« 『残像に口紅を』筒井康隆(書評) | Main | 映画『梅切らぬバカ』 »

Thursday, December 09, 2021

ネックスピーカ元年

【12月9日 記】 コロナ禍が長くなってテレワークも長くなって、それに伴って世の中も変わって仕事のやり方も変わって、リモート会議も減りそうな感じがない。夫婦揃ってそんな感じ。

で、イヤフォンやらハンズフリー・マイクやらヘッドセットやらいろいろあるのだけれど、いずれにしても耳をずっと塞いでいるとかなり疲れてくる。

それでネックスピーカを買った。肩にかけるやつ。僕の、と言うよりも、僕よりもはるかにリモート会議が多い妻用として。

ほんとは電器店ででも試用してみてから買いたかったのだが、お試し用のを、しかも複数を比較できるような形で置いているような店はなく、仕方なくネット上のレビューを読んで選んだのが今日届いた。

SONY の SRS-NB10 である。クーポンを持っていたので SONY のオンラインストアから買った。

で、早速試してみた。夫婦で隣室で zoom。小学生が糸電話やってるようなものだが(笑)

が、音は良い。耳許で優しい音が鳴る。耳が塞がっていないので、圧倒的に負担が少ない。しかも、自分の耳以外にはあまり音が届かない。使う前は音がどれくらい外に漏れるのか心配だったのだが、これなら同居人にも邪魔にならないだろう。

また、自分の声もしっかり拾ってクリアに届けてくれる。そばで話しているのと同じようにぼそぼそ喋ってもちゃんと伝わる。

そして、重くない。手に持つと少し持ち重りのする感じもあるが、肩のラインに沿うようにうまく造形してあるので、重さは分散し、肩に乗せていることを忘れてしまうぐらい。

買ってみてハズレだったらどうしようと思ったが、これはとても良い買い物だった。ただし、僕はそういう使い方をする気はさらさらないが、音楽鑑賞等には向いていないとのこと(笑)

|

« 『残像に口紅を』筒井康隆(書評) | Main | 映画『梅切らぬバカ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『残像に口紅を』筒井康隆(書評) | Main | 映画『梅切らぬバカ』 »