« December 2018 | Main | February 2019 »

Wednesday, January 30, 2019

映画『チワワちゃん』

【1月30日 記】 映画『チワワちゃん』を観てきた。

門脇麦という女優が好きではないのであまり観る気はなかったのだが、あっちでもこっちでも褒めている人を見かけて、観るしかない気分になった。

で、実際観てみて仰天した。あまりの素晴らしさにぐうの音も出ない。映画の初めのほうで門脇麦が「青春の自爆テロ」と言うシーンがある。ある意味言い得て妙ではあるが、僕としては「焦燥感の横溢」みたいな感じ。そう、爆発できずに横溢する感じ。

さながらミュージック・ビデオなのである。音楽に合わせて1秒ぐらいのカットが次々に現れる。音楽が鳴っていなくて台詞で物語を運んでいるところでも、ひとつひとつのカットは割合短い。

でも、「カット割りが細かい」という感じじゃない。そう、あれは「切り貼り」の感じ。コラージュ。ひとつひとつはバラバラのものを貼り付けてあるのに、一歩引いて見たら意味のある画像になっている。そう、この映画ってそんな感じ。

映画を見終わってから、「そうか、岡崎京子だったのか!」と思った(ちゃんと事前に読んで知っていたはずなのだが、例によって忘れてた)。岡崎京子の原作を読んだ二宮健監督が、なんとか20代のうちにこれを映画化したいと恋い焦がれて、90年台の話を SNS華やかなる現代に移し替えて自分で脚本を作った。

ちなみに、90年台の話を現代に置き換えても見事に成立したのは、本質的なことは何も変わっていないと監督が言っているようなものだという宇野維正の見立ては素晴らしい。

Continue reading "映画『チワワちゃん』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 27, 2019

ルール

【1月27日 記】 ルールがなくても巧く治まっているのが一番良い状態であり環境である、と僕は思っている。

参加メンバー各自の意見や感覚に隔たりがあって、放っておいたら巧く治まらないから、ルールを作って、「みんなで決めたことだから守りましょうね」という合意を取って治めているのである。

それは自治体のような大きな集団であろうと家族のような小さなグループであろうと、基本的には同じであるように思う。

Continue reading "ルール"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 25, 2019

映画『十二人の死にたい子どもたち』

【1月25日 記】 映画『十二人の死にたい子どもたち』を観てきた。冲方丁の同名小説を原作とする堤幸彦監督作品。良い仕事だと思うので、ついでに他のスタッフの名前も書いておくと、脚本が倉持裕、撮影が斑目重友。

集団自殺という共通の目的でネット上で繋がった 12人のティーンエイジャーたち。首謀者のサトシ(高杉真宙)のセッティングで廃病院の地下に集まったところ、なんとそこには 13人目の新客がいて、しかも死んでいた──というミステリ仕立ての設定で始まる。

12進法の基本となっている、約数の多い安定した数字が、招かれざる客によって一気に 13 という不吉な数字に変わる、という構成が面白い。

しかし、集まりはしたものの、いつ死ぬかについては 12人全員の意見の一致を要し、全員一致になるまで皆で話し合う──という設定は、アメリカの陪審員制度を描いた『十二人の怒れる男』からの本歌取りだろう。これも面白いアイデア。

それぞれの若者が死にたい理由を抱えているわけで、そういう意味でこれは 12人の群像劇である。出ているのは必ずしも顔の売れた役者ばかりではないので、下手をすると誰が誰だか判らなくなってしまうのだが、人物の描き分けはよくできていて、見ていて混乱することがない。

病院の地下の部屋ということで密室劇かと思ったが、そこから出られないわけではなく、殺人犯の推理もあって結構病院内をうろうろする。死にたくなくなったら降りることが許されているので、息の詰まるような密室劇でもない。

とは言っても、映るのは病院の中だけである。回想などでこの廃病院以外のシーンがあるわけではない。病院の中だけでは画作りがしんどいので他の場所のシーンを入れたくなるものではないかと思うのだが、それはやめて良かったと思う。入れていたら印象が散漫になったと思う。

Continue reading "映画『十二人の死にたい子どもたち』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 24, 2019

Feet

【1月24日 記】 油断していたら足の爪が伸びて靴下が破れていた。

足の爪はどうして手の爪より伸びるのが遅いのだろう? 同じ速度で伸びてくれたら、手の指の爪を切る時に合わせて足の爪も切るのだが、足の爪の伸びるのが遅いのでついつい油断してしまう。

