Friday, February 03, 2023

「キネマ旬報」2月下旬号(1)

【2月3日 追記】 今日発売の『キネマ旬報』2月下旬号を入手したので、今年も年末に書いた「『キネマ旬報』ベストテンの20位以内に入ってほしい邦画10本」とつきあわせてみる。

まず、2022年のキネ旬ベストテンの 1位から 20位は下記のとおりである:

  1. ケイコ 目を澄ませて
  2. ある男
  3. 夜明けまでバス停で
  4. こちらあみ子
  5. 冬薔薇
  6. 土を喰らう十二ヵ月
  7. ハケンアニメ!
  8. PLAN75
  9. さがす
  10. 千夜、一夜
  11. 犬王
  12. 夜を走る
  13. マイスモールランド
  14. やまぶき
  15. 流浪の月
  16. あちらにいる鬼
  17. 麻希のいる世界
  18. さかなのこ
  19. 夕方のおともだち
  20. 窓辺にて

今年は同点同順が多い。

僕が観ていないのは、4)、6)の『PLAN75』、12)、13)、14)の『やまぶき』、17)、19)。

そのうち 4)と 6)『PLAN75』、13) は良い評判も聞いていたのだけれど観ていない作品。17)は久しぶりの塩田明彦作品で観たかったのだが見逃した。それ以外は「何でしたっけ、それ?」という感じ。

いずれにしても他の映画賞ではカバーしきれないようなマイナーな作品がしっかりと評価されているのがキネ旬の特徴であり、素晴らしいところであると僕は思っている。

ちなみに 1位に選ばれた『ケイコ 目を澄ませて』は、僕は今年になってから観たので、去年選んだ「『キネマ旬報』ベストテンの20位以内に入ってほしい邦画10本」には当然含まれていない(もしも去年の内に観ていたらどうだったか?と言われても、それは分からないし、そんなことは考えない)。

Continue reading "「キネマ旬報」2月下旬号(1)"

| | Comments (0)

Sunday, January 29, 2023

映画『ミスター・ムーンライト』

【1月29日 記】 映画『ミスター・ムーンライト』を観てきた。1966年のビートルズ来日公演をめぐるドキュメンタリ。当時の様々な関係者、及びファンへのインタビューを中心に構成してあり、ところどころフッテージも出てくるが、そっちよりも結構深いインタビューのほうがメインである。

僕はビートルズを、まずは社会現象として知り、彼らの解散後に遡って音楽を聴いて行った世代であり、もちろんビートルズの偉大さはよーく分かっているつもりだが、そんなに熱狂的なファンというわけではない。

今回見に行った一番大きな理由は「監督 東考育」という文字を目にしたからだ。この人はテレビマンユニオンに所属するディレクターで、僕が勤めていたテレビ局の海外体験番組でも海外取材Dとして何度も名前を連ねていた人だ。

「孝」という字はよく名前に使われるが「考」は珍しいのですぐに名前を憶えてしまった。名刺こそ交わしていない(と思う)が、スタジオやサブやスタッフルーム、あるいはテレビマンユニオン社内の廊下ですれ違っていても不思議はない。

で、これは見に行って良かった。とても面白かった。

この映画を観るまで知らなかったことがいくつかあって、ひとつは当初ビートルズは日本の音楽関係者にほとんど評価されておらず、東芝レコードの高嶋弘之という人が奔走して漸くレコードが発売され、人気が爆発し、大ヒット連発になったということ。

一般の大人たちが「うるさい」などと言って相手にしなかったのは解る(現に僕の父親もそうだった)が、音楽史的に見てもこれだけエポック・メイキングな曲作りとパフォーマンスを展開した彼らが業界人のおじさんたちにも当初は理解されなかったというのはとても意外な新事実だった。

それから、まあ、これは考えたら確かにそうだったのかもしれんと後から思ったが、日本武道館は言うまでもなく元々武道のために建てられた施設であり、そこでコンサートなんぞをやったのはビートルズが最初で、警備をはじめ前代未聞の対応だったということ。

そして、そのコンサートは、前座を除くとわずか 35分間で終わってしまったということ。今、僕らはスタジアムでのライブと言うと、大体2時間から2時間半ぐらいの長さを想定してしまうが、当時はそうじゃなかったのだ。そのわずか 35分に観客たちは大感激、大満足して帰って行ったということがにわかに信じがたいが、逆に言うとそれだけビートルズという存在がすごかったのかと驚いたりもした。

