Saturday, January 25, 2020

映画『ロマンスドール』

【1月25日 記】 映画『ロマンスドール』を観てきた。タナダユキ監督。

タナダユキ監督の映画はこれまで映画館で5本観ているが、彼女の活動範囲は広いので、それ以外でもいろんなところで彼女の作品を観てきた。

たとえば第一三共ヘルスケアの「ミノン」の CM や、NHK の『昭和元禄落語心中』、そして、資生堂がネットで公開していたショートムービー『Laundry Snow』など。

タナダ監督は蒼井優とは『百万円と苦虫女』以来、高橋一生とは『Laundry Snow』以来と聞いて、高橋一生が何十年前かの洗濯屋を演じていた『Laundry Snow』を思い出した。

さて、この映画は性愛を描いた映画である。そして、そのテーマを具現化したものがラブドールである。性愛を描く素材としてラブドールを持ち込んだのではなく、そのテーマが具現化したものとして最初からラブドールがあったのである。

ご存じかとは思うが、昨今のラブドールの精巧さはタダモノではない。昔のダッチワイフとは全く違う。この映画でも最後に出てきた力作を目の当たりにすると、はっと息を呑むはずである。胸やふとももといったようなところだけではない。目や唇を見てほしい。

もしもあなたが男性なら間違いなくほしいと思うだろう。しかし、既婚者なら即時に断念するだろう。ラブドールってそういう存在なのである。

僕も何かでその精巧さを知り、強く惹かれた。たまたま渋谷でオリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」が開催されていることを知って現地に赴いたのだが、当日突然訪れて入れるイベントではなかった。ビルの外にまで若い女性を中心に長蛇の列ができていた。

あの時の残念な思いがあったから、タナダユキがこの映画を撮ると知って、これは絶対観ようと思った。

Continue reading "映画『ロマンスドール』"

| | Comments (0)

Tuesday, January 21, 2020

『酔うと化け物になる父がつらい』マスコミ試写会

【1月21日 記】 『酔うと化け物になる父がつらい』のマスコミ試写会に行ってきた。監督は片桐健滋。前作の初演出作品『ルームロンダリング』も観たし、その後のテレビ版『ルームロンダリング』も観た。

渋川清彦が“酔うと化け物になる父”に扮し、食堂のオヤジのチョイ役でオダギリジョーが出てくるのもその流れである。

原作は菊池真理子の実体験に基づく大人気コミックエッセイなのだそうだ。

冒頭のシーンは年末で、主人公のサキ(松本穂香)がカレンダーを付け替えようとしている。で、今年のカレンダーを外してみたら、そこに何かがある。だが、カメラはそれを映さず、ひたすらサキのアップを撮る。サキの顔が見る見るうちに泣き顔っぽくなる。

ここで壁に何があったかを見せないということは、映画の後半、多分クライマックスと言えるところでこのシーンに戻ってきて種明かしをするということだ。よくある手法ではあるが、壁にあったものの正体によってはとても効果的な演出になる。

サキの8歳から30歳くらいまでが描かれている。会社員(人事部)の父・トシフミ(渋川清彦)は毎日のように酔って帰ってきて、酔いつぶれたりクダを巻いたりする。仲の良い3人組(宇野祥平、森下能幸、星田英利)が家に来て徹夜麻雀をして結局酔いつぶれたりもする。

おかげでサキとプールに行く約束は果たされたことがない。サキはそれを恨みに思って、いつからか、父が酒に酔った日はカレンダーに赤マジックでバツ印をつけるようになった。そのカレンダーが貼ってあったところに何かがあったわけである。

Continue reading "『酔うと化け物になる父がつらい』マスコミ試写会"

| | Comments (0)

Monday, January 20, 2020

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』マスコミ試写会

【1月20日 記】『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』のマスコミ試写会に行ってきた。ちなみに前作も観ている。

前作から今作の間に一番状況が変わったのは成田凌だろう(あのとき田中圭はすでに売れ始めていたし、北川景子はもっと前から売れていた)。

成田凌は前作の後、『チワワちゃん』『愛がなんだ』『さよならくちびる』『カツベン』など、主演/準主演級の出演が続き、今や人気・実力ともに押しも押されもせぬ若手のトップスターになった。

だから、映画としてもこの人気にあやかりたいところなのだが、残念ながら前作では人格に破綻をきたした犯人・浦野の役であり、逮捕されて事件は解決済みなので、さすがに今作でも犯人役というわけには行かなくなった。

それで獄中から捜査に示唆を与えるという役割を、誰かが考え出したのだろう。

続編を作る場合、もう一度田中圭と北川景子のカップルが被害に遭うという設定は(犯人が獄中にいるだけに)さすがに無理があるし、加賀谷刑事役の千葉雄大だけではあまりに味が薄い。そこに白石麻衣をカップリングしたとしても、もうひとつ映画的なひねりが必要になる。

