« January 2019 | Main | March 2019 »

Thursday, February 28, 2019

映画『翔んで埼玉』

【2月27日 記】 公開初日から大ヒット中の映画『翔んで埼玉』を観てきた。

僕は今は東京に住んでいるとは言え、大阪生まれ大阪育ちの基本関西人なので、埼玉に対する謂れなき差別意識などは持っていない。いや、と言うか、東京人が埼玉や千葉を悪しざまに言うのも、単におちょくると面白いからおちょくっているだけのことなんじゃないかな。

これは関西においては大阪人が奈良や和歌山をおちょくるのと同じである。いや、それどころか、ここまでネタ化すると、埼玉県人が埼玉を、奈良県人が奈良をディスるという自虐ネタにもなる。

昔、社内の奈良(しかも、奈良市内ではなく、語弊があるので書かないが、とても田舎の地区)出身者2人が、

「お前んとこには駅前に公衆電話ないやろ?」
「あるわ。こないだできたんじゃ。お前んとここそ、こないだまで律令政治やってたんとちゃうんか?」

などと罵り合っていた(上記は実際に交わされていた会話であるw)のを思い出す。

で、これはそんな映画なのである(って、何のこっちゃ、と思うかもしれないが)。ともかく馬鹿馬鹿しいのひと言。

でも、その馬鹿馬鹿しいネタが途切れることなく上手に繋ぎ込まれて、湯水のようにお金を注ぎ込んで、エキストラも特機も CG もフルに導入して、役者たちがそれぞれ目いっぱい針の振り切れた演技をすることによって、こんな馬鹿馬鹿しい大作になるのだ(なんだ、やっぱり馬鹿馬鹿しいのかい、と言われるとその通りだが)。

Continue reading "映画『翔んで埼玉』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 27, 2019

『爆発的ヒットは“想い”から生まれる』境治(書評)

【2月27日 記】 タイトルが非常に明快に本の内容をまとめている。ただし、これはマニュアル本でもノウハウ本でもないので、その点はご注意。

僕は著者の境治さんとは面識があるだけではなく、境さんが主催している「ミライテレビ推進会議」のメンバーであることもあり、また関心領域も近いので、その会議だけではなく月に1~2回はいろんなところでリアルに顔を合わせているし、ネット上まで含めるとほぼ毎日何らかの接触があると言える。

だから、もう何年にもわたって、境さんの話をセミナーで聴いたり、ネット上の様々なサイトで読んだり、時には直接会って意見や情報を交換したりしているので、実はこの本に書いてあることで初めて見聞きしたことはほとんど、いや、全くないと言い切っても過言ではない。

でも、この本の秀逸なところは、境さんがいろんなところで書いたり言ったりしてきたことが網羅的に収められているということではなく、それらが本当に見事なぐらい有機的に繋がっているということだ。

Continue reading "『爆発的ヒットは“想い”から生まれる』境治(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 25, 2019

ふぞろいの電波時計

【2月25日 記】 多分、以前どこかに書いたと思うのだけれど、何もしなくても決して止まることなくずーっと正しい時間を刻んでくれる時計を持つことが、僕の中学生時代からの夢であり長年の念願だった。

だから、初めてソーラーの電波時計を買った時には、あたかも人生の究極の目的を果たしたかのような達成感、と言うよりも、むしろ全てを成し遂げた後のがっくりとした脱力感と言うか、「これから僕は一体何を目標に生きて行けば良いのだろう?」という戸惑いのような感慨さえあった。

それほどまでにこだわりがあるので、当然腕時計だけではなく、我が家の置き時計も電波時計が多い。

Continue reading "ふぞろいの電波時計"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, February 23, 2019

やりたいこと

【2月23日 記】 昨日あるところで聴講したセミナーに SHOWROOM の創設者である前田裕二氏と有名な編集者・箕輪厚介氏が登壇しておられました。

で、本筋とは全く関係がないのですが、聴いていて途中で大いに驚いたとことがありました。

それは箕輪氏のこんな発言でした。

いろんなところでセミナーをやっていると、最近若い人から、「僕には箕輪さんみたいにやりたいことがないのですが、どうしたら良いでしょうか?」みたいなことを訊かれることが多いんです。

