« 映画『アジアの天使』 | Main | 『鳩の撃退法』佐藤正午(書評) »

Tuesday, July 06, 2021

TOHOシネマズもうで集約

【7月6日 記】 TOHOシネマズ○○という名のシネコンが日本のあちこちにある。僕はそのうち何館に何回通ったのだろう?とふと気になって数えてみた。

すると、東京、大阪、兵庫3都府県で合計 13館、映画の本数で言うと 294本を観ていた。Tohoos

○○東宝みたいな名前だった映画館が順番に衣替えしてTOHOシネマズに変わって行ったのは何年何月からだったか定かでないが、僕のデータベースでは、場所が同じでも名前が変わったら違う映画館というカウントをしているので、両者がごっちゃになる恐れはない。

僕はその TOHOシネマズ開始直後からシネマイレージの会員になっているので、「6本観たら1本無料」という特典はフルに享受しているはずだ。

ということは、7本に1本の割合で無料になっているはずだから、TOHOシネマズで観た映画 294本÷7本=42回 にわたって無料で映画を観たはずである。

僕のデータベースに TOHOシネマズが登場するのは、調べてみたら 2008年11月が最初だった。それから12年と少しで 42本だから 年間 3~4本をタダで見ている計算だ。

そう考えるとそれほど大した額でもないのだが、毎年の更新料 300円で年間 3~4本をタダで見ていると思うと、それはそれでそれなりの数字である。

何よりも観れば観るほどお得なわけで、本当の楽しさはそこにある。「あ、6本溜まった、次は何を観ようか」そう考えさせるのが、このシステムの一番の狙いなのかもしれない。

|

« 映画『アジアの天使』 | Main | 『鳩の撃退法』佐藤正午(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画『アジアの天使』 | Main | 『鳩の撃退法』佐藤正午(書評) »