Friday, April 02, 2021

天気

【4月2日 記】  所謂「10年日記」の類(僕が今使っているのは「100年日記」だが)をつけるようになって、毎日の天気を記録するようになった。

人生で最初に天気を記録したのは、多分小学生時代の夏休みの宿題の絵日記か何かだったと思う。当時は天気予報の表記に倣って「晴れのち曇り」とか「曇り時々雨」とか書いていたように思うが、大人になっていざ天気を記録しようとすると、それほど生易しいものではないことに気づいた。

何しろ一日24時間もあるのだ。その間中天気は決して一定ではないのだ。もちろん一日中快晴とか朝から晩までずっと雨の日もあるにはあるが、そんな日は明らかに少数派である。

「晴れのち曇りのち晴れのち曇りのち晴れ」であれば「晴れ時々曇り」と言い換えることもできるかもしれないが、実際には「曇りのち晴れのち曇り一時雨で夜には少し晴れ間も出てきた」だったりするわけで、天気予報のように2要素以内で述べ切ることは至難の業だ。

そう考えると、天気を予報している人たちは何といい加減な仕事をしてるんだろう、という気にもなってくる(まあ、もちろん、そんなに細かく天気を言い当てることは無理なのではあるが)。

Continue reading "天気"

| | Comments (0)

Sunday, March 28, 2021

note:「ロマンポルノ無能助監督日記」

【3月28日 記】 ずっと読んでいる金子修介監督の note「ロマンポルノ無能助監督日記」が、ここに来ていよいよ面白くなってきた。

今、第30回まで来て、森田芳光監督と金子修介助監督の仕事の話になってきたからだ。

毎回最後に 100円の有料コンテンツがついているが、それを読まなくても何の問題もないので、興味のある方はお読みになると良いと思う。

金子修介監督の note のページ

僕はこの連載を読むまで、金子修介が森田芳光の助監督をしていたことを長らく忘れていた。初めて金子修介監督の一般作品『1999年の夏休み』を観た時に、①日活ロマンポルノ出身の人なのか、②森田芳光の助監督をやっていたのか、と思ったのだが、そのまま②を忘れていた。

もうひとつ言うと、『1999年の夏休み』の前にロマンポルノの『OL百合族19歳』を観ていたのだが、これが金子修介監督だということも忘れていた。

Continue reading "note:「ロマンポルノ無能助監督日記」"

| | Comments (0)

Wednesday, December 09, 2020

バットで奏でるジングルベル

【12月9日 記】 昨日に続いての YouTube動画エンべディングだが、50年を超えるファイターズ・ファンとしては、なんとしてもこれを紹介しておきたい。

中田、西川、太田は当然として、野村がいたり、近藤だけ顔のアップがあったり、意味もなく清宮のバンザイが入ったり、そして、何と言っても杉谷がおかしい。

楽しいクリスマスを!

| | Comments (0)

Saturday, May 16, 2020

本で元気に! 文春文庫人気シリーズ 期間限定1話無料公開中

【5月16日 記】 note に文藝春秋の「本の話」というアカウントがあります。多分、これ書いているのは僕の知人(twitter で知り合って、何回か会ったこともある)の女性ではないかと思うのですが、twitter にも同じアカウントがあって、そのツイートで「本で元気に! 文春文庫人気シリーズ 期間限定1話無料公開中」という企画があるのを知りました。

リンクを辿って見に行くと、そこにあったのは三浦しをんの『まほろ駅前多田便利軒』の「多田便利軒、繁盛中」でした。てっきり冒頭だけ公開して本の購入ページに飛ばされでもするのかと思っていたら、なんと第1話がまるまる読めるじゃないですか。

あっという間に読んでしまいました。で、気がついたらこれは第2弾で、第1弾では伊坂幸太郎の『死神の精度』から同名の第1話が公開されていて、こちらも一気に読んでしまいました。

コロナで引きこもっている人たちへのサービスなのでしょうが、これはなんとありがたい企画でしょう。

僕にとっては人選がとても良かったです。2人とも全く読んだことのない作家ではなく、かと言って大好きで追っかけている作家でもなく、決して嫌いではないけれど、でも、のめり込んではおらず、まあ、今回のようなチャンスがあると読んでしまうし、読んで面白いと思える作家と作品だったからです。

『まほろ駅前多田便利軒』のほうは大森立嗣監督が撮った映画2本を観ていたこともあって、多田が出てくると瑛太の、行天が話し出すと松田龍平の顔が浮かんできます。で、あの映画を見たときの映画評に、僕は随分不思議なトーンだということを書いたのですが、原作を読んでみて、ああ、あれは原作から映画まで地続きのトーンだったんだと気づきました。

小説の冒頭も、便利屋の多田が預かった子犬の姿を見失って探し回っていると、バス停で他ならぬそのチワワを抱いて座っている、高校の同級生・行天を見つける──という映画と同じシーンだったので、何を読んでも何を観てもすぐに忘れてしまうこの僕にしては珍しく、記憶が甦ってきました。

そうか、大森監督の映画は三浦しをんの小説そのままだったんだ、と何だか妙に嬉しくなってしまいました。

改めて思ったのは、三浦しをんって、巧い書き手ですね。凝った表現ができるかどうかということではなく、読み手に書き手の存在を全く意識させることなく、読み手を物語の世界に導き出してくれます。これでこそ作家だなあという感じ。

このシリーズを一から読んでみるのも良いかもしれません。

Continue reading "本で元気に! 文春文庫人気シリーズ 期間限定1話無料公開中"

| | Comments (1)

