Sunday, September 08, 2019

死生観

【9月8日 記】 過日、ジャニー喜多川氏のお別れの会でマッチだったか KinKi Kids の剛くんだったかが、「ジャニーさんもきっと喜んでると思います」と言うのを聞いて、僕はちょっと引っかかった。

最初に書いておくが、僕はジャニーさんに恨みがあるわけでもないし嫌いなわけでもない。近藤真彦氏や堂本剛氏を貶そうとかいう意図もない。ただ、僕は引っかかった。僕にはそういう「故人もきっと喜んでいる」というような感覚がどうしても持てないのである。

だって、故人は死んでいるんだから、もう喜べないではないか?

そんなことを言うと、「何をにべもないことを。こういう時はそういう風に言っておくもんだ」などとたしなめられたりする。

でも、僕には死んでいる人が喜ぶとも悲しむとも思えない。どうしても考えられないし、そんなことはどうしても言えない。だって、もう二度と喜んだり悲しんだりできなくなった状態が死なのだから。いや、仮に喜んだり悲しんだりしているとしても、それは生きている僕らには直接伝わらないのだ。

死後の世界があるとかないとか、それを信じるとか信じないとかいうこととは関係がない気がする。たとえ故人が上空から自分の葬式を見ていたとしても、見られている僕の側で終わっている気がする。だって、基本的にコミュニケーションの手段がないんだもの。

僕にとって人が死ぬってそういうことだ。そして、それは自分が死ぬ場合も同じだ。

Continue reading "死生観"

| | Comments (0)

Wednesday, July 24, 2019

選挙コンプレックス

【7月24日 記】 今回の参院選挙も低い投票率に終わり、特に若年層の投票率の低さが目立つ結果となって、おじさんたちやおばさんたちが「なんで若者は投票に行かないんだろう?」「どうすれば彼らは選挙に行くんだろう?」みたいなことを真剣に議論している傍で出てきたのが、あちこちでリツイートされているこのつぶやきだ:

ガンペーさんのツイート

こういうのを読むと一体何をどうすれば良いのか全く分からなくなる。

Continue reading "選挙コンプレックス"

| | Comments (0)

Saturday, July 13, 2019

ハエか羽毛か? ──ボクシングの階級名の不思議

【7月13日 記】 昨日、プロボクシングの村田諒太選手が世界チャンピオンに返り咲きました。WBA世界ミドル級です。

ミドル級というのは日本人からしたら割合重いクラスで、調べてみると、白井義男以来今日までに 92人の日本のジム所属(外国籍も含む)チャンピオンが誕生している中で、ミドル級以上は竹原慎二と村田諒太しかいません。

と言うか、2人ともミドル級だから、スーパーミドル級以上でチャンピオンになった日本人ボクサーはいないということです。

でも、考えてみたら middle って「中くらい」「真ん中」の意味じゃないですか。村田諒太って中くらいですか!?

一方「軽い」って意味の light 級のチャンピオンだったガッツ石松なんかを見ると(もちろん引退後の太った姿を我々はTVで見慣れてしまったせいもありますが)「軽い」って印象あります? ごっついおっさんじゃないですか

でも、階級名だけから判断すると、日本人は中くらいよリ軽い選手ばかりってことになります。ただし、多分これは世界的な平均体重から命名された名前ではなく、近代ボクシングを始めたイギリスの白人たちの基準だったんでしょうが。

ミドル級は 160ポンド(72.57kg)以下ということなんで、まあ、日本人男子としては中くらいと言えないこともないですが、筋肉を鍛え上げたスポーツマンが厳しい減量に耐えた結果の 72kg だと考えれば、やっぱり日本では重いほうではないかという気がします。それでも middle級なんですよね。

Continue reading "ハエか羽毛か? ──ボクシングの階級名の不思議"

| | Comments (2)

Friday, April 05, 2019

令和レモンのレ

【4月4日 記】 新元号が発表されるとすぐに「令和の令は命令の令だから良くない。安倍の意図もそこに見え隠れしている」みたいなことを言い出す人が出てきましたが、それはあまりに一面的かな、と思います。

ちなみに僕は自民党支持者ではないし、ましてや安倍首相の信奉者でもないことを最初に断っておきますね。

一つひとつの漢字にはいろんな意味があります。それを「令は命令の令」みたいに限定してしまうのはどうかと思うのです。そんなことを言い始めると「平成の平は平凡の平だから良くない」などとも言えるわけで、そんなことで(固有)名詞が糾弾され始めると収拾がつかなくなります。

例えば「命令の令では感じが悪いから、今日から法令という用語は一切使わず、全部法律と呼びましょう」みたいなことになりませんか?

