« 仕事 | Main | 紙がない »

Sunday, September 24, 2017

映画『ユリゴコロ』

【9月24日特記】 映画『ユリゴコロ』を観てきた。熊澤尚人監督。

この監督は青春恋愛ものの名手だと僕は思っているし、そう思っている人は多いと思う。作品名で言うと、例えば『虹の女神』『おと な り』『近キョリ恋愛』『心が叫びたがってるんだ』等々。結構キュンとくるところを突いてくる。

ところが、今回は今までの映画とはイメージが全然違う。こんなにシリアスな作品はなかっただろう。何しろ登場人物が何人も人を殺したり、自分の腕を何箇所も何度も切ったりするのだから。

画作りも一新したように思う。ピクチャレスクと言うかピクトリアルと言うか、もっと意地悪く言うと今までこんなにゲージツ的だったろうか? 登場人物の若者たちの躍動感に引っ張られて僕が気づかなかっただけなのだろうか?

例えば夜の室内のシーンで、暗い中人物の顔だけに際立って強い光が当たっていたりする。そして度々出てくる血の色──真っ赤だったりドス黒かったり。あるいはあの幻想的な、オナモミ(原作ではヌスビトハギだったらしいが)に埋もれるシーン。

原作は結構有名な小説らしい(沼田まほかる著)。そして、映画はその原作をかなり書き換えているらしい。パンフを読む限り、それは長い小説を2時間の映画にするために合理的なものに思える。

ただ、脚本も手掛けた熊澤監督はこれを原作通りのホラー・サスペンスにせずに、結局のところ愛の物語にしている感じがする。そこが如何にも熊澤監督らしい。自分のラインをしっかりと守っているという印象だ。

2つの話が交錯する。

1つは山中でカフェを経営する亮介(松坂桃李)の話。結婚を目前にして婚約者の千絵(清野菜名)が失踪する。そして、膵臓がんで余命幾許もない父の家で『ユリゴコロ』と題した人殺しの手記を見つけて読み始め、それに心を囚われてしまう。

もう1つの話はその『ユリゴコロ』の内容が劇中劇として描かれる。

平気で人を殺し、人を殺すことでしか生きている実感が得られない美紗子(幼少期から順に平尾菜々花→清原果耶→吉高由里子。清原果耶は『3月のライオン』で倉科カナの妹を演じていた娘だ)。

吉高が演じるようになってからの彼女のたったひとりの友だちで自傷癖のあるみつ子(佐津川愛美)。そして、自らも心に深い傷を抱えながら、美紗子をその孤絶の世界から救い出すことになる洋介(松山ケンイチ)。

この2つの物語は当然繋がることになる。原作の小説のほうでは、読者にその2つを容易に繋がせないように記述を伏せたりトリックがあったりしたようだが、映画のほうはそれほどケレン味がない。監督が見せたかったのはむしろそこではないのである。

一方、原作ではおっとりして内向的な人物として描かれていたらしい亮介が、映画ではときに激情を露わにして、車を暴走させたりムカデを踏み潰したり鏡を殴って割ったりする。この辺の描き変えが見事だと思う。

今まで肉体的な痛みを前面に出して描くことのなかった監督が、ここでは観客が身を固くするほどの暴力や出血を描いている。これも様変わりを感じる一因なのだが、今回はそういうものをしっかり描写しているからこそ、逆に必死でそこから抜け出そうとする者たちへの愛着が生まれてくる。

一見救いがない終わり方にもほのかな希望の匂いがするのである。

監督がこの原作に取り組むに際して考えたことは、恐らく人の心に巣食う闇を描くことでもなく、観客を騙して引きずり回すことでもなかったのだと思う。だから、こんな話なのに読後感が悪くないのである。

今後これが熊澤監督の新たなカラーになって行けばいいなと思う。

ところで、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』や『ヒメアノ〜ル』などで度肝を抜く演技を見せてくれてきた佐津川愛美だが、いよいよこの映画で大きな助演女優賞が獲れるのではないだろうか。と言うか、獲れたらいいな。凄かったよ。

|

« 仕事 | Main | 紙がない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/65832572

Listed below are links to weblogs that reference 映画『ユリゴコロ』:

« 仕事 | Main | 紙がない »