すると、それを受けて横にいた前田氏が

あ、僕もそれめちゃくちゃよく訊かれます。

これには驚きました。僕にはよく解らないのです。

Continue reading "やりたいこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 21, 2019

食べ放題のうち

【2月21日 記】 いくつになっても健啖家、というような人もいるにはいるが、僕の場合はご多分に漏れず、年を取るにつれてあまり量が食べられなくなってきた。

もともと体育会系でも大食漢でもなかったのは確かだが、それでも10代、20代の頃はほぼ無意識に「大盛り」を注文していたように思う。

それが今は大盛りどころか普通盛りでも多いくらいだ。

メニューに「小ライス」とか「ご飯少なめ」とかいう選択肢があれば良いのだが、あるいはメニューには載っていなくても、店の人と顔なじみで気軽に「ご飯少なめで」とか言える雰囲気だったら良いのだが、そうでなければやはりわざわざそういうオーダーをするのは、僕らの世代はためらってしまうのだ。

何故なら僕らの時代はとにかく出されたものは何であれ全部きれいに平らげるというのが礼儀だったから。そこには自分の腹具合とか好き嫌いとか、そういう尺度も選択肢もなくて、ただただ作ってくれた人、振る舞ってくれた人に対する感謝の意を表して初めて食事という儀式が完結するのだった。

というわけで、簡単に言うと、こっちが金払ってんだから大盛りであれ半ライスであれ好きなものを注文して好きな分だけ食べれば良いものを、それが気安くできないもんだからウジウジしているという馬鹿らしい話でもある。

Continue reading "食べ放題のうち"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 19, 2019

ambiguity と ambivalence

【2月17日 記】 wowow から録画しておいた『スリー・ビルボード』を観た。どう書けばいいのだろう。ひと言ではとても言い表せない。ただ、さすがにキネマ旬報ベストテンの外国映画部門第1位に輝いただけのことはある。

とある田舎町に娘がレイプされた果てに殺された中年女性がいる。彼女がある日思い立って、人気の少ない街道沿いの、今は何も貼られていない3枚の看板に広告を出した。自分の娘を殺した犯人が何ヶ月も捕まらないことを憤って、警察署長をなじる内容だった。

田舎の警察署長と言えば、役職としては地方の名士である。役職だけではなく、実際に彼は人柄も良くみんなから慕われていた。おまけに彼が膵臓がんで余命幾許もないことは住民全員が知っている。

そんな所長をなじる看板を出したりすると、波紋が起き、彼女への風当たりが強くなるのは目に見えている。

加えて、田舎の警察官は署長のような穏健な男だけではない。差別意識丸出しで権力を振りかざし、平気で暴力を振るうような奴だっているのだ。

そんな彼女と他の住民と警察官たちの確執を描いた映画だ。いや、確執を超えて、それは明らかに非合法暴力による抗争である。

ここで描かれているのは、しかし、正義と悪の分かりやすい対立や対比ではない。それらがものすごくぐちゃぐちゃに入り乱れた人間という存在が描かれている。

Continue reading "ambiguity と ambivalence"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 16, 2019

映画『フォルトゥナの瞳』

【2月16日 記】 映画『フォルトゥナの瞳』を観てきた。贔屓の三木孝浩監督。

死期の近づいた人間の体が透けて見えるという特殊な能力を持った人の話。病魔に侵されている場合だけではなく、出会い頭の事故で死ぬのまで分かってしまうとなると、それはもう SF を超えて荒唐無稽の領域に入ってくる。

そういう設定は僕はあまり好きではないのだが、でも、三木孝浩監督なのだから仕方がない。ただ、原作者が誰なのかを事前に知っていたら、もう少し見るのを躊躇したかもしれない(笑)

予告編を何度も見すぎたこともあって、そういう超能力をめぐる冒険譚かミステリと思っていたのだが、実際に観てみるとこれは全然そんな映画ではなく、如何にも三木孝浩監督らしい堂々たるラブ・ストーリーである。

そういう意味であの予告編はミス・リードなのだが、意図的なミス・リードであったということが見れば分かる。

Continue reading "映画『フォルトゥナの瞳』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 15, 2019

『彼女は頭が悪いから』姫野カオルコ(書評)

【2月15日 記】 (普段はできるだけネタバレを避けて書いているのですが、今回は多少ネタバレ気味の要素が入ってくるかもしれないなと、文章を書き始めた今の時点で思っています。もし、そうなっていたら、これから読む人、ごめんなさい)

