« 「マスクをしてください」と言う人 | Main | 騙されたと思って »

Saturday, August 28, 2021

映画『子供はわかってあげない』

Photo_20210828204001

【8月28日 記】 映画『子供はわかってあげない』を観てきた。沖田修一監督。

もう、めちゃくちゃ面白かった!

何が面白いって、まず画が面白い!

映画はいきなり意表をついて、劇中アニメである『魔法左官少女バッファローKOTEKO』から始まる。しかも、かなり本格的に作りこんである。

それをテレビで観て涙を流している高校2年生の朔田美波(上白石萌歌)。そこへ父親(母の再婚相手)の清(古舘寛治)が帰ってきて、ソファの背に腰掛けてテレビに釘付けになり、なんとエンディング・ダンスは娘と一緒に歌って踊っている。

その後、固定カメラの奥行きのある構図になって、手前にテレビとソファのあるリビング、その後ろに食卓のあるダイニング、右奥には廊下に続く扉があり、左奥にはキッチンが見える。

その構図で、手前ではかなり斜めになったテレビ画面を見ながら父娘が踊っているかと思うと、奥では風呂上がりで走り回っている弟と母(斉藤由貴)がワーワー騒いでいる。

台詞やらテレビの音やらが入り乱れて、一体どちらを見せたいのか分からないシーンになっており、本来ドラマでこんな場面はあってはいけないのだが、逆にその入り乱れ方が如何にも幸せな家庭っぽくて、微笑ましくて素敵なのだ。

アニメが終わり父はお風呂に行き、あとの3人もどこかへ行ってカメラの前が無人になったところへ、お掃除ロボットが静かに入ってくるなんてのも秀逸な画作りだった。

そのあとも、屋上から美波と門司くん(細田佳央太)が超オタクっぽいアニメ談義をしながら、1回まで階段を螺旋状に降りてくるところを正面から押さえた長回し。

美波と自転車を押す門司くんが並んで歩いているのだが、美波は等間隔で植えてある木を避けるために時々車道に降りてまた歩道に戻るのを斜め前から押さえた、これまた長回し。

そして、門司の家で書道部の門司の指導の下、美波が習字を1枚書き始めてから書き終わるまで丸々見せる長回し。しかも、上からの画ではないので何の字を書いているかは分からない(流れから想像はつくし、想像がついてしまうと筆使いから何の字だか確かめられるのだが)。

──と、もう初めの20分ぐらいだけでもこれだけ面白い長回しがある。ちなみに撮影は芦澤明子だ。

で、お話はと言えば、これはもう奇想天外である。

いや、ストーリーとしては、小さい頃に両親が離婚したために何も憶えていないし今どこで何をしているのかも知らなかった父親(豊川悦司)の居場所が判り、娘の美波が家には水泳部の合宿に行くと偽って実の父に会いに行く話で、描かれているのはむしろ日常的な風景なのだが、そのストーリーを作り上げている発想が奇想天外なのだ。

冒頭のアニメもそうだが、門司くんの祖父や父の職業、門司くんの兄(千葉雄大)のキャラ、美波の実父の職業とこれまでのいきさつ、真面目になると笑ってしまう美波の性癖、水泳部顧問の口癖──もう、至るところにニュアンス的な面白さがある。

僕は “ニュアンス映画” と銘打たれていた森田芳光監督の商業映画デビュー作『の・ようなもの』を思い出した。あるいは『間宮兄弟』とか。

門司くんのお兄さんは弟の友だちのために一肌脱いでくれる。美波は、内心めちゃくちゃ胡散臭いと思いながら、実の父と心が通い始める。アニメ友だちだった美波と門司くんは次第に相手を好きになる。

そして、母は母でものすごく優しい眼差しで美波の成長を見守っている。引きの画が多かったこの映画で、終盤ベッドに腰掛けて母と娘が話すシーンで、ほとんど初めて美波の顔がドアップになる。良いシーンだ。

この映画には人間に対する愛が溢れている。それもとりわけ若い人たちに対する愛情あふれる眼差しである。門司くんのお兄さんが美波に送った請求書に、それははっきりと現れている。

実父役をやった豊川悦司がこんなことを言っている:

「子供はわかってくれないけれど、それでも一緒にいるのはとても楽しい」

まさにこの心境なのではないだろうか。沖田修一監督にも娘がいるとのことである。

最後の屋上のシーンも良かった。まさに秀逸な映画だった。沖田修一監督の集大成じゃないかな。

|

« 「マスクをしてください」と言う人 | Main | 騙されたと思って »

Comments

毎度毎度で恐縮です。細かいことが気になって(右京さんか)
海見白石萌歌 上白石ですよね。名前変わってませんよね。
変換でこんなこともあるんですね。
ねちねちとすみません。

Posted by: 仙台のM | Monday, August 30, 2021 08:50

> 仙台のMさん

おお、そんなことになってましたか。全然気づきませんでした。ありがとうございます。

多分「かいみしらいし」って打ってたんでしょうね。訂正しました。

Posted by: yama_eigh | Monday, August 30, 2021 09:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「マスクをしてください」と言う人 | Main | 騙されたと思って »