Thursday, December 21, 2023

『肌馬の系譜』山田詠美(書評)

【12月20日 記】 僕はデビュー当時の山田詠美には何となく反感を覚えていて、その後 20年間は全く読まなかった。それが『風味絶佳』を読んで一気に大ファンになった。

しかし、大ファンになった割には5冊しか読んでいない。そして、例によってどんな登場人物によるどんな話だったのかは、どの本についてもほとんど憶えていない。おぼろげに憶えているのは『風味絶佳』だけで、他の4冊については一切の記憶がない。

ただ、彼女がとても巧い作家であるということと、固定観念から自由な作家であるということだけは脳裏に焼きついている。

この本は『肌馬の系譜』というタイトルに猛烈に惹かれて買った。

僕も、この小説に出てくる多くの人物と同様、「肌馬」という言葉は知らなかった。そして、僕の辞書には「肌馬」という項目はなかった。ネット上の辞書にもなかった。これは雄の「種馬」に対する単語で、種付けされて子供を産む牝馬を指すのだそうだが、競馬用語? それとも、まさか作者の造語?

まあ、それはともかくとして、表題作は冒頭でも巻末でもなく、13篇収められているうちの最後から2つ目に置かれている。

冒頭に据えられたのは『わいせつなおねえさまたちへ』だ。如何にも山田詠美らしいエロい作品で嬉しくなる。

主人公は、祖母が所有するアパートの管理人である小島さんに性的な指南を受ける男の子。2人で覗きをする。この小島の言うことにいちいちポリシーが感じられて愛着が湧く。そして、主人公は覗きをしているから目が綺麗だと褒められるようになったと思っている。

ああ、こういうのは彼女でないと書けないなと思う。

Continue reading "『肌馬の系譜』山田詠美(書評)"

| | Comments (0)

Saturday, December 09, 2023

『処女の道程』酒井順子(書評)

【12月9日 記】 TBS をキー局とする JNN では JNNデータバンクという全国消費者調査を 1971年から実施しており、同じ設問に対する回答の変化を長期間に亘って辿ることができる。

MBS編成部で僕が調査の仕事に携わっていた時には、その中に「女性は結婚するまで純潔を守るべきだ」という設問があった(この設問がいまだにあるのかどうかは知らない。「純潔」という言葉の意味も今の若い人たちにはもう分からないのかもしれないので、設問は残っていたとしてもワーディングが変わっているかもしれない)。

で、この設問に対する Yes の回答率の変化は大変特徴的であったのが印象に残っている。

人の意識というものは時代とともに当然変化するものだが、それをグラフにすると、長期的に増えるにしても減るにしても、大抵は細かくジグザグしながらの変化になる。ところが、「結婚するまで純潔を守るべきだ」と考えている人の比率は 1971年からその時点まで一辺倒に右肩下がりであったのだ。人の意識の変化がこれほど如実に現れる調査結果というものはそうそうあるものではない。

前置きが長くなったが、そういう意味で僕は、人々の貞操観と言うか処女崇拝と言うかは一辺倒に解放、あるいは低下に向かって進んでいるものだと何となく思い込んでいたのであるが、全くそんなことはなかったのだということを、この本を読んで思い知らされた。

そう言われれば確かに、高校の古典の授業で読んだ文学の中では男女の性に対する意識はかなり解放的だったということは思い出した。この本によると、鎌倉時代までは貞操観念はそれほど強くなかったとのことである。それが武士の時代になり、儒教が流行したことなどによって引き締められたのである。

そして、それはまた緩くなったり、また厳しくなったりして、今は「性が解放し尽くされた結果、『もういいや』と引き返す人が出はじめた」時代なのだそうである。この本を読んで、その行ったり来たりの具合に驚いたのである。

そして、もうひとつ。与謝野晶子という人は、『みだれ髪』に見られるような情熱的な歌を詠んだ人であり、まだ恋愛がそれほどポピュラーでなかった時代だけに、僕は性に関してもかなり進歩的な人だったんだろうと勝手に思い込んでいた。

ところが、この本によると、彼女は熱烈な処女の純潔信奉者であり、彼女がライバル視していて未婚の非処女であると思われていた平塚らいてうに対して、あなたはどこそこで誰それとやったと言われているがそれは本当なのか?と雑誌上で名指しで糾弾していたと言うからびっくりである。

この本はそんな風に過去の文献や、明治以降は婦人雑誌の特集記事や読者投稿などをつぶさに分析して、性に対する意識変化の歴史を俯瞰的に著したものである。

Continue reading "『処女の道程』酒井順子(書評)"

| | Comments (0)