それに、真夏以外は大体足に靴下を履いているので、それを脱がないと爪が切れないというハンディキャップがある。寒くて脱ぐのが嫌な冬場はどうしても足の爪を切るタイミングを逸しがちだ。

ところで、僕の足はエジプト型なので、親指が一番突出しており、そこが破れる。妻はギリシャ型なのだが、彼女の靴下はやっぱり人差し指のところが破れるのかどうかは知らない。いずれにしても足で人は指さないのだが。

閑話休題。

Continue reading "趾"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 22, 2019

映画『夜明け』

【1月22日 記】 映画『夜明け』を観てきた。

監督は広瀬奈々子。雑駁に言ってしまうと、是枝裕和と西川美和の弟子筋の人、と言うか、是枝・西川が作った制作者集団“分福”の新人監督である。

そんな環境でオリジナル脚本のデビュー作を撮り、しかも是枝が見出した柳楽優弥が主演となると、なんと幸せな監督だろうということにもなるが、一方で是枝・西川と比べられるのも必至で、当然そういうプレッシャーもあるだろう。

それを考えると、是枝の愛弟子という看板を背負って『蛇イチゴ』を撮った西川美和のただならぬ力量が解る。

冒頭のシーンは川が流れていて橋が架かっている暗い画。遠くに街の灯りが見えるが、夜なので何もはっきり見えない。次のシーンで花束を持った男が橋の上にいて、花束を川に投げ捨てる。これは誰が見ても自殺を予感させるしつらえだ。

でも、そこでカットが変わって朝のシーン。釣り人がやってきて橋の袂に倒れている男を発見する。生きている。家に連れ帰る。その辺りで観客は倒れていた男が柳楽優弥で助けた男が小林薫だと見極められる。

次は柳楽優弥が部屋の中で目覚めるシーン。小林薫はいない。そこに小林が帰ってくる。多分、今外出して買ってきたレトルトのお粥を柳楽のために温めてやる。

そこまで見て、1つひとつのカットがやけに長いのに気づく。これは最後までずっとそうだ。1台しかないカメラで楽をして撮っているという感じはまるでなく、綿密に考えられたカット割りだということがしっかりと伝わってくる画作りである。

Continue reading "映画『夜明け』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 20, 2019

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』

【1月20日 記】 映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』を観てきた。

ジェローム・デイヴィッド・サリンジャーを描いた映画だというだけで観に行ったので、出来が良いのか悪いのか、評判が良いのか悪いのか全く聞いておらず、ストーリー等についても何の予備知識もなかったのだが、面白くて良かった。

『サリンジャー 生涯91年の真実』という評伝が原作になっているらしいが、この本は読んでいない。

今まで日本で作家サリンジャーが語られることが多かったのは圧倒的に書かなくなった(厳密に言えば「本を出さなくなった」)後のサリンジャーだった。書いている時のサリンジャーは、読者にとっては、恐らくホールデン・コールフィールド自身であり、あるいはシーモア・グラースやフランシス(フラニー)・グラースなどであったから、語る必要もなかったのだろう。

この映画では書いている時はおろか、書く前の(厳密に言えば本が出版される前の)サリンジャーを綿密に描いていて面白かった。

サリンジャーの小説では第2次世界大戦が何度か舞台になっているし、彼が実際に戦争に行っていたことも知っている、ただ、その時代の彼が描かれたことは大変興味深かった。

彼の作家としての生涯はその復員後に始まったと言っても良いだろう。

しかし、彼が世に出る前に彼を指導した大学教員であり編集者でもあったウィット・バーネットの存在も非常に大きい。ウィット役のケビン・スペイシーの好演もあって、彼とジェリーの関係が非常に良い話になっている。

ジェリーは変人だったと伝えられている。いや、ホールデンと同じく問題児だったという表現が一番しっくり来るのではないだろうか(「J.D. は何の頭文字?」と訊かれて「Juvenile Delinquent」と答えるシーンがおかしかった)。

その変人、問題児を正面から受け止めて対等に接してくれるウィットのような存在があったからこそ、彼の本は世に出たのである。この映画ではウィット以外にも戦争の PTSD に苦しむジェリーを支えたインド人宗教者の存在も描かれている。

