« 『ザリガニの鳴くところ』ディーリア・オーエンズ(書評) | Main | 今泉力哉監督と twitter »

Saturday, April 17, 2021

映画『街の上で』

【4月17日 記】 映画『街の上で』を観てきた。今泉力哉監督。今回は漫画家の大橋裕之が共同脚本に名を連ねたオリジナル作品である。本来は去年 5/7公開のはずがコロナで延びていた。

下北沢で古着屋を営む青(若葉竜也)、青の彼女で映画の冒頭で彼と別れることになる雪(穂志もえか)、近所の古本屋の店員・田辺さん(古川琴音)、大学で映画制作をしている町子(萩原みのり)、その映画のスタッフのイハ(中田青渚)、近所のスナックのマスター(小竹原晋)、近所のカフェのマスター(芹澤興人)、そしてすでに死んでしまっているので登場はしないが古本屋の店主カワナベさんらを描いた群像劇。

何がすごいって、途中までは全編エチュードではないかと思うくらいの、「なんじゃ、この映画は!」と叫びたくなるほどの、如何にもありそうな会話劇。カメラを固定して役者と役者のデスマッチみたいな長回し。

特に夜中にイハの部屋で青とイハが延々と語る超絶長回しシーンのなんとリアルなこと! ここで中田青渚が1箇所台詞を噛んで言い直したことによって、逆にこれらが全て書かれた台詞であったことが分かって驚いたぐらいだ。

同じ会話劇でも、(こんな大御所を引き合いに出して申し訳ないが)橋田壽賀子なんかの会話劇はひたすら筋を転がすための会話。今泉監督の会話はただリアルなだけ。おかげで筋が全然進まない(笑)

でも、僕らの会話って、実はこんな感じではないか。

負け惜しみの屁理屈だったり、単なる夢想だったり、売り言葉に買い言葉だったり、油断して口走ってしまう悪い冗談だったり…。何も進めたりはしないのだ。だが、そこにはその人の人間性が表れ、その人の置かれている環境が透けて見えたりもする。

まあ、言うならば橋田壽賀子の会話は説明のために横に押し出して行く会話。今泉監督の会話は深く穴を掘って行く会話。でも、穴を掘っていると湧水があったり、鉱脈にぶつかったりする。それで、自然と筋が転がって行く。

青は本人が言うように「いい歳をして」雪が初めての女性だった。その雪が浮気をして、別れたいと言う。青は納得が行かない。

その青に卒業制作の映画に出てほしいと町子が頼みに来る。なんで自分なのかさっぱり分からないし、緊張するので無理だと思うが、スナックの客に「それは告白だ」と言われて受けることにするが、自信がないので田辺さんに手伝ってもらって練習する──これが相当にひどい(笑)

撮影には朝ドラにも出演している俳優・間宮武(成田凌)も来る。間宮の後が青の出番だったが、ただ本を読んでいるだけのシーンなのに手がつけられないほど下手糞で、その場でボツになる。

そのくせ打ち上げに誘われたらついて行き、その後そこで知り合ったイハの家に行く。なんだか知らないけどイハには気楽に何でも話せて、自分と雪の話をつぶさに聞かせて、結局そこに泊まる。

──とまあ、こんなストーリーを延々と書いても全く意味はない。橋田壽賀子じゃないんだから(笑)

いろんな役者の組み合わせで、(ワンショットの切り返しも時々はあるが)主に固定カメラで2人を長回しで切り取って行く。

ワンショットよりも引き気味の2ショットの固定カメラのほうが余韻があって、じんわりと多弁であったりするのである。

最初は全部アドリブに見えた会話が、うまく編み込まれて、最後は目論んだ通りのストーリーになって流れてくる。あっぱれな脚本。ともかく監督はすごい観察眼だ。そして、役者が皆、恐ろしいぐらい自然。

人生ってこんな感じだ。こんな感じじゃ悪いのか? いや、ちっとも悪くないんじゃないだろうか?

若い頃にはちょくちょくザ・スズナリに芝居を観に行ったりもしたが、ここのところ長らく行っていない。久しぶりに下北沢の街をぶらぶら歩いてみたくなった。

良い映画だった。巷で言われているように、今泉力哉最高傑作ではないだろうか。

|

« 『ザリガニの鳴くところ』ディーリア・オーエンズ(書評) | Main | 今泉力哉監督と twitter »

Comments

ご無沙汰してます。
ブログはいつも楽しく読ませていただいてます。
一つお願いがあるのですが、映画の感想を書いているブログにその映画の公式サイトへのリンクを張ってもらえませんか。そのぐらい自分で検索して探せと言われればそうなのですが。
何かポリシーがあって、あえてリンクは張ってないというのであれば、それも仕方ありませんが。
毎回、映画の時は公式サイトを探して見てますので、何とかならないかと思い。非常に身勝手なお願いをしてみました。
もしかして、リンクを張るのはお嫌いですか?

Posted by: 仙台の住人 | Monday, April 19, 2021 16:44

> 仙台の住人さま

タイトル打ち込んでググってください(笑)

本当は画像も貼りたいのですが、著作権を守る立場の会社にいるので、何が何でも著作権法違反だけは避けなければシャレにならないと思い、貼っていません。

リンクがないのはその延長上ですね。文字リンクなら貼っても良いのですが、映画の公式ページって未来永劫残ってるんですかね? リンク切れも嫌なんですよ(笑)

Posted by: yama_eigh | Monday, April 19, 2021 22:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『ザリガニの鳴くところ』ディーリア・オーエンズ(書評) | Main | 今泉力哉監督と twitter »