« 内田けんじと上田慎一郎 | Main | 短絡考 »

Sunday, September 16, 2018

映画『愛しのアイリーン』

【9月16日 記】 映画『愛しのアイリーン』を観てきた。吉田恵輔監督。

いやはや、ひどい映画である。パンフの冒頭に企画・製作の河村光庸の言葉として「凡庸な『愛』の概念を打ち砕くこと」というフレーズが書かれているが、まさにその通りである。僕らの凡庸で希望的な愛の幻想は完膚なきまでに叩き壊される。

実際に金で女を買うような感覚でフィリピンに嫁探しに行く日本人男性もいるのだろう。その下心を承知の上で、ひたすら金欲しさからそれに応じるフィリピン人女性だっているんだろう。

そして、いろんな人がいる一方で、自分たちの価値観から外れたものを許容しない、狭量で固陋な日本人も山ほどいる。

宍戸岩男(安田顕)は42歳、独身。パチンコ店勤務。女性経験はほとんどない。とにかくセックスがしたくてしたくてたまらない。──これほどまでにおまんこという言葉が台詞になった映画が他にあっただろうか? わざとらしくモザイクを施す胡散臭さがたまらない。

岩男は両親と一緒に暮らしている。父親・源造(品田徹)はボケ始めている。母親のツル(木野花)は息子に嫁を取らせることに血眼になっている。そして、それが息子のためだと思ったら、どんなに息子が嫌がることでもやる。ヤクザも怖くないし、人殺しだってやりかねない。

岩男はいろいろあって(その部分はここには書かないので映画の序盤を観てほしい)このまま日本にいたって女にモテることもないしセックスもできないと一大決心をして、フィリピンのお見合いツアーに行く。

しかし、いっぺんに30人の花嫁候補と話すとなると、それは生涯で喋ったことのある女性の数よりも多くて、途中で疲れて根気が尽き、そのとき傍にいたアイリーン(ナッツ・シトイ)に「この子にする」と決めてしまう。

アイリーンはまだ10代。素直で明るく、岩男に好意を抱いているようにも見えるが、実は家族の貧困を救うための金づるとして岩男との国際結婚を選んだ。可愛いけれどしたたかな女だ。

そして、彼女は初めての経験は好きになった人としたいという意志が固く、徹底的に岩男を拒否する。岩男はあれだけやりたかったセックスができず、もはや何のために結婚したかも分からない。

おまけに、アイリーンを連れて帰国したら父親の葬儀が執り行われており、黙っていなくなったかと思えばフィリピン人の脳天気な花嫁を連れ帰った息子に怒り狂った母親は、2人を家にも入れてくれないどころか、今にも撃ち殺しそうな勢いである。

夫婦の会話は東北弁とタガログ語でコミュニケーションはほとんどできない。唯一英語を話す日本人にはアイリーンも意思疎通ができるが、それが幸せに通じるとは限らない。地元のフィリピンパブで働く女性が大阪弁なまりの日本語を話すチグハグさが、ある種のメタファーになっている。

母も息子も嫁も、それぞれの人生が荒んだものになる。荒んだ表情、荒んだ台詞、荒んだ景色。

「でも2人は幸せになりました」という話ではない。人間の醜いところがあちこちで剥き出しになる。僕の斜め後ろの観客(男性)が、とんでもないシチュエーションで「おまんこさせろ」と言った安田顕に向かって「なんだ!こいつ!」と思わずひとりごちたくらいだ。

さて、吉田恵輔監督の特徴は途中でガラッと映画のトーンが変わること。今までにもコメディだと思って安心して観ていたら突然血まみれのバイオレンスものになったりすることはよくあった。

僕らのような吉田監督のファン(僕は『机のなかみ』以降、これで9本連続観ている)は「来るぞ、来るぞ」と待ち構えていたわけだが、そんなこと知らずに観に来た人はびっくりしただろうな。いや、げっそりして「この監督はもう2度と観ない」と心に決めたかもしれない。

しかし、それにしても、この映画に原作があったとは驚きである。この設定、この進行はまさに吉田恵輔ワールドそのものではないか!

聞けば新井英樹による原作は吉田恵輔が「もっとも影響を受けた漫画」であり、彼がこれまで撮ってきた映画作品においてもこの漫画から受けた影響は大きいと言う。

そして、この10年間この映画化の企画書を書いてあちこちの会社に持ち込んだが、話の途中で断られたりもしたという。そりゃそうだ、これは嫌われる話である。こんなものが容易に商業ベースに乗るはずがない。

重ねて言うがひどい映画である。どこかに救いはあるか?──もちろんある。でも、大概の映画では映画のほとんどの過程がその救いにたどり着くための導線になっているのだが、この映画はそうではない。それは自分で見つけ、自分で解釈するしかないのだ。

この映画のアイリーンのように。

アイリーンを演じたナッツ・シトイも、岩男の安田顕も凄かったが、鬼気迫る木野花が強烈だった。何か賞が獲れればいいなと思う。素晴らしい映画だった。

|

« 内田けんじと上田慎一郎 | Main | 短絡考 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/67174905

Listed below are links to weblogs that reference 映画『愛しのアイリーン』:

» 「愛しのアイリーン」:濃い! [大江戸時夫の東京温度]
映画『愛しのアイリーン』は、とにかく疲れるほど濃いです。大江戸が大変評価している [Read More]

Tracked on Thursday, September 20, 2018 at 23:41

« 内田けんじと上田慎一郎 | Main | 短絡考 »