« 『じっと手を見る』窪美澄(書評) | Main | 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』 »

Saturday, January 15, 2022

我が家に WOWOW4K がやってきた

【1月15日 記】 BS4K放送は NHK を除くと、いつ見てもどの局もろくなことやってなくて、別にどうでも良いのだけれど、ひとつだけ残念なのは WOWOW4K が見られないことだった。

僕は WOWOW にはほぼ開局当初から加入していて、これまで一度もやめようと思ったことがない。その WOWOW が高画質の 4K放送を始め、しかもそれが追加料金なく見られるというのであれば是非とも観たいところである。

ところがこれが他の BS と違って左旋なので、我が家の環境では映らないのである。

左旋って何?と言う人もいるかもしれない。BS の電波はクルクル回りながらやってくるという話を聞いたときには僕も仰天したが、要するに、NHK や キー局がやっている右回りの 4K と違って WOWOW は左回りの電波なのである。だから我が家では見られない。

テレビ自体は去年買ったものなので左旋に対応しているのだが、その電波を受けてテレビに届ける設備がないのだ。

その設備を揃えたら見られるのは確かだが、ウチは集合住宅なので、左旋用のアンテナ工事をして、場合によっては構内配線のやり直しも必要となると、これはとてもマンションの理事会や総会を通らないだろうなと諦めていたのである。

しかし、ある時ようやく気がついた。

ウチはアンテナ受信してテレビを見ているのではないのだ。マンションに光回線が入ってきており、そこにスカパー!が載っているのである。そのスカパー!で地上波と BS の同時再放送(昔の用語で言えば、同時再送信)を見ているのだ。

さらに、スカパー!は有料サービスのひとつとして WOWOW4K も提供している。

ならば何か見る手立てがあるのではないかと調べてみたら、あった。

スカパー!が販売している新4K8K用のアダプタを購入して接続すれば BS左旋も見られるのである。

それでネット上で購入して、火曜日に届き、昨日セッティングしてみた。

観られますがな、きれいなきれいな WOWOW4K が。これで多分年内に開局する吉本興業やら松竹東急やらの左旋新BS も見られるはずである。

と、喜んだのも束の間。新しい機器を挟んだおかげで新たなトラブルが発生した。

アンテナ端子 → アダプタ → ハードディスクレコーダ → テレビという接続をしているのだが、ハードディスクレコーダの電源が入った状態でテレビのチューナで番組を見ると、映像に対して音声が遅れるという怪現象が!

見ていてなんとも気持ちの悪い怪現象!

いらいらしながら、時には叫びながら、配線や設定をやり直したが、何をどうやっても改善せず、スカパー!のサービスセンターとチャットでやりとりして、来週水曜日に工事の人に見に来てもらうことにして、この日は断念して寝ることにした。

ところが、今朝起きて試してみると、昨夜あれだけ発生した怪現象が再現しないではないか!

なんだか分からんけど、ともかくやれやれ、である。

そこからテレビとハードディスクレコーダの FAQ をくまなく探して(前日にはそれを思いつかなかった)、とりあえずテレビの音声同期設定を「オート」から「オン」に、ハードディスクレコーダの音声設定を「オート」から「PCM」に変更して、これで万全かなという気がする。

その後何度も何度もテストしてみたが、リップシンクはちゃんとできている。

ただ、何度もテストして確かめようとするのだが、今のご時世、テレビに映っている人はマスクをしている割合が非常に高くて、声と唇の動きがシンクロしてるかどうか確かめられないことが多くてかなりイライラした。

やれやれ、である。ひとまず落ち着いてよかった。

|

« 『じっと手を見る』窪美澄(書評) | Main | 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『じっと手を見る』窪美澄(書評) | Main | 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』 »