは辞書に載っている既存の英単語ではないか。

respire: 呼吸する = breathe

あらまあ...。今夜は呼吸しながら寝るとするか。

| | Comments (0)

Sunday, October 20, 2019

本来今日書くはずだったこと

【10月20日 記】 昨日、「そうそう、このことをブログに書こう」と思いついたことが何だったのか、今日一日かかって思い出せない。

そんなことはよくある。若い頃からよくあったから、別に年のせいだと落ち込んだりもしていない。しかし、思い出せないのは気持ちが悪い。

だから普段から僕は iPhone のリマインダーと Evernote をフル稼働して、何か思いついたらメモ、決まったらメモと、こまめに記録を欠かさないようにしているのだが、たまにこんな風に漏れることがある。

Continue reading "本来今日書くはずだったこと"

| | Comments (0)

Thursday, October 17, 2019

ヘルシンキの夜は更けて

【10月17日 記】 このブログには何度も書いているが、僕は Sleep Cycle というアプリを使っている。

機能は、1)睡眠が浅くなったところで起こしてくれるアラーム、2)睡眠の記録、である。

で、2)ではいろんな指標が記録されるのだが、その中で「快眠度」というのがある。

これは、ま、考えれば想像がつくと思うのだが、普段から慣れている自宅等での睡眠の質が必然的に高く、快眠度も高くなる。

僕の場合は、今住んでいる東京の某区の快眠度が高く、前に住んでいた杉並区の数値も高い。

実は過去にこのアプリのデータが全部消えてしまったことがある。それで、東京に引越す準備期間の、睡眠時間も短く、あまり寝付きが良くなかった時期のデータの比重が大きくなってしまって低くなってしまったが、もし全データが残っていれば長らく住んでいた西宮市の平均快眠度もかなり高かったはずだ。

それに対して、仕事でよく出張し宿泊している大阪市や、逆に本社勤務時代によく出張で来ていた東京都港区でのデータは、それらに比べてやや低い値になっている。定宿といえども、やっぱり仕事で来るとあまり眠れないのだな、と思う。

では、楽しい旅行ならよく眠れるかと言えば現実にはそうではなく、遊びに行くとついつい睡眠時間が短くなるということもあるのだろう、あまり高い快眠度は記録された試しがない。僕の場合、快眠度最悪の地は函館市、次に神戸市北区(これは男4人で1部屋に雑魚寝した有馬温泉だ)、その次が足柄下郡湯河原町、その次が足柄下郡箱根町、と旅行先がワースト上位を占めている。

ところが、先日フィンランドに旅行したら、なんと2泊したヘルシンキがぶっちぎりで1位に踊りだしてしまった。

Continue reading "ヘルシンキの夜は更けて"

| | Comments (0)

Wednesday, September 25, 2019

冬の練習

【9月25日 記】 暑いときに寒い国に旅するのと、寒いときに暑い国に赴くのとだったらどっちが楽だろう?などと考えてみる。というのは週末から寒い国に旅行に行くからである。

仕事で毎冬ハワイに行っていたときには、家を出る時に着ていたコートを空港のカウンターに預けていた。日本は真冬とは言え、家から空港までほとんど暖房の効いた乗り物の中なので、それくらいの備えで充分である。

その逆はどうかと言うと、僕は暑さには強いが寒いのは苦手ということもあって、そもそもあまり寒い国に行ったことがない。

Continue reading "冬の練習"

| | Comments (1)

Tuesday, April 30, 2019

夢の中

【4月30日 記】 夢の中でこれは夢だと分かっている、というような話をよく聞くが、僕は昨日までそんな経験が全くなく、果たしてそんなことってあるんだろうかと俄に信じられなかった。

何かをしている(あるいは、場合によっては、何かに追い詰められている)自分がいて、それを客観視している自分がいるという体験はしょっちゅうしている。でも、それは起きているときだ。眠っているときにどうして自分が夢の中にいると分かるんだろう、とずっと不思議に思ってきた。

ところが今朝見た夢でその謎が解けた。生まれて初めて僕も夢の中でこれが夢だと分かったのである。それは僕が想像していたものとは違っていた。

長い長い夢のごく一部であるその部分の内容はこうである:

Continue reading "夢の中"

| | Comments (1)

Sunday, January 27, 2019

ルール

【1月27日 記】 ルールがなくても巧く治まっているのが一番良い状態であり環境である、と僕は思っている。

参加メンバー各自の意見や感覚に隔たりがあって、放っておいたら巧く治まらないから、ルールを作って、「みんなで決めたことだから守りましょうね」という合意を取って治めているのである。

それは自治体のような大きな集団であろうと家族のような小さなグループであろうと、基本的には同じであるように思う。

Continue reading "ルール"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 24, 2019

Feet

【1月24日 記】 油断していたら足の爪が伸びて靴下が破れていた。

足の爪はどうして手の爪より伸びるのが遅いのだろう? 同じ速度で伸びてくれたら、手の指の爪を切る時に合わせて足の爪も切るのだが、足の爪の伸びるのが遅いのでついつい油断してしまう。

それに、真夏以外は大体足に靴下を履いているので、それを脱がないと爪が切れないというハンディキャップがある。寒くて脱ぐのが嫌な冬場はどうしても足の爪を切るタイミングを逸しがちだ。

ところで、僕の足はエジプト型なので、親指が一番突出しており、そこが破れる。妻はギリシャ型なのだが、彼女の靴下はやっぱり人差し指のところが破れるのかどうかは知らない。いずれにしても足で人は指さないのだが。

閑話休題。

Continue reading "趾"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 10, 2019

起きられない子

【1月10日 記】 日本生命の CM を見ていて思い出した。今ネットでも評判になっている、清原果耶が女子高生を演じているあのCMである。彼女を優しく見守っているお父さんが実はもう亡くなっていたことがラストで判るあの CM である。

あの CM の一番長尺のバージョンの初めのほうで、清原果耶が学校に遅刻しそうになって、「どうして起こしてくれなかったのよ」と母親に当たるシーンがある。母親は「何度も起こしたわよ」などと言う。

同じような光景が我が家でも週に何度かあった。

僕ではない。僕は小さい頃から今に至るまで寝起きが非常に良くて、大体は目覚ましがリッと鳴った瞬間に起きている。今は目覚まし時計というものは使っていないが、昔は新しいのを買いに行くと必ず「できるだけ音の小さなやつ」(秒針が無音で、アラームがうるさくない、または音量を自在に調整できるやつ)を探して選んでいたほどだ。

僕が目にしていたのは姉と母のやりとりである。起きられなかったのは姉で、ほぼ上記の CM と同じだった。姉は「なんで起こしてくれなかった」と怒り、母はあの CM の母ほど穏やかではなく、何度起こしても起きなかった娘に対して時に逆ギレしていた。

そんな姿を日常的に見ていて、僕はふと思ったのである。

どうして姉は起きられないのに母は起きられるのだろう?
どうして子どもは起きられないのに大人は起きられるのだろう?

と。

Continue reading "起きられない子"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