Thursday, March 04, 2021

BSフジ『HIT SONG MAKERS 消えゆく昭和の音楽の星たち』

【3月4日 記】 録画してあった『HIT SONG MAKERS 消えゆく昭和の音楽の星たち』(2/21 BSフジ)を漸く観た。去年亡くなったさまざまな歌謡曲~J-POP 関係者、とりわけその中でも筒美京平となかにし礼という2人の巨星にスポットライトを当てた特別番組だ。

BSフジが誇る音楽番組の名作『HIT SONG MAKERS』での取材をメインに再構成したものであることがタイトルから伺える。

ちなみに僕はこの番組が出した5枚組のDVDを持っている。そして、このブログにも何度も書いてきたが、僕は筒美京平という作曲家を崇拝している。

『筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997 2013Edition』も、リッピングではあるが全曲持っている。『筒美京平作品 楽譜集 Kyohei Tsutsumi Songbook Ultimate Collection 1966~2008 100songs』も買った。

そして、去年相次いで亡くなったこの2人については、筒美京平関連で4本なかにし礼関連で1本の記事を上げている。

Continue reading "BSフジ『HIT SONG MAKERS 消えゆく昭和の音楽の星たち』"

| | Comments (0)

Saturday, February 27, 2021

映画『三月のライオン』

【2月27日 記】 映画『三月のライオン』のデジタルリマスター版を観てきた。クラウドファンディングでミニシアターエイドを支援して、そのリターンとしてもらった無料鑑賞券を漸く使うことができた。アップリンク渋谷。

羽海野チカの漫画を大友啓史監督が神木隆之介主演で撮った『3月のライオン』ではない。『ストロベリーショートケイクス』や『さくら』の矢崎仁司監督による1992年公開の映画である。世界各国の映画祭で大きな話題を呼んだ作品だ。

まず思ったのは、この素晴らしい女優は一体どこに行ってしまったのだろう?ということ──主演の由良宜子である。僕は彼女の名前を聞いた記憶がない。調べてみても2001年を最後に出演作は途絶えている。このまま消えてしまったのだとしたら非常に残念だ。

間違っても実生活でこんなにぶっ飛んでて面倒くさい女の子とつきあいたいとは思わないが、女優としてはかなり好きだ。エロくて可愛くて健気で個性的──この映画の魅力は彼女の魅力に尽きると思う。

映画は何枚かのモノクロ写真と文字テロップで始まる。小さい頃からずっと兄を愛し兄を慕ってきた妹が、記憶喪失になった兄に対して自分はあなたの恋人だと偽って一緒に暮らす。そこまでのことを少年少女の幼少期の写真と文字情報で一気に伝えてしまってから映画は始まる。

ちょっと、そういう手法ってありかいな?とは思う。

兄はハルオ(趙方豪)、妹はナツコ(由良宜子)。ナツコは兄の前ではアイスと名乗っている。アイスは大きなアイスボックスを鞄代わりに持ち歩いて、そこに何でも入れている。そしてアイスキャンデーばかり食べている。兄は瓶のコーラばかり飲んでいる。

これはいつの時代なんだろう?と思う。コーラは缶ではなく瓶が普通だった時代。街路には公衆電話が立ち並び、そのガラスにはピンク・チラシが貼ってあった時代。バイクに乗るのにヘルメットが義務づけられてなかった時代。

1990年代初頭って、そんな時代だったか? なんか、もっと古い時代のように思える。

Continue reading "映画『三月のライオン』"

| | Comments (0)

Tuesday, February 23, 2021

映画『花束みたいな恋をした』

【2月23日 記】 映画『花束みたいな恋をした』を観てきた。坂元裕二・脚本。監督は TBS の土井裕泰。この人の名前は「のぶひろ」って読むらしい。今回初めて知った。

山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)の、大学生から社会人(フリーターも含む)に至る、足掛け5年に及ぶラブ・ストーリーである。

