« 舞台挨拶あれこれ | Main | 映画『羊と鋼の森』 »

Saturday, June 16, 2018

映画『万引き家族』

【6月16日 記】 映画『万引き家族』を観てきた。

最初に書いておくと、良い映画だったとは思うのだが、期待が大きすぎたのか、正直それほどでもなかった、という感じ。『空気人形』や『歩いても 歩いても』や『海街diary』を観た時のような衝撃はなかったと言える。

そもそも僕にとって是枝裕和監督のベストは『誰も知らない』でも『そして父になる』でも『海よりもまだ深く』でも『三度目の殺人』でもなく上の3本だから、僕の感性がみんなと違うのかもしれない。

ちなみに妻も「『誰も知らない』に似ていたけど『誰も知らない』ほどの衝撃はなかった」と言っている。ま、変わり者夫婦なのだろう(笑)

エンドロールを見て驚いたのは撮影監督が近藤龍人だったこと。この組合せは初めてだろう。すごい組合せではないか。だから、今までと少し違う感じがしたのかな?

そして、パンフを読むと、最初は絵コンテを書いていた是枝監督が、途中から全てを近藤に任せたと言う。すごい話だ。

終盤の警察の取調室での安藤サクラとリリー・フランキーの、ずっと正面からのアップで、ノンストップで彼らに喋らせた画は圧巻だった。そして、役者たちもそのプレッシャーに応える見事な演技だった(恐らくアドリブ的な部分もあったのだろう)。

狭く汚らしい家に、家族でない家族が住んで、家族よりも強い“絆”がある。でも、彼らは貧しくも清く美しく生きているのではなく、その生計は万引きで支えられている。

──よく考えられた設定と、よく考えられた筋運び。それぞれのシーンに「含み」を感じさせる巧い撮り方だ。でも、僕には少し“知”が勝ちすぎているように感じられた。いかにも頭で考えましたという感じがするのだ。

ただ、それでも、全体としてのこの構成力は並外れたものであり、誰もいない建築現場で思わず「ただいま」と言ってみるリリー・フランキーだとか、見えない花火の音だけを家族全員で楽しむとか、個々のエピソードも秀逸だ。

おまけに樹木希林をはじめ2人の子役を含めて出演者全員が素晴らしい演技である。特に松岡茉優が安藤サクラやリリー・フランキーに見劣りしない芝居をしていたのに好感を覚えた。

高良健吾、池脇千鶴、池松壮亮、山田裕貴ら主演級の役者が脇で出てくるのにも驚いた。

ま、とても良い映画であることは間違いない。

パンフに内田樹がコラムを書いていて、これがめちゃくちゃおもしろかった。

ひとつはこの家族は治(リリー・フランキー)と信代(安藤サクラ)が子どもたちを他所の家から「万引きしてきた」、という指摘。

もうひとつは、樹木希林がかつて出演していた『寺内貫太郎一家』ではちゃぶ台を囲んで家族の座る位置は厳格に決められていたが、この映画の家族にはその取り決めがなく、立場もなく義務もなく、ただいるだけで良いのだ、という指摘。

こういうのを読むと、なるほど、映画というものは観客の力量を試すものだと思う。今回の映画のついては、僕の力量が及ばなかったのかもしれない(笑)

|

« 舞台挨拶あれこれ | Main | 映画『羊と鋼の森』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『万引き家族』:

« 舞台挨拶あれこれ | Main | 映画『羊と鋼の森』 »