« 趾 | Main | ルール »

Friday, January 25, 2019

映画『十二人の死にたい子どもたち』

【1月25日 記】 映画『十二人の死にたい子どもたち』を観てきた。冲方丁の同名小説を原作とする堤幸彦監督作品。良い仕事だと思うので、ついでに他のスタッフの名前も書いておくと、脚本が倉持裕、撮影が斑目重友。

集団自殺という共通の目的でネット上で繋がった 12人のティーンエイジャーたち。首謀者のサトシ(高杉真宙)のセッティングで廃病院の地下に集まったところ、なんとそこには 13人目の新客がいて、しかも死んでいた──というミステリ仕立ての設定で始まる。

12進法の基本となっている、約数の多い安定した数字が、招かれざる客によって一気に 13 という不吉な数字に変わる、という構成が面白い。

しかし、集まりはしたものの、いつ死ぬかについては 12人全員の意見の一致を要し、全員一致になるまで皆で話し合う──という設定は、アメリカの陪審員制度を描いた『十二人の怒れる男』からの本歌取りだろう。これも面白いアイデア。

それぞれの若者が死にたい理由を抱えているわけで、そういう意味でこれは 12人の群像劇である。出ているのは必ずしも顔の売れた役者ばかりではないので、下手をすると誰が誰だか判らなくなってしまうのだが、人物の描き分けはよくできていて、見ていて混乱することがない。

病院の地下の部屋ということで密室劇かと思ったが、そこから出られないわけではなく、殺人犯の推理もあって結構病院内をうろうろする。死にたくなくなったら降りることが許されているので、息の詰まるような密室劇でもない。

とは言っても、映るのは病院の中だけである。回想などでこの廃病院以外のシーンがあるわけではない。病院の中だけでは画作りがしんどいので他の場所のシーンを入れたくなるものではないかと思うのだが、それはやめて良かったと思う。入れていたら印象が散漫になったと思う。

それにしても、堤幸彦というのは非常に構成の巧い監督だなあと思う。今回はそんなにトリッキーなことはやっていない(1箇所だけ所謂「めまいショット」があったが)と思うが、全体としての繋がりが良いので飽きない。

現場では 40分間の長回しがあったそうだが、何しろカメラを常時5台同時に回していたらしく、見ているほうにとっては細かくカットを切り替えて人物/集団を連続的に追う映像になっている。構図も良いし非常にテンポがある。

映画は登場人物の対立を孕みながら、皆でいろいろ話し合う中で、12人が順番に、何故死にたいと思うところまで追いつめられたのかをカミングアウトして行く展開になる。──ケインイチ(渕野右登)はイジメ、シンジロウ(新田真剣佑)は病気、メイコ(黒島結菜)は父親、タカヒロ(萩原利久)は吃音、等々、十二人十二色である。

ファッションも個性に富んでいて、爽やかな好青年風のノブオ(北村匠海)、どこから見ても不良なのがセイゴ(坂東龍汰)、ゴスロリのミツエ(古川琴音)、ギャル風のマイ(吉川愛)、そして帽子とマスクでほとんど顔が見えないリョウコ(橋本環奈)。

そんな中で一番最後まで自分のことを語らないのが黒ずくめのアンリ(杉咲花)である。単にクールでシビアでツンツンしているだけではなく、これはかなり難しい役柄だったと思うし、また、彼女には今まであまりなかった役柄なのだが、まさに本領発揮と言った感じで、この映画は完璧に彼女の映画となった。

首謀者を演じた高杉真宙も巧い役者なのだが、今回は見守り役的な役回りだったのでやや影が薄く、見事に “featuring 杉咲花” という感じになった。

ただ、ちょっと引っかかった点が2つある。

この映画で、推理小説における探偵の役を務めたのが新田真剣佑が扮するシンジロウなのだが、その謎解きがあまりに鮮やかすぎて、さすがにそれだけの材料でそこまでの推理は無理だろうと思えてしまうところがひとつ。

もうひとつは、自殺志願の者ばかりのはずなのに、あまりに活気と精気に溢れており、やや現実離れして見える。この辺のところは、これがもし演劇であったなら(特にアングラ的な小劇場で観たのなら)そんなことは全然気にならなかったと思うのだが、映画の場合は舞台のセットのように捨象が効かないので、目に映る物が全部情報になって、それが嘘臭さを補強してしまう。

いずれにしてもとても演劇的な映画だった。

で、まさかこれで終わりじゃないよね、と思っていたら、案の定エピローグでもうひとひねりあって、非常に後口の良い映画になった。良い仕事だと思う。

|

« 趾 | Main | ルール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『十二人の死にたい子どもたち』:

« 趾 | Main | ルール »