醜悪なタイトルである。5人の東大生にマンションに連れ込まれて強制猥褻(強制性交ではなく強制猥褻であるというところにも深い意味がある)の被害に遭った女子大生の話である。そこに至るまでの悲惨な経緯が書かれている。

この筋立てと重ねて読むと、このタイトルはなおさら醜悪なものとなる。

作品ごとに作風が変わると言われている姫野カオルコだが、この小説ではルポルタージュ風に書き下したところが見事に奏功している。

実際にあった事件に着想を得て書かれたらしいので自然にそうなったのかもしれない。あるいはこの小説を書くまでに、ルポルタージュの取材のような作業があったからかもしれない。でも、僕はそれだけではないと思う。作者は知っていたのである──このような書き方が一番読者の体の中にすんなりと入っていくのだということを。

しかし、それにしても東大生に対して何か私怨があるのかと思うほどの書きっぷりである。いや、罵詈雑言は浴びせていない。冷静に彼らの育ちと心理を分析しながら、結果的に東大生のおぞましさを静かに暴く形になっている。

僕の周りには、勤務先の社内にも、あるいは今まで仕事で関わってきた社外のいろんな人たちの中にも、東大卒の知人はたくさんいる。彼らがみんなここに出てくるような奴らだとは決して思わないのだが、それでもこの小説は少なからずポイントを突いている気もする。

読みながら僕が思ったのは、これを東大卒の人が読んだらどう感じるのだろうかということ。そして、うん、彼らは全員余裕かましてこれをスルーするだろうな、というのが僕の見立てであった。

Continue reading "『彼女は頭が悪いから』姫野カオルコ(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 12, 2019

どう?

【2月12日 記】 「それで学校はどうだ?」──小さい頃にそんな質問をされて困惑した記憶がある。久しぶりに会った親戚のおじさんとかから、「何年生になった?」という質問に続けて。

いや、親戚のおじさんやおばさんばかりじゃなくて、普段子供の日常生活になんかほとんど見向きもしていなかった父親にも、突然「ほんで、学校はどやねん?」などと訊かれたことがあったように思う。

「どやねんって何が?」と思うのだが、訊いた方はどうやら「楽しい」などと答えてほしがっているように見受けられる。でも、どうと訊かれても、学校はひと言で言えるほど単純な場所ではない。

学校は楽しいところでもありしんどいところでもある。どっちの要素のほうが多いかを比較してどちらか一方に結論付けるのは間違っている。──と、子供の頃にそこまで明確に考えてわけではないが、なんとなくそんな感じでいたのは確かだ。

それにそもそも学校は楽しいから行くものでもしんどいから行かないものでもない。自分の意志や感じ方とは何の関係もなく、まず行かなければならないところだから行くのである。──子供ながらに(と言うか、あまり子供らしい無邪気な存在ではなかったからかもしれないが)、僕はそういうことを基本的な認識として持っていた。

それをどうかと訊かれても困るのである。どうだったらどうだと言うのだろう?

逆に、不用意に訊いて「楽しくない」と言われたらどうするんだろう? 楽しくなくても学校には行かなければならないのである。「楽しい」と言われたら、「そうか、それは良かったな」「何が一番楽しい?」などと会話が進むのだろうが、「つらい」「行きたくない」などと答えられたら、それを聞いた大人はどう対処するのだろう?

Continue reading "どう?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 10, 2019

コピペとスクショ

【2月10日 記】 最近の若い人は URL をコピペして友だちに教えたりしないのだという話を読んで驚きました。ごめんなさい、どこで読んだか記憶が定かでないので、その記事の URL はここにペーストしてませんが(笑)

考えてみれば確かにそうです。

僕らは PC世代だから PCをやり始めてすぐの頃に、「コピーは Ctrl+C、切り取りは Ctrl+X、貼り付けは Ctrl+V」と教わって、それが頭に焼き付いているので、当然他人にそのページを教えたいのであれば URL をコピペして送り、送られたほうはまたそれをブラウザにコピペして見るのが自然です。

でも、今のスマホ世代の環境を考えてみてください。スマホのアプリで見ていると、どこにも URL が表示されていなかったりするではないですか。その場合はそのページの URL を表示させるのは大変面倒です。