彼らを描いたことによって、この映画はとても豊かなものになったと思う。

Continue reading "映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 19, 2019

驚いた粒

【1月19日 記】 twitter で相次いで以下のようなツイートを見た。

ひとつは高名な政治評論家に宛てたもの:

偉そうに自民党批判しているが、自民党の独裁政権を許したのはあんたたちの世代なんだからあんたたちも同罪だ。あんたに自民党を批判する権利はない。

みたいなつぶやき。もうひとつは誰に向けてのつぶやきかは分からないのだが、

最近の若い奴らはダメだみたいなことを言ってる人がいるけど、その若い人を育てて指導してきたのはあなたたちの世代なんだから、あなたにそんなことを言う資格はない。

みたいなやつ。

これはマズいと思う。この人たちの論理性は一体いつ、何ゆえに、こんなに破綻してしてしまったのだろう?

Continue reading "驚いた粒"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 17, 2019

どうしたキネ旬?

【1月17日 記】 どうしたことか、今年はキネマ旬報ベストテンの発表がない。

全投票結果については、毎年2月上旬に発売される2月下旬号で発表されていたが、ベストテンと個人賞の速報だけは1月に発表されていた。昨年は 1/11、一昨年は 1/10、 その前の年は 1/7、その前の年は 1/8 だった。

僕の記憶で書いているのではない。僕は毎年その結果を見て、このブログに「キネマ旬報ベストテン」というタイトルで一文を物しているので、その日付を辿ったら分かるのである。

どうしたんだろう? 表彰式が 2/10 にあることは既に発表されている。これは例年と同じようなスケジュールのはず。ならば、もう発表があっても良い頃ではないか?

Continue reading "どうしたキネ旬?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 15, 2019

『七つの会議』マスコミ試写会

【1月15日 記】 映画『七つの会議』のマスコミ試写会に行ってきた。面白かった。

これ、池井戸潤の原作を読んでいる人も多いんだろうと思う。僕は全く知らずに見たからストーリー自体を楽しめて良かった。原作をかなりコンパクトにまとめてあるという話なので、原作を読んだ人の感想は僕とは少し違ってくるのかもしれない。

中堅メーカー・東京建電を舞台とした企業もの。原作を読んでいない人に敢えてストーリーを先に伝えることはしたくないので、ここには詳しく書かないことにする。

重厚な作りの社会派ドラマかと思っていたら、主役のぐうたら社員・八角に扮した野村萬斎のケレン味たっぷりの(と言うか、ほとんど出演者全員がケレン味たっぷりなのだがw)演技と、そこに気弱な課長・原島(及川光博)と、あっけらかんとした女子社員・浜本(朝倉あき)を組合せたことによって、前半は結構コミカルに、従って、あまり重い気分にならずに見られる。

特に序盤で狂言回し的な役割を果たした朝倉あきが良かった。

僕はこの人、2011年の『神様のカルテ』でしっかり名前を憶えて、以来ずっと応援しているのだが、大作で大役をもらって(主演の『四月の永い夢』があったものの、あれはマイナー作品だったから)ファンとしては嬉しい限りだし、今回しっかりその期待に応えたと思う。

Continue reading "『七つの会議』マスコミ試写会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 14, 2019

ALiS その後

【1月14日 記】 ALiS が面白くて仕方がない。何かを書いてアップすると少ないながらもすぐに反応があって、それをすぐに確認できるのが楽しい。読者は知らない人だから facebook みたいに「つきあい」で何でもかんでも「いいね!」する奴がいないのも良い。

この4日間に6つの記事を上げた。そのうち5編は昔やっていたホームページ Wise Word Web に掲載した原稿に手を入れたものだ。

Continue reading "ALiS その後"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 12, 2019

ALiS 開始

【1月12日 記】 ALiS を始めた。いま流行りのブロックチェーンを活用したソーシャルメディア・プラットフォームというのが面白いと思ったから。

文章を書いて、それが人に読まれ信頼を得ると"ALiSトークン"の形での報酬が得られ、読者として「いいね」ボタンを押しても"ALiSトークン"が貯まると言う。

まだ実装されていない機能も少なくないようだが、これだけでも面白いし、変わって行く未来を想起するともっと楽しい。

とりあえず先日このブログに書いた記事をアップしてみたらすぐに「いいね」と「コメント」がついて、少しばかりの"ALiISトークン"も得られたので驚いた。

で、ここに一旦締めてしまった個人ホームページの記事をいくつか転載して行こうと考えた。

Continue reading "ALiS 開始"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 10, 2019

