« July 2018 | Main | September 2018 »

Friday, August 31, 2018

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

【8月31日 記】 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を観てきた。

映画の副題と主題歌が小沢健二の往年の名曲で監督が大根仁──この映画を観るのにそれ以外の動機は何も必要なかった。

韓国映画の翻案であることも知らなかったし、当時のコギャルは渋谷系のオザケンなんか聴いてなかったということも、ああ、確かにそう言われればそうだ、という感じだった。

韓国映画の存在については、宣伝上あまり前面に出す気はないのか、パンフレットにも詳しく書いていない(監督/キャストへのインタビューの中で断片的に触れられているだけ)。40歳を過ぎた女性が高校時代の仲間を探すというストーリーと、そこに当時のヒット曲を絡ませるという設定を借りてきたようだ。

大根監督は70~80年代の韓国をコギャル文化満開の90年代の日本に置き換えた。冒頭からそのコギャルのエネルギーの横溢を見事に表現した怒涛のダンス・シーンである。

オザケンについては、ダンスのコンテストで他のグループが trf ばかりになっている中、あえて目立つためにこの曲を選んだという設定にしている。

『モテキ』の例を引くまでもなく、大根仁は非常に J-POP に造詣の深い監督である。この映画も選曲がほんとに素晴らしい。ここで選ばれた曲は、実は90年代という長いレンジから採られており、高校在学中の3年という期間をはみ出しているが、そんな嘘は全然気にならない。

もう1曲めの安室奈美恵で心を鷲掴みにされ、2曲めの久保田利伸で早くもうるうるしてしまう。

『SWEET 19 BLUES』は安室奈美恵の作品の中でも『a walk in the park』と並んで特に好きな曲だ。出だしのコード進行が解らなくて遂に楽譜を買ったのだが、楽譜を見てもなお、この進行を理論的にはどう解釈すべきなのか分からない。小室哲哉の真骨頂だと思う(なお、この映画では小室哲哉が「音楽全般」を担当している)。

PUFFY の『これが私の生きる道』が入ってくるのも見事なアクセントになっているし、Chara の『やさしい気持ち』が選ばれているのも心躍る。しかも、映画の中でのあの粋な鳴らし方!

そして、ここに『僕たちの失敗』を持ってくる感覚もすごい。これは元々は70年代の曲だが、コギャル世代にはテレビドラマ『高校教師』の主題歌とという認識だろう。

Continue reading "映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 29, 2018

鳩よ!

【8月29日 記】 マンションのベランダに鳩の忌避剤を塗布している。2回に分けて、我が家の2つのバルコニーの、手すりと、バルコニーの床とフェンスの隙間にも塗ってもらった。

鳩が来て何が困るの?と言う人もいるかも知れないが、まずは糞害である。見た目の汚らしさ、不衛生、そして糞をされた場所の材質にもよるのだが、腐食したり変色したり、ということがある。

おまけに鳩は油断しているとバルコニーの隅に巣を作り、それに気づかずに放置していると卵を産み付ける。ウチのマンションでは2世帯がその憂き目にあったらしい。

なんとかマンション全体として対策を、と訴えたのだが、鳩がほとんど飛んでこない階に住んでいる人もいるわけで、全戸に同じ対策を施すのは難しいし無駄でもある。それで理事会の出した結論が、被害に遭っている居室(もちろん希望者だけだが)のベランダに鳩が嫌がる薬を塗ってみようということだった。

ここまでの作業の流れを作ってくれたのはマンションの管理人さんだ。彼が日夜鳩の動きを観察し、棟全体の被害をまとめ、そして僕に理事会に対して手紙を書いてくれと言ったのである。

その甲斐があって鳩の害は理事会と総会の議題となり、今回の忌避剤塗布へと繋がった。管理人さんにはとても感謝している。

忌避剤の購入代金はマンションの管理費からの支出。塗りに来たのはマンション管理会社の若い担当である。そして、忌避剤の主成分は唐辛子の辛さの正体であるカプサイシンだ。あと、ネトネトしているのも鳩が嫌がるらしい。

最初は忌避剤1本で希望する世帯全部を賄おうと考えていたようだが、最初に来た我が家で、圧倒的に狭いほうのサービス・バルコニーだけで1本を使い切ってしまい、仕切り直しとなった。

