« ちょっと待ってください | Main | MONKEY vol.19 「特集 サリンジャー ニューヨーク」雑誌・柴田元幸責任編集(書評) »

Tuesday, August 30, 2022

I'm into Netflix

【8月30日 記】 最近になって Netflix をよく観るようになった。立て続けに観ている。

そもそも、最初に加入したのは山田孝之主演の『全裸監督』を観るためだった。それ以前には加入する気はなかった。

何故なら僕のドラマ鑑賞の中心は日本の作品であり、そのスケジュールは映画とテレビで目いっぱいであり、他にも WOWOW と Amazon Prime にはお金を払っており、そんな調子でどんどんサブスクリプションが増えて行ったらえらいことになると思っていたからだ。

『全裸監督』は、当時 Netflix が設けていた最初の1か月の無料期間内で全話を見終えた。そして、そこですぐに退会しようと思っていたのに、うっかり過ぎてしまい1か月分の会費を払ったが、とにかく一旦退会した。

ところが、しばらくして、これは僕は全く予想していなかったのだが、『全裸監督』第2シーズンが制作され公開されたのだ。仕方なく僕は Netflix に再入会した。

幸いなことに、退会中に僕は転居しており、登録する際の住所が変わっており、メールアドレスも前とは別のものを登録したので、再び1か月の無料期間が適用され、再び無料期間内で全話を見終わって再び退会した。

次は『浅草キッド』だ。これは内容(若き日のビートたけしの伝記)や配役もさることながら、劇団ひとりが監督を務めたということもあって是非とも見たかった。

それで3度目の入会をしたのだが、今度は住所も変わっていないのでいきなり有料もやむなしだなと思っていたのだが、どちらにしてもすでに1か月無料の制度はなくなっていた。

ここまででお分かりのように、僕は決して Netflix が観たかったわけではない。僕は『全裸監督』と『浅草キッド』という特定の作品が観たくて加入したにすぎない。

それからしばらくは、まあ、全く観なかったわけではないが、ほとんど観ることもなく何か月か無駄に会費を払ってきた。

そして、ある日、英語の勉強にもなるから何か英語のものを観てみようかなと思って出会ったのが 『ストレンジャー・シングズ 未知の世界』(Stranger Things)だ。ちょうど第4シーズンが始まったばかりということもあり、予告編などを見たら面白かったということもある。

で、これを第1シーズンの第1話から見始めたら俄然面白くて止まらなくなってしまったのだ。あまりに面白くて『ストレンジャー・シングズ大解剖』7エピソードも全部観てしまった。ちなみにこちらは本編よりも英語の勉強になった気がする。

こんなに面白いと自然と「さて次は何を見ようか」という気になる。 それで選んだのが『クイーンズ・ギャンビット』(The Queen's Gambit)だ。

『ストレンジャー・シングズ』の超能力や怪物や少年たちの冒険みたいな世界から女性チェス・プレイヤの話へと随分かけ離れたように見えるかもしれないが、僕は別にアドベンチャーやアクションが好きなわけでもなく、選ぶ基準は常に人物が描けているかどうかだ。

そういう意味ではこの『クイーンズ・ギャンビット』はすさまじかった。ひねくれた孤児の少女がチェスの世界チャンピオンに登りつめるまでの話なのであるが、当時の男性優位社会でのプレッシャーを描く一方で、薬や酒に溺れてしまう弱い彼女の姿をも余すところなく描いている。

ちなみにチェスの知識が全くなくても楽しめる内容になっている。

で、ここまで観て思った。──Netflix はあれもこれも、なんとクオリティの高いものを作っているんだろう!と。さすがに日本のテレビ局とは文字通り桁違いの、下手すると2桁も3桁も違う予算をつぎ込んでいるだけのことはある。

それで今は『令嬢アンナの真実』(Inventing Anna)を観ている。これもすごい!

しばらく Netflix が止まりそうもない。ようやく会費の元を取り始めたようだ。

|

« ちょっと待ってください | Main | MONKEY vol.19 「特集 サリンジャー ニューヨーク」雑誌・柴田元幸責任編集(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ちょっと待ってください | Main | MONKEY vol.19 「特集 サリンジャー ニューヨーク」雑誌・柴田元幸責任編集(書評) »