« STAR WARS 前置き | Main | 年末の買い物2つ »

Friday, December 27, 2019

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

【12月27日 記】 というわけ(前日書いた「前置き」参照)で『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観てきた。IMAX の 2D版である。

考えてみれば、同じような設定を何代にもわたって繰り返す、割合稚拙な設定の物語である(僕はこの物語にギリシャ神話の影響を見たりしないし、また今となっては「因縁」とか「因果」とかいう形容もしたくない)。

それをここまで面白く見させるというのは、もちろん特撮や CG の力もあるが、なんと言うかストーリー・ドライブの力であるように思う。

これはやっぱり大活劇なのである(僕はここで黒澤明の影響を語りたいとも思わない)。そして、今作がその大活劇の完結編。ああ、長いことかかって、やっと世の中が平和になって良かった──それが、それこそが全編見終わっての、偽らざる感慨である。

ここには正義と悪の二元があり、でもその二者は分明な二元ではなく、紙一重の、あるいは表裏一体の二者である。この物語の成り立ちの面白さはそこに尽きるのである。

一枚の紙を何度も何度も裏返して見せるようにして、あるいはその紙を3枚(あるいは9枚)重ねて見せて、最後にそれを並べて広げて1枚の紙にしてしまったような感じがする。

細部についてあまり語ることはない。これは祭りである。何年か経ったらもう一度9本全部を続けて見たいと思っている。面白かった。

|

« STAR WARS 前置き | Main | 年末の買い物2つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« STAR WARS 前置き | Main | 年末の買い物2つ »