Continue reading "映画『ミスター・ムーンライト』"

| | Comments (0)

Wednesday, January 25, 2023

映画『そして僕は途方に暮れる』追記

【1月25日 追記】 最初に書いておくと、これはこの映画や出演者を貶したくて書いているわけではない。ただ「ここは分からない」という話:

僕は前の映画評に、主人公の裕一について「僕は彼に共感のカケラも感じない」と書いた。

観た人の中にはそれほどでもない人、つまり、「いやぁ、自分にも多少そういうところはあるし、解る気もしないでもない」みたいな人もそりゃあいるだろうとは思う。

しかし、驚いたのはパンフに載っていた藤ヶ谷太輔のインタビューである。彼は自分が演じたクズ男・裕一について、こんなことを言っているのである。

共感というよりは、かっこいいなと思いました。逃げ出したいなという欲は、人間誰しもが持っていると思うんですよね。でも、逃げたとしても、いずれは本来の生活に戻らなければいけない。それを想像すると、どういう顔で戻ってくればいいか、どう謝ればいいかわからないから、みんな仕方なく踏ん張っている。その逃げ出したい衝動に素直に従っている裕一って、逆にカッコいい人なんじゃないかなって思うんです。

Continue reading "映画『そして僕は途方に暮れる』追記"

| | Comments (0)

Sunday, January 22, 2023

映画『そして僕は途方に暮れる』

【1月22日 記】 映画『そして僕は途方に暮れる』を観てきた。

三浦大輔は僕とは非常に相性の悪い監督である。最初に観た『ボーイズ オン・ザ・ラン』だけはとても良かったので、その後も何本か我慢して観たのだが、いずれも印象が悪い。

特にセックスを描かせるとサイテーだ、と僕は思う。そのくせセックスを描こうとするから醜悪だ、と僕は思う。ひょっとして三浦監督のファンがこれを読んで怒り狂ったりされてもアレだから「と僕は思う」と添えておくが…。

それで今回はセックス・シーンがありませんように、と祈るような思いで見に行ったら、なかった! そして、映画も良かった!

ほとんど自分の都合しか考えていなくて、なにごとにもテキトーに対処してりゃ良いと高を括っており、都合が悪くなると一目散に逃げ出すクズ男・裕一(藤ヶ谷太輔)の話だ。僕は彼に共感のカケラも感じない。

しかし、僕はこういう男が主人公の映画は大好きだ。

彼の周りにもダメな奴がいっぱい出てくる。

浮気をした裕一に取り乱すが、そのくせ吹っ切れずにいつまでもうじうじしている同棲相手・里美(前田敦子)。

小学校時代からの親友だが、どんなに迷惑を被っても裕一に強く言うことができず、逆にへらへらと裕一を気遣うようなことを言ってしまう伸二(中尾明慶)。

裕一を甘やかし放題で、実の息子を君付けで呼び、「ありがとうございます」「すみません」などと丁寧語で喋ってしまう母・智子(原田美枝子)

そして、終盤から出てくる裕一の実父・浩二(豊川悦司)。この男がすごい。10年前に家族を捨てて逃げ、若い女と一緒になったが彼女とも離婚し、離婚のために友だちから借りた金を踏み倒し、社会との繋がりを断って毎日パチンコ三昧。

人生を「ぬるま湯だよ」と嘯き、裕一には「逃げて、逃げて、逃げ続けろ」とアドバイスする。タイプは違うが責任逃れの仕方が僕に自分の父親を思い出させて胸くそが悪くなった。

Continue reading "映画『そして僕は途方に暮れる』"

| | Comments (0)

Saturday, January 14, 2023

映画『ケイコ 目を澄ませて』

【1月14日 記】 映画『ケイコ 目を澄ませて』を観てきた。三宅唱監督の前作『きみの鳥はうたえる』はとても良かったし、何よりも岸井ゆきのは 2015年のTV『るみちゃんの事象』や2016年のTV『ランドリー茅ヶ崎』と映画『ピンクとグレー』(『愛がなんだ』や『おじいちゃん死んじゃったって』より前だ)以来ずっと目をつけて応援してきた女優だから。

冒頭でケイコ(岸井ゆきの)は両耳とも難聴でほとんど聞こえないという説明がテロップで出たので驚いた。多くのドラマではそういうことをちょっとした出来事や誰かの台詞で観客に伝える。この映画ではそんなところに時間を割いている暇などないということか?