Monday, November 27, 2023

『パン工場はワンダーランド』野村雅之(書評)

【11月27日 記】 この本の著者は僕の知人である。

何を隠そう、僕が住んでいるマンションの前の管理人さんだ。

僕は以前 note に『僕が人生で遭遇した最強のマンション管理人の話』という文章を書いた。

そこでは偽名になっているが、まさにその人こそがこの野村雅之さんである。

野村さんがウチのマンションの管理人を辞めて3年半ほど経つが、突然野村さんからハガキでこの本を上梓したことを知らせてきた。それで初めて、彼がその後パン工場の深夜アルバイトで食いつないでいたことを知った。

これはそのパン工場での体験記である。

いやはや、まことに野村さんらしい文章で嬉しくなってしまう。野村さんを知っている人なら間違いなく楽しんで読めると思う。

しかし、野村さんを知らない人が読んだら面白いだろうか?そんなに面白いと思う人はいないのではないかという気もする。それよりも、彼はなんでこんな本を執筆したのか、出版社はなんでこんな本を出版したのかが不思議に思えるかもしれない。

Continue reading "『パン工場はワンダーランド』野村雅之(書評)"

| | Comments (0)

Monday, November 20, 2023

『つまくんといっしょ』緒真坂(書評)

【11月20日 記】 この本はそこら辺の本屋では売っていない。所謂自費出版である。しかし、Amazon には置いてある。昔はそんなことは考えられなかったが、そういうことができる時代になったのである。

著者の名前は「いとぐち・まさか」と読む。僕がこの人を見つけたのは note である。目の付け所、表現ともにちょっと面白いと思ってフォローするに至った。

日芸出身で大学時代から小説を書いていろんな賞にも応募したが「佳作止まり」で、賞レースはもう諦めて、今は仕事をしながら小説を書き、このような形で出版を重ねているらしい。note には結構フォロワーもいて、「スキ」も集めている。

我が家からほど近い公民館的なところで講演をするというので聴きに行ったりもした。パワポを見せながら用意した原稿を読むというスタイルだったが、そこそこ面白かった。そして、帰りにそこで販売していたこの本を買った。

Continue reading "『つまくんといっしょ』緒真坂(書評)"

| | Comments (0)

Friday, November 17, 2023

『アポロ18号の殺人』クリス・ハドフィールド(書評)

【11月17日 記】 この本をどこで知ったのだったか? 多分シミルボンで誰かが書いていた書評を読んだのだと記憶しているのだが、シミルボンが跡形もなく消えてしまった今となっては確かめようもない。

この小説の一番のミソは著者が本物の宇宙飛行士であったということである。

月面に着陸こそしていないが、3度も宇宙に出ている。アメリカのスペースシャトルで2度、ロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションに渡り、そこで半年ほど滞在している。

そういう著者であるからこそ書けること、そういう著者でなければ決して知り得ないし語り得ない情報がこの小説には満載である。

もちろんここで描かれている宇宙や科学技術に関する諸々はとてもじゃないが難しすぎて、一般人である我々、特に SF小説にもほとんど接してこなかった僕などにはほとんど理解できない。仮に著者が多少の嘘を交えて書いていてもそれを見破る術はない。

でも、それはそれで良いのである。

著者は間違いなく、本物の科学理論や史実に自分の夢や空想を織り交ぜながら物語を展開している。でも、重要なのはどこまでが事実でどこからが事実でないのかを確かめることではない。これだけ微に入り細を穿った描写を、これだけ深い分析と必然性を、これほどまでの大量の文章で描けるということこそがこの小説の真骨頂なのだ。

そう、この分量こそがリアリズムを呼び覚ましている。

Continue reading "『アポロ18号の殺人』クリス・ハドフィールド(書評)"

| | Comments (0)

Friday, November 03, 2023

『ヒトラーはなぜ戦争を始めることができたのか』ベンジャミン・カーター・ヘット(書評)

1103日 記】 前にこのブログに書いたように、この本を読み始めたのは訳者が僕の会社の同期の寺西のぶ子さんだったからだ。

彼女からの誘いを受けて彼女が登壇したトーク・ショーも聴きに行くことになり、できればそのイベント本番までに読了したかったのだが、そこから半月以上かかってしまった。

なんと言っても 500ページに迫る大著である。しかも、それほど易しい内容でもない。とてもしんどい読書体験だった。読んでいる最中に何度寝落ちしたか分からない(笑)

この本は同じ著者による3部作の第2部に当たるのだそうで、最後の第3部はまだ執筆中らしいのだが、前作『ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか』(これも寺西のぶ子訳、僕は読んでいない)は、読んだ人によると、描かれている地域が我々のよく知らないドイツに限られていて、登場する人物もテーマも非常に限られたものであって、今作以上に読むのがしんどかったとのことである。