2人の出会いと馴れ初めが描かれた部分では、「そんなに偶然の一致ってあるものか? いくらなんでもそこまで趣味嗜好と志向性が近い相手は現れんだろう」という感じがして、言わばおとぎ話のような恋愛である。

そもそもそんな組合せはありえないということもあるが、それよりも僕が思うのは、そこまで全部一致していなくても恋は成立するし、むしろ芯になる共通性が少しあって、あとは適当に違うほうが2人の関係はうまく行くということだ。

「芯になる」と書いたように、共通性は全体に広がる必要はない。細くても中心にあれば良いのである。

しかし、それにしても、ここまで感性の一致する相手と出会って、それが自分の恋愛対象となる性別の、恋愛対象となる年齢や環境の人であれば、2人は間違いなく恋には堕ちるだろうが…。

そして、その2人の共通性を語るために、これでもかこれでもかと言うぐらい作品名(小説、漫画、ゲーム、音楽、映画etc)や作家名、ブランド名などを繰り出してくる脚本の手法が本当に上手く機能していて、リアリティを感じさせてくれる。

reality は triviality の中に宿るのである。

Continue reading "映画『花束みたいな恋をした』"

| | Comments (0)

Sunday, February 14, 2021

映画『ファーストラヴ』

【2月14日 記】 映画『ファーストラヴ』を観てきた。堤幸彦監督。原作は島本理生の直木賞受賞作。今回は珍しく原作を読んでいる。ただし、毎度のことながらほとんど憶えていない。映画を見たら思い出すかと言うと、それほどでもない(笑)

ただ、やっぱり「こんな作品だったかな?」という思いはある。なんとなく原作はもっと面倒くさい小説であったような気がするのだ。ただし、これは僕が彼女のデビュー作『ナラタージュ』を読んだときの感想と混同しているのかもしれない。

ただ、いずれにしても人が生きて行くことの痛みを描いた小説だ。そして、映画のほうも、いくつかオリジナルのシーンを入れ込みながら、基本的には原作のラインを守って作って行ったようだ。

高名な画家である父親(板尾創路)を包丁で刺し殺した女子大生・環菜(芳根京子)。彼女は警察の取り調べに対して「動機はそちらで見つけてください」と言ったと報じられている。

公認心理師(原作では臨床心理士)の真壁由紀(北川景子)は彼女を取材して本を書こうと思う。恐らくなんとなく彼女の中に、自分が父親に対して抱いて悩み苦しんできた嫌悪感と近しいものを嗅ぎ取ったのだろう。

彼女の弁護を引き受けた弁護士は夫の我門(窪塚洋介)の弟(実際は従兄弟だが、事情があって我門の両親に引き取られ、弟になった)庵野迦葉(中村倫也)だった。

由紀は大学時代に迦葉とつきあっており、我門と知り合ったのはその後なのだが、それを隠して我門と結婚した(原作では隠していない)。

上にも少し書いたように、この物語では主人公の由紀と殺人犯の環菜の2人ともに、父親をめぐる似たような性的なトラウマがある。必ずしも犯罪的な行為があったわけではない。ただ、その絶望感と嫌悪感と恐怖感と諦めを混ぜ合わせたような感情を、2人とも「目が怖い」という表現で表している。

浅野妙子の脚本はまとまりが良すぎて、もう少し分かりにくくても良かったのではないかという気がした(もちろん分かりにくい部分も適宜残してあるのだが)が、役者たちの好演もあり、堤演出も外連味なく、良い映画になったと想う。

Continue reading "映画『ファーストラヴ』"

| | Comments (0)

Friday, February 12, 2021

映画『すばらしき世界』

【2月12日 記】 映画『すばらしき世界』を観てきた。西川朝子P、西川美和監督・脚本。そうか、西川朝子氏は今はバンダイナムコアーツにいるのか。それで製作委員会に同社が名前を連ねている(トップの位置に表記してあるので、多分幹事社なのだろう)。

