Monday, September 02, 2019

セルフレジ

【9月2日 記】 まことに遅まきながら、昨日 UNIQLO でセルフレジというやつを人生初体験した。

別に難しくておろおろするだろうなどとは思っていなかったし、事実簡単に支払いは終わった。

しかし、最初にセルフレジなるものの存在を聞いた時には「そんなもの大丈夫かな?」と思ったのも事実である。例えば3つ買った商品のうち2つしか台に置かなかったらどうなるんだろう?とか。

でも、考えてみるとそういうことは有人のレジでも起こるわけである(3商品のうち2つかレジで出さなかったら?)

そういう意味で、よくよく考えてみると、これはかつては銀行の有人窓口でお金を入れたり出したりしていたものが、無人の ATM でできるようになったようなものなのだ。今では消費者金融でお金を借りるのさえ無人の窓口でできる。

Continue reading "セルフレジ"

| | Comments (0)

Thursday, August 15, 2019

Webcat Plus

【8月14日 記】 ひとつ前の記事に書いたように(と言うか、ひとつ前の記事がそのものなのだが)シミルボンのコラム募集「カラダの欲望、ワタシの本音」に応募して文章を書いた。

そこにも書いたように、この文章はもともと僕がやっていたホームページ Wise Word Web の読書コラムの1章として書いたもので、それに何箇所か手を入れたものである。

で、今回何が困ったかと言うと、そもそもこの文章を最初に物したときからそうだったのだが、昔読んだ外国小説の書名や作家名がどうしても思い出せないのである。

いや、タイトルは多分『彼女』だ。100%の自信はないが、多分そうだったと思う。

それならネットで検索すればすぐに出てくると思うかもしれないが、「彼女」で検索するとタイトルに「彼女」を含む本が何万冊と出てくるのである。

部分一致ではなく完全一致で検索すれば良いではないかと言われるかもしれないが、その機能のある検索ボックスが意外にないのである。amazon もダメ、紀伊國屋書店もダメ。他にもいろいろ試してみたが、どこもかしこも表題に「彼女」を含むものを全ておっ広げてくれる。

Continue reading "Webcat Plus"

| | Comments (0)

Thursday, August 08, 2019

電波時計の謎3の続編

【8月8日 記】 昨日書いた電波時計の件は、facebook にも同趣旨の記事を上げたら、何人かの詳しい人から詳しい回答をいただいた。

理屈としては却々難しくて、僕も 100%理解して解りやすく解説するには至らないのだけれど、要するに、現在の技術と環境からすると、常に安定的に電波を受信することは望むべくもないことのようだ。

親切な知人は、「今の時計はクォーツだから1日や2日ぐらい電波が取れなくても心配することはない」などと書いてくれるのだが、うーん、それはちょっと違う、というか全然違うんだな。そういうことじゃない。

こういうとき、ひどい奴になると「そもそも時計が全く誤差のない時間を示すことなどないのだから、そんなことを気にするのはナンセンスだ」などと困ったことを言い立ててくる。

僕はナンセンスかどうかなんて全く考えたことがないし、時計が1秒ずれたら誰かがいくら得するとか損するとか、そんなことを心配しているのでもない。時計が合っていることの意義を世間に唱えているのではないのである。

Continue reading "電波時計の謎3の続編"

| | Comments (0)

Wednesday, August 07, 2019

電波時計の謎3

【8月7日 記】 このテーマでこのブログに書くのは多分3度目ぐらいかな(ちなみにこの記事がこのブログの 4001個目の記事らしい)。

2月に寝室の電波時計2つが電波を受信しにくくなった(しかも、受信の成否にムラがある)ということを書いた。

それが春から初夏にかけて不具合は完全に解消し、2台とも置きっぱなしにしても毎日ちゃんと電波を受信してくれていて、一体何が起きたのだろうと思っていた。

ところが急に暑くなった先日から、また電波を取りにくくなった。所定の場所ではまず取れない。窓際に移しても失敗するケースが多い。それで、リビングの窓際に持って行くと問題なく受信してくれる。

こういう電波って、方角や障害物の有無以外に、天気や気温などに何か左右される部分があるのだろうか?

Continue reading "電波時計の謎3"

| | Comments (0)

Thursday, July 18, 2019

Google Map

【7月18日 記】 デジタルの資料が紙資料より劣る点としてよく言われるのは一覧性がないということだ。紙に書いてあると、人間は紙全体を見て、どの辺りに何が書いてあるかを瞬時に把握して、もしも繋がりにおかしい点などがあればすぐに見つけ出すことができる。全体を見るには紙のほうが良かったりするのだ。

だから、新聞の電子版を紙面表示で読みたいと思う人がいるのである。これは紙の一覧性を擬似的にスマホやタブレットに実現したものだ。

もちろん、紙で一覧表示できるものが PC 上で一覧表示はできないはずがないのだが、PC の画面の大きさには限りがある。紙資料だと、まあ、会社で普通に使われる大きさとしては A3 ぐらいまで考えられるが、それをモニタで全体表示すると、字が小さくて見にくくなってしまう。

だから、僕も昔大きな予算資料を作っていたときなどは、一旦プリントアウトした上でミスがないかをチェックしていた。

紙の資料が却々なくならないのにはそういう理由があるのかもしれない。だが、このことが当てはまらない資料がある。

それは地図、とりわけ僕の場合は Google Map である。

Continue reading "Google Map"

| | Comments (0)

