« 映画『追憶』 | Main | 映画『無限の住人』追記 »

Monday, May 08, 2017

『忍びの国』関係者試写会

【5月8日特記】 映画『忍びの国』の関係者試写会に行ってきた。

仕事で観に行ったと言うよりも、敬愛してやまない中村義洋監督の新作を早く観たくてたまらなかったから。

僕自身はこの映画の製作には直接的には一切関係していないけれど、「関係者試写会」に行ける程度には「関係者」なわけで、そういう映画の評は書きにくいものだ。

心ある者は思った通りに書き、心ない者はむやみに褒めるのだろう、と思っている人もいるかもしれないが、それほど単純なものではない。特に映画の出来が微妙な場合は、却々貶しにくいし同時に褒めにくいものだ。

それがこんな風に素で面白かった時は非常に幸せな気分である。「関係者の文章なんてどうせ宣伝としか受け取ってもらえないだろう」なんて不安はどっかへすっ飛んで、感じたことがそのまま書ける幸せ。

それくらい面白かった。斬られたり刺されたりするのは大の苦手と言う人を除けば、みんな楽しめるんじゃないかな。

織田信長の息子・信雄(知念侑李)の伊賀攻めの話。主人公は伊賀の国一番の腕利き忍者・無門(大野智)。

まず、その設定が面白い。

伊賀の忍者の里ではみんな金で動く。「金のためなら何でもする」というような悪辣な感じではなく、面倒な理念もつまらない意地もなく、ただ「金がもらえるんならやるし、もらえないんならやらない」というゆるい感じ。

そして伊賀の国では弱いものが死ぬのは当たり前だとみんな思っていて、忍者の修行中に年端もいかない男の子が死んだりする。これも「かわいそうだが、それが世の掟だ」という厳しい感じではなくて、「そりゃ、死ぬわなあ」というまことにあっけらかんとした感じ。

そういう国民性の設定が全くのフィクションなのかある程度事実を踏まえているのか、あるいは、信雄の伊賀攻めがどれほど史実に基づいた描き方になっているのかいないのか、というようなことはこの際関係がない。

むしろ、歴史の1ページを切り出して、よくこれだけのものを詰め込んだなという、まさにてんこ盛りのエンタテインメントなのである。

そして、その伊賀の国民性に嫌気が差した下山平兵衛(鈴木亮平)の裏切りによって、攻め入る気がなかった織田軍が一転して伊賀の忍び軍を攻めることになる。

一方、無門のほうは、腕は立つが政治的な野心などまるでなく、安芸の国から略奪してきた妻・お国(石原さとみ)に金を渡して喜ばせること以外に何の興味もない。このお国がまたきつい女で、無門の痛いところをビシっと突いてくるので、無門は全く頭が上がらない。

結局、お国に言われるままに無門は戦ったり忍び込んだり逃げたりすることになる。この辺の無門のポリシーのなさとヘタレぶりを大野智が絶妙のさじ加減で演じていて面白い。

ただ、この映画が全体的にコメディかと言えばそうではなく、描くところはきっちりとドラマに仕立ててある。その一端を担うのが父親に対するコンプレックスに悩む信雄と、かつての君主を斬り捨てて織田方についた日置大膳(伊勢谷友介)の2人を軸とした展開である。

そして、何よりも愉しいのは殺陣、と言うか武将と忍者の集団戦闘シーンである。特に敗色濃厚な伊賀軍に無門が戻って来て形勢を逆転するところでの長い長い長回しがすごい。

SFX 満載なので、そういうのも長回しと言って良いのかどうか分からないが、ともかく長回しの手法で、つまりはカメラが切り替わらないワンカットの体で、無数の侍と忍者がフレームインとフレームアウトを繰り返して場面を替えながら、戦場があまねく映されるシーンの画的な面白さは秀逸である。

もちろん一対一の対決も含めて、忍者のいろいろな術や技のおかげで、想像を絶する擬斗の連続になっている。大野と中村監督と言えば2011年の『怪物くん』があった。言わばどちらもフィクションなのだが、繰り出す技は怪物よりも忍者のほうが遥かに面白い(笑)

そんな具合にコメディとシリアス・ドラマとアクションの3つがほど良いバランスで絡み合っていてなかなか楽しめた。作る側の構成力と遊び心のミックス具合が絶妙である。

中村義洋は自分で脚本を書く場合と他人に任せる場合があるが、今回は『のぼうの城』などの小説家であり脚本家でもある和田竜に、原作のみならず脚本まで託している。

中村監督の映画を映画館(または試写室)で見るのははこれが16本目だが、一度も裏切られたことがない。この映画も大層面白かった。7/1 公開予定。

|

« 映画『追憶』 | Main | 映画『無限の住人』追記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『忍びの国』関係者試写会:

« 映画『追憶』 | Main | 映画『無限の住人』追記 »