« 映画『パンク侍、斬られて候』 | Main | 辞書を引く »

Monday, July 02, 2018

映画『わたしに✕✕しなさい』

【7月2日 記】 映画『わたしに✕✕しなさい』を見てきた。TV版と同じく監督は山本透、脚本は北川亜矢子と山本透の共同。

僕は山本透監督の作品を見たことはなかったが、TV版の『✕しな』が始まったときに、その名前に記憶があった。それは僕が普段から自分の映画鑑賞記録に助監督の欄を設けているからだ。

自作のデータベースでクエリをかけてみると、平山秀幸、中村義洋、山崎貴、市井昌秀ら、僕が観た6人の監督の7作品で助監督としてクレジットされている。監督の並びを見ると、多分この人も僕好みの人ではないかなと思った。

そして、北川亜矢子も同じく深夜ドラマの『女くどき飯』で知っていた、と言うか、twitter で思わず「これからは悦吏子ではなく亜矢子の時代だ!」とつぶやいてしまうほど惚れ込んだ脚本家である。

だから、TV版は全部観た。他愛ない青春コメディという感じの作品で、そこそこ楽しんだ。

とは言え、ここからこの話をどう発展させて映画にするんだ?というのが、僕が最初に思ったことだった。

しかし、予想に反して、劇場に足を運んでみると映画版はTV版とは全然繋がらない作品だった。登場する人物は全く同じ、舞台や人物などの設定もほぼ同じ。でも、映画はTV版の前日譚でも後日譚でもなく、重ならない違う話なのだ。

女子高生で Web小説作家のユピナ/雪菜(玉城ティナ)が、編集者・下仁田(オラキオ)に勧められて恋愛モノを書くことになるのだが、恋愛経験のない彼女には恋がどんなものかさえ解らない。

それで下仁田に教えてもらった恋愛シミュレーション・ゲームをやってみるのだが、このゲームの中に実在の人物ばかり出てきて、ゲームなのか現実なのか分からなくなりそうな中でいきなり目も眩むような経験をする、というのがTV版。

それに対して映画版は、TV版と同じような状況で、ユピナが自ら疑似恋愛体験をして小説を書こうとして、弱みを握った優等生・時雨(小関裕太)を利用しようとする話。

TV版ではゲームがユピナに「そんなことできない」と思うような“ミッション”を与えるが、映画版ではユピナが時雨にえらく直截な“ミッション”を申し付け、時雨がそれに抵抗しながら応じるという話。

設定としてはTV版のほうが奇抜だし、ゲームである分だけ不自然さがない。だから、TV版のほうが面白く感じるのだが、TV版の設定では主人公はいつまでも仮想空間から出ることはできない。これを現実空間での女子高生の恋物語に仕上げたのが映画版だ。

これはなかなかの手腕だと思った。正直あまり期待せずに行っただけに、やられた!という感じ。

まるでお殿様のような言葉遣いで勝手なことを言うユピナに、時雨と、ユピナと幼馴染でずっと彼女に恋心をいだいている晶(佐藤寛太)と、そしてライバル作家・ドルチェ/氷雨(金子大地)の3人が、あるときは彼女に迫り、あるときは彼女に翻弄される──というのはTVも映画も同じである。

TV版と映画版、どちらが原作を踏襲しているのだろう? いずれにしても、このTV版を先に見せたところがミソである。映画版だけ観ても何の支障もないが、TV版を先に観ていると、この裏切られ感が楽しい。

しかし、それにしても玉城ティナが可愛い。ハーフならではの白い肌と大きくてきれいな目。そして、その目と完璧に均整が取れた眉、鼻、唇。理想的な顔立ちである。そして、眼鏡が抜群に似合う。

何よりもきれいだなと思うのは、その高いウェストの位置。見えそうで見えない(映画の中で見えるわけがないんだけれどw)スカートの中。

世の女性たちがイケメン俳優たちのことをどう感じているのかは判らないが、でも、隣の女子は両手で口を押えて固唾を呑んで観ていたし、映画が終わった後映画館の廊下に黄色い声が満ち溢れていたので、きっと満足だったのだろう。

カメラは結構凝って、大きく引いたり、細かく切り替えたり、ぐるぐる回ったり、CG の小細工も満載で、まあ、今風のエンタテインメントである。

晶の台詞に「本気で好きなんだったら、傷つけることも傷つくことも怖がっちゃいけない」(記憶で書いているので正確ではないと思うが)というのがあった。なんでもないようであって、若い人に向けた良いメッセージだなあと思った。

で、どうやって締めるんだ?と思っていたら、これが見事なハッピーエンド。なるほどそれが伏線だったのか、と笑った。楽しい作品だった。

TV版と同じエンディングテーマのポルカドットスティングレイの『ICHIDAIJI』が良い。カッティングとミュートがすごく効いたメリハリのあるギターと、迫力があり動き回るベースが心地良い。

ところで、この記事を書き終えたところで新たな事実に気づいた。毎度のことで忘れていたのだが、2013年に観た映画『グッモーエビアン!』は山本透監督だったのだ。ということは、ここんとこずっと、監督やったり助監督やったりの生活だったようだ。

これで監督でやっていけるのではないかな。

|

« 映画『パンク侍、斬られて候』 | Main | 辞書を引く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『わたしに✕✕しなさい』:

« 映画『パンク侍、斬られて候』 | Main | 辞書を引く »