そのケイコが荒川区にあるボクシングジムに通い、プロのライセンスも取って、デビュー戦にも勝った。映画はその時点から始まる。

ケイコは東京で弟(佐藤緋美)と同居している。母親(中島ひろ子)は彼女の試合のときなどに上京してくるが、怖くてまともに試合を見られない。彼女がリングサイドで撮った写真が劇中で紹介されるが、手ブレなんてもんではなく、ほとんど識別できないぐらいにピントがずれ、画が流れている。

ジムには会長(三浦友和)の下に2人のトレーナー、林(三浦誠己)と松本(松浦慎一郎)がいて、ケイコは彼らの指導を受けている。

耳が聞こえないということは、ゴングもレフリーの指示もセコンドの声も聞こえないということで、これは相当なハンディキャップである。会長はインタビューに答えてそう言っている。そして、彼女には才能はないと言い切ったあとで、「でも、目がいいんだよね」と言い、人間性も褒めている。

Continue reading "映画『ケイコ 目を澄ませて』"

| | Comments (0)

Tuesday, January 10, 2023

映画『ファミリア』

【1月10日 記】 映画『ファミリア』を観てきた。閉館が決まっている東映直営の丸の内TOEI。(すみません、ちょっと今回はネタバレっぽいかもしれません)

随分と暑苦しそうな映画だなと思ったのだが、ブラジルからの移住者という珍しいテーマだったのに惹かれて観に行った。出てくる風景も日本の都会とは違って独特の世界である。

監督は成島出。脚本を書いたいながききよたかは実際に豊田市にあるブラジル人が多く住む団地の近所で育ったのだそうだ。

映画が始まったらいきなり構図に圧倒された。

森の中の画面奥のほうで神谷誠治(役所広司)が木の根っこの辺りから陶器に使う土を掘り起こして袋に詰めている画。

そして、ブラジル人が何千人も住んでいる団地の、2つある棟の間に小さな棟をもう一つ建てて連結したみたいな変わった形の建物。よくもまあこんな団地を見つけたものだ、と思ったら、まさにこのロケ地自体こそが、豊田市にある住民のほとんどがブラジル人という団地そのものだった。

その連結棟のかなり高い位置から俯瞰の映像がするする降りてきて、水商売から帰ってきた女たちとこれから仕事に出かける男たちを捉えたかと思うと、その側の道を走る誠治の車などをドローンを使った長回しで追う。

家の周りのシーンでも、固定ではなく結構動きのある長回しを多用していて、とても印象的だった。冒頭の土掘りだけでなく、学とナディアの引き画の2ショットも力強かった。撮影監督は藤澤順一だった。

Continue reading "映画『ファミリア』"

| | Comments (0)

Sunday, January 08, 2023

映画『恋のいばら』

【1月8日 記】 映画『恋のいばら』を観てきた。城定秀夫監督。

あまり日本では評判にならなかった『ビヨンド・アワ・ケン』という香港映画のリメイクであるらしい。脚本は城定監督と『愛がなんだ』や『かそけきサンカヨウ』の澤井香織の共同。めちゃくちゃ面白かった。

莉子(玉城ティナ)はポールダンサーのいるナイトクラブでバーテンのアルバイトをしながらプロのダンサーを目指している。睫毛パーマに可愛いマニキュア、インスタの投稿もおしゃれな女子。カメラマンの健太朗(渡邊圭祐)と交際している。

莉子がバスに乗っていると、他の席も空いているのに隣に桃(松本穂香)が座ってくる。桃は図書館で働く地味なメガネ女子。莉子は桃のことを知らないが、桃は「話がある」と言って莉子を無理やり喫茶店に連れ出す。

桃の話によると、健太朗は桃の元カレで、桃は彼に振られたのだが彼に撮られた写真でリベンジポルノみたいなことをされないか不安で仕方がないと言う。莉子は初めは桃を相手にしなかったが、そういえば自分もベッドの上で健太朗に写真を撮られたことがあったことを思い出し、不安になる。

結局、莉子は桃に連絡を取り、2人で彼の家に忍び込んで、恐らく彼の PC の中にあると思われる写真を消す計画を立てる。桃が持っていた合鍵で開けようとするが、鍵は取り替えられていて入れない。まずは彼から鍵を盗んで合鍵を作るところから始まる…。

Continue reading "映画『恋のいばら』"

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 映画・テレビ評(22) 映画・テレビ評(23) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 書評(22) 書評(23) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文