それに対してこの本ではドイツだけではなく、ドイツと敵対したイギリスやアメリカ、フランスのみならず、ドイツに征服されたチェコやポーランドのほか、ドイツの同盟国であったイタリアなどもところどころで扱われ(舞台はあくまでヨーロッパに限られていたので、日本についてはほとんど触れられていない)、チェンバレン、チャーチル、ローズヴェルト、ムッソリーニなど、僕らが歴史の授業で習うなどして多少は知っている人物が結構出てくる。その分、前作よりは遥かに読みやすいのだということは僕にも察しがつく。

加えて、この本は決して学術研究書のような書き方はせずに、各章の最初に当時の時代背景が分かるような、言わばエピソード的な記事を並べて、読者の興味を惹き、かつ読者の理解を助ける構成にしてある。

Continue reading "『ヒトラーはなぜ戦争を始めることができたのか』ベンジャミン・カーター・ヘット(書評)"

| | Comments (0)

Tuesday, October 10, 2023

『2020年代の想像力』宇野常寛(書評)

【10月10日 記】 note でフォローしている評論家ではあるが、月額固定の有料マガジンは購入する余裕がなかったので、本になったのは嬉しかった。

しかし、それにしても、よくまあここまでいろんなことを考え、いろんなことを思うものだなあと思う。「なんちゅうか、そんなに難しくこねくり回さなくても、もっと気楽にコンテンツを楽しめば良いのに」などと思う人もいるだろう。

でも、宇野常寛は別に「この作品はひどいから読むな」とか、「こんなダメな作家はやめてしまえ」などと言っているわけではない(例えばこれだけ鋭く村上春樹を批判しておきながら、宇野が村上春樹の熱心なファンだということは行間に溢れている)。

それはあくまで「こんな風に読めるよ」という解釈の提示なのであって、舌鋒鋭いので作家を攻撃しているように見えるが、実は作品を通じて社会を分析し、社会を批判しているに過ぎないと僕は受け止めている。

しかし、そんな風に受け止められずに、直情径行にクソリプを浴びせ倒す読者も少なくないんだろうなと思う。この本の中にも、宇野がそういう反応に辟易して、あるいは怒り心頭に発して書いたと思われる表現が溢れている。

ある視点から考えたダメな作品が別の視点から考えるとよい作品だと考えられる、程度の思考に耐えられない人は社会や文化について、特に過激な言葉を用いて否定的なことを述べる前に少し「ものを考える」ということそのものについて学んで欲しいと思う。

これから僕が記していくのは、作品から得たものから展開する思考の開陳、つまり批評であり、作品の良し悪しに対する評価ではない。(それにしても度々このような断り書きをしないといけないのは、不幸な社会だと思う。)

「仮面ライダーに政治を持ち込むな」とか「反日ゆ゛る゛ざん゛」とか言っている人はまあ、そっとしておくとして(一応言っておくが、君たちはものを考える上での最低限のリテラシーが足りていないだけだ)、

これはこの作品がいい、悪いという判断とは別に(僕は最初からそういう話はしていないのだが)十分に頭を抱えていい問題だと思う。

今日においてエンターテインメントの批評とは、SNS上の共感獲得ゲームと化している。おそらく、こうした声を時間と場所を間違えて(いや、正しく?)投稿すると、たちまち誹謗中傷が押し寄せるだろう。

これらは全て、宇野がこの本で書いている論旨の本筋からは少し外れているのだが、これらを読むだけで彼がどういうスタンスに立っているかが判るだろう。そして、今の日本の世の中がどれだけ自由にものを言いづらい環境なのかということも。

Continue reading "『2020年代の想像力』宇野常寛(書評)"

| | Comments (0)

Tuesday, September 12, 2023

『夜果つるところ』恩田陸(書評)

【9月12日 記】 恩田陸の『鈍色幻視行』を読んだ人なら、そして恩田陸の 『鈍色幻視行』に魅了された人なら、その小説の中に出てくる飯合梓という作家の『夜果つるところ』を読んでみたくなったはずだ。

僕もこの、完成前に死者が出て三たび映像化が頓挫した“呪われた”小説が読めるもんなら読みたいものだと思ったが、まさか恩田陸が本当に書いていたとは思いもよらなかった。

冒頭は(当たり前だが)『鈍色幻視行』に引用されているのと同じ文章である。あれだけだと時代背景も場所もよく分からなかったのだが、昭和初期の、東京にほど近いどこかの山中の、遊郭めいた館だと判る。

