« 『先生!』マスコミ試写会 | Main | 8/6サイト更新情報 »

Sunday, August 06, 2017

2度めの出演

【8月6日追記】 映画を観る私たち観客だけではなく、映画を作る監督にも好きな俳優というものがある。そりゃあるだろう。

でも、だからと言って、その監督作品の常連と言われる俳優があまりに増えてくると僕は観る気を失くしてしまう。

僕は好きな監督も多いが、好きじゃない監督も少なくない。別に好きじゃない監督に一定のパタンがあるわけではないのだが、ただ、おんなじ役者ばっかり使い始めると僕はあまり観なくなる。

具体的に書くと、是枝裕和監督は僕の大好きな監督だが、最近ちょっと同じ俳優が多いなあという気がしている。

最初の頃はいろんな俳優を入れ替わり立ち代り起用していたように思うのだが、最近は阿部寛、樹木希林、福山雅治、真木よう子など、メインどころに同じ役者の名前が目立ってきた気がする。

僕にとっては全部好きな男優女優だから構わないし、もちろん使ってみて良かったから再起用するのだろうから、それはそれで当たり前なのだが、ちょっと嫌な感じもしないでもない。

もたいまさこばかり使ううちに(必ずしもそれが理由ではないのだけれど)僕が観る気を失ってしまった荻上直子みたいなことにならなければ良いのだがと思う。

常連の俳優というのが嫌いなわけではなく、例えば森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』に主演して、後は本当にチョイ役ばかりで顔を出す伊藤克信みたいな使い方は大変好きだ。

要は味付けと同じでさじ加減の問題。いつも同じ調味料をメインで使うと、いつも似たような味になりはしないかということである。

さて、前置きがめちゃくちゃ長くなったけれど、試写会を観た三木孝浩監督の『先生!』で広瀬すずや生田斗真と共演している比嘉愛未がとても良かった。

彼女は三木孝浩映画の常連ということではなく、『僕等がいた 後編』に続く2回めの出演である。ちなみに『僕等がいた』では生田斗真と共演している。

これも一度使ってみて良かったからまた使ったのだろうな、と思う。そして、そこで僕はにやっとしてしまうのである。何故なら僕も『僕等がいた 後編』を観て比嘉愛未が大変素晴らしいと思ったから。僕はあの映画で彼女の名前を記憶した。

三木孝浩は結構アイドルっぽい役者をたくさん使っている。印象としては(あくまで印象の話だが)毎回いろんなところからいろんなオファーが来て、それがどんなオファーであってもちゃんとこなしているという感じで、従って重複は少ない。

そんな中で、恐らくあまりオファーのきつくない脇役で比嘉愛未を再起用したところに、ああ、やっぱり監督もこの女優を良いと思っているのだなあ、と嬉しくなったのである。

彼女ももう 31歳。もう主演は望めないのかもしれない。でも、脇役としてもとても良いよ。しっかりと存在感がある。

公開されたらぜひ観てほしいなと、僕としては珍しくそんなことを思った。

|

« 『先生!』マスコミ試写会 | Main | 8/6サイト更新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2度めの出演:

« 『先生!』マスコミ試写会 | Main | 8/6サイト更新情報 »