もしスマホのブラウザで見ていてちゃんと URL が表示されているのであれば、その部分を長押しして、ポップアップ・メニューから「コピー」を選んで、貼り付けたい画面に遷移して、貼り付けたい場所で再び長押しして、ポップアップ・メニューから「貼り付け」を選ぶ、という手順になります。

──結構面倒です。まず長押しが面倒。タップだったら面倒ではないのに、不思議なことに長押しになった途端に面倒になります。それから画面やアプリ間を移動するのが、スマホの場合はこれまた面倒です。

そんな環境にいる子たちが、「えー、そんな面倒なことやってられない」と言うのも無理ありません。

では、彼らはどうするのか? ──スクリーンショットを添付するのだそうです。

Continue reading "コピペとスクショ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 08, 2019

「キネマ旬報」2月下旬号(2)

【2月8日 記】 さて、今年もキネマ旬報ベスト・テンの集計表を見ながら、毎回やっている分析の遊びをします。

キネマ旬報ベスト・テンはそれぞれの審査員(今回の邦画部門だと 60名)が1位から10位までを選び、1位には 10点、2位には9点、3位には8点、…、9位には2点、10位には1点が割り振られて、その合計点で順位を決めています。

これを私は毎回分解して遊んでいます。どうやるかと言えば、ある映画の総得点をその映画に投票した審査員の数で割ってみるのです。そうすると、同じ 150点獲得の映画でも、一方は

  1. 合計150点=30人×平均5.00点

他方は

  1. 合計150点=20人×平均7.50点

となったりします。これで映画がどのような受け方をしたかを測ろうという魂胆です。(a) は多くの審査員に投票してもらっていますが、平均点自体は高くない。(b) は逆に投票数はそれほどでもないけれど、それぞれの審査員がつけた平均点がものすごく高い。

故に、(a) は多くの人に広く受けた映画、(b) は特定の人の心に深く刺さった映画だと考えられます。

これは統計学的に正しい手法ではありませんが、数多くの映画に広げるのではなく、投票結果の上位 10本ぐらいに絞ってやっている限りは映画の傾向をかなり正確に捉えているのではないかと思って、それで毎年こういうことをやっています。何よりもこういう遊びが楽しくて仕方がないからなんですが(笑)

さて、では、今回の分解結果を見てみましょう。

  1. 万引き家族
    225点=34人×6.62点
  2. 菊とギロチン
    218点=32人×6.81点
  3. きみの鳥はうたえる
    212点=30人×7.07点
  4. 寝ても覚めても
    205点=31人×6.61点
  5. 孤狼の血
    126点=19人×6.63点
  6. 鈴木家の嘘
    118点=23人×5.13点
  7. 斬、
    113点=24人×4.71点
  8. 友罪
    106点=16人×6.63点
  9. 日々是好日
    103点=18人×5.72点
  10. 教誨師
    88点=12人×7.33点

Continue reading "「キネマ旬報」2月下旬号(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 05, 2019

「キネマ旬報」2月下旬号(1)

【2月5日 記】 キネマ旬報は、毎年の例で言うと、1月前半でベストテンの発表をするので、その時点で僕は自分が書いた「『キネマ旬報ベストテン』の20位以内に入ってほしい邦画10本」との突き合わせ記事を書いて、そのあと2月上旬発売の2月下旬号(キネマ旬報ベストテン発表特別号)を見ながら、去年自分が観た邦画のランキングを追って行く記事を書いていました。

ところが今年から(なのか今年だけなのかは判りませんが)1月中には何の発表もなく、2月下旬号発売の前日になって漸く、しかも、邦画/洋画の第1位と個人賞だけを発表するという、出し惜しみをしてきました。

そのほうが雑誌が売れると踏んだのでしょうか? 仮にそれで雑誌が売れたとしても、なんだか僕は時代に逆行したマーケティング手法だなあと思えてならないのですが…。

ま、でも、個人的には何も不利益を被っていないので、例年と同じ振り返り記事を書きます。ただし、例年だと2回に分けて書いていることを、今年は1回で一気に書いてしまうことになりました。

まずはキネ旬ベストテン(2018年、日本映画)を見てみましょう:

  1. 万引き家族
  2. 菊とギロチン
  3. きみの鳥はうたえる
  4. 寝ても覚めても
  5. 孤狼の血
  6. 鈴木家の嘘
  7. 斬、
  8. 友罪
  9. 日々是好日
  10. 教誨師

なんと、ここまでだと僕の推した映画はゼロ!