そこで、新しいサイバー犯罪の捜査に浦野が協力するという設定を採った。なかなかのアイデアである。タイトルについても、明らかに今作の犯人と浦野のダブル・ミーニングになっている。

田中圭と北川景子の結婚式のシーンで幕を開けたのも、前作からの主役の交代を端的に表していて良かったと思う。

Continue reading "『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』マスコミ試写会"

| | Comments (0)

Sunday, January 12, 2020

映画『さよならテレビ』

【1月12日 記】 映画『さよならテレビ』を観てきた。テレビ版のほうは、東海テレビのローカル放送をリアルタイムで見たわけではないが、一昨年、仲間内で 録画DVDを取り寄せて鑑賞会をした。

いつも書いているように、僕は観た映画の内容を次から次へと忘れてしまうので、今回の映画版とテレビ版を見比べてここがこう変わったとは言えない。「テレビ版にあのシーンはなかった」と思っている箇所が何箇所かあるが、多分全部間違っていると思う(笑)

今回は、これをネタバレと呼ぶのかどうか知らないが、少し内容の細かいところまで触れるつもりなので、事前に知りたくないという方はここで読むのをやめてもらったほうが良いと思う。

で、僕が仲間内というくらいだから、鑑賞会のメンバーには当然テレビ関係者が多かった。観た人は一様に「面白かった」と言った。しかし否定的な意見もたくさん出た。

曰く、

自分も放送局に勤務する「同じ穴のムジナ」のくせに、自分だけ安全な高みから見下ろしているような描き方は許せない。

正社員ではなく、契約社員や派遣社員にスポットを当てて描くのは間違っている(映画の中では、スポットを当てた人たちは全部正義で、報道部のデスク連中を悪として描いている、というコメントもあるにはあったが)。

いくらダメ男だとは言え、あれでは渡邊が今後の社会生活を送れなくなる。可愛そうだ。と言うよりも、あそこまでダメな男はあまりにも例外的な存在であり、このドキュメンタリで扱うにふさわしくない。

「番組作りにはいろんな段取りや約束事があるが、このドキュメンタリではそういうものを全て取っ払って作っている」風を装いながら、例えば澤村がセミナーで元取材担当者とばったり出会って話をするシーンでも、実際には土方D がアポイントを取ってお互いにピンマイクを仕込んだ上でのシーンだったとネタバラシして、露悪的なほど作り手を追い込んでいるように見せたりしてはいるが、だからと言って完全に仕込みを廃したわけではない。

例えば、テレビ大阪に再就職した渡邊が仕事を終えて他のスタッフと夕日の当たる坂道を登って行くシーンなどは情緒に訴えるためにあきらかにデザインされたものであって、多分何テイクか撮っているはずだ。ほんとうに仕込みを廃するのであればあんな演出はしてはいけない。

などなどである。

Continue reading "映画『さよならテレビ』"

| | Comments (0)

Sunday, January 05, 2020

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』

【1月5日 記】 映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』を観てきた。観客はほとんどジジババで、劇場はほぼ満席、パンフレットは売り切れである。

僕は寅さんシリーズをほとんど観ていない。観たのは 1989年の『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』、寅さんがヨーロッパに行った回、ただ1作のみである。

僕は基本的にシリーズものが好きなのだが、それは次から次へと新しい展開があるシリーズものである。ほとんど見ずに言うのも申し訳ないが、寅さんが旅に出て恋をして旅から戻って振られる、みたいな同工異曲を繰り返すこのシリーズについては、どんなに脚本や演出が素晴らしくても、残念ながら観る気にはならなかった。

もしも僕が監督なら、多分3本ぐらい撮ったところでほとほと嫌になって、「このシリーズはもう封印する」と言うか、あるいは「次からは他の監督でどうぞ」と絶対言うだろうと思うのだが、山田洋次監督は飽きもせず(なのかどうかは知らないが)何十年にもわたって何十作も撮り続けた。

その心理や心情に共感が持てないのだ。そして、寅さん以外の映画を撮るときも、(多くは寅さんシリーズに出演したことのある)自分の息のかかった俳優ばかりを使おうとするのにも共感が持てない。

いけないとは言わない。単に気に共感が持てないのである。でも、だから観ない。とは言え、別に山田洋次監督を軽蔑しているわけではない。

寅さんを語る時に思い出すのは映画監督の東陽一が書いていたことである。記憶によるものなので正確な引用ではないが、彼が書いていたのは凡そ以下のようなことである。

映画館で周りの客は寅さんを観てゲラゲラ笑っているが、自分は全然笑えない。自分は寅さんの映画は全然好きになれないが、でも、寅さんを観て笑っているお客さんは大好きである。

僕の感じ方もこれに近いものがある。自分では観に行かない。もちろん、それを楽しんでいる人たちの気持ちを踏みにじろうとまでは思わない。でも、自分ではその大いなるマンネリズムに与したくないのである。

Continue reading "映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』"

| | Comments (0)