Friday, March 27, 2020

映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』

【3月27日 記】 映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』を観てきた。僕はドキュメンタリを普段見つけないので、ドキュメンタリとしての作りの巧拙を語る気はないけれど、逆にそんなことに全く気を取られることなく、めちゃくちゃ面白く観た。

1969年5月13日、東大駒場キャンパス900番教室で、1,000人を超える全共闘の学生と三島由紀夫の討論会が催された。その模様をTBSが取材した映像がまるまる残っており、それを編集して、間に様々な人のインタビューを挟んだドキュメンタリだ。

このインタビューの人選がまことに適切だ。いや、人選も適切なのだが、彼らの振り返りや解説、解釈が適切で、それがあるおかげで、僕らは議論の進み行きを整理しながら見届けることができるのだ。

インタビューされている人たちの何人かはその時その場にいた人たちだ。つまり、当時の東大全共闘の学生だった人。今ではみんな70歳過ぎの爺さんだが、それぞれ演出家であったり学者であったりする。そして、取材に入っていたTBSの記者と新潮社のスチル・カメラマン。

さらには三島が率いていた盾の会のメンバー。三島と親交のあった瀬戸内寂聴、三島を取材した『平凡パンチ』の記者(三島が『平凡パンチ』で扱われるような、言わば“スター”であったことを今日初めて知った)。

さらに、純粋に第三者的な立場から、平野啓一郎、内田樹(彼はこの翌年に東大に入学した)、小熊英二がキャスティングされているのだが、彼らの(とりわけ内田の)見立てや理解に説得力がある。

妻も観たいと言うので一緒に観たのだが、僕らのように、三島が自衛隊のどこかを占拠して演説の末自決した事件をリアルタイムで見聞きはしていながら、年齢的にその意味を解釈することがまるでできなかった世代にとっては、やっぱりとても気になる映画だった。

そして、僕らの疑問にいろんな意味で答えを出してくれる映画だった。

Continue reading "映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』"

| | Comments (1)

Saturday, March 21, 2020

映画『Cats』

【3月21日 記】 映画『Cats』を観てきた。

ミュージカル『Cats』を初めて観たのは1983年12月10日(日)、新宿西口のキャッツ・シアターでの劇団四季創立30周年記念公演だった。その後、劇団四季のミュージカルは何度か観ているが悉くがっかりさせられた。

今日まで観た四季の公演でがっかりしなかったのは、生まれて初めて観た『エクウス』(1978年3月4日(土)サンケイホール)だけで、これは市村正親がまだ若手だった頃の公演で、ミュージカルではなかった。

四季のミュージカルが何故そんなに肩透かしかと言うと、歌やダンスがどれだけ素晴らしくとも、ストーリーがあまりにつまらないからである。彼らも当然世界の名作ミュージカルを選んで上演しているわけだから、あくまでミュージカルというものは圧倒的な歌唱力とダンス・パフォーマンスで魅せるものであって、所詮いずれのストーリーもチャチなのかもしれない。

ところが今回は根本的に違う。それはカメラが入るからだ。

観劇というのは観客席からの定点観測だが、カメラが入ることによって、その視点は縦横無尽に動かすことができる。あたかも観客が上手から下手まで走りながら観るみたいに。

横移動だけではない。視点は上にも下にも、人間の身長の限度を超えて動かすことができる。それどころか真上からの映像も、真下からの映像も可能になる。

そして、圧巻はまさに踊っている最中のダンサーたちの内側に入って行けることだ。入っていって、動いているダンサーを上から下から横から斜めから、カメラ自身も動きながらダンサーのダイナミックな動きを捉えることができる。

それどころか、舞台という場所の制約がないから、場面によっては劇場の外へ出て100mぐらい後退し、劇場の屋根も壁も爆破しないと見えないような、思いっきり引いた構図の素晴らしい画も見られる。

そんな画期的な映像の予告編を見て、僕も妻もいっぺんに観たくなった。そして、アメリカ本国ではめちゃくちゃに酷評されているというニュースを聞いて、これは何が何でも観ないわけには行かなくなった。