あるいは、例えば、新元号が令和じゃなくて命和だったらどうでしょう?

「命和の命は命令の命だから良くない」と同じように言う人ももちろんいるかもしれません。しかし、「命」という字からは「命令」よりも「いのち」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? つまり、「命和の命は命令の命だから良くない」という人は令和の場合よりは減るのではないでしょうか?

ともに「命令」という熟語の一部であり、ともに同じような意味も持っている漢字でありながら、それくらいの差は出てくるものなのです。

Continue reading "令和レモンのレ"

| | Comments (0)

Wednesday, August 22, 2018

1つの原理と多様な世界

【8月22日 記】 『カメラを止めるな!』の盗作疑惑(と言っても、「原作」を主張している人物は「盗作」という言葉を使っておらず、これは FLASH の「煽り」であり「釣り」であるのだが)に関して、知人が上田監督を養護するような文章を書いた。

少なからぬ人が同じような論調で書いている。いろんな人の証言などから経緯を追うと、僕もほぼ同じような印象だ(つまり、上田監督の側にも不用意な点はあったようだが、訴えた人物も一旦「原案」で OK を出してしまっているということもあって、今からあくまで原作であると主張するのは無理があるのではないか、と思う)

そしたらそこに「大手の配給会社がついた途端に大企業の肩を持つ提灯持ちみたいな野郎ばかり出てきた」と絡んできた人がいた。

僕はちょっと驚いた。よくもまあそんな単純な発想をするなあ、と。

世間に不思議にはびこっている「電通は日本のマスコミと政財界を支配する黒幕である」説と同じくらい単純な世界観ではないか? いや、ちょっと、よく考えてほしい。世界はもっと複雑なのである。

Continue reading "1つの原理と多様な世界"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 12, 2018

twitter の変成

【7月12日 記】 iPhone の日本発売からちょうど10年経った昨日、博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所の「メディア生活フォーラム2018」を聴講してきました。

今回のキーワードは「情報引き寄せ」で、情報が溢れてカオス状態になってしまった今、生活者はもはや“都度検索”などせずに、情報を“引き寄せる”ようになったと言うのです。

スマホ・ネイティブ世代の新しい情報行動は2つあって、ひとつは「とりあえず“ためる”」、もうひとつは「自然に“たまるようにする”」とのこと。

その中で一番驚いたのは、twitter で気になるつぶやきを見つけたら、保存のためにリツートをするという人がいることでした。

僕らが twitter を始めた2009年ごろのリツイートは「自分はこんなに共感した。これをみんなに伝えて共有しよう」というものでした。でも、今の若いユーザは単に自分のメモとして使っているのだそうです。

“他社への共感”から“自分の有益”に。──ソーシャル・メディアはもはや僕らオールド・ユーザが知っているようなコミュニケーションのツールではなく、個人のための便利ツールなっていたのです。

そして彼らは Netflix や Amazon の 「アルゴリズムに任せて」(と、インタビューを受けた若い男性は表現していた)レコメンドされたものを順番に観ているだけで「事足りている」と言いました。

別の若い女性は、「次に何を観るかいちいち探したくない。迷わず観たいから」「次に見るものがなくなるのはプレッシャー」と言っていました。

それも個人的にはよく解りません。僕は次にやるべきことが控えている状態が大嫌いで、「ああ、今日は何もすることがない。何をしようか」と思う幸せを得るために生きているようなものです。

Continue reading "twitter の変成"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 12, 2018

ぼくを見かけませんでしたか

【6月12日 記】 人が死ぬのを喜んではいけない。だけど、好きだった歌手が亡くなるといつも、新たにベスト盤が編まれたり、廃盤が復刻したりしないかな、と思ってしまう。