Continue reading "鳩よ!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 27, 2018

『昭和歌謡職業作曲家ガイド』馬飼野元宏(書評)

【8月27日 記】 この本の存在は知っていたのだが、実際に本屋で手にとって立ち読みしてみると、もはやこれを家に持って帰らないという選択肢はなくなってしまった。

素晴らしい本である。ただし、単に昭和歌謡のヒット曲を思い出して懐かしむというだけの人にはもったいない。この本で取り上げられているのはタイトルにある通り「職業作曲家」なのであるが、この本を書いているのも紛れもなく音楽の「職業分析家」なのである。

つまり、これはある意味、歴史的な実例に基づく音楽理論の教科書でもあるのだ。

Continue reading "『昭和歌謡職業作曲家ガイド』馬飼野元宏(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 25, 2018

社会の変化を分析するときに着目すべき3つの要因と風邪薬

【8月25日 記】 この話はこのサイトにも何度か書いたと思うが、風邪薬の話である。

一昨日の夜、帰宅したら喉が痛かったので風邪薬を飲んだ。そしたら、寝るまでの間にもう薬が効き始めて、翌朝にはすっかり治っていた。こういう経験は若い時にはしたことがなかったので、そういうことがある度になんだかとても感慨深いのである。

若いころはそんな早いタイミングで薬を飲むなんてあり得なかった。喉が痛い、洟水が出る、風邪かな、と思っても、とりあえずは放置、と言うか、様子見である。

で、翌日か翌々日、もう喉が痛くてたまらないとか、洟水がダラダラ止まらないという事態になって初めて、これはいよいよ風邪に違いない、と風邪薬を飲むのである。で、市販の風邪薬を飲んでもしんどくてたまらないとか熱が全然下がらない、となって、今度は初めて医者の世話になるのである。

Continue reading "社会の変化を分析するときに着目すべき3つの要因と風邪薬"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 22, 2018

1つの原理と多様な世界

【8月22日 記】 『カメラを止めるな!』の盗作疑惑(と言っても、「原作」を主張している人物は「盗作」という言葉を使っておらず、これは FLASH の「煽り」であり「釣り」であるのだが)に関して、知人が上田監督を養護するような文章を書いた。

少なからぬ人が同じような論調で書いている。いろんな人の証言などから経緯を追うと、僕もほぼ同じような印象だ(つまり、上田監督の側にも不用意な点はあったようだが、訴えた人物も一旦「原案」で OK を出してしまっているということもあって、今からあくまで原作であると主張するのは無理があるのではないか、と思う)

そしたらそこに「大手の配給会社がついた途端に大企業の肩を持つ提灯持ちみたいな野郎ばかり出てきた」と絡んできた人がいた。

僕はちょっと驚いた。よくもまあそんな単純な発想をするなあ、と。

世間に不思議にはびこっている「電通は日本のマスコミと政財界を支配する黒幕である」説と同じくらい単純な世界観ではないか? いや、ちょっと、よく考えてほしい。世界はもっと複雑なのである。

Continue reading "1つの原理と多様な世界"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 20, 2018

投稿生活

【8月20日 記】 思い起こせば、昔はいろんなサイトにいろんな文章をよく投稿していた。それは必ずしも原稿料やボーナスポイントなどがもらえるサイトばかりではなかった。それは純粋に発表の場であった。そして、そんな発表の場の存在が嬉しかった。

考えてみれば、その後投稿することはめっきり少なくなった。それはやっぱり、2001年に開始した個人ホームページに続いて、2005年には個人ブログを始めてしまい、2本建てになったということもあるだろう。

それに twitter や facebook も出てきた。twitter はあくまで仕事上のアカウントであるし、facebook はあくまで限られたリアルの知り合いに対するメッセージであるから、それほど「かぶる」ものではないけれど、やはり時間的な制約も多少はある。

それが、今年の初めにホームページを閉じたということもあるのだろう(などと自分で言うのもおかしいかもしれないが)、最近またちょこちょこ投稿を再開している。

Continue reading "投稿生活"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 18, 2018

