« 『ハロー・ワールド』藤井太洋(書評) | Main | 映画『麻雀放浪記2020』 »

Friday, April 05, 2019

令和レモンのレ

【4月4日 記】 新元号が発表されるとすぐに「令和の令は命令の令だから良くない。安倍の意図もそこに見え隠れしている」みたいなことを言い出す人が出てきましたが、それはあまりに一面的かな、と思います。

ちなみに僕は自民党支持者ではないし、ましてや安倍首相の信奉者でもないことを最初に断っておきますね。

一つひとつの漢字にはいろんな意味があります。それを「令は命令の令」みたいに限定してしまうのはどうかと思うのです。そんなことを言い始めると「平成の平は平凡の平だから良くない」などとも言えるわけで、そんなことで(固有)名詞が糾弾され始めると収拾がつかなくなります。

例えば「命令の令では感じが悪いから、今日から法令という用語は一切使わず、全部法律と呼びましょう」みたいなことになりませんか?

あるいは、例えば、新元号が令和じゃなくて命和だったらどうでしょう?

「命和の命は命令の命だから良くない」と同じように言う人ももちろんいるかもしれません。しかし、「命」という字からは「命令」よりも「いのち」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? つまり、「命和の命は命令の命だから良くない」という人は令和の場合よりは減るのではないでしょうか?

ともに「命令」という熟語の一部であり、ともに同じような意味も持っている漢字でありながら、それくらいの差は出てくるものなのです。

「令」から「命令」を最初に思い出すのはあなたの感覚でしかないのです。もちろんそれが悪いというのではありません。大切なのは、それが人によって違うという認識です。何故なら漢字にはいろいろな意味があるから。

「令」は「令嬢」「令室」「令夫人」の「令」です。「命令」や「勅令」よりもこれらの熟語を先に思い出した人もいるでしょう。これは「美しい」という意味、あるいはそこから転じた用法で「他人の親族につける敬称」なのです。

『論語』の「巧言令色鮮し仁」の「令」でもあります。ここでは孔子は悪い意味で使っていますが、「令色」とはつまり愛想の良いことです。

あるいは、僕は漢文が好きなので使役動詞としての「令」を思い浮かべます。「○○ヲシテ△△セシム」ってやつです。これを仮定を表す条件節の冒頭に置いて。「○○ヲシテ△△セシメバ」という、英語で言う if 文みたいな使い方もよくされますし、ざっくりと「仮令」を「モシ」と読み下してしまう場合もあります。

そんな意味もあります。どの意味を思い出すかは見たり聞いたりした人によるのです。

どの意味が漢和辞典の最初に載っているかというのもあまり意味がありません。それは今回の「令和は万葉集から採った」「いや、その万葉集の歌もやっぱり漢籍から採ったものだ」という論争の不毛さに似ています。

漢字には歴史があり、漢字にはいろんな意味があり、その漢字から思い浮かべるものも人によって異なるのです。ましてや新元号は安倍首相が自ら考案したものでも選定したものでもありません。安倍首相を非難するのであれば、他の材料を探したほうが早いし確実な気がしますね(笑)

ところで、もし本当に新元号が令和ではなく命和だったとしたら、それでもやっぱり明和電機(現・令和電機)は命和電機に「社名変更」したのでしょうか?(笑)

|

« 『ハロー・ワールド』藤井太洋(書評) | Main | 映画『麻雀放浪記2020』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『ハロー・ワールド』藤井太洋(書評) | Main | 映画『麻雀放浪記2020』 »