Continue reading "映画『Cats』"

| | Comments (0)

Friday, March 20, 2020

映画『初恋』

【3月20日 記】 映画『初恋』を観てきた。

少なからぬ人が異口同音に言うように、三池崇史監督の作品には当たり外れがある。それは僕もそう思う。ただし、どれが当たりでどれが外れかとなると、観る人によって微妙に違っていたりもする。

だから、誰かが貶していたからと言って外れかなと思うのは早計である。現にこの映画も、僕の周りには「自己満足に過ぎない」と酷評する人と「今年一番のお気に入り」と激賞する人の両方がいた。

三池監督一流の悪い冗談なんだろうけれど、『初恋』というタイトルにしておくと間違えて見に来てくれる客がいるかもしれないと考えたという話を聞いて少し嫌な予感がしていたのだが、しかし、観てみた結果、この映画は僕にとっては外れではなかった。

まずはオリジナル脚本というのが偉いではないか(脚本は中村雅)。

Continue reading "映画『初恋』"

| | Comments (0)

Sunday, March 15, 2020

映画『星屑の町』

【3月15日 記】 映画『星屑の町』を観てきた。

僕は映画鑑賞の記録をつけるときに助監督の名前も記しているので、杉山泰一という名前には随分昔から馴染みがある。ずっと森田芳光監督の助監督を務めていた人だ。

その彼が『の・ようなもの のようなもの』で監督デビューしたのが2016年。彼の監督作を観るのはそれ以来である。

一方、主演の(クレジット上では主演らしい扱いになっていないが)のんは、まだ能年玲奈だった時代に僕は映画『グッモーエビアン!』で見初めて、「能年玲奈の次の出演映画も、是非見てみたい気がする」と書いているが、あれが 2013年の正月。NHK『あまちゃん』で大ブレークしたのが同じ年の4月だった。

あのときはまだ19歳、今は26歳か! 俗な言い方だけれど、いい女になったもんだ。

このドラマは売れないムード歌謡のグループ“山田修とハローナイツ”の話で、リーダーの山田修が小宮孝泰、リード・ボーカルの天野が太平サブロー、山田と同じく後ろで♪ワワワワーと言ってるだけのコーラスが市村(ラサール石井)、込山(渡辺哲)、西(でんでん)、青木(有薗芳記)で、他に一緒に旅回りをしている女性ボーカル・キティ岩城に戸田恵子が扮している。

よくもまあこんなメンバーを集めたなあとにやけながら見ていたのだが、終わってからパンフを読んでみると、なんとこの原作は水谷龍二の脚本・演出で25年も続いている芝居なのだそうだ。

そして、その芝居のメンバーがそのままこの映画に結集している。脚本も水谷龍二だ。メンバーの個性が見事に生きた脚本なので当て書きなのかなあと思ったのだが、舞台からそのまま持ってきているから、これだけ人物が出来上がっているわけである。

で、この芝居はご当地ソングよろしく、あるいは寅さんみたいに、毎回舞台を変えながら第7作まで上演されてきたそうで、今回監督の杉山泰一はその初演から観ていたという。この息の合った感じはそんなところから来ているようだ。

そして、映画化に当たって採用したのは第1作で、そこにも登場した岩手県久慈市在住の歌手志望の女の子・久間部愛の役を今回はのんにあてがっている。そして、グループのリーダー山田修の実弟・英二役の菅原大吉もまた舞台初演からのメンバーなのだそうだ。

Continue reading "映画『星屑の町』"

| | Comments (0)

Tuesday, March 10, 2020

『糸』マスコミ試写会

【3月10日 記】 映画『糸』のマスコミ試写会に行ってきた。

瀬々敬久監督はとりたてて好きな監督ではない。それは僕がオーソドックスな作家よりトリッキーな作家を好むからであって、良い映画を作る人だとは思っている。

この映画は中島みゆきの名曲とされる『糸』をイメージに作られたものだが、そう言えば TBS は以前にもこんな風に大ヒット曲をモチーフに映画を作ったことがあった。2006年の『涙そうそう』だ。監督は土井裕泰、妻夫木聡と長澤まさみ主演だった。