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』

【8月18日 記】 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』を観てきた。福田雄一監督。前作に続いて笑った笑った。で、これ、感想書いたら前作と全く一緒になるなあ(笑)

全然知らない人のために書いておくと、設定は幕末の江戸だが、そこは天人(あまんと)というエイリアンに支配された、我々が知っている江戸とは全く違う場所。髷を結った侍がいて幕府や新選組もあるが、高層ビルもヘリコプターもキャバクラもあるし、歴史上の人物と一字違いの人物ばかり出てくる。

何が坂田銀時じゃ? 徳川茂茂(しげしげ)じゃ? 松平片栗虎(かたくりこ)じゃ? 平賀源外じゃ? 土方十四郎(とうしろう)じゃ?(笑)

もう、むちゃくちゃである。バカバカしいにもほどがある。でも、バカバカしいものを楽しめなくなったら世の中は終わりである。その徹底的な悪ふざけに、スタッフ/キャストが一丸となって臨んでいる。

こんなアホみたいな話にこの超豪華キャストは何だ? 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、戸塚純貴、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、キムラ緑子、佐藤二朗、中村勘九郎、堂本剛、堤真一、…。

Continue reading "映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 15, 2018

映画『青夏 きみに恋した30日』

【8月15日 記】 映画『青夏 きみに恋した30日』を観てきた。古澤健監督作品。あまり期待しないで行ったのだが、意外に良かった。

公開後、半月が過ぎたところでの中押しの舞台挨拶、という珍しい企画があったこともあるが、場内はほぼ満員である。

最後に司会が、「この映画を今日はじめて観た方…、2回目の方…」などと順に質問して行くと、2回目3回めが少なからずいたのにも驚いたが、なんと今日で4回目という客もいた。

こういう恋の物語に嵌ってしまうと、何度も観てしまう人が出るのも想像に難くない。あとはこれにどれだけ普遍性を持たせられるかである。

物語は、これまた少女漫画が原作で、高校1年生の理緒(葵わかな)が夏休みに祖母の住む田舎に行き、そこで近所の酒屋の息子で2学年上の吟蔵(佐野勇斗)に恋をする30日間の話である。

理緒のほうは完全な一目惚れ。奥手そうに見えながら、結構頑張って自分からアプローチする。吟蔵のほうは、東京に行ってデザインの勉強をしたいという思いを殺してでも酒屋を継がなければならないという思いがあって、素直に理緒を受け入れられない。

一方で、吟蔵には近所の大人たちから「未来のお嫁さん」と冷やかされる万里香(古畑星夏)という雑貨屋の娘の存在があり、理緒のほうにも、理緒の親友のあや(久間田琳加)にくっついて理緒を追っかけてきて猛烈にアタックする祐真(岐洲匠)がいる。

「キュンキュンする」というのが売りの作品のようで、確かにキュンキュンする台詞がたくさんある。いや、汚れちまった大人たちにはむしろげっそりする台詞かもしれないが(笑)、微妙にわざとらしいところまで勇気を持って踏み込んだ良い本だと僕は思った。脚本は持地佑季子。

Continue reading "映画『青夏 きみに恋した30日』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 14, 2018

『国宝』吉田修一(書評)

【8月14日 記】 『パレード』『春、バーニーズで』『悪人』『さよなら渓谷』『横道世之介』『怒り』と、映画化/テレビ化されたものを映像でたくさん見てはきたけれど、実は吉田修一を読むのは初めてである。

読み始めての第一印象は、「あれ、こんな文章を書く人だったの?」という感じ。文字と映像では随分印象が違う。その一方で、「ああ、でも、この人の書くものは次々とドラマ化されるはずだわ」という気もする。

読み始めてすぐに連想したのは五木寛之の『青春の門』だった。僕らの世代にとっては青春のバイブルである。

ともに主人公は少年、舞台は九州である。『青春の門』の信介の父親は『国宝』の喜久雄の父親と違ってヤクザではなく炭鉱夫だ。だが、同じように肝の座った男である。そして、父親亡き後、信介の親代わりになってくれた塙竜五郎がヤクザだった。