今日の報道で森田童子が亡くなっていたことを知った。僕が知ったのが今日だったというのではない。そもそも記事自体が「亡くなっていたことが分かった」というものだった。

人は失敗に打ちひしがれたりして極度に気分が落ち込んだとき、明るい曲よりもむしろ暗い曲を聴いたほうが立ち直りが早いものである。無理に明るい曲を聴くと空々しい気分になるだけなのである。

むしろ、徹底的に深く沈み込める曲を聴いたほうが良い。水死体は一旦底に沈まないと浮き上がって来ないと言うではないか(本当なのかどうかは知らないが)。

だから、落ち込んだときは中島みゆきを聴け、それでもダメなら山崎ハコを聴け、それでもまだダメだったら森田童子を聴け──若かった頃そんな話をしていた記憶がある。

そう、それは 1970年代後半である。訃報記事に判で押したように書いてある「『ぼくたちの失敗』が TBSドラマ『高校教師』の主題歌に使われ」というのは、僕らにとってはリバイバルでしかない。

Continue reading "ぼくを見かけませんでしたか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, May 28, 2018

「アメフット」考

【5月28日 記】 日本大学のアメリカン・フットボール部の事件が世間を騒がせているが、この問題をテキスト・メディアが報じるに際して、「アメリカン・フットボール」の2つの略し方を目にする。

「アメフト」と「アメフット」

そして、僕の周りの少なからぬ人が「アメフット」は気持ち悪いと言う(もっともある年代以上の人だけかもしれないが)。

ホームページをやっていたときに何度も書いたことだけれど、それは日本語において多くの略語が「前半後半から2文字ずつ4文字」あるいは「前半後半から2音ずつ4音」という原則に従っているからだ。

ただし、音を基準にする場合、二重母音や長音、撥音、促音などは全て2音と数える。アメフットは5文字5音だから気持ち悪いのだ。

もちろん、古くはベア(ベース・アップ)とかモガ(モダン・ガール)みたいに前後半から1文字ずつ、あるいは1音ずつ持ってきて構成された略語もある。

しかし、かなり以前から2+2形式は主流である。

泥縄とか学割とか──それって「2文字」とか「2音」とか言うよりもむしろ「漢字1文字ずつ」じゃないかと言われるかもしれないが、そうではない。たまたま漢字の切れ目が2文字、2音であったというだけのことである。

鰻丼(うなぎどんぶり)をうなどん、「モーニング娘。」をモームスと略すように、漢字の読みがどこで切れるのかはあまり関係がない。

モームスの例からも分かるように、この略し方は固有名詞にも使われる。無声映画時代のスター阪東妻三郎がバンツマ、木村拓哉がキムタクと略されるのもこの例である。

Continue reading "「アメフット」考"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, April 20, 2018

名前をつけることが人を動かす

【4月20日 記】 このところセクハラ財務次官のニュースで持ちきりである。

で、この事件と報道をきっかけに、「実は私もそうだった」という現役のあるいは元記者の女性たちの証言たちも出てきた。そして、その一方で、放送局のほうも「スケベ親父には女性記者をあてがっておいたほうが情報が取れる」と思っていたに違いなく、そこからしてセクハラであるという批判も出てきた。

そんなあれやこれやを見ていて、ふと思ったことがある。

セクハラというのは別に昨日今日始まったことではない。大昔からあったはずだ。というか、大昔からあって、でもそれは男なら許されて女なら辛抱するしかない当たり前のことであり、別段問題にもならないことであったはずだ。

それが問題になるようになったのはもちろん時代が移り社会が変わったからだという言い方もできるのだが、僕は誰かがこれにセクハラというネーミングを与えたことが非常に大きかったのではないかと思うのである。

名前があるから人は初めてそれをひとつのまとまった概念と捉えて観察したり分析したり批判したり改善したりできるのではないだろうか。

Continue reading "名前をつけることが人を動かす"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, October 09, 2017

UTF-8 ショックの日

【10月9日特記】 さきほど「HTMLで使用できるエンコーディングは UTF-8 のみとなった」という記事を読んだ。

いつかそういう日は来るだろうと思っていたが、遂にその日が来たのか。

僕のホームページ(このブログのことではない)は全て Shift_JIS で書かれている。

ここから先、僕のような知識の乏しい者にとってはどうして良いか分からない。

Continue reading "UTF-8 ショックの日"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