« 映画『きみの瞳が問いかけている』 | Main | 映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』 »

Tuesday, October 27, 2020

サラリーマンをバカにしてはダメよ

【10月27日 記】ある人が twitter でリツイートしているのを読んで、久しぶりに聴きたくなった。

その人(リツイートされた記事を書いた人)は、最後には離婚して自分を捨てた父親だが、それでも毎朝満員電車に乗って会社に通い、自分を育ててくれたことを感謝すると書いていた。

知らない人だったので、メンションやコメント付きリツイートをして、直接絡むようなことはしなかった。ただ、無性にこの歌を聴きたくなったので YouTube で検索して、何年ぶりかで聴いた。

この歌、反体制を標榜してきた“関西フォーク”の流れのものだが、でも、決して単なる皮肉でもないし、諦観でもない。

あるいはこの歌を作った岩井宏の意には反するのかもしれないが、でも、まっすぐな皮肉にもなっていないし、真っ向からサラリーマンを否定もしていないように、僕には聞こえてしまう。

何と言うか、これこそペーソスなのだ。何十年もサラリーマンをやってきた身にはすこぶる沁みるのである。


|

« 映画『きみの瞳が問いかけている』 | Main | 映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画『きみの瞳が問いかけている』 | Main | 映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』 »