« 『覚悟はいいかそこの女子。』マスコミ試写会 | Main | 2/25 = 8% »

Sunday, August 05, 2018

映画『センセイ君主』

【8月5日 記】 映画『センセイ君主』を観てきた。『キミスイ』『となりの怪物くん』など、このところ出来の良い青春モノを連発している月川翔監督。

映画館に入ってちょっと驚いたのは女性客の年齢層の高さ、いや広さと言うべきかな。中高生もパラパラいるにはいるけど、30代、40代がかなりのボリュームで、下手すると50代かと思われる女性客まで来ている。普段、青春学園モノの映画にはこの辺の層はあまりいない。

なるほど、これが竹内涼真のファン層なのか、と納得。

僕は予告編で浜辺美波の演技を観てめちゃくちゃ楽しみにしていたのだが、期待に違わぬ吹っ切れた演技で、いやぁ、ほんとに面白かった。ガチで笑い転げた。で、こういう映画はハッピーエンドに決まっていると言えばその通りなのだが、後口の良い終わり方だった。

原作となっている大ヒット漫画をどれくらいアレンジしているのかは知らない。浜辺美波の長髪のカツラと川栄李奈の前髪下ろした髪型は多分原作通りなのだろうが、原作の主人公もこんな変顔でこんなに感情爆発した喋り方をしてたんだろうか? 何と言っても浜辺美波の振れ幅がハンパないのである。僕はすぐによしもと新喜劇の島田珠代を思い出した。

よしもと新喜劇を観たことない人に島田珠代の説明をするのは難しいが、書割のセットが壊れるぐらい壁に激突し、男優の股間に指を当てて「チーン!」と言うのががギャグだったりする喜劇女優である。で、今回の浜辺美波は(「チーン!」みたいなことはやらないものの)それくらいのぶっ飛んだ演技なのである。

しかし、言うまでもないが、浜辺美波は島田珠代の、控えめに言って 1024倍は可愛いので、このギャップがまたたまらんのである。そして、彼女の親友役で出てきた川栄李奈がこれまた浜辺美波に負けず劣らずの弾け方で、「ムネボンババぼん」で(笑)、ものすごく良いのである。

劇場の大半を埋めていた竹内涼真のファンと思しき女性たちだけに見せるのは惜しい気がする。これは是非とも浜辺美波や川栄李奈のファンの男の子たちにも観てほしい。間違いなくキュンキュン来る。

ストーリーは教師に片思いする女子高生の騒動記なのであるが、映画が始まって1分も経たないうちに主人公の佐丸あゆは(浜辺美波)は男子高生に告って振られ、しかもそのことが彼女自身の台詞で「映画が始まって8秒で振られ」などと語られ、ヤケになった彼女はすき家で4000円分の牛丼を食べているという、のっけからスピード感のある展開で笑いを誘う。

次は生まれて初めて告られた男子とデートするのだが、どうしても好きになれず、翌日断ったら怒った彼に突き飛ばされて校庭の噴水の池に落ちてずぶ濡れになるというドタバタ。こういう感じ、とても良い。

その2つを前置きとして、いよいよ新任の数学教師・弘光由貴(竹内涼真)への彼女の猛アタックが始まるが、これがまたウルトラ・クールな大人の教師で、全然取り合ってくれない。でも、あゆはは常にウルトラ・ハイテンションで彼にぶつかって行く。

脚本の吉田恵里香がものすごくリアルでキュートでユーモアに満ちた、とても良い会話を書いている。この人、本当に台詞が上手いね。今回のコメディとしての弾け方はすごかった。そして、青春恋愛ドラマとして必須の胸キュン台詞も満載である。

あゆはの一方的な思いだったのが、少しずつ垣間見える弘光の心の動き。文化祭の合唱大会に向けてのあゆはの奮闘。そして、あゆはにとってもライバルが出現する一方で、あゆはへの思いを募らせる男子生徒も──という展開に、遊び心満載の CG もふんだんにあしらって、恋の行方は最後のオチに向かって一直線である(笑)

TWICE の歌うモータウン調のテーマソングもぴったりハマって、エンディングまで楽しかった。

浜辺美波はデビュー当時の「可愛くて、芯は強いけれどややおとなし目の高校生」というありがちな役柄から抜け出して、『賭ケグルイ』のギャンブル狂JK と、今回の吉本興業もびっくりのハチャメチャを経て、また一皮剥けた感じ。今月末に漸く18歳である。末恐ろしい気がする。

ともかく圧倒的に面白かった。今年見た映画の中でこれが一番好きだ。

|

« 『覚悟はいいかそこの女子。』マスコミ試写会 | Main | 2/25 = 8% »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『センセイ君主』:

« 『覚悟はいいかそこの女子。』マスコミ試写会 | Main | 2/25 = 8% »