« 掘り出しモノ賞 | Main | 念力珍作戦 »

Monday, December 09, 2019

2019邦画トキメキ祭り(ALiS から転記)

【12月9日 転記】 (以下は ALiS に投稿した文章ですが、映画の話なのでここにも転記しておこうかと思います。年末の企画に合わせて書いたもので、別に今年のベスト3を選ぼうなどと大それたことは考えずに、#2019トキメキ祭りという企画名に合わせた軽い読み物のつもりです)

《2019邦画トキメキ祭り》

2019年はこれまでのところ、映画館/試写会場で 52本の邦画を観ている。まだ増えると思うが、2019トキメキ祭りの締切が迫っているので、ここで打ち切って 2019年日本映画トキメキTOP3 を選びたい。 

次点『チワワちゃん』 

二宮健監督。岡崎京子の漫画が原作。この、まるでミュージック・ビデオみたいな、でも、映像でしか表せないものをしっかり映像で表した「青春の自爆テロ!」を観て、トキメかないはずがない。

ただ、チワワちゃんに扮した門脇麦という女優が昔からあまり好みでないので、僕の中では惜しいかな次点。 

第3位『さよならくちびる』 

久しぶりの塩田明彦監督。こちらにも門脇麦が出ているが、僕のトキメキはフォーク・デュオ“ハルレオ”のハルではなく、レオ役の小松菜奈。レオはハルに拾われたようなもんだし、ギターもハルに教わったし、レオが好きなシマ(成田凌)はハルにぞっこんだし…。 

そんな劣等感を抱いたレオがハルとマネージャーのシマとの3人でツアーを回るロード・ムービー。キツイぞ、これは。奔放そうに見えてレオの胸中は嵐が吹き荒れている。この小松菜奈にトキメかずにどうする? 

第2位『惡の華』

原作は押見修造の強烈な漫画。敬愛してやまない井口昇監督。そして、脚本は岡田麿里。

ボードレールの『惡の華』など、難しい本ばかり読んでいる中2の春日(伊藤健太郎)が、ある日教室でクラスのアイドル佐伯(秋田汐梨)の体操服を拾い、ついついブルマーを顔に押し当てて匂いをかいでしまう。ところが、それをクラスの問題児・仲村(玉城ティナ)に見咎められて、そこから春日は被虐と官能の地獄に堕ちて行く。

この玉城ティナのめくるめく惡の女王にトキメかずにどうする? 最後に咲く惡の華も怖い。

第1位『愛がなんだ』

『さよならくちびる』にも出ていた成田凌に岸井ゆきのがメロメロに恋をする話。原作は角田光代。監督は今年『アイネクライネナハトムジーク』でも注目された今泉力哉。

痛い痛い、行き場のない物語。僕にはこういう愛は全く共感できない。テルコ(岸井ゆきの)もワケ分からんが、マモル(成田凌)がこれまたひどすぎる。ナカハラ(若葉竜也)がまた異常である。でも、そんな彼らの愛のあり方にどこか惹かれてしまう。

夜の路上で突然ラップを歌い始める岸井ゆきのにトキメかずにどうする?


今年の日本映画はものすごい豊作でした。あまり映画館に行かない人もたまにはご覧あれ。トキメきますよ。

|

« 掘り出しモノ賞 | Main | 念力珍作戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 掘り出しモノ賞 | Main | 念力珍作戦 »