すごい映画だった。冒頭は旭川刑務所。殺人罪で服役しており、もうすぐ出所できる三上(役所広司)。反省しているかと訊かれて素直に反省しているとは答えない。

出所してとりあえずは東京の身元引受人である庄司弁護士夫婦(橋爪功、梶芽衣子)の家に居候する。やがて三上はアパートを借り、庄司の勧めでまことに不本意ながら生活保護を受け、仕事を探し始めるが、おいそれと仕事はない。

そんな三上を取材しようとフリーのディレクターの津乃田(中野太賀)がやってくる。そそのかすように彼をその仕事につけたのは津乃田の元勤務していた局のプロデューサー・吉澤(長澤まさみ)である。

一方で、周りは三上を蔑み排除する人間ばかりかと言えばそうではない。庄司夫妻もそうだし、時として三上にきびしいことを言いながらいろいろと骨を折ってくれるケースワーカーの井口(北村有起哉)や近所のスーパーの店長・松本(六角精児)もいる。

が、短気で一本気な三上の性格も災いして、簡単に堅気の世界には馴染めない。

刑務所から出てきた殺人犯の話となれば、観ているほうは当然次の劇的な展開を期待する。例えば真人間になって真面目に暮らし始めたらみんなが受け入れてくれた、とか、逆に昔の癖が抜けずについつい暴力に走ってしまいまた堕ちるところまで堕ちてしまった、とか。

でも、この映画ではその何かが却々起こらないのである。真面目にやろうとは思う。でも、運転免許も失効しているし、前科者を雇う会社もない。かと言って、まだ昔のヤクザ仲間には連絡を取っていない。その何も起こらないところが三上にとっては耐えられないくらい辛いことなのだ。

その一方で、最初はおっかなびっくりだった津乃田が次第にある意味三上に惹かれて行く様が、観客を映画に引き込んで行く。

Continue reading "映画『すばらしき世界』"

| | Comments (0)

Saturday, January 30, 2021

映画『おもいで写眞』

【1月30日 記】 映画『おもいで写眞』を観てきた。なんで「眞」だけが旧字体で「写」は「寫」にしなかったんだろう?

テンカラットが開設25周年記念映画として青春恋愛映画の名手・熊澤尚人監督を迎えて製作した作品。

だが、なんで深川麻衣主演なのか? 主演すること自体はおかしくはないが、25周年の看板を背負うには年齢的にもキャリア的にもやや中途半端で、イメージとしてもやや地味ではないか?(前作『パンバス』は良かったけど)

テンカラットと言えば、この映画にも出ているが、高良健吾や井浦新、香里奈、そして他にも田中麗奈や石田ひかり、中条あやみをはじめ、錚々たる俳優を抱えている。それとも、事務所的にはちょうど深川麻衣あたりが強化ポイントだったんだろうか?

などといろいろ思ったのだが、これは熊澤監督の指名だった。

上映前の舞台挨拶ライブ・ビューイングで聞いた話では、この企画は熊澤監督が9年前に書いて映画化しようとしたのだが却々実現せず、そんな中で監督がテンカラットで演技レッスンを受け持ったときに、「深川麻衣主演で撮ると面白いのではないか」と閃いて脚本を書き直し、テンカラットに持ち込んだとのこと。

テンカラットからはその場で OK が出たしたらしいのだが、その際に監督がすかさず「では、相手役は高良健吾さんでお願いします」と、これまた名指ししたのだそうである。

Continue reading "映画『おもいで写眞』"

| | Comments (0)

Sunday, January 24, 2021

映画『さんかく窓の外側は夜』

【1月24日 記】 映画『さんかく窓の外側は夜』を観てきた。森ガキ侑大監督。本来は昨年 10/30 公開の予定がコロナ禍で延期になったのだが、新たな公開日が2回目の緊急事態宣言の真っ只中になったのはまことに気の毒だった。