Wednesday, April 17, 2019

読めぬ皿、読めぬ箱

【4月17日 記】 一昨々日と昨日の記事の続きである。まあ、もう書かなくても良いのかもしれないが…。

ハードディスクからムーブした BD-R DL が読めないので、ネット上のマニュアルに従ってリセットをかけてみた。が、結果は同じ。あえなく「このディスクは使えません」との表示。

コンセントの抜き差しも効果なし。

そして、それよりもショックだったのは、2013年に買ったと思っていたこの機器だが、自分で買った製品を登録してある MY SONY のページを見ると、なんと 2008年に購入したものだった、ということだった。

Continue reading "読めぬ皿、読めぬ箱"

| | Comments (0)

Tuesday, April 16, 2019

読める箱、読めぬ箱

【4月16日 記】 一昨日の記事の続きである。

読めなくなった BD-R DL を何枚か会社に持って行って、同僚が使っているブルーレイのプレイヤにかけてみたらどれも問題なく読めた。

これで原因の第一次切り分けは終了である。つまり、悪いのはディスクのほうではなく、我が家のレコーダ/プレイヤということになる。

Continue reading "読める箱、読めぬ箱"

| | Comments (0)

Sunday, April 14, 2019

読める皿、読めぬ皿

【4月14日 記】 録画しておいた『20世紀少年』を観ようとしたらディスクが読み込めない。僕らはどうしても物として所有したい世代だから、ハードディスクに録画したものでも大切なものはディスクにムーブする傾向が強いのだが、それが仇になった。

僕らが生まれて初めて手にした記録用のディスクである CD が世の中に登場してからすでに35年以上経つが、その間に音声記録用も映像記録用も次々と新しい規格のものが出てきて、特に映像関係は訳がわからなくなってきた気がする。

読めなくなったのは BD-R DL である。

我が家のレコーダは結構古いので BD-R DL が使えるかどうか自信がなかったのだが、もう何年前だろう、試しにハードディスクに録ったものを BD-R DL にダビングしてみたら難なくできたので、てっきり BD-R DL は読めるものだと思っていた。

ところが今回それが読めない。気になったのでレコーダのマニュアルを取り出してみて読んでみると、なんと BD-R DL が使えるとは書かれていない(使えないとも書かれていないが、それはこの機器が発売された時点ではまだ BD-R DL が出てなかったということなのだろう)。

Continue reading "読める皿、読めぬ皿"

| | Comments (0)

Friday, April 12, 2019

yappli のお土産

【4月12日 記】 yappli が主催する Mobile Marketing Update に行ってきた(於:東京ミッドタウン)。久しぶりのさとなおさんの講演が目当てだったのだが、面白そうだったのでその後のハヤカワ五味さんと OWNDAYS の田中社長のセッションも聴いてきた。

ただし、今日はその内容について書きたいのではない。

 受付でビニール袋に入ったチラシとアンケート用紙とペット ボトルの水を受け取って会場入り。

Yappli1

 会社に戻ってからビニール袋をひっくり返すと、中からこんなもの ⇒ が出てきた。お土産が入っていたとは気づかなかった。

キーホルダーみたいなものにコードが4本。その先にコネクタが4つ。USB type-A、microUSB、USB type-C、Apple Lightening ──で、合ってるよね?

もちろんこれらがバラバラにぶら下がっているわけではなく、中で繋がっている。これは大変便利ではないか!

Continue reading "yappli のお土産"

| | Comments (0)

Sunday, February 10, 2019

コピペとスクショ

【2月10日 記】 最近の若い人は URL をコピペして友だちに教えたりしないのだという話を読んで驚きました。ごめんなさい、どこで読んだか記憶が定かでないので、その記事の URL はここにペーストしてませんが(笑)

考えてみれば確かにそうです。

僕らは PC世代だから PCをやり始めてすぐの頃に、「コピーは Ctrl+C、切り取りは Ctrl+X、貼り付けは Ctrl+V」と教わって、それが頭に焼き付いているので、当然他人にそのページを教えたいのであれば URL をコピペして送り、送られたほうはまたそれをブラウザにコピペして見るのが自然です。

でも、今のスマホ世代の環境を考えてみてください。スマホのアプリで見ていると、どこにも URL が表示されていなかったりするではないですか。その場合はそのページの URL を表示させるのは大変面倒です。

もしスマホのブラウザで見ていてちゃんと URL が表示されているのであれば、その部分を長押しして、ポップアップ・メニューから「コピー」を選んで、貼り付けたい画面に遷移して、貼り付けたい場所で再び長押しして、ポップアップ・メニューから「貼り付け」を選ぶ、という手順になります。

──結構面倒です。まず長押しが面倒。タップだったら面倒ではないのに、不思議なことに長押しになった途端に面倒になります。それから画面やアプリ間を移動するのが、スマホの場合はこれまた面倒です。

そんな環境にいる子たちが、「えー、そんな面倒なことやってられない」と言うのも無理ありません。

では、彼らはどうするのか? ──スクリーンショットを添付するのだそうです。

Continue reading "コピペとスクショ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