Sunday, August 14, 2022

学校給食

【8月14日 記】 今でも時々学校給食のことを思い出す。とにかく不味かった。

給食というものは各地で別々に作るものだから、地域によっては美味しいということもあるのかと思って妻に訊いてみたら、やっぱりどれもこれも不味かったと言う。

あの時代の給食は総じて不味かったのかもしれないと思ったりもするのだが、しかし、自分の小学生時代に、少しでも量の多いお椀を奪い合っていた同級生のことを思い出すと、どうにも納得が行かない。

大きな鍋で教室に運ばれてきた給食を小学生がお椀などに取り分けて行くわけだから、そんなに均等にはならない。それで、少しでも量が多いお椀を見つけて、そこにペッとツバを吐いて、「もう、ツバつけたから、これは僕のもの」などと言っている同級生たちが何人かいた。

そうまでして取りたいのか!と小学生の僕は驚愕した。僕には理解できなかった。僕は少しでも量の少ないものを選びたかった。人の味覚というのはそれほどまでに違うのだろうか?

給食の話をすると、「でも、○○だけは美味しかった」とか「○○は大好きで楽しみにしていた」とか言う人がいるのだが、それも僕には分からない。僕にはどれもこれもただひとつの例外もなく悉く不味かった。

Continue reading "学校給食"

| | Comments (0)

Sunday, July 17, 2022

実を食わず根(地下茎)を食う

【7月17日 記】 実の成る植物は実を食べるのが一般的だ。リンゴでもスイカでもキュウリでもトマトでもそうだ。

一方で、根(あるいは地下茎、以下同じ)や茎や葉を食用にしている植物もある。大根とか玉ねぎとかニラとかフキとかキャベツとか…。よく考えてみるとこれらの植物の実というのは見たことも聞いたこともない。大根や人参の花は見たことがあるが…。

しかし、そんな中、ちゃんと実が成るのに実ではなく根を食べる植物があることを知った。それが右の写真の植物である。Photo_20220717165001

これが何か分かるだろうか? 大きさや形状はミニトマトに近いが、ミニトマトではない。これはジャガイモの実なのである。

ジャガイモに実が成るってご存知だったろうか?

妻の職場の仲間で家庭菜園でジャガイモを栽培している人がいて、その人が去年、今年と連続して、数種類のジャガイモを大量に送ってきてくれた。そして、去年もらったイモの切れ端を妻がベランダのプランタに植えておいたら、芽が出て茎が伸びて花が咲いて実ができた。

最初は妻も「あれ? ここに植えたのはジャガイモじゃなくてトマトだったっけ?」と思ったそうだ。

調べてみたら、ジャガイモの中には実が成るものがあるらしいことがわかった。それがこのジャガイモだったのだ。

Continue reading "実を食わず根(地下茎)を食う"

| | Comments (0)

Sunday, August 29, 2021

騙されたと思って

【8月29日 記】 子供の頃、僕は食べ物の好き嫌いが激しかったのだが、そんな僕に「まあ、騙されたと思って食べてみ」と言う大人は多かった。僕はこれが嫌で仕方がなかった。

だって、騙されるのは屈辱ではないか。なのにまず騙されたと思ってからスタートするなんてまっぴら御免である。Hunger413685_640

まあ、子供だったから上記のような表現ではなかっただろうが、思ったのは概ねそんな感じのことである。

騙されたと思うのが嫌なのだから、騙されたと思って食べてみるなんてことは全くなかった。

そんなことを言われると、口に入れた瞬間に「おえっ、騙された!」と思って噛みかけの食物をべーっと吐き出している自分の姿が脳裏に浮かんだ。そうなるとまず食えない。

Continue reading "騙されたと思って"

| | Comments (0)

Wednesday, March 31, 2021

コーヒーミル買い換え記

【3月31日 記】 長年使っていたコーヒーミルが壊れて買い換えてまだ日が浅いのだが、先週末、さらに別のやつに買い換えた。Coffeemill

結局前のやつはダメだった。いつも豆を買っているヤマモトコーヒー店で買ったのだが、最初からあの親切な店主に相談すべきだったのだ。

あのおじさんは単なるコーヒー豆屋の店主ではなく、多分コーヒーが好きで好きで、好きだからこそ膨大な知見やノウハウを持ち合わせており、好きだからこそ誰にでもそれを伝授したくてウズウズしている、というタイプの御仁だと思う。

それだから必然的にひとりの客に対して説明が長く、丁寧になり、その結果必然的に他の客は話しかけられないタイミングが多くなる。

あの日もそんな感じで他の客の相手をしていたので、僕は女性の店員(店主の奥さんなのかな?)にちょこちょこっと質問して、セラミック刃のコンパクトなコーヒーミルを買ったのだ。

ところがこれを使ってみると、豆を挽いている最中に何度もつっかかって回らなくなる。おまけに前は2人で2杯ずつ4杯分の豆を、取っ手を大体 100回まわしたら挽き終えたのに、このコーヒーミルは 270回もまわす必要があり、おまけに力も相当必要で、途中で何度か休まないと挽けなかった。

そのうえ挽いた豆は、ものすごく細かい粉状のものから刃と穴の隙間につまる大きめの欠片まで、ものすごく挽きムラがあり、細かさの調整ネジもこちらの期待通りにはならない。

それで、2ヶ月ぐらい経ってから、豆を買いに行った時に例の店主に相談してみたのだ。

Continue reading "コーヒーミル買い換え記"

| | Comments (0)

