Saturday, March 07, 2020

『グッド・バイ』太宰治(書評)

【3月7日 記】 なんでいきなりこんな古臭いものを読んだかと言うと、それは成島出監督の映画『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』を観たからで、その映画はケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲『グッドバイ』(2015年初演)を原作としており、その戯曲は太宰治の『グッド・バイ』を原作としていたからで、急にこれが読みたくなった。

太宰治は高校時代にいろいろ読んだから、この短編も読んでいる可能性があるが、何でも忘れてしまう僕のことであるから、読んでいたとしても中身を憶えているはずがない。しかし、映画を観て、この小説は高校生が読んで理解できたとは到底思えないので、どうしてもこれが読みたくなったというわけだ。

と言っても本を買って読んだのではない。僕は映画を見ると必ずパンフレットを求めるのだが、その中にこの小説が全編掲載されていたからである。短い作品だから、パンフレットに全編掲載できたし、短い作品だからあっという間に読めた。

で、最後まで読んで、これが未完の小説であることを初めて知った。そして、サンドロヴィッチの戯曲はこれをかなり膨らませて、と言うか、太宰が書かずに終わったこの先を書いたものであり、もう見事な完成品としか言えないものであることが分かった。

映画を観ているものだから、田島については大泉洋の、キヌ子については小池栄子の顔がどうしても浮かんでくる。とりわけ、舞台でも同じ役を演じていた小池栄子の、ちょっとやりすぎじゃないかと思うほど作った悪声まで脳内に響く。

しかし、原作を読むとこれについては「鴉声」という表記があり、ああ、小池栄子が作ったものではないのだということが分かった。

Continue reading "『グッド・バイ』太宰治(書評)"

| | Comments (0)

Sunday, March 01, 2020

『夏への扉』ロバート・A・ハインライン(書評)

【3月1日 記】 SF小説というものは僕はあまり読まないのだが、その中にあって歴史的名作と言われるこの作品を読んでみようと思ったのは、冒頭の文章がとても素敵だと聞いたからだ。

主人公の「ぼく」はピートという牡猫を飼っている。そして、彼の家には 11のドアと、彼がピート用に板切れで作ってやったドアが一つある。ピートは冬が苦手で、自分用のドアを開けてそこに冬景色が見えると決して外には出なかった。

その代わりにピートは主人公の「ぼく」に人間用のドアを一つずつ開けさせる。

彼は、その人間用のドアの、少なくともどれかひとつが、夏に通じているという固い信念を持っていたのである。

素敵な書き出しだ。この書き出しについて誰かが(多分 JAL の機内誌だったと思うのだが)書いていた文章を読んで、僕は無性に読みたくなった。

この作品の、SF としての道具立ては冷凍睡眠(コールドスリープ)とタイムマシンである。自らが腕の良い技師である主人公は、しかし、他人が作ったこれらの仕組みを通じて、1970年と2000年のアメリカを行ったり来たりする。

1957年に発表されたこの小説が、2000年について書いている未来像があまりに見事で、そのことに驚く向きも多い。確かに、さすがにコンピュータ社会を予見するには至っていないが、今実現しているものとあまり変わらない技術や商品の記述があって、時々驚いてしまう。

だが、僕が一番驚いたのはそこではない。そして、時代を行き来していろんなことを成し遂げるトリックでもない。

Continue reading "『夏への扉』ロバート・A・ハインライン(書評)"

| | Comments (0)

Friday, February 07, 2020

『祝祭と予感』恩田陸(書評)

【2月5日 記】 『蜜蜂と遠雷』の言わばスピンオフ短編集。『祝祭と予感』というタイトルも全6編の最初の『祝祭と掃苔』と最後の『伝説と予感』を組み直したものだが、全ての章が『蜜蜂と遠雷』と同じ『○△と☆□』という構造になっている。

これを読んでいて思い出したのは、語の本来の意味とは少し異なるけれど、「余技」という言葉。そう、これは恩田陸の余技という感じがするのだ。

例えば原作小説を映画化するために設定を膨らませたり、筋をいじったりする作業に似ているのではないだろうか。

映画監督によってはメインの登場人物全員の育った環境や経歴、背景などを細かく規定して役者に渡す人がいると聞くが、ひょっとしたら恩田陸はクランクイン前にこの小説を書いて石川慶監督に渡したのではないかと思うほど。