同じ土井監督で2010年には『ハナミズキ』を撮っている。こちらは新垣結衣と生田斗真。どちらも悪くない映画だったと思っている。

ところで、この『糸』は 1998年のリリースだと言うが、僕はリアルタイムで聞いた記憶がない。むしろ最近になってよく聞く気がする。1998年といえば僕があまり邦楽を聴いていなかった時期でもあるのだが、この歌にそれほど魅力を感じなかったせいもあって記憶に残っていないだけかもしれない。

僕は中島みゆきには3つのタイプがあると思っている。1)『悪女』のような“ポップな”中島みゆき、2)この映画の中でも2度歌われる『ファイト!!』のような“すさまじい”中島みゆき、そして3)いくつかのヒット曲のような“ベタな”中島みゆきである。この歌は3)に当たると思う。

しかし、そんなことはこの映画の出来には関係がない。これは愛の物語であり、過酷な人生の物語であり、その2つのテーマでよく構成された作品だった。ストーリーは全く知らずに観たほうが良いと思うので、ここには詳しく書かないでおく。

Continue reading "『糸』マスコミ試写会"

| | Comments (0)

Tuesday, March 03, 2020

映画『パラサイト 半地下の家族』

【3月3日 記】 映画『パラサイト 半地下の家族』を観てきた。

見終わって、率直な感想として最初に思ったのは、「へえ、これがアカデミー作品賞&監督賞なのか」ということ。受賞に異を唱えているのではない。何と言うか、アメリカ合衆国も国際化したもんだ、という感慨。

30年前だったら、この作品はアカデミー賞を獲れなかっただろう。だってアカデミー賞はアメリカの最高峰の象徴だったのだから。そのアメリカ合衆国が漸く、アメリカン・ドリームばかりを語るのではなく、こういう話にも目を向けるようになったのだ。

彼らは、依然としてアメリカが世界の中心だと思っているかもしれないが、少なくともアメリカが世界の全てではないことを学習したのだ。そして、アメリカの内側にも、アメリカの外側にも、貧困や差別という共通した問題が横たわっていることに気づいたのである。

半地下に暮らす貧しい4人家族が、それぞれ身分や経歴を偽って、全く無関係な人間のフリをして、家庭教師/運転手/家政婦として、順番に同じ金満家一家に雇われて、最底辺からのし上がって行くのが前半。

全体を通じて、よくまあこんな込み入った話を考えたなあと思う、巧みなストーリーと、それをドライブして行く巧みな人物設定。結構笑いながら、時にはバレるのではないかとドキドキしながら楽しんで見られる。

そう、途中まではただ騙しのテクニックの話である。それが中盤から一転する。

Continue reading "映画『パラサイト 半地下の家族』"

| | Comments (0)

Saturday, February 22, 2020

映画『Red』

【2月22日 記】 映画『Red』を観てきた。島本理生の小説の映画化だ。

三島有紀子監督は最初に『しあわせのパン』を観て、「いくらなんでも、これはひどい!」と思った。

僕は映画評を書くときにはできるだけ褒めようと心がけているし、できるだけ貶さないでおきたいと常々思っている。しかし、今改めてこの時の映画評を読み返してみても、よくここまで書いたなと自分で思うほど叩き切っている。

それでもう二度と見るまいと決めていたのだが、魔が差して『繕い裁つ人』を観てしまった。このときの映画評は『しあわせのパン』ほどではないにしても、やっぱり「あまり共感は得られなかった」と書き、「お呼びでない」と斬り捨てている。

そういう経緯から、三島有紀子は僕の頭の中で、僕とは相性の悪い監督というイメージが完全に凝り固まってしまった。2017年にあれほど好評を博し、賞もたくさん獲った『幼な子われらに生まれ』を全く見に行く気にならなかったのもそのせいだ。

