« ジャニーズ事務所歴代アイドル・グループ・メンバー名ゲーム | Main | シェーバーを買い換えた »

Saturday, January 14, 2023

映画『ケイコ 目を澄ませて』

【1月14日 記】 映画『ケイコ 目を澄ませて』を観てきた。三宅唱監督の前作『きみの鳥はうたえる』はとても良かったし、何よりも岸井ゆきのは 2015年のTV『るみちゃんの事象』や2016年のTV『ランドリー茅ヶ崎』と映画『ピンクとグレー』(『愛がなんだ』や『おじいちゃん死んじゃったって』より前だ)以来ずっと目をつけて応援してきた女優だから。

冒頭でケイコ(岸井ゆきの)は両耳とも難聴でほとんど聞こえないという説明がテロップで出たので驚いた。多くのドラマではそういうことをちょっとした出来事や誰かの台詞で観客に伝える。この映画ではそんなところに時間を割いている暇などないということか?

そのケイコが荒川区にあるボクシングジムに通い、プロのライセンスも取って、デビュー戦にも勝った。映画はその時点から始まる。

ケイコは東京で弟(佐藤緋美)と同居している。母親(中島ひろ子)は彼女の試合のときなどに上京してくるが、怖くてまともに試合を見られない。彼女がリングサイドで撮った写真が劇中で紹介されるが、手ブレなんてもんではなく、ほとんど識別できないぐらいにピントがずれ、画が流れている。

ジムには会長(三浦友和)の下に2人のトレーナー、林(三浦誠己)と松本(松浦慎一郎)がいて、ケイコは彼らの指導を受けている。

耳が聞こえないということは、ゴングもレフリーの指示もセコンドの声も聞こえないということで、これは相当なハンディキャップである。会長はインタビューに答えてそう言っている。そして、彼女には才能はないと言い切ったあとで、「でも、目がいいんだよね」と言い、人間性も褒めている。

ボクシングの練習のシーンが良い。特にカメラを固定して1カットで撮った「コンビネーション・ミット」(と言うのだということをこの映画で知った)が素晴らしい。このシーンが2回ある。

素人からよくもここまで練習したものだと驚いたのだが、松本役の松浦が実は俳優である一方ボクシングのトレーナーでもあることを後から知った。2人とも素人だったらとてもこんなシーンは撮れなかっただろう。

それにしても岸井ゆきのはボクシングと手話の両方を覚えなければならず、どれだけ大変だったろうかと思う。

映画はやがて会長がジムを畳むことを決意したあたりでターニングポイントを迎える。ケイコの心も揺れる。

耳が聞こえないということは、喋ることもできないということにほとんど等しい。ケイコの胸中は、我々観客が彼女の表情や行動を見て察するしかない。それはそもそも言葉にできないものなのであり、この映画はそういう言葉にできないものを見事に描いている。

近年、全てを台詞で説明しないと「不親切だ」と怒る観客がいるらしく、また、それに迎合した作り方も出てきていると聞くが、そういう流れとは 180度異なる表現である。それでこそ映像芸術だと僕は強く思う。

パンフレットに載っていた、この映画の編集担当・大川景子の言葉をここにも孫引きして書き留めておきたい:

簡単に分かってもらおうとする方法で作りたくないという気持ちはありました。ケイコのことを分かろうとするのを急いではいけないというか。(中略)ちゃんとした距離の詰め方で分かっていってもらいたいと考えながら編集していました
(『ユリイカ』2022年12月号所収)

ミュージシャンである弟のギターが時々 BGM になる以外は劇伴のない映画だった。

荒川の河川敷(だと思う。ご存知ない方も多いだろうが、荒川は荒川区内を流れておらず、荒川区はその区境のいかなる部分も荒川に面していない。荒川区に面しているのは隅田川である)のなんとなく殺伐とした風景にじんわり感じるものがある。

この映画は全編 16mm で撮ったのだそうだ。カメラマンは月永雄太。

病院で車椅子に乗った会長が廊下を画面奥に遠ざかって行くのをカメラが引きながら撮っていた画も心に刺さった。

僕らは耳ではなく目を澄ませて、この言葉にならない思いを見届けた。明るい話ではないが、とても素敵な映画だった。

|

« ジャニーズ事務所歴代アイドル・グループ・メンバー名ゲーム | Main | シェーバーを買い換えた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ジャニーズ事務所歴代アイドル・グループ・メンバー名ゲーム | Main | シェーバーを買い換えた »