« 『南瓜とマヨネーズ』 | Main | 映画『のぼる小寺さん』 »

Thursday, July 09, 2020

移動時間と勤務時間

【7月9日 記】 一日のうち部分的に出社、部分的にテレワークをしたときの家と会社の移動時間についてずっと考えている。納得が行かないのだ。

ウチの会社では、そういう場合の移動時間は勤務時間には含まれないと明記されている。皆さんの会社でもそうなんだろうか?

純粋に理屈として納得が行かない。

例えば9時に出社して12時に退社する。そして13時から家で働く。その場合の 12:00-13:00 が勤務時間には当たらないと言う。

いや、この例だと昼休みがかぶるからややこしい。昼休み込みで13:30 まで働いたとしよう。1時間かけて帰宅して 14:30 にテレワークを開始したとしたら、13:30-14:30 は勤務時間ではないと言う。

これが理解不能である。

もしもそれが勤務時間でないとしたら、外回りの営業マンが得意先のA社からB社に移動する時間も勤務時間ではないはずだ。彼らも僕らも次の仕事をするために移動しているのだ。

コロナ初期は出社したら丸一日会社で働いていた。ところが、その後「出社時間はできるだけ短く」とのお達しが何度も何度も来るので、会社では出社しなければ決してできない仕事だけを片付けて早めに帰るようにしている。

つまりは、会社の要請に従って移動しているのである。あるいは仕事の必要性に従って移動しているのである。これが仕事でなくて何だろう?

午後半休を取得して 14:30 に家についてからテレビ見たり昼寝したりパチンコに行ったりしているというのであれば、もちろん家に帰るための時間は通常の退勤時間であり、これは勤務時間には含まれない。

だが、僕らは午後に家でできる仕事をするために、そして、会社に長くいるなという要請に従って、移動しているのである。これがなぜ勤務時間でないのか、純粋に理屈として理解できない。

気になって厚生労働省のテレワーク関連のページを見てみたら、そこには移動時間は勤務時間には含まれないとは書かれておらず、職員の自己都合による移動であれば勤務時間には含まれないが、そうでないのであればその職員は拘束されているのだから勤務時間である、みたいなことも書かれていた。

それなら純粋に理屈として納得できる。

納得できないルールを押し付けられて腹立たしいので、僕は必ず昼休みに移動している。昼食はウルトラ高速飯にして移動時間と合計して1時間以内に収めるか、あるいは、デスクでパンでもかじりながら仕事をして、昼休みを純粋に移動に当ててるかである。

勤務報告書には「昼食は PC 作業をしながら済ませ、昼休みを返上して移動に当てましたので、実働時間は確保しております」と毎回書いている。

どう考えても、純粋に理屈として納得できない。

|

« 『南瓜とマヨネーズ』 | Main | 映画『のぼる小寺さん』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『南瓜とマヨネーズ』 | Main | 映画『のぼる小寺さん』 »