« テレビ買い換え記 | Main | 行き違い、挿し違いと感性 »

Tuesday, May 18, 2021

テレビ買い換え記 ~その2~

【5月18日 記】 新しいテレビを買って(まだ届いてないけど)、じゃあ周辺機器はどうするかと考え始めて改めて思ったけれど、昔のテレビって本当に stand-alone のどうしようもない機器だったのだ。

だって、Wi-Fi も Bluetooth も付いてなかったんだから。いや、それどころか USB の端子もなかった。

テレビは、言うならば、電気炊飯器や電気洗濯機の仲間だったわけだ。それが地デジ化でデータ放送が始まってようやく有線ではなく無線LAN のアダプタを接続するための USB の口ができ、それでようやく“家電”(=家庭用電化製品)からデジタル機器に脱皮し始めたわけだ。

それまでテレビは電源とアンテナとだけ繋がっていれば良かったのだ。ちょうどエアコンが、電源の他には、排気/排水のための管が付いていれば充分だったように。

全てのものが繋がることでいろいろなものの利便性が飛躍的に拡大してきた 21世紀の世の中でテレビは蝸牛のごとくゆっくりと這って進んでいたのである。

僕の会社人生の終盤の目標は、とにかくテレビとネットを融合すること、全てのものが繋がって広がることだった。

そういうテレビがようやく我が家にやってくるかと思うと、なんだか感無量である。

|

« テレビ買い換え記 | Main | 行き違い、挿し違いと感性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テレビ買い換え記 | Main | 行き違い、挿し違いと感性 »