今回は久しぶりにまた魔が差した。最初に結論を書いておくと、前2回より遥かに印象が良い。

冒頭は吹雪のシーン。夏帆が電話ボックスの中にいて、泣き顔で誰かに電話をしている。雪に埋もれた道路には車が停まっていて、おそらく運転者であろう妻夫木聡が車の横に立って煙草をふかしている。

2人の関係はここでは語られない。やがて電話ボックスから夏帆が戻ってきて2人は車内に戻って車を発進させるのだが、2人の間には台詞もない。

そのあと、時代が飛んで、違うシーンになる。

Continue reading "映画『Red』"

| | Comments (0)

Friday, February 21, 2020

映画『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』

【2月21日 記】 映画『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』を観てきた。

大泉洋や小池栄子目当てではない(もっとも、小池栄子は大好きな女優のひとりではあるけれど)。成島出監督だったからでも、ケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲が原作だったからでもない。脚本が奥寺佐渡子だったからだ。

もちろん、予告編を見て大泉、小池が出ていることは知っていたが、知っていたのはそれだけで、どんな映画だか知らないが奥寺佐渡子が脚本を書いているなら観てみよう、と。つまり、僕はそれくらい奥寺佐渡子に心酔しているのである。

で、そんな少ない情報の下で映画を観てみて、意外だったのは結構ドタバタな喜劇であったこと。それから、これではまるっきり舞台の芝居ではないか、と思ったこと。成島監督は本当にこんなに舞台っぽい映画で良かったんだろうか?と気になった。

だからかもしれないが、カメラがこまめに動くのが目についた。あまりじっとしているカットがなく、上下に左右に、あおったり見下ろしたりちょっと横に回ったり、それはそれで良い構図だと思ったし、その部分はとても映画っぽかった。

でも、そもそも小池栄子がキャラを作り過ぎである。いや、舞台なら何の違和感もないのである。後方の客にまではっきりと伝える演技。客席の最後列まで届く野太い声。でも、それはまるっきり舞台の表現ではないか?と思った。

で、映画鑑賞後にパンフレットを読むと、そもそもケラの舞台でも小池栄子が主演だったのだそうだ。なるほど、それをそのまま映画に持ち込んだわけだ。成島監督は以前から小池栄子主演で1本撮ると彼女に約束しており、この芝居を見て、「これで行こう」と決めたらしい。

脚本の奥寺佐渡子も「原案も原作もどちらも非常に面白いので、本作を映画化するうえでこれといった苦労はありませんでした」と述べている。

なるほど、そもそもがケラの舞台へのリスペクトの上に成り立っていたわけだ。根本的には奥寺作品でも成島作品でもなかったということか。

Continue reading "映画『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』"

| | Comments (0)

Tuesday, February 11, 2020

映画『ヲタクに恋は難しい』

【2月11日 記】 映画『ヲタクに恋は難しい』を観てきた。

僕はとりたてて福田雄一のファンではないが、福田雄一監督作品はちょこちょこ観ている。ちょうど、とりたてて宮藤官九郎のファンではないが彼の手掛けたものはちょこちょこ観ているのと同じくらい。

では、何を目当てに見に行ったか言うと、それは高畑充希である。結構好きなのである。

今回は漫画の原作があるとは言え、それをミュージカル仕立てにするというのは秀逸なアイデアであると思った。しかも、それを撮ったのがミュージカルを撮ったことがない福田雄一だというところがすごいと思う。

で、ミュージカルと言いながら、頭からは歌わない。冒頭は佐藤二朗の会社でのベタ喋り。いつもの佐藤二朗ワールド。それを高畑充希ほか部下たちが聞いているシーン。ほぼ佐藤二朗ショーと言って良いくらい。

これは福田雄一と言えば佐藤二朗とムロツヨシを期待する観客へのファンサービスなのだろう。その後も佐藤二朗は歌いも踊りもしない。だが、ムロツヨシは歌って踊る(巧くないけどw)。

で、最初のミュージカルは宏嵩(山﨑賢人)と成海(高畑充希)がつきあうことになって、手に手を取って走って行った先が何故か聖地・東京ビッグサイトの前で、そこで大勢のコスプレ・ダンサーズと一緒に歌い踊るシーン。