起きられない子

【1月10日 記】 日本生命の CM を見ていて思い出した。今ネットでも評判になっている、清原果耶が女子高生を演じているあのCMである。彼女を優しく見守っているお父さんが実はもう亡くなっていたことがラストで判るあの CM である。

あの CM の一番長尺のバージョンの初めのほうで、清原果耶が学校に遅刻しそうになって、「どうして起こしてくれなかったのよ」と母親に当たるシーンがある。母親は「何度も起こしたわよ」などと言う。

同じような光景が我が家でも週に何度かあった。

僕ではない。僕は小さい頃から今に至るまで寝起きが非常に良くて、大体は目覚ましがリッと鳴った瞬間に起きている。今は目覚まし時計というものは使っていないが、昔は新しいのを買いに行くと必ず「できるだけ音の小さなやつ」(秒針が無音で、アラームがうるさくない、または音量を自在に調整できるやつ)を探して選んでいたほどだ。

僕が目にしていたのは姉と母のやりとりである。起きられなかったのは姉で、ほぼ上記の CM と同じだった。姉は「なんで起こしてくれなかった」と怒り、母はあの CM の母ほど穏やかではなく、何度起こしても起きなかった娘に対して時に逆ギレしていた。

そんな姿を日常的に見ていて、僕はふと思ったのである。

どうして姉は起きられないのに母は起きられるのだろう?
どうして子どもは起きられないのに大人は起きられるのだろう?

と。

Continue reading "起きられない子"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 08, 2019

『陰翳礼讃』谷崎潤一郎(書評)

【1月8日 記】 谷崎の『陰翳礼讃』が面白いという話は折に触れて聞いていた。だが、何となく手を出しそびれて読まないままになっていた。僕がとにかく時間があればます現代文学を読みたいということもある。

でも、少し気になっているから、いろんなところで目に触れたり小耳に挟んだりする。例えば、関西にいた頃によく行った有馬温泉の陶泉御所坊という老舗旅館の、仄暗い廊下に置かれた本棚に並んでいたりする。

結局、何がきっかけになったというわけでもなく、僕はこの本を電子書籍で手に入れて Kindle で読んだ。読み始めるまで、この本が小説なのか戯曲なのか評論なのかそれとも随筆なのか、そんな予備知識さえなかった。

読み始めると、これが面白い。東洋と西洋の、主に照明に焦点を絞った比較文化論である。

建築や照明から世の東西を較べ、そこに暮らす人の内面を語るというのは却々知的な試みである。谷崎は日本家屋の日常の中に、普段我々が気づきもしない特徴を見出している。

日本の屋根を傘とすれば、西洋のそれは帽子でしかない。

などと、比喩がいちいち面白い。いや、気候風土や人種の違いだけではなく、谷崎の発想は写真や音楽にまで拡張されて行く。

そこでわれわれは、機械に迎合するように、却ってわれわれの藝術自体を歪めて行く。

とまで言っている。

美と云うものは常に生活の実際から発達するもので、暗い部屋に住むことを余儀なくされたわれわれの先祖は、いつしか陰翳のうちに美を発見し、やがては美の目的に沿うように陰翳を利用するに至った。

と明快に論旨は深められて行く。

Continue reading "『陰翳礼讃』谷崎潤一郎(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 06, 2019

4Kテレビ

【1月6日 記】 テレビ局に務めてはいるものの、まだ4Kテレビは買っていない。

地上デジタル放送が東京、大阪、名古屋で始まった時には、その翌年にデジタルテレビを買った。というか、その年に転勤で単身赴任することになり、どうしてもテレビがもう1台必要になって、それならいっそのことと思ってデジタルテレビを買ったのだった。

大きさはどのくらいだったか憶えていないのだが、値段は憶えている。発売して間もなく、まだ値段が下がり始めていないタイミングだったので約40万円もした。本当に涙流しながら買った感じだ。

Continue reading "4Kテレビ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 04, 2019

『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲』石田衣良(書評)

