« 『下り坂をそろそろと下る』平田オリザ(書評) | Main | パンフレット取り違え事件 »

Monday, July 17, 2017

映画『彼女の人生は間違いじゃない』

【7月17日特記】 映画『彼女の人生は間違いじゃない』を観てきた。

廣木隆一監督はここのところ(僕の印象としては)請負仕事みたいな作品ばかりで、この人は本当に自分の撮りたい映画を撮っているんだろうか、と余計な心配までしていたところだ。

今回の映画の記事を読んで、タイトルと言い設定と言い、これは多分廣木隆一本来のテーストの作品だろうと期待して観に行った。

タイトルから、最初は単にデリヘル働く女性の話かと思ったら、そうではなかった。福島の地震と原発事故が深く絡んだ話である。そもそもあの地震と原発事故に居ても立ってもいられなくなった廣木監督が、最初は小説として発表したものなのだそうだ。

舞台も福島。主人公は市役所で働くみゆき(瀧内公美)。彼女は週末に高速バスで東京に行き、渋谷でデリヘルのバイトをしている。父親の修(光石研)は津波で妻を失い、残留放射能のため農業もできなくなり、国からの保証金をパチンコに費やす毎日である。

みゆきがデリヘルで働くのは父親の金遣いをカバーするためなのか、あるいはいつまでも立ち直れない父親への苛立ちがきっかけだったのか、その辺りは明確には語られない。

震災をきっかけに別れてしまった元カレ(篠原篤)との痛々しいエピソードも出て来る。

また、市役所には新田という男(柄本時生)が務めており、彼の話も大きな要素なのだが、新田の話とみゆきの話はクロスしない。

地元の復活のために地道に誠心誠意働いている新田のところに、ひょんなきっかけから女子大生が話を聞きに来る。真面目な彼女は新田を質問攻めにするのだが、新田は言葉にできないギャップの大きさに口を閉ざしてしまう。

他にも、みゆきの隣の家の夫婦(戸田昌宏、安藤玉恵)の悲しい話もあり、全般に重苦しいトーンである。

ただ、そんな中で、みゆきとデリヘルの店長(高良健吾)との交流、東京駅のトイレでいつも会う新潟から来ている女(趣里)とみゆきの会話、新田の案内で取材をする写真家(蓮佛美沙子)のエピソードなどが仄かな救いになっている。

脚本は廣木隆一本人ではなく加藤正人が書いているのだが、とても良い構成の本だと思った。

さて、廣木隆一と言えば長回しと引き画である。

今回も長回しはふんだんにある。キーとなる台詞のやり取りのシーンだけではなく、ご飯を作ったりしている日常の様子を延々を追っていたりもする。

そして、ロングの画。空撮/俯瞰も多く印象深いが、やはり僕はいつも通り、大きな画面の中にぽつんと人間を入れ込んだシーンがすごいと思う。それは全体を見る目であり、ある意味人間の小ささを語る表現でもあると思う。

修が隣の家の前を通りがかって奥さんを救い出すシーン、すっかり暗くなった広い駐車場で待ち構えていた元カレとみゆきが会うシーン、船の上から修が衣類を投げ捨てるシーン。どれもこれもずっしりと胸に染みた。

難しいイシューを扱いながら、説教臭くもならず紋切型でも終わらず、変な言い方だが、人間の人間たるところをちゃんと描いてくれたように思う。久しぶりに廣木隆一を満喫できる映画だった。

|

« 『下り坂をそろそろと下る』平田オリザ(書評) | Main | パンフレット取り違え事件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『彼女の人生は間違いじゃない』:

« 『下り坂をそろそろと下る』平田オリザ(書評) | Main | パンフレット取り違え事件 »