Tuesday, January 31, 2023

さん付け記事の定着

【1月31日 記】 雑誌やウェブサイトが映画や番組の紹介記事を書くときに出演者をさん付けにするのが一般的になって来ました。僕はこれが気持ち悪くて仕方がないのです。

あちこちに何度かそんなことを書いていたら、昨日 twitter にこんなリプをしてくれた人がいます:

昔呼び捨てが基本だったのは、出演者側が視聴者に対してへりくだるという意味合いがあってのことでした。

ゆえにこの現象、謙譲の意味がわからない(どの立ち位置であろうが敬称を付ける=立ち位置の関係性すらわからない)人が増えた、そういう世の中になってきているのかなと感じます。

まさにそういうことだと思います。

先日も note に「翻訳というものは時々間違っていることがある」と書いたら、「翻訳家が間違っていると非難するのではなく、相手の立場になって考えたほうがいい」というリプがつきました。これも根っこは同じような気がします。

Continue reading "さん付け記事の定着"

| | Comments (1)

Saturday, January 07, 2023

テレビのリモコン考

【1月7日 記】 テレビのリモコンというものが世に出てきたときに、僕の伯母は「そんな便利なもんがあるんやったら、私もそれ買うわ」と言い出して、「いやいや、リモコンだけ買っても動かんよ。テレビも一緒に買い換えんと」と大笑いした記憶がある。

──なんてことを書くと、「え、テレビには昔リモコンが付いてなかったの!?」と驚く世代もいるだろう。そう、リモコンはなかったのである。

では、どうやってチャンネルを変えていたかと言うと、金庫のダイヤルみたいなやつをくるくる回していたのである。それがやがて画面の横に押しボタンが付くようになり、それがやがて押しボタンの付いたリモコンになった。

そして、かつてはテレビしか見られなかったテレビが、テレビ以外も見られる多機能の機械に進化したので、今のリモコンにはチャンネルボタンの他にプリセットボタンが付いている。

これはメーカーと機種によってさまざまで、たとえばウチのテレビには hulu、U-NEXT、ABEMA、YouTube、NETFLIX、Amazon Prime Video、TSUTAYA と、メーカーが用意したなんだかよく分からないボタンがついている。

これを変えたいのである。

Continue reading "テレビのリモコン考"

| | Comments (0)

Thursday, January 05, 2023

人生初歌舞伎-追記

【1月5日 追記】 昨日生まれて初めて歌舞伎を見に歌舞伎座に行って、気づいたことをいくつか。

ひとつめは、初めて観る人に対して親切だな、ということ。

ホームページの記事でも歌舞伎座内のアナウンスや掲示でもいろいろなことを教えてくれています。

普段の服装で見に来て構わないとか、座席で食事をしても良いが黙って食べろとか(笑)

確かに僕も最初は、せめてブレザーぐらいは着て行かなければならないかな、と考えたくらいです(結局はセーター着て行きましたが)。冷静に考えたら、晴れ着や正装でないと見せてくれないなんてはずはないのですが、歌舞伎というと何となくそんなイメージがありました。

それから席で食事して良いのかどうか、持ち込みはアリなのかどうか、今回の公演がちょうどお昼時にかかる時間帯だったので、これはかなり心配しました。でも、ちゃんと事前に教えてくれました。

みんなフツーに食べてますね。ま、どうやら幕間に食べるのが礼儀で、公演の最中に弁当食ってる人はいませんでしたが(そこまでは教えてくれませんでしたw)。

Continue reading "人生初歌舞伎-追記"

| | Comments (0)

Wednesday, December 28, 2022

マイナンバーカードとお薬手帳

【12月28日 記】 前にIT系ベンチャー企業の社長さん2人(いずれも名の売れた方だ)のセミナーを聴講していたら、2人が口を揃えて「マイナンバーカードの失敗は実カードを発行してしまったことだ」というのを聞いて、なるほどと大いに納得した。

もうちょっと正確に再現すると、確か「実カードを発行したのがダサかった」という表現だったと思う。以下は彼らの発言を僕なりに解釈した説明だが、

マイナンバーカードの最大のポイントは個人情報のハブとなることであって、国民がカードを手にすることではない。カードという実体を発行してしまったがために「落としたり盗まれたりしたらえらいことになる」という心配が蔓延し、普及を阻害したという事実がある。

ハナからデータの紐づけだけにしておけば良かった

というのである。

もちろん日本にはまだスマホも持っていなければインターネットにもほとんど繋がっていない人もいるわけで、実カードを発行しなければそんな人たちが登録してくれるはずがない。だから仕方がなかった、という面もあるだろう。

