« 映画『生きてるだけで、愛。』 | Main | ファースト・ネーム »

Monday, November 12, 2018

映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

【11月12日 記】 映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』を観てきた。映画版3部作の2本め。

前作を観たときに、テレビシリーズと同じ素材をたくさんつかっているにも拘わらず、気持ち悪いぐらい設定が違うし、それにともなってストーリーも微妙に違うし、エウレカセブンなのにエウレカがほとんど登場しないし、そういう全てに困惑してしまった。

だから、いつの間にか今作はもうスルーしても良いかなという気分になっていたのである。ところが、twitter 上の友だちから「面白かった」「是非観てください」と言われて、気を取り直して観に行った次第。

驚いた。圧倒された。参った。

テレビシリーズでは、乱暴に言ってしまうとエウレカの敵役でしかなかったアネモネが主人公である。もちろん、テレビシリーズと設定は違う。でも、初期設定だけではない。

あの嫉妬心にがんじがらめに縛られていたアネモネが、気の強いのはテレビシリーズと同じだが、テレビシリーズにはなかった(そしてテレビシリーズとは別の)幼い時代が描かれ、実は父思いの優しい少女で、ここでは地球を救う側なのである。

あまりネタバレになってもいけないので、エウレカについてはここでは書かないことにするが、やはり設定が違う。テレビ版のエウレカとアネモネの立場が逆になっている。

でも、そんな2人がいつしか危機的な状況の中で、手と手を握りあって歯を食いしばるシーンを見ると、胸がジーンと熱くなるではないか。

前作のときは映画館に来ている観客が若い人ばかりだったこともあって、僕は「次作は昔のテレビシリーズを知らない若い人たちだけが観れば良いのかもしれない」と思ったが、今日のこの作品に思いが込み上げてくるのは、昔のエウレカセブンの設定を、あのエウレカとアネモネの感情的にねじくれた関係を知っているからこそなのだ。

もちろん、2つの物語には同じ名前の人物がたくさん登場するとは言え、やっぱり別の物語である。でも、ひょっとするとあのテレビシリーズは、今日の映画の中で言っていた、エウレカがたくさん見た夢のひとつだったのかもしれない。

と言うか、今僕が生きているこの世界自体が、エウレカの夢の1つなのかもしれない、とそんなことまで考えてしまう。僕らは京田知己の壮大な世界観の中にずっぽりと組み入れられてしまった。これはもはや哲学である。

人物を 3DCG にしたのは大正解だったと思う。新しいニルヴァーシュも度肝を抜いてくれたし、そして、最後のあれに追っかけられるシーンの怒涛の迫力! その後流れてくる RUANN による主題歌の何とカッコいいことか!

これはもう3部作の3作目は絶対に見る。そして、できればもう一度テレビシリーズからこの3部作まで一気に見返してみたい。

この映画はほんとに魂に触れた。観て良かったと思う。勧めてくれたツイ友に感謝したい。

|

« 映画『生きてるだけで、愛。』 | Main | ファースト・ネーム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/67374925

Listed below are links to weblogs that reference 映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』:

« 映画『生きてるだけで、愛。』 | Main | ファースト・ネーム »