幼馴染で主人公を慕う女の子も出てくる。信介にとっての織江が喜久雄にとっての春江だ。

ヤクザ一家の宴席で喜久雄は歌舞伎を舞う。ヤクザの話に似つかわしくない冒頭である。タイトルが「国宝」だし、なるほど、そっちの方に進む話なのか、と察しがつく。

しかし、案の定、そこに対抗する組の襲撃があり、大乱闘の末、父は殺され、組は離散となる。

のちに喜久雄は父の敵討ちを画策するが失敗し、学校にもいられなくなり、父が死んだ宴席にたまたま招かれていた歌舞伎役者に引き取られて大阪に出る。そして、そこの跡取り息子の俊介と仲良くなる。

Continue reading "『国宝』吉田修一(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 13, 2018

『夢印 MUJRUSJI』浦沢直樹(書評)

【8月12日 記】 先日 WOWOW で浦沢直樹のドキュメンタリを観たのが引き金になったのか、本屋でこの本が平積みになっているのを見た瞬間にどうしてもほしくなった。

僕にとっては『20世紀少年』に次ぐ2作目の浦沢直樹(そう、僕は『YAWARA』も『MONSTER』も読んでいない)。

ビッグコミックオリジナルに連載していたらしいが、単行本では1冊である。

さて、読み終えたときのこの徒労感は何だろう?

Continue reading "『夢印 MUJRUSJI』浦沢直樹(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 12, 2018

『ドリーム』(と邦題)

【8月12日 記】 会社の同僚が貸してくれた DVD で『ドリーム』(セオドア・メルフィ監督、2016年、アメリカ合衆国)を観た。

とても面白い良い映画だった。下世話に言うと、黒人差別版「細うで繁盛記」なのだが、これをひとりの物語にせずに互いに友人である3人のストーリーに編み込んだのが正解だと思った。

すでに公開が終わってから長く、いくつか賞も獲って評価の固まった作品なので、こういう場合僕はあまりくだくだと映画評めいたものは書かないのだが、ひとつだけ、タイトルについて書いておきたい。

以前自分のホームページをやっていたときにも、「考えられなかった邦題を考える」「アバウト・ザ・タイトルズ・オブ・ムービーズ」などと題して、近年の邦題の無策とレベルの低さを嘆いたことがあったが、この『ドリーム』がそのとき例に挙げた映画と同じぐらいひどいと言うのではない。

『ドリーム』というタイトルは、原題をカタカナにしただけの芸のないものではなく、フンイキだけでテキトーな日本語を持ってきたものでもなく、ちゃんと映画の中の台詞から拾っているからだ。

だが、原題を知ると少し残念な気分になる。

Continue reading "『ドリーム』(と邦題)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 11, 2018

出会いの場

【8月11日 記】 先日、次の約束までにすごく時間が空いてしまい、移動しながら何軒か大きな書店を回って暇を潰した。リアル店舗に長く滞在するのも、それをハシゴするのも久しぶりのことである。

そして、まあそうだろうとは思っていたが、改めて愕然としたのは、「文学」ジャンルの占めるスペースの小ささである。文庫本はまだ置いてある。しかし、単行本は、どの本屋でも、恐らく10年前の何分の1になっているのではないだろうか?

大きな本屋であれば、昔は英米文学の書架だけでも3つ、4つはあった。場合によっては廊下ひとつ分の片側が全て外国文学の単行本を並べている書店もあった。そして、日本の文学は一国で外国文学全体とほぼ同量を占めていることが多かった。

ところが今は下手すると「文学・小説」で、日本も外国も合わせて書架2つ分だったりする。

誰でも分かることだが、ひとつには「文学」が売れなくなっているということ。でも、それだけではないと思う。本屋が自ら「文学」の売り場を狭めて行っているのである。

そう書くと、「それは同じことではないか? 売れないから書店が棚を狭めたのだ」という反論があるかもしれない。確かにそれは密接に関係してはいる。だが、同じではない。

Continue reading "出会いの場"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 09, 2018

『もう「はい」としか言えない』松尾スズキ(書評)

【8月9日 記】 初めて松尾スズキを読んだ。芥川賞の発表前に読み始めたので、ひょっとしたら僕が読んでいる途中で受賞するかもしれないと思ったが、主人公の海馬五郎同様、世の中そんなにうまい具合には進まない。

