« 『欲望で捉えるデジタルマーケティング史』森永真弓(書評) | Main | 映画『ベイビー・ブローカー』 »

Friday, July 01, 2022

【note】 僕がサラリーマン最後の日に語ったこと

【6月30日】 6月30日で馘首されたので、最後の日に会社で喋ったことを記事にしました。

いつもは人気がなくて「いいね!」も「スキ」もほとんどつかないのに、この日は facebook も twitter も note も普段にはない盛況で、こういうのを「失職バブル」とでも言うのだろうなと思いました(笑)

ま、バブルは明日か明後日には弾けるでしょうね。

なお、こういう状況で facebook などに「ご卒業」とか「おめでとうございます」などと書き込んでくる人がいる。

僕にはその感覚というか、センスというかがよく分からない。

別に「卒業でもないしめでたくもない。俺は被害者だ」などと言うつもりはさらさらなくて、その点については淡々と受け止めているが、しかし「卒業」とか「おめでとう」という言葉がぺらっぺらの欺瞞に満ちた表現であることは否定しようがない、と僕は感じている。

ま、何を書くのも自由だから、それに僕がどう反応するかも自由なわけで、そういう書き方をしてきた人だけは「いいね!」ボタンを押さないことにしてみた(笑)

|

« 『欲望で捉えるデジタルマーケティング史』森永真弓(書評) | Main | 映画『ベイビー・ブローカー』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『欲望で捉えるデジタルマーケティング史』森永真弓(書評) | Main | 映画『ベイビー・ブローカー』 »