【1月4日 記】 何度か本屋で手に取ったものの、結局一度も読まないまま年月を経てしまった作家がいる。僕にとって石田衣良はそういう作家の一人だった。

前から興味はあったので、今回、シミルボンと NetGalley の合同企画に応募して発売前に読ませてもらうことにした。こういう企画は非常にありがたい。

さて、タイトルもちゃんと確かめずにダウンロードした電子書籍を開いてみると、予想に反してそこにあったのは、池袋西口公園を舞台とする若者たちの話でも、月島辺りの4人の少年たちの連作短編でもなく、なんと第二次大戦下の東京下町の物語だった。

僕は著者とほぼ同じ年代だが、僕らの世代にとってこの時代というのは少し微妙である。

これが遠い江戸時代や戦国時代の小説であれば、読んでいてそれほど引っかかることはないだろう(もちろん、登場人物があまりに現代的な考え方をしているような場合は別だが)。だが、この時代については、僕らは祖父母や両親、そして学校の先生たちからも、実体験としてのいろいろな話を聞いてしまっている。

それだけに読んでいてあちこちで「本当にこんな感じだったんだろうか?」、「この時代にそういうものはなかったのではないか」、「そういう言葉遣いは戦後どころか、昭和の終わり頃に生まれたものではないか」などといろいろなことが気になってしまう。

ひとことで言ってしまうと、戦中派の作家が書いたものより、どことなく嘘っぽいのである。これは必ずしも石田の書いていることに真実と相違することが含まれているからではない。石田が「もはや戦後は終わった」と言われるようになってから生まれた世代であるからなのだ。

Continue reading "『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲』石田衣良(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 03, 2019

【再掲】 Merry Xmas Show

【1月3日 記】 かつてやっていたホームページの記事を久しぶりにこのブログに移設/追加した。1986年と 87年のクリスマス・イヴに日本テレビが放送した『Merry Xmas Show』の記事だ。

きっかけは昨年末の NHK『紅白歌合戦』で桑田佳祐と松任谷由実が共演したこと。

これを観て大いに感動したある人が facebook に「テレビでは初めての2ショット?」と書き、そこに「いや、確か 1986年に NTV が放送した『Merry Xmas Show』で共演してたはず」という、ややうろ覚えのコメントがついて、僕はそこに正確に詳細に加筆してみた。

あまりはっきりした記憶のある人は少ないようだ。テレビって1回きりの放送で消えちゃうから仕方ないんですよね。

Continue reading "【再掲】 Merry Xmas Show"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 02, 2019

映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』

【1月2日 記】 映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』を観てきた。伊=仏=スイスの合作で、舞台及び言語はイタリア(シチリア)。

たまに日本や米国を離れて欧州やアジアの映画も観てみるものである。上手く言えないけれど、表現の文法がまるで違うのだ。

日本の大手映画会社作品やハリウッドの映画を見る感覚で観てしまうと、この映画はすこぶる解りづらい。

ルナは日本で言うなら中学1年生。夢見がちだけれど、とても芯の強い女の子だ。そのルナがクラスメイトのジュゼッペに夢中になっている。

ジュゼッペは13歳のくせにバイクに乗るし、乗馬も相当巧い。カバンの中にはドラゴンボールのフィギュアが入っていて、意地悪なことも言うけれど気持ちの良い男の子。でも、ルナの母はあの一家と関わっては行けないと言う。

で、映画のタイトルがゴースト・ストーリーだから、このジュゼッペはひょっとしたらもう死んでいるのかなと思って観ていたら、どうやらそうではない。でも、時々混じる非現実的な展開は、どこからがルナの夢や妄想でどこからがそうでないのかが不分明で却々理解がついて行かない。

そのジュゼッペが、ルナと会った直後に失踪する。ジュゼッペの両親も学校の先生も、大人たちは言葉を濁して何があったのかを語ろうとしない。

映画の最後の字幕で、この映画はシチリアで13歳の少年がマフィアに誘拐されて 779日間監禁された挙句に絞殺され遺体を酸で溶かされて池に棄てられたという、実際にあった事件にインスパイアされて作られたものだと知った。殺された少年の父親もマフィアの関係者で、彼が警察に密告しようとしていることを掴んだ元の仲間が、それを断念させるために息子を誘拐したのだそうだ。

せめてストーリーについてそれくらいの予備知識を持って観るべきだった。そうすれば随分解りやすかったと思う。

Continue reading "映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2018 | Main | February 2019 »