表題作と、同じく海馬を主人公とする『神様ノイローゼ』の2篇が収められているのだが、僕には後者のほうが面白かった。

表題作においては、劇作家の海馬がある日、妻に浮気がバレてしまう。いや、普通にバレるという状況よりももっと怖く、何故だか妻は知っているのだ。どこまで知っているのかさえ定かに掴めないのだが、とにかくかなりのことを知ってしまっているのだ。

恐ろしい設定だ(笑) よく考えられた設定だ。

ここで取り乱してワーワー泣き叫ぶような妻であれば、言い方は悪いが離婚してそれで終わりになる。しかし、妻は落ち着き払っており、別れるとも言わないし、いくつか条件を提示してきて、その中に2年間毎晩自分とセックスをする、というのがある。

これは実際にはありそうもない設定ではある。もちろん五十男の海馬には辛い仕打ちだが、妻にとっては仕打ちにならないのかどうか、考えるとよく分からなくなる。

が、小説というものは別にありそうもない設定であっても構わない。非常によく考えられた面白い設定だ。なんならこのジャスト・ワン・アイデアで最後まで物語を引っ張っても良かったのだが、著者は突然別の設定を用意する。

Continue reading "『もう「はい」としか言えない』松尾スズキ(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 07, 2018

2/25 = 8%

【8月7日 記】 ブログというものが始まったときに、これこそがブログの独自性と謳われた機能がトラックバックだ。それが今ではすることもされることもほとんどなくなってしまった。

ブログが廃れたのかトラックバックが廃れたのか判らないが、少なくとも相手も当方もともにトラックバックに対応したブログでなければトラックバックはできないわけで、そういう意味でもろともに廃れて行ったのかもしれない。

ブログとトラックバックの全盛期には、僕もそこそこ多くのブログからトラックバックされ、そこそこ多くのブログにトラックバックしていた。僕がトラックバックするのはほとんどが映画評の記事だった。

その作業を潤滑に進めるために、僕は自分がよくトラックバックをする、映画評をメイン記事としたブログをリストアップして HTML ファイルにして保存していた。

何故 HTMLファイルかと言えば、作業上それが一番効率が良いからだ。

Continue reading "2/25 = 8%"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 05, 2018

映画『センセイ君主』

【8月5日 記】 映画『センセイ君主』を観てきた。『キミスイ』『となりの怪物くん』など、このところ出来の良い青春モノを連発している月川翔監督。

映画館に入ってちょっと驚いたのは女性客の年齢層の高さ、いや広さと言うべきかな。中高生もパラパラいるにはいるけど、30代、40代がかなりのボリュームで、下手すると50代かと思われる女性客まで来ている。普段、青春学園モノの映画にはこの辺の層はあまりいない。

なるほど、これが竹内涼真のファン層なのか、と納得。

僕は予告編で浜辺美波の演技を観てめちゃくちゃ楽しみにしていたのだが、期待に違わぬ吹っ切れた演技で、いやぁ、ほんとに面白かった。ガチで笑い転げた。で、こういう映画はハッピーエンドに決まっていると言えばその通りなのだが、後口の良い終わり方だった。

原作となっている大ヒット漫画をどれくらいアレンジしているのかは知らない。浜辺美波の長髪のカツラと川栄李奈の前髪下ろした髪型は多分原作通りなのだろうが、原作の主人公もこんな変顔でこんなに感情爆発した喋り方をしてたんだろうか? 何と言っても浜辺美波の振れ幅がハンパないのである。僕はすぐによしもと新喜劇の島田珠代を思い出した。

よしもと新喜劇を観たことない人に島田珠代の説明をするのは難しいが、書割のセットが壊れるぐらい壁に激突し、男優の股間に指を当てて「チーン!」と言うのががギャグだったりする喜劇女優である。で、今回の浜辺美波は(「チーン!」みたいなことはやらないものの)それくらいのぶっ飛んだ演技なのである。

しかし、言うまでもないが、浜辺美波は島田珠代の、控えめに言って 1024倍は可愛いので、このギャップがまたたまらんのである。そして、彼女の親友役で出てきた川栄李奈がこれまた浜辺美波に負けず劣らずの弾け方で、「ムネボンババぼん」で(笑)、ものすごく良いのである。

