« イヤフォン入れ | Main | 各局ドラマの時期ズレに思う »

Saturday, August 08, 2020

『七つの会議』その2

【8月8日 記】 WOWOW から録画しておいた映画『七つの会議』を観た。と言っても、今回は映画評を書く気はない。1回目に観た時にすでに書いているから。

妻が観たいと言ったから録画したのだが、しばらく放ったらかしになっており漸く2人で観た。妻は僕に「これ、観たの?」と一応は訊く。観た映画をもう一度つきあわせるのを心苦しく思っているフシが全くないわけではない。でも、ほとんど気にしていない。

何故なら僕が一度観た映画でもほとんど憶えていないことを知っているからだ。このブログにも何度も何度も書いているように、僕は読んだ本でも観た映画でも大部分を忘れてしまう。それがどの程度なのかを今日は書いてみようと思う。

この映画は昨年の映画である。僕はマスコミ試写会で観たので一般の人よりは早く観ている。それでも1年7か月前である。

にもかかわらず、今回見始めるまで主演が誰だったか思い出せなかった。もちろんこれは最初のシーンを見てすぐに思い出したが。

で、最初のほうで及川光博が椅子から転げ落ちるシーンがある。それを見て僕は、「あ、これは確か何かだったはず」と思った。それぐらい忘れてしまうと言うか、その程度には憶えていると言うか(笑)

大体は新しい登場人物が出てくるたびに、「えっと、こいつは何者だったっけ?」と思って観ている。

で、音尾琢真のネジ工場の社長が出てきた時点で、「確か、ネジの強度が関係してたはず」と鋭く思い出した(笑)

でも、その後、誰が不正の黒幕だったのかなんて全く思い出せない。橋爪功が野球のグローブを出したシーンで、「あ、これも確か何かだったはず」と思った。

一事が万事そんな感じである。だから2度めでも大いに楽しめるのである。

2度めもやっぱり面白い映画だった。

|

« イヤフォン入れ | Main | 各局ドラマの時期ズレに思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イヤフォン入れ | Main | 各局ドラマの時期ズレに思う »