« 復掲『痔瘻物語』 | Main | 『蚤とり侍』マスコミ試写会 »

Thursday, April 26, 2018

進歩の担い手

【4月25日 記】 今夜出席した某セミナーで僕が一番感銘を受けたのは、登壇者の日大藝術学部・木村学部長が紹介した英国の劇作家ジョージ・バーナード・ショーの言葉。

格言・名言として世界的に有名なフレーズらしいのですが、僕は初めて聞きました。

理性的な人間は自分自身を世界に適応させる。非理性的な人間は世界を自分自身に適応させようと固執する。それゆえに、すべての進歩は非理性的な人間のおかげである。

原文では、

The reasonable man adapts himself to the world; the unreasonable one persists in trying to adapt the world to himself. Therefore all progress depends on the unreasonable man.

訳文はいろいろ存在するようで、reasonable を「理性的」と訳すか「合理的」と訳すかで印象は随分違うのですが、ま、言いたいことは非常によく解ります。

僕自身は、長い会社人生を経た今、「非理性的な人間を堂々と支援する理性的な人間でありたいな」などと思うのでありました。

ま、自分としては、「哀しいかな」と冒頭に添えた上での、あくまで第2希望の人間像なのではありますが(笑)

|

« 復掲『痔瘻物語』 | Main | 『蚤とり侍』マスコミ試写会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/66651014

Listed below are links to weblogs that reference 進歩の担い手:

« 復掲『痔瘻物語』 | Main | 『蚤とり侍』マスコミ試写会 »