« 映画『コンビニエンス・ストーリー』 | Main | 名前考 »

Sunday, August 07, 2022

3 inches をどう訳すか?

【8月7日 記】 またしても STRANGER THINGS がらみの話なのだが、劇中の台詞の中に 3 inches という表現があり、それを字幕では「7センチ」と訳していて、とても気になった。

その場面はこうだ: 自分が親代わりになって養っているエルが、家の自室で同級生のマイクとイチャイチャしているのが警察署長のジム・ホッパーは気になって仕方がない。そこで部屋の様子が見えるように「3インチでいいから、ドアをあけておくように」とエルに言うのである。

1インチは約2.5cm、3インチなら約7.5cm である。これを7センチに丸めてしまっているのが、まず僕は気になる。7センチ開けただけだと3インチ開けたことにはならないではないか?

小数点以下の端数を翻訳者は話し言葉としては不自然と感じたのだろう。しかし、それを言うなら7センチだって半端な数字だ。

僕ならいっそのこと「10センチ」と訳すかもしれない。7センチと 10センチを並べると差が大きいように感じるかもしれないが、ここでは3インチの3にはとりたてて意味がなく、要は「中が見えるように少しだけ開けておけ」ということなのだから、7センチでも 10センチでも構わないと僕は感じる。

訳者はひょっとしたら 10センチだと約4インチになってしまうことを気にしたのかもしれない。

しかし、日本人が「少しだけ」という意味を込めて言うとしたら、それは7センチではなく、数値としては多分5センチか 10センチ、表現としてはそれらを合せて「5センチか 10センチ」、あるいは「7、8センチ(しちはっせんち)」だろうと思う。

同じ劇中の子供たちのシーンに「そこまでどのくらいの距離だ?」という台詞があり、それに対する答え "About 3 miles" を字幕では「5キロ近く先だ」と訳していた。

1マイルは約1.6km だから3マイルは約4.8km だ。これを「5キロ」と訳すことにはあまり抵抗感がないのに、3インチを「7センチ」と訳されるとなんか引っかかってしまう。

7.5 を 7 に丸めるのは 7%減、4.8 を 5 に丸めるのは 4%増なので、7% のほうに違和感を覚えるのだろうか? あるいは後者では「5キロ近く」と「近く」を添えて補正しているから違和感が緩和されるのだろうか?

いや、3マイルというのが実際の距離であるのに対して、3インチというのは「ほんの少しだけ」という意味の例えなのだ。それを7センチと言われるから気持ち悪いのである。

何故なら日本人が「少しだけ開けておけ」という意味で 7cm という数値、あるいは「7センチ」という表現を持ってくることはまずないからである。5や 10 ならばキリが良いが7はそうではないのである。

いずれにしても翻訳というのは大変難しい作業である。それは単なる換算ではないのである。

|

« 映画『コンビニエンス・ストーリー』 | Main | 名前考 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画『コンビニエンス・ストーリー』 | Main | 名前考 »