Thursday, November 05, 2020

布の寿命(完結編)

【11月5日 記】 60日経った。コーヒーの布フィルタの話である。

7/13 の記事に書いたのだが、コーヒーの布フィルタがかなり黒ずんできて、心なしか目詰まりしてきたような感じも出てきて、一体これはいつまで使えるものなのか、行きつけの新宿ヤマモトコーヒーの店主(だと思う)に訊いてみたら、とても親切に教えてくれた。

で、最後に彼はこんなようなことを言った。「大体60日かな。僕の感覚では」

それで僕は新しい布フィルタをおろした日から「正」の字を書いて使用回数を数え始めた。それが一昨日で60回である。

Continue reading "布の寿命(完結編)"

| | Comments (0)

Monday, July 13, 2020

続・布の寿命

【7月13日 記】 以前、コーヒーの布製フィルタは一体何回、いつまで使えるのだろう?と書いた。

先日、コロナウィルスの猛威が恐ろしくて却々行けなかった新宿に久しぶりに出たので、これを買ったヤマモトコーヒー店に寄って訊いてみた。

ここのおじさん(多分店主)は、コーヒー豆を生業としていると言うよりも、コーヒーが好きで好きでたまらなくて、それをみんなに伝えたくて働いている、みたいなオーラを全身から溢れ出させているような人物である。

僕がコーヒー豆を買いに来ていても、他のお客さんに一心不乱にコーヒーの淹れ方を教えていて、却々僕の注文を聞いてくれなかったようなことがたびたびあった。

そういうわけだから、僕が豆を買ったついでに質問すると、同じように懇切丁寧に解説してくれた。

Continue reading "続・布の寿命"

| | Comments (0)

Sunday, February 23, 2020

布の寿命(続・布の威力)

【2月23日 記】 以前ここにも書いたが、昨年12月に布製のコーヒー・フィルタを買った。このときは1~2人用しかなかったのだが、その後新たに2~4人用も買い足した。一般的なドリップに使われているのはこのサイズである。ドリップでもコーヒーメーカーでも、最近はこればかり使っている。

で、あのときも書いたが、これを使うと味が激変する。

雑味が消えてまろやかになる。そして、これは豆の種類にもよるのだが、酸味がくっきり立ってくる。

手入れが面倒かとも思ったが、裏返して水をかければ、粉に挽いた豆はさーっと流れて、あとは絞って干すだけ。表も裏も使えると言うので、使うたびに裏返したりしているのだが、こちらのほうは味の違いはよく分からない(笑)

Continue reading "布の寿命(続・布の威力)"

| | Comments (0)

Friday, February 14, 2020

バレンタインに思う

【2月14日 記】 セイント・バレンタインズ・デイ、である。

思えばチョコレートをもらわなくなった。年を取ったたせいもあるのかもしれないが、そもそも義理チョコなるものが廃れてきたのである。最近の小学生女子は異性ではなく同性の友だち同士で送り合う“友チョコ”なるものが主流であるとも聞く。

しかし、ほとんどもらわなくなった中でもらってしまうと、妙に気になる。

ここ数年の僕は、家で妻が買っておいてくれるものを別とすれば、生命保険の外交員のおばちゃんと会社の受付嬢グループからしかチョコをもらわなくなったのだが、ま、生保のおばちゃんのほうは営業行為であるから放っておくとして、受付嬢グループのほうはやっぱり気になる。

気になるので、毎年ホワイトデーにはお返しをしている。

Continue reading "バレンタインに思う"

| | Comments (0)

Sunday, December 29, 2019

年末の買い物2つ

【12月29日 記】 今月買ったものを2つ。

Gingerbreadspice ひとつはハーブ・ティ。Celestial のティー・バッグは成城石井に行けばいろんな種類のものが置いてあるが、この Gingerbread Spice は東京では滅多に見かけない。

そもそもは義妹が好きで、彼女が大阪に遊びに来たときに梅田の成城石井で「あ、こんなところにあった!」と感激して2箱買うのを見て妻も一緒に買い、帰宅して淹れてみたら妻も僕も大変気に入った──というのが最初である。

ところが、その何年後かに我が家も東京に引っ越したので、この種類はおいそれと手に入らなくなった。成城石井は東京のあちこちにあるが、どこの店にもこの種類は置いていないのである。

それで、先日大阪に出張に行った際に、「もし時間があったら探してみて」と妻に言われて、仕事終わりに阪急三番街の成城石井に寄ったら、Celestial のティー・バッグがたくさん並んだ棚の1箇所に Gingerbread Spice の文字がある(東京ではこの値札にさえお目にかからない)。

だが、その札の後ろはがらんどう、つまりはこの種類だけ売り切れているのである。

Continue reading "年末の買い物2つ"

| | Comments (0)

Monday, December 02, 2019

布の威力

【12月2日 記】コーヒーの布製フィルタを買った。前から一度使ってみようと、妻と話していたのだ。

で、昨夜早速淹れてみたら、これが明らかに味が違う。旨い!のだ。

我が家はそこそこ良い豆を、淹れる直前に挽いて、そこそこ良いコーヒーメーカーで出している。だから、そこそこ美味しいのだが、それより明らかに旨い!

上手く言えないが、雑味がなくなる、コクが出る、なんかしっとりと口に馴染んでくる感じ。

たかだか紙と布の違いなのに、この味の差には驚いた。

でも、味を文章で伝えるのは、なんと難しいことか。

F584a73f403a45f595ea31618267f0f2

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 映画・テレビ評(22) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 書評(22) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文