« 『炎上論』茂木健一郎(書評) | Main | 映画『ザ・ファブル』 »

Wednesday, June 26, 2019

ロックじゃない

【6月26日 記】 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の記事で書いたことだが、クイーンがデビューしたとき、当時高校生だった僕は直感的に「これはロックではない!」と断罪してしまった。このことは、僕のこの映画に対する評価が他の人ほど高くないことに一役買っていると思う。

それは彼らのコーラス・ワークと曲の構成にクラシックっぽいものを感じたからだ。もちろん当時からクラシックの手法を取り込んだロック・バンドはすでに何組かいた。

でも、例えば『キラー・クイーン』だ。あれを聴いて僕は「これはロックではない」、もっと厳密に言うと「クラシックっぽいロックでさえない」と強く感じた。

『ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『バイシクル・レース』など、個々にはとても好きな楽曲もあったのだが、でも、最初の拒否感があったことが影響したのか、レコードも CD も(シングルもアルバムも)1枚たりとも買っていない。

所詮ロックに厳密な定義があるわけでもないし、人によって感じ方はさまざまなのだから、やれこれこそロックだの、やれロックじゃないだの言っても仕方のないことである。

でも、あの時代「それはロックじゃない」というのは極めて強烈な言葉だった。何しろ内田裕也らとはっぴいえんどらの日本語ロック論争があった時代なのだ。よしだたくろうが「フォークじゃない!帰れ!」と罵声を浴びた時代なのである。

あの時代の若者による「ロックじゃない」という断罪は、全面的な拒絶であり侮蔑であった。

もちろん、僕は誰かに向かって「クイーンはロックじゃない!」と言ったわけではない。ただ、自分では買わなかったというだけのことだ。でも、やはりそれが強い拒絶であったことは確かである。

さて、現代、これと同じような全面的拒絶、絶対的侮蔑を表す言葉が何かあるかな、と考えたとき、幸か不幸か音楽の世界は今や完全に多様化してしまったのでもはやそんな現象は起きようもないが、音楽を離れてひとつだけあるとすれば「上から目線」ではないかな、と思う。

「上から目線」は今や相手の人格を全面的に否定するために使う言葉になってしまった。僕からすれば不思議である。なんで上から言われたらそんなに嫌なんだろう? なんで上から言われることをそんなに毛嫌いしてそれほどまでの屈辱感を覚えるのだろう?

地位や年齢や経験が上の人が上からものを見て上からものを言うのはある種当たり前のことである。もちろん何かを勘違いして上からものを言う人も当然出てくるだろう。でも、ま、そんなもんじゃないか、と僕は思うのだが…。

これって、「そんなもんロックじゃない」と言っていた自分に対して、今なら「別にロックじゃなくたっていいじゃない」と言えるのと同じような気がする。

事実よしだたくろうは「フォークは自由の歌だっていうのに、どうして制限されるんだ。僕は自由に歌うためなら演歌歌手と呼ばれたって構わない」みたいなことを言った。僕は一方ではこの発言に強く強く惹かれたのである。

で、何が言いたいかと言うと、それでも『ボヘミアン・ラプソディ』には、もちろん良い映画だとは思ったのだが、それほど惹かれはしなかったということである。この辺は難しい(笑)

|

« 『炎上論』茂木健一郎(書評) | Main | 映画『ザ・ファブル』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『炎上論』茂木健一郎(書評) | Main | 映画『ザ・ファブル』 »