« パロディ | Main | 幸せな引越し »

Wednesday, July 26, 2017

喉が渇いている

【7月26日特記】 引越しの荷造りをしている。夏の引越しは辛い。しかし、ウチの会社は異動の時期が夏なので、引越しは必ず夏になる。今回が人生9回目の引越し。全て会社に入ってからである。

で、夏の引越しはやたらと喉が渇くのである。汗をかくのでおしっこがほとんど出ない。逆に言うと、おしっこがほとんど出ていないのにやたらと喉が渇くのである。

で、当然みんなそうなのだろうと思っていたら、妻を見ていると必ずしもそうではないようだ。僕が「喉が渇いた」と言って頻繁に水分を補給するのを見て、「よく喉が渇くね」とびっくりしたりしている。

そう言えば、僕は幼少の頃からやたらと喉が渇いた。

僕は手のかからない少年で、1歳の誕生日を迎える前からおむつはしていなかったらしい。

そして、自己主張の少ない少年で、幼稚園の頃から親に「誕生日だから何か買ってやる」と言われても「別になんも要らん」などと言って親を困惑させていたのである(自分でもそのことは憶えている)。

だから、親に連れられて買い物に行っても、「あれがほしい」「これを買って」と駄々をこねて親を困らせたことなんて一度もない。ただ、水分補給だけは別だ。

僕は親と外出すると「のろがかわえた」を頻発した(その記憶もはっきりある。「喉が渇いた」と言えず「のろがかわえた」と言っていたのである)。

ところが、そういう時は父も母も頑として僕の願いをはねつけた。

「さっき飲んだばっかりやろ!」
「なんでそんなに喉が渇くの、この子は!」

挙句の果てに父はいつもこう言った。

「やかましわ、この水呑み百姓めが!」

ひどい話である。父の差別意識もひどいし、子供に対してそんなことを言うのもひどい。でも、身も蓋もない言い方をしてしまうと、そんな時代だった。

そんな時代から今に至るまでずっと、僕は喉が渇いている。

|

« パロディ | Main | 幸せな引越し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 喉が渇いている:

« パロディ | Main | 幸せな引越し »