遊郭めいたと書いたのは、必ずしも男が女を抱きにだけくるところではなく、レストランがあり、ラウンジがあり、茶室があり、中庭があり、カーキ色の軍服に身を包んだ軍人たちが議論をしたり、謀議を凝らしたり、あるいは舞を舞ったりする者もいる不思議な場所である。

で、読んでいると恩田陸はそれほど飯合梓に仮装しようとはしていなくて、これは今まで何度か読んだことのある恩田陸のパタンのひとつであるような気がする。

Continue reading "『夜果つるところ』恩田陸(書評)"

| | Comments (0)

Thursday, August 31, 2023

『惑う星』リチャード・パワーズ(書評)

【8月30日 記】 心が倦んでくると重厚長大な小説が読みたくなる。そんなときに僕が選ぶのが例えばリチャード・パワーズだ。

憶えている人はいないと思うが、上の文章は僕がドン・デリーロの『ホワイトノイズ』の書評を書いたときと全く同じ出だしだ(作家名だけが変わっている)。というのも、実は前回“心が倦んできて重厚長大な小説が読みたくなったとき”に、この2冊をほぼ同時に買ったのである。

しかし、さすがにその2冊を連続で読むほどの気概はなく、間に何冊か別の本を挟んだために約2ヶ月のインターバルができてしまった。

さて、この本もこれまでのパワーズの作品群同様に頭がクラクラしてくるような小説である。いつも通り難解な科学的知識が小説の中に編み込まれていて、やっぱり「べらぼうな」という形容を持ってきたくなる。

ただ、べらぼうな小説であるには違いないのだが、訳者の木原善彦もあとがきに書いているように、

技巧をこらした前作(『オーバーストーリー』)とは対照的に極めてシンプルに書かれた

作品である。何しろ登場人物が少ないので、まずそこのところで読んでいて混乱することがない。

Continue reading "『惑う星』リチャード・パワーズ(書評)"

| | Comments (0)

Monday, July 17, 2023

『成瀬は天下を取りにいく』宮島未奈(書評)

【7月16日 記】 表紙のイラストを見て、ひょっとしたら安物のライトノベルかも、などと見くびって読み始めたのだが、それはとんでもない大間違い。いやぁ、面白かった。

気がついたら「成瀬がんばれ!」と拳を握りしめて声援を送りながら読んでいる自分がいるのに気づいた。

でも、多分そんな人たちばかりじゃないんだろうね。「こういう子、苦手」とか「こういうタイプ、大嫌い」とか言う人いるんだろうね。でも、そんなこと成瀬は全く気にしていない。

ここには6つの話が描かれている。そして、最初は中学生だった成瀬あかりが、最終話では大学受験を控えた高校生になっている。

滋賀県大津市膳所に住む中学2年生の成瀬あかりは、閉店が決まった西武大津店に西武ライオンズのユニフォームを着て毎日通い、それを毎日中継している地元テレビ局の『ぐるりんワイド』に映り込む。

そうかと思えばいきなり M-1グランプリに出場すると言う。

そのいずれにも幼馴染の島崎みゆきが巻き込まれる。成瀬があまりに突拍子もないことを言って突拍子もないことをやるので、同級生たちはみんな遠巻きにしているが、島崎はあけび幼稚園以来の腐れ縁だからとつきあってやる。

M-1 グランプリの結果は当然予選落ちだ。しかし、成瀬はどんなに島崎が足を引っ張っても一切島崎を責めず、「島崎が付いてきてくれただけでいいんだ」と心から感謝している。発想こそぶっ飛んでいるが、基本的に真面目で、前向きで、思いやりのある女の子なのである。

成瀬は 200歳まで生きると言う。冗談で言っているのではなく、本気だ。そのための地道な努力も惜しまない。

成瀬は礼儀正しい。そして、「挨拶は防犯の基本だ」などと年寄りじみたことを言う。

成瀬は期末テストで 500点満点を取ると言う。「日頃から口に出して種をまいておく」のだそうだ。大きなことを 100個言ってひとつでも叶えたらすごいと言われるとのこと。結果は 490点だったから「それってほら吹きとどう違うの?」と言うと、しばらく考えて「同じだな」と認める。

挙句の果てに「将来、わたしが大津にデパートを建てる」と言う。大言壮語もすごいが、郷土愛もすごいのだ。

Continue reading "『成瀬は天下を取りにいく』宮島未奈(書評)"

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 映画・テレビ評(22) 映画・テレビ評(23) 映画・テレビ評(24) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 書評(22) 書評(23) 書評(24) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文