劇場の大半を埋めていた竹内涼真のファンと思しき女性たちだけに見せるのは惜しい気がする。これは是非とも浜辺美波や川栄李奈のファンの男の子たちにも観てほしい。間違いなくキュンキュン来る。

Continue reading "映画『センセイ君主』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 03, 2018

『覚悟はいいかそこの女子。』マスコミ試写会

【8月3日 記】 映画『覚悟はいいかそこの女子。』のマスコミ試写会に行ってきた(以下、何箇所かネタバレがあります)。

原作は大ヒットした少女漫画。同じキャストで撮られた5回シリーズのテレビ版では、一見脇役の律(伊藤健太郎)が実は進行上の主役となり、彼の恋のエピソードを中心に話が運められてきた。で、映画版で初めて主役の斗和(中川大志)の話になる。

テレビ版の時から「ヘタレ男子」というキャッチフレーズがつきながら、全くそんな印象もない、ただのモテ男子だった斗和が、漸くヘタレ男子の本領発揮となるわけだ(笑)

映画版でも冒頭からモテモテではあるのだが、同級生から「観賞用男子」と言われ、「だって、お前今まで一度も彼女いたことないじゃん」ととどめを刺されて、それをきっかけに学年一番のクール・ビューティである美苑(唐田えりか)への猛アタックを開始するが、敢えなく撃沈の繰り返し。

序盤はそういうコメディである。で、恋の密度が高まるに連れて、話は少しシリアスな方向に振られる。

Continue reading "『覚悟はいいかそこの女子。』マスコミ試写会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 02, 2018

ボールから目を離すな!

【8月2日 記】 小学校の多分1年ぐらいの時に野球の打ち方を習った時も、会社に入ってからゴルフのスウィングを教わった時も、「ボールから目を離すな」と言われた。

体がほぼ静止した状態で、飛んでくるボールを待つ野球と、逆に静止しているボールに対して自分の体を動かしてクラブに当てるゴルフという違いはあれど、いずれにしてもボールから目が離れてしまうとちゃんと当たらないことが多いのだ。

それはバットやクラブやラケットで球を叩く野球やゴルフやテニスであっても、足や頭でボールを操るサッカーであっても、あるいは直接手でボールを受けたり投げたりする他のスポーツであっても同じではないだろうか。

なんであれ、自分と対象物の距離と位置関係が刻々と変化している状況では、その対象物から目を離してはいけない。よそ見をしていては巧くプレーできなくて当たり前だ。

Continue reading "ボールから目を離すな!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 01, 2018

映画『カメラを止めるな!』

【7月31日 記】 映画『カメラを止めるな!』を観てきた。

僕はワンシーン・ワンカットの長回しが好きで、映画の中で見つけるとこのブログでもよく取り上げている。

ただ、映画の初めから終わりまでワン・カットとなると話は別だ。そこまでやろうとすると単なる表現の手段が目的になってしまう。

初めからワン・カットで撮れることを前提に全体を作らなければならなくなる。「それから3年後」とか「ちょうどその頃 500km 離れた大阪では」みたいな表現は、何か記号的な処理を挟まないと描けないことになってしまう。それはどうだろう、と思う。

この映画がそんな手法を採っていると聞いた時に一度は見るのをやめようと思った。特に監督が「三谷幸喜の影響を受けた」と言っているらしいと知ってなおさら観る気が失せた。僕はとりわけ三谷幸喜のワンシーン・ワンカットを評価していない。

あれは単に台詞を言っている役者を追っているだけのカメラだと思う。台詞を言っていないほうの役者をアップで捉えたり、俳優の表情が見えないくらいカメラが思いっきり引いたりするのも撮影の妙なのであって、喋っている役者を取っ替え引っ替え追っかけるのは単なる野暮ではないか。

それに気づいてから三谷が監督の映画はほとんど観ていない。脚本家としてはとても好きなのだけれど。

とは言いながら、ともかくこれだけ熱狂的に褒めている人がいるのは如何なる理由なのか、それを見届けたくて結局この映画を観に行くことにした。

で、観てみると全然違うのである。これは見事にやられた。

Continue reading "映画『カメラを止めるな!』"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2018 | Main | September 2018 »