映画を通じて無表情な宏嵩とハイテンションな成海(確かにヲタクと言われる人にはどちらのタイプもいる!)の対照が面白いのだが、ダンスシーンもそのままなのがおかしい。

2つめのミュージカル・シーンは夜の池袋。質の大黒屋を奥に見て、鳴海がこちらに歩いてくるのをカメラが引きながら撮り、途中で4人ぐらいの女性ダンサーがフレーム・インしてくる。結構な長回しでダンスの半分ぐらいをワンカットに収めている。

この映画ではこういう長回しのミュージカル・シーンも多いし、こういう奥行きの深い構図も随所に出てくる。

3つめが渋谷109前。これは成海のバックに大勢のコスプレ・ダンサーがいるが、コスプレとOLっぽい服装との2バージョンを撮って編集で交互に繋げてある。他のシーンも含めて、こんな大都会の真ん中でのロケは大変だったろうなと思う。

高畑充希はミュージカルもやってきたし、最近では星野源と一緒に出演したNHK『おげんさんといっしょ』でも歌の巧さは実証済みである。ものすごく良い声。音程も良く、声に張りも表情もある。勢いミュージカル部分は高畑充希中心になる。山崎賢人はあまり歌わない。

ところが、ファミレスのシーンで山﨑賢人がソロで歌い出すと、高音部に伸びがあり意外に良い声。歌もダンスもかなりのレッスンを積んだらしい。そして、共演陣では、菜々緒がこれまたとても伸びやかな良い声で、斎藤工がこれまたダンスも歌も芝居も良くて、特に高畑充希とのコーラスが美しかった。

Continue reading "映画『ヲタクに恋は難しい』"

| | Comments (0)

Saturday, February 08, 2020

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

【2月8日 記】 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』を観てきた。

あれは多分1989年だと思う。派遣社員としてウチの会社で働いていた女性が映画の話をしているのが聞こえてきた。話している相手は僕ではなかったが、席が近かったので聞こえたのだ。

その時彼女が最近見て面白かった映画として挙げていたのがテリー・ギリアム監督の『バロン』だった。それを小耳に挟んだ僕は、「テリー・ギリアムを観て『バロン』が面白いと言うなんて、なんと面白い女の子だろう!」と思い、途中からその会話に入っていき、後日映画に誘った。

そして、それから2年ほどして、僕はその女性と結婚した。というわけで、ウチは夫婦揃ってテリー・ギリアムのファンである。この映画ももっと早く観たかったのだが、夫婦で交互に風邪を引いてしまったために延び延びになっていたのだ。

しかし、それにしても、この映画はテリー・ギリアムそのものだった。よくもまあこんなストーリーを考えて、こんな台本を書いてしまうものだ。しかもそれを本当に映画にしてしまうところがすごい。何度も挫折して 30年もかかって映画化したおかげで、特撮の技術は進み、ジョナサン・プライスは年をとってドン・キホーテらしくなった。

学生時代にドン・キホーテをモチーフにして自主映画を撮ったトビー(アダム・ドライバー)は、今では売れっ子のCMディレクターになっていた。その彼がCMの撮影で再びスペインを訪れたとき、偶然にもあの時自分が監督した『ドン・キホーテを殺した男』の DVD を手にする。

あの時のロケ地が近いことを思い出してバイクで行ってみると、素人ばかりを起用したあの映画でドン・キホーテ役を演じていた靴職人ハビエル(ジョナサン・プライス)は、完全に頭がおかしくなって自分をドン・キホーテだと信じ込み、訪れたトビーをサンチョ・パンサだと思い込んだ。

──というのが、多分チラシやパンフレットに書かれるあらすじなのだろう。しかし、僕はハビエルが自身をドン・キホーテと思い込んだと言うよりも、ハビエルにドン・キホーテが憑依した、本物のドン・キホーテがハビエルに降りてきた、という捉え方をした。

この2つの見方は一見同じようで全く異なる。

Continue reading "映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』"

| | Comments (1)