大ヒットした漫画が原作なのだそうだ。

相沢友子の脚本が冒頭から手際が良い。霊視能力があるために友だちから疎まれた少年時代の三角康介(みかどこうすけ)。ディゾルブして現在の三角(志尊淳)に。

横断歩道を渡っているとまた霊が見えてビクつく三角。歩道を渡った先に冷川理人(ひやかわりひと、岡田将生)が立ってこちらを見ている。三角の能力に気づいたようだ。

そして、三角が勤務する書店にまた霊が現れる。そこに冷川が来て三角に触れる。彼に触れているとぼやっとしか見えなかった霊がはっきり見えると言い、手をかざして霊を消す。彼の名刺には「物件鑑定・特殊清掃」とあるが、要は除霊師である。

霊を怖がり、「僕の幻視です」と逃げる三角を、冷川は「君はこれまで自分が見てきたものを否定するのですか」と言って呼び止め、そして自分の助手になってくれと頼む。

設定がすっと入って来る巧い立ち上がり方だと思う。

そこに3人目のメイン登場人物として現れるのが、バラバラ殺人事件を追っている半澤刑事(滝藤賢一)。彼は2人と違って全く霊的な能力がない上、オカルト的なものを全く信じておらず、そのことが逆に2人にとっての力となる。

そして敵役として登場するのが女子高生の非浦英莉可(ひうらえりか、平手友梨奈)。彼女は待ち伏せしていた(のかな?)弁護士(北川景子)を一発で呪い殺す強い力を持っている。

Continue reading "映画『さんかく窓の外側は夜』"

| | Comments (0)

Saturday, January 09, 2021

映画『ジョゼと虎と魚たち』

【1月9日 記】 映画『ジョゼと虎と魚たち』を観てきた。複数の知人が褒めているのを読んだから。

『ジョゼ』と言えば僕にとってはまず犬童一心監督であり、池脇千鶴である。2003年キネマ旬報ベストテン日本映画部門第3位に輝いた実写映画だ。

僕は WOWOW でこの映画を観て池脇千鶴がタダモノではない女優であることを思い知らされ、いっぺんにファンになった。

だが、これの原作が田辺聖子であるとは知らなかった。田辺聖子と言うからもっと古い作品かと思ったが、1984年に発表された小説だそうな。今回のアニメ版では、携帯電話のある現代に設定が置き換わっていたが。

で、それほど感銘を受けた実写版だったのだが、例によってほとんど何も憶えていない。今回のアニメ版を観ながら、「あれ? こんな話だっけ?」を首を傾げた。調べてみたら、原作とも実写版とも変えているところが結構あるようだ。

ま、そんなことはどうでも良い。僕が映画を観るときに評価のポイントにしているのは、それが映像でしか表現できない作品になっているか、それがアニメであるならアニメであるからこその表現になっているかどうかということだ。

そういう意味ではアニメ的に優れた作品だった。制作はボンズである。

Continue reading "映画『ジョゼと虎と魚たち』"

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

iPhone おすすめサイト ことば アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム サイト更新情報 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ プレイログ ペット 今日のBGM 仕事 住まい・インテリア 学問・資格 心と体 心に移りゆくよしなし事 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学・歴史 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ考 映画・テレビ評(05) 映画・テレビ評(06) 映画・テレビ評(07) 映画・テレビ評(08) 映画・テレビ評(09) 映画・テレビ評(10) 映画・テレビ評(11) 映画・テレビ評(12) 映画・テレビ評(13) 映画・テレビ評(14) 映画・テレビ評(15) 映画・テレビ評(16) 映画・テレビ評(17) 映画・テレビ評(18) 映画・テレビ評(19) 映画・テレビ評(20) 映画・テレビ評(21) 書籍・雑誌 書評 書評(02) 書評(03) 書評(04) 書評(05) 書評(06) 書評(07) 書評(08) 書評(09) 書評(10) 書評(11) 書評(12) 書評(13) 書評(14) 書評(15) 書評(16) 書評(17) 書評(18) 書評(19) 書評(20) 書評(21) 経済・政治・国際 美容・コスメ 育児 舞台 芸能・アイドル 趣味 関西・関西人 音楽 音楽追悼文