« 映像の力 | Main | 映画『コンフィデンスマンJP』 »

Saturday, May 18, 2019

川栄李奈さん、おめでとう

【5月18日 記】 川栄李奈が結婚する。子どもも授かったとのこと。

AKB48 なんてほんの数人しか知らなかったから、僕は彼女のことを 2014/5/25 の「AKB48握手会傷害事件」まで知らなかった。そのときに傷を受けた一人として彼女の名を聞いて、やまえいさんとしてはかわえいさんのことを他人とは思えなくなったのである。

それでそれから彼女が出てくると注目するようになった。もっとも、ようやく顔をはっきりと識別できるようになったのは 2017年の au 三太郎シリーズの CM での織姫役ぐらいからだけれど。

最初に彼女が出ている映画を見たのが同年 9/29、『亜人』。あの映画で僕は完全に彼女の虜になった。あの時僕はこう書いている:

戸崎の秘書・下村泉を演じた川栄李奈が、髪の跳ね方から上着の裾のめくれ方まで見事に原作に近かったのと、彼女がこれほどまでにアクションのできる人だったことに驚いた。

そのあと『プリンシパル』、『嘘を愛する女』、『センセイ君主』、『人魚の眠る家』、『九月の恋と出会うまで』と彼女の出演作を観てきた。どの役もとても印象的だった。

にぎやかな少女も静かな少女も、押しの強い女性も耐える女性も、摩訶不思議な女の子もまっすぐな女の子も、彼女はどの役にもなりきれるだけでなく、どの役も魅力的に演じてみせた。

とりわけ『センセイ君主』での、主人公の友だち役がものすごく素敵だった。あの時僕はこう書いている:

彼女の親友役で出てきた川栄李奈がこれまた浜辺美波に負けず劣らずの弾け方で、「ムネボンババぼん」で(笑)、ものすごく良いのである。

劇場の大半を埋めていた竹内涼真のファンと思しき女性たちだけに見せるのは惜しい気がする。これは是非とも浜辺美波や川栄李奈のファンの男の子たちにも観てほしい。間違いなくキュンキュン来る。

僕は多分この先ずっと彼女のファンであり続けると思う。結婚おめでとう。幸せであるように心で祈ってる。

|

« 映像の力 | Main | 映画『コンフィデンスマンJP』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映像の力 | Main | 映画『コンフィデンスマンJP』 »