勝手に原作小説をいじると原作者に怒られることもあるはずだが、何と言っても自分が原作者なのだから、誰にも怒られない。楽しくて仕方がなかったのではないだろうか。そういう感じが僕に「余技」という言葉を想起させたのである。

Continue reading "『祝祭と予感』恩田陸(書評)"

| | Comments (0)

Sunday, February 02, 2020

『超ヒマ社会をつくる』中村伊知哉(書評)

【2月2日 記】 僕は中村伊知哉センセの講演を何度も聴いたことがあるし、仕事上若干の繋がりもあり名刺交換もしているが、向こうは憶えているはずがないので気楽に書く。

伊知哉センセの特徴は何と言ってもその胡散臭さである。

京都大学の学生~少年ナイフのプロデュース~郵政省(現・総務省)入省~MITやスタンフォードなど米国の大学に留学~慶應義塾大学の先生~数多くの政府機関や諮問委員会の委員~吉本興業の社外取締役などと、その経歴を見ただけでもかなりのインパクトがあるが、まず目につくのはその容姿、と言うか服装である。

伊知哉センセは常に紋付袴姿なのである。事務所のある赤坂界隈を闊歩するセンセをよく見かけるのだが、これは実はよく見かけているのではなく、半径 50m 以内にセンセがいると絶対に気づくというだけのことだ。

役人時代の写真を見ると、そこでは常に蝶ネクタイを締めていたりする。ともかく目立つのである。

彼のことを「自分が目立つこと、自分のパフォーマンス以外には全く興味がない」と言う人がいる(僕が言っているのではないので、念のため)。いや、本人が目立ちたいのかどうかは知らんが、なんであれ目立つのである。そして、目立つことが明らかに彼の仕事のプラスになっている。

Continue reading "『超ヒマ社会をつくる』中村伊知哉(書評)"

| | Comments (0)

Friday, January 17, 2020

『[映]アムリタ』野崎まど(書評)

【1月17日 記】 野崎まどの名前をどこで知ったかはっきりした記憶がないのだが、そこそこ前から野崎まどの名前は僕の脳裏に刻まれていた。脚本家としての彼の仕事を初めて体験したのはTVアニメの『正解するカド』で、劇場用アニメ『HELLO WORLD』で完全にノックアウトされた。

でも、彼の小説を読んだことはないと思っていた。それでこのデビュー作にして電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞作を手にとってみた。

ところがそこではたと気づいたのである。僕は彼の『know』を読んでいた。しかも、Kindle を初めて買った時に最初にダウンロードした記念すべき小説である。

僕の場合は読んだ本でも観た映画でもすぐにほとんど全ての内容を忘れてしまうので、読んだことを憶えていないのは決して珍しいことではない。そのために書評や映画評を書いたりしているようなものだ。

となると、書評が残っていないかと探したのだが、何故だか残っていない。どうしてだろう? 当時は電子書籍で読んだものについては書評を書いていなかったのだろうか? 書評が残っていないと当時自分がこの本のどの部分に何を感じたのかが見当がつかない。

ただ、今まであまり読んだことのなかったジャンルだが面白かったという記憶はかろうじてある。

Continue reading "『[映]アムリタ』野崎まど(書評)"

| | Comments (0)

Monday, January 06, 2020

『5Gでビジネスはどう変わるのか』クロサカタツヤ(書評)

【1月6日 記】 マルチスクリーン型放送研究会の合同部会で講演を聴くまでは、僕はこの本のことも著者も知らなかった。でも、この講演を聴きに来た人のうちの一定割合は既にこの本を読んだ上で興味を持って聴きに来ていたようだ。

クロサカタツヤさんは所謂コンサル系の人なので、僕は最初警戒したと言うか見くびっていたと言うか、そんな感じだった。

あるじゃないですか、典型的なコンサル系講師の「この、コンサル野郎がっ!」みたいな、実務を知らずに机上の空論を振り回すけったくそ悪い感じ(笑)

でも、いざ語り始めると、そんな人では全くなかった。それが最初の驚き。

講演会終了後の懇親会で少し立ち話してみると、とても気さくで好奇心に溢れた感じの人で、僕と同じように twitter の黎明期に随分 twitter に嵌って twitter を楽しんだとの話を聞いて、なんだか和んで親近感が湧いた。

そういう人である。

で、話の内容はと言うと、「5G の説明で今までこんな解りやすい話聞いたことない!」という、これが2つめの驚き。

Continue reading "『5Gでビジネスはどう変わるのか』クロサカタツヤ(書評)"

| | Comments (0)