しかし、少なくともそれを前提とする必要はなかったのではないだろうか。

データを集約したり連携したりすることに抵抗がなくても、新しいカードを持たされることを嫌がった人はたくさんいたはずだ。まずはネットを使い倒しているそういう人たちを取り込んで、その延長上で「実券もありますよ」という風にネットに疎い人たちを巻き込むべきだったのではないか?という考え方である。

なるほどと思う。当然賛否は分かれるだろうが、僕は強く同意する。

Continue reading "マイナンバーカードとお薬手帳"

| | Comments (2)

Wednesday, December 14, 2022

THE ISS METAVERSE

【12月14日 記】 THE ISS METAVERSE に行ってきた。東京・三越前の日本橋三井タワーのアトリウムにて。20221214_iss_metaverse2_20221214224901

InterBEE でのバスキュールの朴さんのセッションでも観ていて、無料だということもあって夫婦2人で予約したのだが、その後マツコ・デラックスの番組でもやっていた。

メタバースである。場所は宇宙。地球上空 400km を 秒速 8km で周回している国際宇宙ステーション(ISS)の先端部分にある日本の研究ブース「きぼう」の周辺。

20221214_iss_metaverse3_20221214224901 そこからの眺めの完全シミュレーションである。

Continue reading "THE ISS METAVERSE"

| | Comments (0)

Saturday, December 03, 2022

Netflix & Amazon Prime 鑑賞記録

【12月3日 記】 前に一度、自分用の備忘録として Netflix の鑑賞記録をここにアップしたが、そこに Amazon Prime Video も書き加えて更新した(★はオリジナル作品)。

先ほどちょうど『ペリフェラル』The Peripheral のシーズン1(全8話)を見終わったところ。

めちゃくちゃ面白かったけど、あまりに複雑で難しくて、観ていて頭がクラクラした。見終わってから改めて「海外ドラマブログ」のネタバレページを丹念に読んでやっと分かった、と言うか、未だに理解できないとこもあると言うか(笑)

一応見終わったもの(次のシーズンが予想されるものも含む)だけを記録することにしたので、ここには書いていないが、Netflix では今『ザ・クラウン』The Crown『ウェンズデー』Wednesday を並行して観ている。

Continue reading "Netflix & Amazon Prime 鑑賞記録"

| | Comments (0)

Monday, November 28, 2022

【note】 新海誠、稲田豊史、平山瑞穂の作品から“共感”を考える

【11月28日 埋】 note に上げた記事をシェアしておきます:

Continue reading "【note】 新海誠、稲田豊史、平山瑞穂の作品から“共感”を考える"

| | Comments (0)

Saturday, November 19, 2022

【note】 コミュニケーションが面白くなってきた

【11月19日 埋】 ここんとこ全く貼っていませんでしたが、久しぶりに note に書いた記事をエンベッドしておきます。

| | Comments (0)

Friday, November 18, 2022

面白いものを観る

【11月18日 記】 会社をやめてから本格的に Netflix を観るようになった。最近では Amazon Prime Video も結構観ている。

そんなことを書くと、テレビよりも配信のほうが面白いという議論に持って行こうとする人がいるけれど、そんなことが言いたいわけではない。

だからと言って、いやいや、テレビもまだ捨てたもんじゃない、などと続ける気もない。

何で観るかということについては別に何の思いも持っていないということだ。

Continue reading "面白いものを観る"

| | Comments (0)

Saturday, November 05, 2022

Kindle のマーカー(ハイライト)に思う

【11月5日 記】 Kindle で読書していると、本文中の気になるところにマーカーを引くことができる(Kindle での正式名称は「ハイライト」)。

僕もその機能を使っている。これは主に後に書評を書く時に引用するかもしれないところを記録しておくためである。紙ではなく電子デバイスを利用する最大の利点は検索可能性である。マーカーを引いておけば、後から探し出すのはなおのこと楽になる。

そして、Kindle では他の人がラインを引いたところも分かる。もちろん全部ではないだろう。多くの人(というのがどれくらいのところを基準にしているのか分からないのだが)がマークした箇所に(自分がマークした塗りつぶしではなく)点線の傍線が引かれ、そこに「○人がハイライトしました」みたいな註釈がついている。

これを見るといつもびっくりするのである。

僕がマーカーを引く箇所とはほとんど一致することがない。はぁ~、君らはこういうところに何かを感じたのか!と心底驚く。

Continue reading "Kindle のマーカー(ハイライト)に思う"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 映画・テレビ評(22) 映画・テレビ評(23) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 書評(22) 書評(23) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文