Continue reading "「キネマ旬報」2月下旬号(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 03, 2019

映画『あした世界が終わるとしても』

【2月3日 記】 映画『あした世界が終わるとしても』を観てきた。

監督は櫻木優平。岩井俊二監督の『花とアリス殺人事件』のアニメーション監督として頭角を現し、『イングレス』をアニメ映画化した人。制作会社は博報堂系列のクラフターで、なんでも「スマートCGアニメーション」という技術を使っているらしい。

その辺のことをもっと知りたかったのだが、パンフレットが売り切れていたこともあってよく分からない。ただ、確かにアニメの動きが違う。アニメは動画であるが、部分的には人物であれ背景であれ、静止している画像が含まれているものだ。それが全くない感じがするのである。

でも、実際の人間の動きと同じくらい自然かと言うと、いや、そんなことはない。むしろ、超えられない「不気味の谷」の存在を強調した感もある。しかし、動きは驚くほどスムーズなのだ。

さて、話としては、乱暴に言ってしまうとパラレルワールドものなのだが、一方の世界が他方を征服して支配しようとする物騒な様相を呈してくる。

主人公は狭間真(はざましん、CV:梶裕貴)。小さい頃に当時から世間を騒がせ始めていた原因不明の突然死で母が亡くなる。民間企業の研究開発部門に勤める父は、その日以来研究に没頭してほとんど家にも帰らなくなる。

その父の勤め先の社長の娘が幼馴染で同じ高校に通う泉琴莉(いずみことり、CV:内田真礼)。ふたりは互いに思い合っていて、琴莉のほうが割合積極的だが真が今一歩踏み出せない構造。

そして、ある日、真の父親も原因不明の突然死を遂げる。

そこへ真と瓜二つのジン(CV:中島ヨシキ)が、『亜人』のIBMのメカ版みたいなロボットを連れて琴莉を殺しに現れる。ジンによると彼はパラレルワールドにある「日本公国」からやって来た。そして、そこではコトコ(CV:千本木彩花)という「公女」が暴政を敷いて、政敵を次々と粛清し、人民を苦しめていると言う。

真とジンは相対する一体の存在であり、真が死ねばジンも死ぬし、ジンが死ねば真も死ぬ。ジンの父親はコトコに殺されたのであり、それによってこちらの世界では真の父親が突然死したのである。

ジンは向こうでコトコを倒そうとしたが警備が厳重で近寄れないため、こちらの世界に来て、コトコの相対する存在である琴莉を殺すと言う。

Continue reading "映画『あした世界が終わるとしても』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 02, 2019

映画『マスカレード・ホテル』

【2月2日 記】 映画『マスカレード・ホテル』を観てきた。

毎日必死で追っかけている人なら違うのだろうが、僕みたいに久しぶりにじっくり見る者にとっては、「キムタクもさすがに老けたな」というのが予告編を観て最初の感想。

決して下手な役者ではない。いや、むしろ巧いと思う。ただ、何をやっても同じになってしまうのが木村拓哉の特徴であり、もちろんファンはそこをこそ楽しみ、愛しているのだろうが、やっぱりこの映画もどこまでもキムタクである。

何をやっても同じと書きながら一方でこんなことを書くのも変だが、毎回新しいキムタクをちょっと見せて、ちょっと「あら?」と思わせてくれるのもキムタクであり、それもこれもみんな含めてキムタクなのである。

で、映画は超一流ホテルに警視庁捜査一課が潜入捜査に入る話。原作は東野圭吾。鈴木雅之監督。

結論から書くと、とても面白かった。第一級のエンタテインメント作品だと思う。

ホテルマンと警察官という対比の構造が面白いし、群像劇としてもよくできている。

中盤までは警察が捜査している殺人事件とは直接関係のない、ホテルの客と従業員のいろいろなトラブルや事件を描いているのだが、その関係ない事象の中から新田刑事(木村拓哉)が今回の捜査に繋がるヒントを見つけて行くという構成はなかなかである。

Continue reading "映画『マスカレード・ホテル』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2019 | Main | March 2019 »