Saturday, March 14, 2020

遅咲きの国の ALiS

【3月14日 記】 ALiS で稼いだ ALIS が漸く 1000ALIS を突破した。1000.018ALIS。最初の記事書いてから1年2ヶ月。記事数74。

少し前に書いた通り、そもそも僕の書いたものには「いいね!」の類(ALiS で言うなら「♡」だ)があまりつかない。おまけにここは ALiS の会員でないと「♡」は押せないし、そもそも ALiS の会員数は少ない。

投げ銭ができる構造にはなっているが、今日までもらった投げ銭の回数より自分が誰かに投げ銭した回数のほうが多分多いと思う。

ただ、僕はいつも 1.1ALIS (僕は他の人に倣っただけなのだが、これはどうやら「いい」を表す ALiS の文化らしい)しか投げ銭しないが、ここには時々大盤振る舞いしてくれる人もいて、おかげで漸く 1000ALIS を獲得できたわけである。

Continue reading "遅咲きの国の ALiS"

| | Comments (0)

Wednesday, January 01, 2020

note

【1月1日 記】 note を始めた。正確に言うと、再開した。

2001年からやっていた自分のホームページ "Wise Word Web" を 2018年に閉めるに際して、そこに書いていた膨大な文章の一部でもどこかに残しておきたいと考えて、一度は note にそれを移し始めた。

でも、note だとやはり完全に埋もれてしまって、却々読んでもらえない。まだ自分のブログのほうが目に留まるような気がする。そう思って一度はやめてしまったのである。

それで始めたのが ALiS だ。

note よりもむしろこっちのほうが大勢の人に読んでもらえる可能性が低いが、こちらはブロックチェーンを使ったブログという面白さがある。そこに惹かれて、ホームページに連載していたことばのエッセイ「ことばのギア、発想のシフト」から何編か選んで、それに加筆修正しながら ALiS に投稿している。

案の定、ほとんど読んでもらえていない気はするが(笑)

Continue reading "note"

| | Comments (0)

Sunday, November 24, 2019

その後の ALiS

【11月24日 記】 前にこのブログにも書きましたが、ALiS というサイトに投稿をしています。ここは、(詳しくは書きませんが)ブロックチェーン技術を導入したサイトで、その仕組がとっても面白いなと思ったからです。

でも、一から書くとなると却々大変なので、去年の1月に締めたホームページ Wise Word Web に17年間にわたって書き溜めてきた原稿を、少しずつ手直ししてアップしています。

ホームページを締めるにあたって、あれだけたくさん書き散らしたものを全部葬り去るのももったいないという思いもあって(だから、一部のコンテンツはこのブログにも移植しましたが)、とは言え、今読み返したらあまりうまく書けてなかったり、あるいは如何にも古いなという感じのものもあって、それを解決するのが ALiS のために書き直すという作業です。

Continue reading "その後の ALiS"

| | Comments (0)

Tuesday, September 10, 2019

Lv.10 いいね!

【9月10日 記】 もはや知ってる人はいないだろうが、僕はかつてオンライン・ブックストア<bk1>にずっと書評を投稿してきた。それが honto に統合されてひどい目にあってからはしばらくブランクがあり、何年か置いてから今度はシミルボンに投稿を始めた。

シミルボンについては、オープン前にお声がけをいただいたこともあって、サイトがオープンしたときにはもう僕の書評が載っていた。つまり、開設時からの最古参投稿者なのである。

ところで、そのシミルボンの投稿者にはランクと称号がある。

称号のほうはその都度事務局が独自の判断で授与して行くようだが、ランクにはルールがあって、Lv.6(ロウソク)から Lv.10(タイマツ)までは「いいね!」の数で決まると書いてある。

果たしてそれが単純に「いいね!」の累計なのか、そうでないのかは知らないが。

で、僕のランクは何かと言えば、もうずーっと長い間 Lv.9(タイマツ)だった──最古参投稿者であるにもかかわらず、だ。Lv.10(タイマツ)の人はすでにものすごく大勢いる。僕より投稿数が多い人も多いが、でも、それが決定的な要素ではないと思う。

Continue reading "Lv.10 いいね!"

| | Comments (0)

Sunday, February 26, 2017

ナッツ夫婦

【2月26日特記】 夫婦揃ってナッツ類が好きなのである。

僕が好きなのはピスタチオとカシューナッツ。妻が好きなのはやはりカシューナッツ。ほかにアーモンドとかクルミとかもふたりでよく食べている。

それぞれにコレステロールを下げるとか血圧を下げるとか、いろんな効能のある成分を含んでいたりするのはありがたいが、そんなことよりも単に美味しいから食べているにすぎない。

で、ふたりとも好きなのにめったに手にはいらないのがヘーゼルナッツ。昔チョコレートに入っていた記憶があるが、大人になって単体で食べて、初めてその独特の美味しさに気がついた。

ところがこれが売っていない。日本では滅多に手に入らない。仕方なく海外から取り寄せた。

Continue reading "ナッツ夫婦"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 04, 2017

さよなら Dropbox

【1月4日特記】 Dropbox のアカウントを削除した。クラウド上の保管場所があまりに増えてしまったので。

かつて写真は CANON iMAGE GATEWAY に置いていた。昔の感覚で言えば、写真はカメラメーカーのサイト、というのはごく自然な選択だったから。

ところが今や、iCloud にも Amazon Drive にも Google Drive にも写真の保存場所がある。それから PC を買って Microsoft のメールを登録したときにできた OneDrive もある。

もちろん保管するものは写真だけではない。僕はそれらを特性に応じていろんな形で使い分けてきた。上記以外のものでは Evernote を使っているが、これは保管庫と言うよりも手帳的な使い方で、しょっちゅう読んでは書き換えるものを置いている。

Continue reading "さよなら Dropbox"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文